和歌山大学研究者総覧のホームページです。

ホーム > 研究関連情報

研究関連情報

教育学部 幼児教育

准教授

丁子 かおる (チョウジ カオル)

CHOJI Kaoru

【著書】
[1]. 新しい保育講座 保育内容「表現」 ミネルヴァ書房 232 (2019 年度) 詳細
[2]. MINERVA はじめて学ぶ教科教育 初等図画工作科教育 ミネルヴァ書房 189 (2018 年度) 詳細
[3]. 新・保育実践を支える 表現 福村出版 205 (2017 年度) 詳細
[4]. DVDでわかる!乳幼児の造形 サクラクレパス出版 全112頁 (2016 年度) 詳細
[5]. 子どものいまとみらいを考える みらい 287 (2014 7月) 詳細
[6]. 造形表現・図画工作 建帛社 182 (2013 年度) 詳細
[7]. 保育内容総論 保育所・幼稚園の保育内容の総合的理解と実践の探求 あいり出版 109 (2012 年度) 詳細
【論文】
[1]. 特別支援学校での地震防災教育の現状理解と質的改善に向けて 和歌山大学教育学部紀要. 教育科学 巻号:69 pp.p.169-174 (2018 年度) 詳細
[2]. 1 造形教育における保幼小中接続へ向けて : 発達的視点による表現主題の分析 和歌山大学教育学部紀要. 教育科学 巻号:68(2) pp.43-50 (2017 年度) 詳細
[3]. 和歌山市立岡山幼稚園での地震防災保育についての一考察 和歌山大学防災教育研究センター紀要 巻号:第2号 pp.pp.44-49 (2015 年度) 詳細
【その他の著作】
[1]. マイ・ベスト・ブック Mar.2019 No.921 教育美術振興会  pp.67 (2019 4月) 詳細
[2]. 実践報告を読んで No.898 教育美術振興会  pp.p.12 (2017 4月) 詳細
[3]. 実践報告を読んで No.894 教育美術振興会  pp.p.13 (2016 12月) 詳細
[4]. 実践報告を読んで No.891 教育美術振興会  pp.p.13 (2016 9月) 詳細
[5]. 実践報告を読んで No.888 教育美術振興会  pp.p.15 (2016 6月) 詳細
[6]. 実践報告を読んで No.877 教育美術振興会  pp.p.12 (2015 7月) 詳細
[7]. 実践報告を読んで No.877 教育美術振興会  pp.p.12 (2015 4月) 詳細
[8]. 実践報告を読んで No.877 教育美術振興会  pp.p.12 (2015 3月) 詳細
[9]. 実践報告を読んで No.870 教育美術振興会  pp.1 (2014 12月) 詳細
[10]. 実践報告を読んで No.864 教育美術振興会  pp.1 (2014 6月) 詳細
[11]. 教師が教えられる時 教育美術 2014.4.No.862 教育美術振興会 pp.p.32 (2014 4月) 詳細
[12]. 海外審査講評 美育文化 vol.64 No.2 pp.p.55 (2014 3月) 詳細
[13]. 実践報告を読んで No.857 教育美術振興会  pp.1 (2013 11月) 詳細
[14]. 実践報告を読んで No.854 教育美術振興会  pp.1 (2013 8月) 詳細
[15]. 実践報告を読んで No.851 教育美術振興会  pp.1 (2013 5月) 詳細
[16]. 幼稚園における幼児が絵や彫刻を楽しむ鑑賞教育の実践的研究ー幼児の言葉と表現を育む鑑賞として― 研究収録 第7号 「大学教員と幼稚園教諭との連携による保育の創造 言葉で人とつながり合う幼児を育てる」平成24年度幼児教育研究部報告書・福岡教育大学・幼児教育研究部  pp.15-22 (2012 年度) 詳細
[17]. 実践報告を読んで 教育美術 No.844,教育美術振興会 pp.14 (2012 年度) 詳細
[18]. 実践報告を読んで 教育美術 No.847,教育美術振興会 (2012 年度) 詳細
【学会発表】
[1]. 和歌山県御浜町および御坊市の保育施設における地震防災保育の実践的考察 71回大会 (2018 年度) 詳細
[2]. 乳幼児の造形表現において大切なこと 2018年度第1回 美術科教育学会 乳・幼児研究部会 (2018 年度) 詳細
[3]. 乳幼児の造形表現において大切なこと 2018年度第2回 美術科教育学会 乳・幼児研究部会 (2018 年度) 詳細
