和歌山大学研究者総覧のホームページです。

ホーム > 研究関連情報

研究関連情報

image-profile

観光学部 観光学科

講師

伊藤 央二 (イトウ エイジ)

ITO Eiji

【著書】
[1]. Culture, ideal affect, and sport tourist motivations (case study) Channel View Publications (2017 年度) 詳細
[2]. 観光と感情 ナカニシヤ出版 174-179 (2016 年度) 詳細
【学術誌掲載論文】
[1]. Relationships among self-construal, control, and positive affect in Japanese undergraduate students’ leisure experience World Leisure Journal (2017 年度) 詳細
[2]. Cardiometabolic risk factors in type 2 diabetes with high fat and low muscle mass: At baseline and in response to exercise Obesity (2017 年度) 詳細
[3]. 青年の野外レクリエーションの参加動機と阻害要因が野外レクリエーション参加に与える影響:日本とカナダの文化的類似・相違点の比較検討 体育学研究 巻号:61 pp.11-27 (2016 年度) 詳細
[4]. Cultural commonality and specificity in Japanese and Euro-Canadian undergraduate students’ leisure experiences: An exploratory study on control and positive affect Leisure Sciences 巻号:38(3) pp.249-267 (2016 年度) 詳細
[5]. Mainland Chinese Canadian immigrants' leisure satisfaction and subjective well-being: Results of a two year longitudinal study Leisure Sciences 巻号:39(2) pp.174-185 (2016 年度) 詳細
[6]. A cross-cultural/national study of Canadian, Chinese, and Japanese university students' leisure satisfaction and subjective well-being Leisure Sciences 巻号:39(2) pp.186-204 (2016 年度) 詳細
[7]. 青年後期の野外スポーツへの参加と自然環境への配慮行動に関する研究―日本とカナダの文化比較― SSFスポーツ政策研究 巻号:3(1) pp.193-200 (2014 4月) 詳細
[8]. Similarities and differences in leisure conceptualizations between Japan and Canada and between Japanese leisure-like terms Leisure/Loisir 巻号:38(1) pp.1-19 (2014 年度) 詳細
[9]. Ideal affect, actual affect, and affect discrepancy during leisure and paid work Journal of Leisure Research 巻号:46(1) pp.13-37 (2014 年度) 詳細
[10]. 青年後期におけるスポーツ活動の実態および心理的影響に関する研究―スポーツ振興における日本とカナダの文化比較― SSFスポーツ政策研究 巻号:2(1) pp.214-221 (2013 4月) 詳細
[11]. The Americanization of Japanese professional baseball fans: The case of Bobby Valentine and the Chiba Lotte Marines Journal of Asiania Sport for All 巻号:11(1) pp.108-124 (2011 年度) 詳細
[12]. The role of leisure in the assimilation of Brazilian immigrants into Japanese society: Acculturation and structural assimilation through judo participation International Journal of Sport and Health Science 巻号:9 pp.8-14 (2011 年度) 詳細
[13]. 観戦エリア別における充足欲求と座席選択要因の相違について:千葉ロッテマリーンズ観戦者に着目して 生涯スポーツ学研究 巻号:6(2) pp.27-37 (2009 年度) 詳細
【紀要等】
[1]. Sustainable sport tourism in Japan Tourism Planning and Development (2017 年度) 詳細
[2]. 積極的対応と消極的対応グループ間の野外レクリエーションにおける阻害要因の類似・相違点について 生涯スポーツ学研究 巻号:12(2) pp.25-33 (2015 年度) 詳細
[3]. A systematic review of non-Western and cross-cultural/national leisure research Journal of Leisure Research 巻号:46(2) pp.226-239 (2014 年度) 詳細
[4]. カナダ・アルバータ州の生涯スポーツ・レジャーと地域の関連性について 生涯スポーツ学研究 巻号:9(1/2) pp.49-55 (2013 年度) 詳細
【国際会議発表】
[1]. Discrepancies between Japanese undergraduate students’ ideal affect and actual affect in leisure/non-leisure and social contexts The 15th Canadian Congress on Leisure Research (2017 5月) 詳細
