和歌山大学研究者総覧のホームページです。

ホーム > 研究関連情報

研究関連情報

image-profile

システム工学部 情報通信システム学科

教授

天野 敏之 (アマノ トシユキ)

AMANO Toshiyuki

【学術誌掲載論文】
[1]. プロジェクタカメラ系を用いた蛍光分離と見かけの操作 日本バーチャルリアリティ学会論文誌 巻号:Vol.22, No.3 (2017 9月) 詳細
[2]. プロジェクションマッピングによる質感知覚の操作と箔工芸品の美の表現 映像情報メディア学会誌2017年1月号 巻号:変調照明技術・変調投影技術の現場応用, 71(1) pp.pp.30-35 (2017 1月) 詳細
[3]. Gaussian Light Field: Estimation of Viewpoint-Dependent Blur for Optical See-Through Head-Mounted Displays IEEE Transactions on Visualization and Computer Graphics 巻号:SI - ISMAR 2016 (Invited Papers Only), vol. 22 no. pp.pp. 2368-2376 (2016 11月) 詳細
[4]. プロジェクタカメラ系による全周囲の見かけの操作 日本バーチャルリアリティ学会論文誌 巻号:Vol.21, No.2 pp.pp. 363-371 (2016 6月) 詳細
[5]. プロジェクタとカメラを用いた見かけの制御に対するむだ時間補償アルゴリズムの提案 システム制御情報学会論文誌 巻号:Vol. 29, No. 2 pp.pp.43-50 (2016 2月) 詳細
[6]. Semi-Parametric Color Reproduction Method for Optical See-Through Head-Mounted Displays IEEE Transactions on Visualization and Computer Graphics 巻号:Special Issue - ISMAR 2015 (Invited Papers Only) pp.1269 - 1278 (2015 11月) 詳細
[7]. プロジェクタカメラ系を用いた光沢感と透明感の実時間操作 映像メディア学会誌 巻号:Vol.68,No.12 pp.pp.J528-J533 (2014 12月) 詳細
[8]. 質感プロジェクションマッピング 日本バーチャルリアリティ学会誌 巻号:Vol.19, No.2 pp.14-17 (2014 6月) 詳細
[9]. プロジェクタカメラ系による印刷媒体での新たな立体提示 電子情報通信学会論文誌D 巻号:96(8) pp.1865-1873 (2013 8月) 詳細
[10]. プロジェクタカメラシステムへの誘い 電子情報通信学会誌 巻号:96(6) pp.435-440 (2013 6月) 詳細
[11]. A model-based tracking framework for textureless 3D rigid curved objects SBC Journal on 3D Interactive Systems, Special Issue of the XIV Symposium on Virtual and Augmented Reality 巻号:3(2) pp.2-15 (2013 1月) 詳細
[12]. 粒子法とウェーブレットを用いたサブパーティクルスケール乱流の高速なシミュレーション 情報処理学会論文誌 巻号:53(7) pp.1915-1923 (2012 7月) 詳細
[13]. プロジェクタカメラフィードバックのためのアンチベイヤ投影法 日本バーチャルリアリティ学会論文誌 巻号:16(4) pp.653-662 (2011 12月) 詳細
[14]. モデル予測制御を用いたプロジェクタカメラ系による見かけの制御 電子情報通信学会論文誌D 巻号:94(8) pp.1368-1375 (2011 8月) 詳細
[15]. CC-PAID: CPUキャッシュを有効利用した並列時系列パターンマイニングアルゴリズム 情報処理学会論文誌データベース 巻号:4(2) pp.88-100 (2011 7月) 詳細
[16]. 単位円特徴空間を用いた高速でコンパクトな三次元物体認識 画像ラボ 巻号:22(7) pp.21-27 (2011 7月) 詳細
[17]. 異常を診る,鮮やかに観る,綺麗に魅せる- プロジェクタ・カメラを用いた見かけの制御技術 画像ラボ 巻号:22(3) pp.29-36 (2011 7月) 詳細
[18]. Closed-Loop Feedback Illumination for Optical Inverse Tone-Mapping in Light Microscopy IEEE Transactions on Visualization and Computer Graphics 巻号:17(6) pp.857-870 (2011 6月) 詳細
[19]. ワクワク留学体験記-ドイツ,Bauhaus University Weimar 日本バーチャルリアリティ学会学会誌 巻号:15(4) pp.74-75 (2010 12月) 詳細