[4]. トーランスの創造性テストの再考と施行Ⅰ-予備テストからみえてくるものー 美術科教育学会 北海道大会 (2018 年度) 詳細
[5]. 乳幼児の造形表現において大切なこと 2013年度第2回 美術科教育学会 乳・幼児研究部会 (2017 年度) 詳細
[6]. Practices of the disaster prevention education that incorporated the necessity of the kindergarten and nursery school the Joint Scientific Assembly of the IAG- IASPE pp. S23-P-07 (2017 年度) 詳細
[7]. 防災保育のプログラム開発と実行-園のニー ズを形にして- 関東大会 (2016 年度) 詳細
[8]. 乳幼児の造形表現において大切なこと(継続) 2016年度第2回 美術科教育学会 乳・幼児研究部会 (2016 年度) 詳細
[9]. 保育者の個性と感性をつなぐチームによる乳幼児の造形保育 名古屋大会 (2015 年度) 詳細
[10]. 乳幼児からの造形に関する一考察 上越大会 (2014 年度) 詳細
[11]. 地震防災保育実践からみえてきた園とともにつくる視点 大阪大会 (2014 年度) 詳細
[12]. 乳幼児の造形表現において大切なこと 2014年度第2回 美術科教育学会 乳・幼児研究部会 (2014 年度) 詳細
[13]. 美術教育と生涯教育の視点から乳・幼児造形教育を捉える 2013年度第1回 美術科教育学会 乳・幼児研究部会 (2013 10月) 詳細
[14]. 乳幼児造形から小学校教育への接続と展開 ―生活と学びの土台をつくる造形の遊び― 奈良大会 (2013 年度) 詳細
[15]. 乳幼児の造形表現において大切なこと 2013年度第2回 美術科教育学会 乳・幼児研究部会 (2013 年度) 詳細
[16]. 幼稚園の年中児と年長児における言葉の比較と援助―幼児が絵画をみて楽しむ鑑賞教育の実践事例を通してー 島根大会 (2012 年度) 詳細
[17]. 幼稚園における鑑賞教育の実践的研究 -幼児の言葉と表現を育む環境としての絵画鑑賞- 大分大会 (2011 年度) 詳細
【招待講演、パネリスト、基調講演等】
[1]. 幼児の造形活動から考える小学校図画工作との連続性と非連続性 関東大会 (2016 年度) 詳細
[2]. 子どもの創造が芽生えるとき 滋賀大会 (2016 年度) 詳細
[3]. 研究講演 (2014 年度) 詳細
【新聞掲載、テレビ・ラジオ出演】
[1]. 日高新報 2017
[2]. 紀州新聞 2017
[3]. 紀州新聞 2017
[4]. 和歌山新報? 2013
【共同研究・プロジェクト等】
[1]. 保幼小を語る会 (2018)
[2]. 和歌山の保幼小を語る会 (2017)
[3]. 附属特別支援学校における地震防災教育の質的改善 (2017)
[4]. 和歌山の保幼小を語る会 (2016)
[5]. 和歌山の保幼小を語る会 (2015)
[6]. 和歌山の保幼小を語る会 (2014)
【その他の研究交流】
[1]. 日本保育学会 岡山大会出席 (2017)
[2]. 日本保育学会 東京大会出席 (2016)
[3]. 美術科教育学会 乳・幼児造形研究部会 美術科教育学会 乳・幼児造形研究部会出席 (2016)
[4]. 美術科教育学会 乳・幼児造形研究部会 美術科教育学会 乳・幼児造形研究部会出席 (2016)
[5]. 美術科教育学会 乳・幼児造形研究部会 美術科教育学会 乳・幼児造形研究部会出席 (2015)
【科学研究費補助金】
[1]. 基盤研究(C) 非認知的能力を継続させる育ちと学びの造形教育軸-材料用具による保幼小中接続- 代表 ( 2017 - 2019 )
[2]. 基盤研究(C) 科学的視点を重視したリカレント志向の乳幼児向け体験型防災保育の実践実証研究 分担 ( 2016 - 2018 )
[3]. 基盤研究(C) 0~12歳までの発達を主題とする造形カリキュラムの研究-保幼小接続へ向けて― 代表 ( 2013 - 2015 )
[4]. 基盤研究(C) 科学教育と安全教育のコラボレーションによる乳幼児向け体験型防災保育実践研究 分担 ( 2013 - 2015 )
 

このページのトップへ