[2]. Are leisure constraints models reflective or formative?: A confirmatory tetrad analysis of LTPA constraints The 15th Canadian Congress on Leisure Research (2017 5月) 詳細
[3]. Hong Kong Chinese workers’ ideal affect and actual affect during leisure, and their correspondence: A follow-up to Mannell et al (2014) The 15th Canadian Congress on Leisure Research (2017 5月) 詳細
[4]. Balancing striving and enjoyment through leisure towards ikiagi or a life worth living: A structural equation modeling test of a grounded theory The 15th Canadian Congress on Leisure Research (2017 5月) 詳細
[5]. Understanding Japanese conceptualizations of volunteering SMAANZ Conference 2016 (2016 11月) 詳細
[6]. Tourism research in Japan: Wakayama University’s Center for Tourism Research Travel and Tourism Research Association Canada Chapter Conference (2016 9月) 詳細
[7]. Cultural commonalities in constraints to leisure-time physical activity between Japanese and Euro-Canadians The 5th Asian Forum for the Next Generation of the Social Sciences of Sport (2016 2月) 詳細
[8]. The intentions of volunteering at the Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Games and past volunteer experiences: The roles of different types of volunteer activities The 5th Asian Forum for the Next Generation of the Social Sciences of Sport (2016 2月) 詳細
[9]. Cultural similarities and differences in constraints to leisure-time physical activity between Japanese and Euro-Canadians) The 12th Biennial Australian and New Zealand Association for Leisure Studies Conference (2015 12月) 詳細
[10]. Chinese-Canadian immigrants’ leisure satisfaction and subjective well-being: A longitudinal study The 14th Canadian Congress on Leisure Research (2014 5月) 詳細
[11]. Ideal and actual affect deficiency during leisure and work 2013 National Recreation and Park Association Leisure Research Symposium (2013 10月) 詳細
[12]. Effects of culture and leisure participation on university students’ control 2013 National Recreation and Park Association Leisure Research Symposium (2013 10月) 詳細
[13]. Effects of willingness, constraints, and constraint negotiation on casino gambling 2012 National Recreation and Park Association Leisure Research Symposium (2012 10月) 詳細
[14]. Review of non-Western, cross-national, and cross-cultural leisure research 2012 National Recreation and Park Association Leisure Research Symposium (2012 10月) 詳細
[15]. Inbound leisure and sport tourists to Japan The Inaugural International Academy of Sportology (2011 3月) 詳細
[16]. Roles and functions of a martial arts school for Japanese Brazilians in Japan: Assimilation process of Japanese Brazilians migrants The 2007 Conference of the North American Society for the Sociology of Sport (2007 11月) 詳細