[20]. 単位円特徴空間を用いた高速でコンパクトな三次元物体認識 電子情報通信学会論文誌D 巻号:93(11) pp.2505-2515 (2010 11月) 詳細
【国際会議発表】
[1]. Separation of Reflective and Fluorescent Components using the Color Mixing Matrix IEEE Virtual Reality (VR2017) (2017 3月) 詳細
[2]. Monocular Focus Estimation Method for a Freely-Orienting Eye using Purkinje-Sanson Images IEEE Virtual Reality (VR2017) (2017 3月) 詳細
[3]. Coded Facial Expression SIGGRAPH ASIA 2016 Emergency Technology (2016 12月) 詳細
[4]. Direct and Global Component Separation from a Single Image using Basis Representation The 13th Asian Conference on Computer Vision (ACCV'16) (2016 11月) 詳細
[5]. Appearance Control in Dynamic Light Environments with a Projector-Camera System IEEE International Conference on Virtual Reality 2016: Workshop on Perceptual and Cognitive Issues in AR (2016 3月) 詳細
[6]. Structural Color Display on Retro-reflective Objects ICAT - EGVE - International Conference on Artificial Reality and Telexistence - Eurographics Symposium on Virtual Environments (2015 10月) 詳細
[7]. Semi-Parametric Color Reproduction Method for Optical See-Through Head-Mounted Displays 14th IEEE International Symposium on Mixed and Augmented Reality (ISMAR2015) (2015 9月) 詳細
[8]. Tutorial, T2. Computational Imaging and Projection 14th IEEE International Symposium on Mixed and Augmented Reality (ISMAR2015) (2015 9月) 詳細
[9]. An iterative convergence algorithm for single/multi ground plane detection and angle estimation with RGB-D camera IEEE International Conference on Image Processing (ICIP) pp.2895 - 2899 (2015 9月) 詳細
[10]. Successive Wide Viewing Angle Appearance Manipulation with Dual Projector Camera Systems ICAT - EGVE - International Conference on Artificial Reality and Telexistence - Eurographics Symposium on Virtual Environments 2014 pp.49-54 (2014 12月) 詳細
[11]. A Coordinated Projector Camera Control for the Omni Directional Appearance Manipulation Proc. of International Symposium on Future of Shitsukan Research pp.14 (2014 7月) 詳細
[12]. Projection Center Calibration for a Co-located Projector Camera System 3nd IEEE International Workshop on Computational Camera and Displays in conjunction on CVPR2014 (2014 6月) 詳細
[13]. Interactive Photomosaic System Using GPU ACM Multimedia2012 (2013 10月) 詳細
[14]. Projection Based Real-time Material Appearance Manipulation 2nd IEEE International Workshop on Computational Camera and Displays in conjunction on CVPR2013 pp.N/A (2013 6月) 詳細
