和歌山大学研究者総覧のホームページです。

ホーム > 研究関連情報

研究関連情報

観光学部 観光学科

教授

小野 健吉 (オノ ケンキチ)

ONO Kenkichi

【著書】
[1]. 日本庭園の歴史と文化 吉川弘文館 全200頁 (2015 9月) 詳細
[2]. 日本庭園:空間美的歴史 南京大学出版社 全145頁 (2014 12月) 詳細
[3]. Sourcebook for Garden Archaeology Peter Lang (Bern, Switzerland) 794pp (2013 3月) 詳細
[4]. 日本庭園  -空間の美の歴史 岩波書店(岩波新書) 全235頁 (2009 2月) 詳細
[5]. 岩波日本庭園辞典 岩波書店 全384頁 (2004 3月) 詳細
[6]. 和英対照日本庭園用語辞典 (Bilingual [Japanese & English] Dictionary of Japanese Garden Terms) 科学研究費成果刊行物(研究代表者 小野健吉)   全111頁 (2001 3月) 詳細
[7]. 京都を中心にした近代日本庭園の研究 奈良国立文化財研究所 全145頁 (2000 3月) 詳細
【学術誌掲載論文】
[1]. 東京都所管文化財庭園の観光を含めた活用の展望 『観光学』   巻号: (16)    pp.25-38 頁 (2017 3月) 詳細
[2]. 歴史文化遺産及び歴史文化景観に関する行政の展開 ランドスケープ研究 巻号:80(4) pp.304-307頁 (2017 2月) 詳細
[3]. "The Garden of Fujiwara no Toshimori's Estate Depicted in Kasuga gongen genkie" Lectures from the International Research Exchange between Nara National Research Institute for Cultural Properties and Columbia University 2011-2015 pp.pp.1-20 (2016 3月) 詳細
[4]. 『江戸図屏風』から読み解く寛永期の江戸の庭園 日本研究 巻号:50 pp.61-81頁  (2014 9月) 詳細
[5]. 『春日権現験記絵』に描かれた藤原俊盛邸の庭園 『都市文化とはなにか』 (2011 11月) 詳細
[6]. 臨池伽藍の系譜と浄土庭園 『奈良文化財研究所学報86冊・平安時代庭園の研究』 pp.204-214頁  (2011 3月) 詳細
[7]. 平安時代初期における離宮の庭園―神泉苑と嵯峨院をめぐって― 『奈良文化財研究所学報86冊・平安時代庭園の研究』 pp.132-142頁  (2011 3月) 詳細
[8]. フロイス『日本史』の記述から読み解く永禄8年(1565)の京都の庭園の形態と機能 ランドスケープ研究 巻号:68(5) pp.369-372頁  (2005 3月) 詳細
[9]. 飛鳥・奈良時代の庭園遺構と東院庭園 『奈良文化財研究所学報69冊・平城宮発掘調査報告XV・東院庭園地区の調査』 pp.175-184頁  (2003 3月) 詳細
[10]. “The History of Japanese Gardens as Seen through Archaeological Investigation” 『奈良文化財研究所創立50周年記念論文集・文化財論叢Ⅲ』 pp.429-439頁  (2002 12月) 詳細
[11]. 双ケ岡の風景の変遷 『奈良国立文化財研究所学報58冊・研究論集 X』 pp.1-20頁  (1999 12月) 詳細
[12]. 平安神宮築造記録から読む小川治兵衛と近代京都造園事情 『奈良国立文化財研究所創立40周年記念論文集・文化財論叢Ⅱ』 pp.729-744頁  (1995 9月) 詳細
[13]. 芦花浅水荘庭園の築造過程とデザイン ランドスケープ研究 巻号:58(5) pp.1-4頁  (1995 3月) 詳細
[14]. <舞妓林泉>に見る土田麦僊の庭園観 日本庭園学会誌 巻号:2(1) pp.32-33頁  (1994 3月) 詳細
[15]. 對龍山荘庭園における小川治兵衛の作庭手法 造園雑誌 巻号:50(5) pp.13-17頁  (1987 3月) 詳細
[16]. 神坂雪佳の作庭とその意義について 造園雑誌 巻号:49(5) pp.49-54頁  (1986 3月) 詳細
【紀要等】
[1]. 日本庭園の歴史と文化:平成27年度日本造園学会受賞者業績要旨 ランドスケープ研究 巻号:80(2) pp.137-140頁 (2016 7月) 詳細
[2]. 日本庭園の歴史と文化:平成27年度日本造園学会受賞者業績要旨 ランドスケープ研究 巻号:80(2)  pp.137-140頁 (2016 7月) 詳細
[3]. 中世庭園史の外観と研究の現状 『奈良国立文化財研究所学報96冊・研究論集 18・中世庭園の研究』 pp.3-11頁  (2016 3月) 詳細
[4]. 英国における「資源」としての風景式庭園 奈良文化財研究所紀要2015 pp.40-41頁  (2015 6月) 詳細
[5]. (2013 年度) 詳細
[6]. コンドル著『日本の風景造園術・補遺』の翻訳と二、三の考察 『文化財論叢Ⅳ』 pp.1163-1196頁  (2012 10月) 詳細
[7]. アンコール遺跡群の水の景観 奈良文化財研究所紀要2012 pp.14-15頁  (2012 6月) 詳細
[8]. ドイツ・トリアーにおける遺跡の保存と活用 奈良文化財研究所紀要2005 pp.14-15頁  (2005 6月) 詳細
[9]. 観光資源としてのコパン遺跡 奈良文化財研究所紀要 2002 pp.10-11頁  (2002 6月) 詳細
[10]. 平城宮跡サイン計画 造園雑誌 巻号:56(2) pp.114-121頁  (1992 10月) 詳細
【プロシーディングス、解説記事等】
[1]. 『観光資源としての庭園(1)』 pp.全96頁 (2017 2月) 詳細
【受賞等】
[1]. 日本造園学会賞(研究論文部門) 日本造園学会 2015
【招待講演、パネリスト、基調講演等】
[1]. 古代から近代に至る日本庭園の歴史と文化に関する研究(平成27年度日本造園学会賞受賞記念講演) 日本造園学会全国大会 (2016 5月) 詳細
【新聞掲載、テレビ・ラジオ出演】
[1]. 紀伊民報 2016
【科学研究費補助金】
[1]. 基盤研究(B) 歴史と現状からみた庭園の観光資源としての可能性に関する研究-欧州との比較から 代表 ( 2014 - 2017 )
 

このページのトップへ