[17]. Another Americanization: From yakyuu fans to baseball fans The 2006 Conference of the North American Society for the Sociology of Sport (2006 11月) 詳細
【国内会議発表論文】
[1]. 日本,中国,カナダにおける余暇・レジャー活動の種目別参加頻度と幸福感に関する文化比較研究 日本生涯スポーツ学会第18回大会 (2016 11月) 詳細
[2]. 北山村観光筏下り参加者における観光地の情報収集手段と参加動機に関する研究 日本生涯スポーツ学会第18回大会 (2016 11月) 詳細
[3]. 野外レクリエーション活動の関与度と地域愛着に関する研究:和歌山県東牟婁郡北山村の観光筏下りを対象として 日本生涯スポーツ学会第18回大会 (2016 11月) 詳細
[4]. 野外レクリエーションにおける阻害要因に関する研究:参加者と非参加者の類似・相違点に着目して 日本生涯スポーツ学会第17回大会 (2015 10月) 詳細
[5]. スポーツに関する学生支援の現状 日本スポーツマネジメント学会第7回大会 (2014 11月) 詳細
[6]. 南アジアにおけるスポーツツーリズム:ネパール連邦民主共和国のインバウンドの事例研究 日本生涯スポーツ学会第16回大会 (2014 10月) 詳細
[7]. 日本とカナダ間における青年の野外スポーツの参加動機と阻害要因の類似・相違点について 日本体育学会第65回大会体育社会学専門分科会 (2014 8月) 詳細
[8]. カナダ人,中国人,日本人の大学生の余暇・レジャー満足度に関する文化比較研究 スポートロジーセンター・スポーツ健康医科学研究所 合同成果発表会 (2014 5月) 詳細
[9]. グローバル化時代における社会同化とスポーツ参与 日本スポーツ社会学会第17回大会 (2008 3月) 詳細
[10]. グローバル化時代におけるスポーツと社会同化 日本体育学会第58回大会体育社会学専門分科会 (2007 9月) 詳細
[11]. グローバル化時代におけるスポーツと社会同化:日系ブラジル人対象の柔道教室 日本生涯スポーツ学会第9回大会 (2007 9月) 詳細
[12]. 観戦エリア別における充足欲求と座席選択要因の相違について:千葉ロッテマリーンズに着目して 日本生涯スポーツ学会第8回大会 (2006 10月) 詳細
[13]. 団塊世代における社会的支援者とライフデザインの関係:古河市マスターズサッカー大会参加者に着目して 日本体育学会第57回大会体育社会学専門分科会 (2006 8月) 詳細
【プロシーディングス、解説記事等】
[1]. 国際学会レポート:The 5th Asian Forum for the Next Generation of the Social Sciences of Sport 観光学,第17号 (2017 9月) 詳細
[2]. Hong Kong Chinese workers’ ideal affect and actual affect during leisure, and their correspondence: A follow-up to Mannell et al. (2014) CCLR15 Book of Proceedings pp.136-138 (2017 5月) 詳細
[3]. Discrepancies between Japanese undergraduate students’ ideal affect and actual affect in leisure/non-leisure and social contexts CCLR15 Book of Proceedings pp.179-181 (2017 5月) 詳細
[4]. Are leisure constraints models reflective or formative?: A confirmatory tetrad analysis of LTPA constraints CCLR15 Book of Proceedings pp.199-200 (2017 5月) 詳細
[5]. Balancing striving and enjoyment through leisure towards ikigai or a life worth living: A structural equation modeling test of a grounded theory CCLR15 Book of Proceedings pp.201-202 (2017 5月) 詳細
[6]. スポーツ活動が日本人青年後期の生きがいに及ぼす影響についての理論化研究:構造方程式モデリングによるグラウンデッド・セオリーのさらなる検証 2016年度笹川スポーツ研究助成研究成果報告書 pp.204-213 (2017 4月) 詳細
[7]. 日本におけるスポーツボランティアの概念化に関する質的研究:スポーツボランティア文化の構築に向けて 2016年度笹川スポーツ研究助成研究成果報告書 pp.40-48 (2017 4月) 詳細
[8]. Understanding Japanese conceptualizations of volunteering SMAANZ 2016 Book of Abstracts pp.80 (2016 11月) 詳細
[9]. 姫路市スポーツツーリズム推進事業調査 報告書 (2016 11月) 詳細
[10]. 身体活動の阻害要因とその折衝方法が心理的健康に及ぼす影響に関する日加文化比較研究 科学研究費補助金報告書 (2016 6月) 詳細
[11]. ネパール連邦民主共和国のスポーツツーリズムに関する資格制度とその制度が地域雇用に及ぼす影響について 2015年度笹川スポーツ研究助成研究成果報告書 pp.73-78 (2016 4月) 詳細
[12]. Cultural commonalities in constraints to leisure-time physical activity between Japanese and Euro-Canadians Proceedings of the 5th Asian Forum for the Next Generation of the Social Sciences of Sport pp.15 (2016 2月) 詳細