[15]. The Appearance Control for the Human Material Perception Manipulation 21st International Conference on the Pattern Recognition, (2012 11月) 詳細
[16]. Interactive Photomosaic System Using GPU ACM Multimedia2012 (2012 10月) 詳細
[17]. Shading Illusion : A Novel Way for 3-D Representation on the Paper Media Procams 2012 IEEE International Workshop on CVPR2012 (2012 6月) 詳細
[18]. Local quadrics surface approximation for real-time tracking of textureless 3D rigid curved objects SVR 2012 : XIV Symposium on Virtual and Augmented Reality (2012 5月) 詳細
[19]. Meetsu: Augmented Reality Co-located Meeting Support System 5th Korea-Japan Workshop on Mixed Reality (KJMR2012) (2012 4月) 詳細
[20]. AR based Co-located Meeting Support System The 21st International Conference on Artificial Reality and Telexistence (ICAT2011) (2011 11月) 詳細
[21]. Model Based Tracking of Rigid Curved Objects using Sparse Polygonal Meshes The 21st International Conference on Artificial Reality and Telexistence (ICAT2011) (2011 11月) 詳細
[22]. Quantitative Evaluation Method for Model-based Tracking of 3D Rigid Curved Objects The 10th IEEE International Symposium on Mixed and Augmented Reality: The 2nd International Workshop on AR/MR Registration, Tracking and Benchmarking (2011 10月) 詳細
[23]. A Fast Simulation Method Using SPH and Wavelet for Sub-Particle-Scale Turbulent Flow Pacific Conference on Computer Graphics and Applications (2011 9月) 詳細
[24]. Controlled Illumination for the Object Recognition with Projector Camera Feedback IAPR CONFERENCE ON MACHINE VISION APPLICATIONS MVA2011 (2011 6月) 詳細
[25]. AR Dictionary: Dynamic Annotation for English Words in Printed Documents 20th International Conference on Artificial Reality and Telexistence (ICAT2010) (2010 12月) 詳細
[26]. Appearance Control using Projection with Model Predictive Control 20th International Conference on the Pattern Recognition (2010 8月) 詳細
[27]. Appearance Control by Projector Camera Feedback for Visually Impaired Procams 2010 IEEE International Workshop on CVPR2010 (2010 6月) 詳細
[28]. Apparent contour tracking of 3D rigid curved objects based on quadrics approximation of the surface The 3rd Korea-Japan Workshop on Mixed Reality (2010 4月) 詳細
[29]. Comparison of 3 DOF Pose Representations for Pose Estimations FCV2010 ; the 16th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (2010 2月) 詳細
