和歌山大学研究者総覧のホームページです。

ホーム > 研究関連情報

研究関連情報

観光学部 観光学科

教授 (観光学部副学部長)

八島 雄士 (ヤシマ ユウジ)

YASHIMA Yuji

【学術誌掲載論文】
[1]. CSR活動をめぐる管理会計システムの現状分析-研究フレームワークの構築― 成蹊大学経済学部紀要 巻号:第46巻第1号 pp.pp.93-108 (2015 7月) 詳細
[2]. 社会的企業における業績評価の意義—アクションリサーチによるアプローチ- 経営行動研究年報 巻号:第24号 pp.pp.76-80 (2015 7月) 詳細
[3]. KPIのコミュニケーション円滑化への貢献-公園管理における指定管理候補者選定を事例に- 日本経営診断学会論集 巻号:2012 pp.pp.117-123 (2013 7月) 詳細
[4]. 中間支援組織のバランスト・スコアカードにおける視点設定モデル 広島大学マネジメント研究 巻号:第14号 pp.pp. 33-44 (2013 3月) 詳細
[5]. 地域問題におけるCSR活動の課題-日本及び韓国における農村問題への取り組みの事例から- 経営行動研究年報 巻号:第22号 pp.pp.20-27 (2013 年度) 詳細
【国際会議発表】
[1]. “THE EARLY EMERGENCE OF JAPANESE DMOS: EXPLORATORY INSIGHTS FROM MIYAZAKI, JAPAN” CAUTHE (Council for Australasian Tourism and Hospitality Education) 2017 (2016 年度) 詳細
【国内会議発表論文】
[1]. 観光地経営の変革に対応した地域の価値再構築のあり方: 収入分析からの基礎的考察(九州地区) 経営行動研究学会第20回九州部会 (2017 年度) 詳細
[2]. 非営利組織の業績評価をめぐる現状と課題−香川オリーブガイナーズにおけるワークショップを事例に― 経営行動研究学会第16回九州部会 (2014 年度) 詳細
[3]. CSR活動に関する業績評価の現状-聞き取り調査を中心に 経営行動研究学会第17回九州部会 (2014 年度) 詳細
[4]. 地域問題における中間支援組織の役割-戦略マップによる可視化の試み 経営行動研究学会第15回九州部会 (2013 年度) 詳細
【招待講演、パネリスト、基調講演等】
[1]. 研修会「市民と連携する公園の管理運営」〜生態系の形成・構築に貢献する〜 第3回学習会,公園の管理運営における「モニタリング」・「自己評価」のための事業計画フレームワーク,シリーズ第3回 (2017 年度) 詳細
[2]. 公園管理運営におけるマネジメントの考え方〜サービスの品質と管理の自己点検〜 QPA公園管理運営セミナーVol.4 公園の管理運営における「モニタリング」・「自己評価」 (2016 年度) 詳細
[3]. 公園の管理運営におけるモニタリング・自己評価のための事業計画フレームワーク 平成28年度第2回学習会 (2016 年度) 詳細
[4]. 公園管理運営における業務の自己点検 ( 案 ) ~公園管理運営士の役割と運営自己評価について~ QPA公園管理運営セミナーVol.3 公園管理運営における業務管理 (2015 年度) 詳細
【科学研究費補助金】
[1]. 基盤研究(C) CSR活動への継続的投資を促進する管理会計システムの導入研究:銀行業を中心に 代表 ( 2015 - 2017 )
[2]. 基盤研究(C) ネットワーク型ビジネスモデル:農村型コミュニティビジネスの価値創出要因と課題 分担 ( 2014 - 2016 )
[3]. 挑戦的萌芽研究 パフォーマンス発揮を可能にする陸上競技会マネジメントモデルの構築:時間に着目して 分担 ( 2014 - 2016 )
 

このページのトップへ