[13]. The intentions of volunteering at the Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Games and past volunteer experiences: The roles of different types of volunteer activities. Proceedings of the 5th Asian Forum for the Next Generation of the Social Sciences of Sport pp.33 (2016 2月) 詳細
[14]. Cultural similarities and differences in constraints to leisure-time physical activity between Japanese and Euro-Canadians Proceedings of the 12th Biennial Australian and New Zealand Association for Leisure Studies Conference pp.35 (2015 年度) 詳細
[15]. 日本とカナダ間における青年の野外スポーツの参加動機と阻害要因の類似・相違点について 日本体育学会第65回大会体育社会学専門分科会発表論文集 22 pp.18-23 (2014 年度) 詳細
[16]. Ideal and actual affect deficiency during leisure and work 2013 Leisure Research Symposium Book of Abstracts pp.177-180 (2013 年度) 詳細
[17]. Effects of culture and leisure participation on university students’ control 2013 Leisure Research Symposium Book of Abstracts pp.73-76 (2013 年度) 詳細
[18]. Review of non-Western, cross-national, and cross-cultural leisure research 2012 Leisure Research Symposium Book of Abstracts pp.35a-35d (2012 年度) 詳細
[19]. アルバータ大学体育・レクリエーション学部紹介 体育の科学 61(7) pp.547-550 (2011 年度) 詳細
[20]. Inbound leisure and sport tourists to Japan Proceedings of the Inaugural International Academy of Sportology pp.132-137 (2011 年度) 詳細
[21]. グローバル化時代におけるスポーツの社会同化機能 順天堂大学スポーツ健康科学研究 12 pp.109 (2008 年度) 詳細
[22]. 2007 北米スポーツ社会学会院生参加発表記 体育の科学 58(4) pp.291-294 (2008 年度) 詳細
[23]. 2006 北米スポーツ社会学会院生参加傍聴記 体育の科学 57(5) pp.403-406 (2007 年度) 詳細
[24]. グローバル化時代におけるスポーツと社会同化 日本体育学会第58回大会体育社会学専門分科会発表論文集 pp.18-23 (2007 年度) 詳細
[25]. 順天堂大学生涯スポーツ国際比較研究室(野川研究室)紹介 生涯スポーツ学研究 4(1) pp.41-43 (2006 年度) 詳細
[26]. シンポジウム傍聴記:若手研究者の視点から 大学体育 33(2) pp.29 (2006 年度) 詳細
[27]. 団塊世代における社会的支援者とライフデザインの関係:古河市マスターズサッカー大会参加者に着目して 日本体育学会第57回大会体育社会学専門分科会発表論文集 pp.99-104 (2006 年度) 詳細
【受賞等】
[1]. 若手研究発表賞 大会委員長賞 日本体育学会第65回大会 国内 2014
[2]. F.S. Chia PhD Recruitment Scholarship University of Alberta 国際 2009
【招待講演、パネリスト、基調講演等】
[1]. スポーツが持つ社会的統合の可能性 若手研究者、活動家、企業人等との政策勉強会 (2017 3月) 詳細
[2]. Animating Japan through Sport Tourism: An International Research Collaboration Tourism and Travel Research Association Canada Annual Conference (2016 9月) 詳細
[3]. 日本におけるスポーツツーリズム研究 スポーツツーリズム:メガイベントが日本社会を変える (2016 8月) 詳細
[4]. Publishing Research Papers in International Journals (2016 5月) 詳細
[5]. 余暇・レジャー学における文化比較研究の展望と展開について:阻害要因・折衝理論に着目して 順天堂大学スポーツ健康医科学研究所第三回所内セミナー (2014 年度) 詳細
[6]. 千葉ロッテマリーンズの観客動員数増加の要因―観戦者調査に着目して― 日本体育学会第58回大会大学院生セミナー競技スポーツ分野シンポジウム (2007 9月) 詳細
【共同研究・プロジェクト等】
[1]. Tourism and Sport Research Unit (2016)
【科学研究費補助金】
[1]. 若手研究(B) 国内外のマスターズスポーツ大会参加者のスポーツツーリスト行動に関する実証研究 代表 ( 2016 - 2018 )
【財団・企業等からの競争的資金、寄附金等】
[1]. 観光学部寄附金(平成28年度笹川スポーツ財団研究助成による) (2016)
[2]. 観光学部寄附金(平成27年度笹川スポーツ財団研究助成) (2015)
【財団・企業等との共同研究、受託研究】
[1]. 遠山郷観光戦略計画並びに道の駅遠山郷整備計画の策定及び道の駅遠山郷を核とした地域活性化に関する研究 (2016)
[2]. スポーツツーリズム推進に係る調査業務 (2016)
[3]. 道の駅遠山郷総合市場調査及び道の駅遠山郷を核とした地域活性化に関する研究 (2015)
 

このページのトップへ