[30]. Yet Another Representation of SO(3) by Spherical Functions for Pose Estimation FCV2010 ; the 16th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (2010 2月) 詳細
[31]. Estimating a rotation matrix R by using higher-order matrices R^n with application to supervised pose estimation Signal Processing, Pattern Recognition and Applications, SPPRA 2010 (2010 2月) 詳細
【著書】
[1]. 多元質感知 News Letter No.1 新学術領域研究・多元質感知 28 (2016 10月) 詳細
[2]. AR(拡張現実)の基礎・発展・実践 科学技術出版㈱ 390ページ (2015 9月) 詳細
[3]. 質感脳情報学 News Letter No.4 新学術領域・質感脳情報学 44-45 (2015 6月) 詳細
[4]. 質感脳情報学 News Letter No.4 新学術領域・質感脳情報学 28-29 (2015 6月) 詳細
[5]. 月刊インタフェース2015年5月号 CQ出版 101-110 (2015 3月) 詳細
[6]. 質感脳情報学 News Letter No.2 新学術領域・質感脳情報学 15 (2012 9月) 詳細
【紀要等】
[1]. Appearance Enhancement for Visually Impaired with Projector Camera Feedback Bauhaus-University Technical Report 巻号:ID: 1497 (2010 1月) 詳細
【国内会議発表論文】
[1]. 複数のプロジェクタカメラフィードバックを用いた引き箔の質感操作 第4回多元質感知 領域班会議 (2017 6月) 詳細
[2]. ライトフィールド投影を用いた見かけのBRDF 操作による質感操作 第3回多元質感知 領域班会議 (2017 3月) 詳細
[3]. プロジェクタカメラ系の非安定平衡状態を活用した工芸品演出試み 第2回 質感のつどい公開フォーラム (2016 11月) 詳細
[4]. プロジェクタとカメラによる蛍光を考慮した分光画像解析 画像の認識・理解シンポジウム 2016 (2016 8月) 詳細
[5]. ライトフィールド投影による見かけのBRDF制御 画像の認識・理解シンポジウム 2016 (2016 8月) 詳細
[6]. プロジェクタとカメラを用いた見かけの制御におけるずれ補正 画像の認識・理解シンポジウム 2016 (2016 8月) 詳細
[7]. 引箔を施した西陣織を題材とした見かけのBRDF 操作による革新的な質感編集 第2回多元質感知 領域班会議 (2016 6月) 詳細
[8]. 空間拡張現実感を用いた近視や遠視に対する視覚補助の検討 第27回研究発表会 (2016 6月) 詳細
[9]. 符号化印刷とプロジェクタカメラ系を用いた顔写真の表情操作 第27回研究発表会 (2016 6月) 詳細
[10]. カメラとプロジェクタからなる光学系を用いた見かけの制御系の性能評価方法の提案 第60回システム制御情報学会研究発表講演会 (SCI'16) (2016 5月) 詳細
[11]. 書作品への光投影による作者意図の拡張表現の試み 映像表現・芸術科学フォーラム2016 pp.vol. 40, no. 11, pp. 9-12 (2016 3月) 詳細
[12]. 空間型拡張現実感を用いた次世代型ホワイトボードの提案 画像の認識・理解シンポジウム 2015 pp.IS3-4 (2015 7月) 詳細
[13]. 再帰性反射面へのライトフィールド投影による構造色提示の検討 画像の認識・理解シンポジウム 2015 pp.IS3-25 (2015 7月) 詳細
[14]. 全周囲からの見かけの制御における協調動作のための色較正 画像の認識・理解シンポジウム 2015 pp.IS2-27 (2015 7月) 詳細
[15]. 再帰性反射面とライトフィールド投影を用いた構造色提示 第9回 質感脳情報学 領域班会議 pp.17 (2015 3月) 詳細
[16]. Cross Iterative Method for Angle Estimation and Ground Plane Detection with RGB-D Camera 情報処理学会全国大会 pp.3ZG-04 (2015 3月) 詳細
[17]. 現実の環境に適した見かけの制御アルゴリズムの提案 計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会 若手研究発表会 (2015 1月) 詳細
[18]. プロジェクタカメラ系を用いた連続的な見かけの操作 大阪府立大学・和歌山大学工学研究シーズ合同発表会 (2014 11月) 詳細
[19]. 同軸プロジェクタカメラ系を用いた連続的な質感操作 視覚情報基礎研究会 (2014 9月) 詳細
[20]. プロジェクタカメラ系の協調制御による全周囲での見かけの操作 日本バーチャルリアリティ学会第19回大会 pp.458-461 (2014 9月) 詳細
[21]. A Coordinated Projector Camera Control for the Omni Directional Appearance Manipulation 第8回 質感脳情報学 領域班会議 pp.14 (2014 7月) 詳細
[22]. ピクセルマップ更新による動的な投影ずれ補償 情報処理学会CVIM研究会 pp.IPSJ-CVIM14191022 1-6 (2014 3月) 詳細
[23]. モバイルプロジェクタカメラ系のためのオンライン光学補償 情報処理学会CVIM研究会 pp.IPSJ-CVIM14191021 1-6 (2014 3月) 詳細
[24]. ライトフィールド投影を用いた質感制御 第7回 質感脳情報学 領域班会議 pp.23 (2014 2月) 詳細
[25]. 光投影による物体の実時間質感操作 日本バーチャルリアリティ学会第18回大会 pp.234-237 (2013 9月) 詳細
[26]. プロジェクタカメラ系を用いた現実世界の“見かけ”操作 イノベーション・ジャパン2013 ~大学見本市&ビジネスマッチング~ pp.I-55 (2013 8月) 詳細
[27]. ライトフィールド投影を用いた質感制御 第6回 質感脳情報学 領域班会議 (2013 6月) 詳細
[28]. 動的な見かけ制御を応用した実世界の質感制御技術に関する研究 第5回 質感脳情報学 領域班会議 (2013 1月) 詳細
[29]. Shading Illusion: プロジェクタカメラ系による陰影制御 – 印刷媒体での新しい立体表現– 画像の認識・理解シンポジウム 2012 (2012 8月) 詳細
[30]. プロジェクタカメラフィードバックを用いた質感制御 画像センシングシンポジウムSSII2012 (2012 6月) 詳細
[31]. 質感制御のための光学系試作および制御アルゴリズムの実装 第4回 質感脳情報学 領域班会議 (2012 5月) 詳細
[32]. ユーザの嗜好を考慮した情報推薦のためのSkyline演算の拡張 情報処理学会関西支部支部大会 (2011 9月) 詳細
[33]. 消費電力を考慮したOLAP問合せ処理 情報処理学会関西支部支部大会 (2011 9月) 詳細
[34]. モデルベースドトラッキングにおける推定可能自由度の変化に対するロバスト性の向上 第16回日本バーチャルリアリティー学会大会 (2011 9月) 詳細
[35]. プロジェクタカメラ系による照明制御を用いた物体認識 画像の認識・理解シンポジウム 2011 (2011 7月) 詳細
[36]. 動的な見かけ制御を応用した実世界の質感制御技術に関する研究 第2回 質感脳情報学 領域班会議 (2011 6月) 詳細
[37]. 粒子法におけるサブパーティクルスケールの乱流を考慮した液体表面生成手法 Visual Computing / グラフィクスと CAD 合同シンポジウム 2011 (2011 6月) 詳細
[38]. CC-PAIDにおけるデータベースサイズとCPUキャッシュ利用効率の関係について データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2011) (2011 2月) 詳細
[39]. カラムストアデータベースの処理性能と電力の関係について データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2011) (2011 2月) 詳細
[40]. 複数の検索要素を統合する3Dオブジェクト検索システム データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2011) (2011 2月) 詳細
[41]. 拡張現実感辞書システムの開発とその有効性の評価 パターン認識・メディア理解研究会 (2011 1月) 詳細
[42]. プロジェクタ・カメラを用いた見かけの制御技術 ナント農商工ビジネスフェア (2010 12月) 詳細
[43]. 共同活動空間におけるメンバーの位置情報履歴を用いたアウェアネス支援 第68回 ヒューマンインタフェース学会研究会 (2010 11月) 詳細
[44]. Super-Helicesに基づく対話的な髪のシミュレーション ビジュアルコンピューティングワークショップ2010 in 舘山寺温泉 (2010 11月) 詳細
[45]. 異常を診る照明,綺麗に魅せる照明 -プロジェクタ・カメラを用いた見かけの制御技術- CEATEC2010, CEATEC Suite (2010 10月) 詳細
[46]. 粒子法における乱流を考慮した流体表面の改良 GCAD研究発表会 (2010 9月) 詳細
[47]. 再帰的なフォトモザイクを用いた画像の関連性提示方法 エンタテインメントコンピューティング研究会 (2010 8月) 詳細
[48]. プロジェクタカメラ系による陰影除去を用いた物体認識 画像の認識・理解シンポジウム 2010 (2010 7月) 詳細
[49]. モデル予測制御を用いたプロジェクタカメラ系によるアピアランス制御 画像の認識・理解シンポジウム 2010 (2010 7月) 詳細
[50]. プロジェクタとカメラを用いた見かけの制御技術 科学技術フェスタin京都 -若手研究者による科学技術説明会 (2010 6月) 詳細
[51]. SNSに基づく 災害ボランティア活動支援システムの構築 ヒューマンインタフェース学会研究会 (2010 5月) 詳細
[52]. HANDY: Enhancing Social Presence in Video-chat Systems 第16回EC研究・発表会 (2010 5月) 詳細
【受賞等】
[1]. ISMAR2016 Best Paper Runner Up Award IEEE 国際 2016
[2]. 情報・システムソサイエティ査読功労賞 電子情報通信学会 国内 2015
[3]. Honorable mention Award 9th IEEE International Workshop on Projector-Camera Systems 国際 2012
[4]. Best Paper Award SVR 2012 : XIII SYMPOSIUM ON VIRTUAL AND AUGMENTED 国際 2012
[5]. BEST POSTER AWARD ICAT2011 国際 2011
[6]. 研究会賞 ヒューマンインタフェース学会 国内 2011
[7]. MIRU2010 ベストデモ賞 画像情報学フォーラム 国内 2010
【招待講演、パネリスト、基調講演等】
[1]. プロジェクタカメラ系による見かけの操作とその応用 公開セミナー「質感とプロジェクション」 (2016 9月) 詳細
[2]. Semi-Parametric Color Reproduction Method for Optical See-Through Head-Mounted Displays (Invited) 画像の認識・理解シンポジウム 2016 (2016 8月) 詳細
[3]. 光学フィードバックを用いた見かけの質感操作および構造色提示 光設計研究グループ 第59回研究会 (2016 7月) 詳細
[4]. プロジェクションによる適応的な質感操作から意図の拡張へ 画像センシングシンポジウムSSII2016 (2016 6月) 詳細
[5]. ライトフィールドディスプレイ マルチアパーチャ・ライトフィールドカメラ応用ワークショップ (2015 10月) 詳細
[6]. NTT+大阪大学 DCEXPO STUDIO (2015 10月) 詳細
[7]. 見かけの質感操作 -プロジェクタカメラフィードバックとライトフィールド投影- ライフ・3Dプリンタ創成センターシンポジウム2015-1 (2015 4月) 詳細
[8]. 光投影による物体の質感操作 質感脳情報学ウェブセミナー (2014 1月) 詳細
[9]. プロジェクタカメラ系による実世界の見かけ操作 日本バーチャルリアリティ学会第18回大会 (2013 9月) 詳細
[10]. プロジェクタ・カメラ系を用いた見かけの制御 質感研究の応用に関する意見交換会 (2013 3月) 詳細
[11]. "異常を診る,鮮やかに観る,現実を操る新しい照明 - プロジェクタ・カメラ系を用いた見かけの制御 -" 投影型ディスプレイ研究会 (2013 2月) 詳細
[12]. OpenCVを用いた画像認識技術基礎 (2012 6月) 詳細
[13]. 拡張現実感とプロジェクタカメラフィードバックによる見かけの制御 すぐに役立つ最新画像処理技術の基礎理論と実践テクニック (2011 7月) 詳細
【新聞掲載、テレビ・ラジオ出演】
[1]. NIKKEI NET(プレスリリース) 2016
[2]. JPubb 2016
[3]. PJ web news 2016
[4]. raksul MAGAZINE 2016
[5]. 印刷タイムス 2016
[6]. PRTIMES 2016
[7]. 時事ドットコム 2016
[8]. BARKS 2016
[9]. RBB TODAY 2016
[10]. ORICON STYLE 2016
[11]. Cubeニュース 2016
[12]. 産経ニュース 2016
[13]. 朝日新聞デジタル 2016
[14]. 財経新聞 2016
[15]. BIGLOBEニュース 2016
[16]. BEST TIMES 2016
[17]. マイナビニュース 2016
[18]. 日本経済新聞 2016
[19]. OPTRONICS ONLINE 2016
[20]. 銀座新聞ニュース 2016
[21]. MdN Design Interactive 2016
[22]. favclip 2016
[23]. グノシー 2016
[24]. 日本橋経済新聞 2016
[25]. Yahoo!ニュース 2016
[26]. Infoseekニュース 2016
[27]. gooニュース 2016
[28]. 緑のgooコラム 2016
[29]. dmenuニュース 2016
[30]. PRTIMES 2016
[31]. Mapionニュース 2016
[32]. NEWS CAFE 2016
[33]. 時事ドットコム 2016
[34]. ORICAN STYLE 2016
[35]. RBB TODAY 2016
[36]. PRESIDENT Online 2016
[37]. BIGLOBEニュース 2016
[38]. YOMIURI ON LINE 2016
[39]. サンゼロミニッツ 2016
[40]. 産経ニュース 2016
[41]. トライシー 2016
[42]. 財経新聞 2016
[43]. gooビジネスEX 2016
[44]. BARKS 2016
[45]. デパなび 2016
[46]. PREMIUM JAPAN 2016
[47]. 朝日新聞デジタル 2016
[48]. TBSラジオ「森本毅郎 スタンバイ!」 2016
[49]. TOKYO MX NEWS 2016
[50]. NHK総合 関東 12/04 7:46,おはよう日本 2015
[51]. NHK総合 関東 12/04 11:24,ひるまえほっと 2015
[52]. 日刊工業新聞 最終面 2015
[53]. MONOist 2015
[54]. ValuePress! 2015
[55]. 日経BP社 ITpro Active 2015
[56]. Yahooニュース(ZUU online 7月1日(水)14時57分配信) 2015
[57]. ZUU online 2015
[58]. 日刊工業新聞BusinessLine 2015
[59]. Diginfo TV 2013
[60]. JSTサイエンスチャンネル 2013
【芸術・建築分野等(演奏会・作品発表)】
[1]. まごころ(天女)像プロジェクションマッピング 日本橋三越本店 (2016 12月) 詳細
[2]. 日本橋三越で箔工芸品へのプロジェクションマッピング展示 裕人礫翔,日本橋三越本店 (2015 12月) 詳細
【共同研究・プロジェクト等】
[1]. プロジェクションマッピング技術を用いた実環境編集に関する研究 (2017)
[2]. 引箔を施した西陣織を題材とした見かけのBRDF操作による革新的な質感編集の研究 (2017)
[3]. 「見かけの操作技術」を活用したプロダクト・イノベーションに関する研究 (2017)
[4]. プロジェクションマッピング技術を用いた実環境編集に関する研究 (2016)
[5]. プロジェクションマッピングを用いた水族園での演出に関する研究 (2016)
[6]. 引箔を施した西陣織を題材とした見かけのBRDF操作による革新的な質感編集の研究 (2016)
[7]. 「見かけの操作技術」を活用したプロダクト・イノベーションに関する研究 (2016)
[8]. Direct and Global Component Separation from a Single Image using Basis Representation (2016)
[9]. 「見かけの操作技術」を活用したプロダクト・イノベーションに関する研究 (2015)
[10]. 見かけの制御のための環境光と反射率の同時推定 (2015)
[11]. Light Field Projection Microscopy (2015)
[12]. プロジェクタカメラ系を用いた反射特性分離に関する共同研究 (2015)
[13]. ミニチュアヒューマノイドによる人にやさしいインタフェース (2015)
[14]. プロジェクションマッピング技術を用いた実環境編集に関する研究 (2015)
[15]. Gaussian Light Field Estimation for Chromatic Aberration Calibration of Optical See-Through Head-Mounted Displays (2015)
[16]. プロジェクションによる書に込められた意図の拡張に関する研究 (2015)
[17]. 西陣織引箔タペストリへのプロジェクションによる美の表現に関する研究 (2015)
[18]. カラーコードの認識技術向上 (2015)
[19]. ライトフィールド投影を用いた質感制御 (2014)
[20]. 見かけの制御のための環境光と反射率の同時推定 (2014)
[21]. 「見かけの操作技術」を活用したプロダクト・イノベーションに関する研究 (2014)
[22]. Semi-Parametric Color Reproduction Method for Optical See-Through Head-Mounted Displays (2014)
[23]. ライトフィールド投影を用いた質感制御 (2013)
[24]. 「見かけの操作技術」を活用したプロダクト・イノベーションに関する研究 (2013)
[25]. スミス補償器を用いたプロジェクタカメラ系の遅れ補償の研究 (2013)
[26]. 動的な見かけ制御を応用した実世界の質感制御技術に関する研究 (2012)
[27]. 立体物への見かけの制御技術の応用に関する研究 (2012)
【科学研究費補助金】
[1]. 新学術領域研究(研究領域提案型) 引箔を施した西陣織を題材とした見かけのBRDF操作による革新的な質感編集の研究 代表 ( 2016 - 2017 )
[2]. 基盤研究(B) ミニチュアヒューマノイドによる人にやさしいインタフェース 分担 ( 2015 - 2017 )
[3]. 基盤研究(C) 陰影アニメーションによる立体提示の実用化に向けた動的なプロジェクタカメラ系の較正 代表 ( 2014 - 2016 )
[4]. 新学術領域研究(研究領域提案型) ライトフィールド投影を用いた質感制御 代表 ( 2013 - 2014 )
[5]. 基盤研究(A) 高リスク作業の支援に対応可能な高信頼拡張現実感技術の開発 分担 ( 2011 - 2014 )
 

このページのトップへ