和歌山大学研究者総覧のホームページです。

ホーム > 研究関連情報

研究関連情報

image-profile

経済学部 経済学科

准教授

簗田 優 (ヤナタ スグル)

YANATA Suguru

【著書】
[1]. 『証券化と住宅金融 - イギリスの経験 - 』 時潮社 (2011 6月) 詳細
[2]. 『イギリス住宅金融の新潮流』 時潮社 (2010 年度) 詳細
【学術誌掲載論文】
[1]. Development of Financial Education in Japan under the Rapid Growth of ICT. 和歌山大学経済学会『経済理論』 巻号:第386号 pp.pp.109-118 (2016 12月) 詳細
[2]. 「マイナス金利政策下の欧州住宅金融市場」 『季報 住宅金融』 巻号:2016年秋号 pp.28-34 (2016 11月) 詳細
[3]. 「日銀のマイナス金利政策とヨーロッパ諸国の先行事例」 研究年報 巻号:第20号 pp.pp.65.-110 (2016 9月) 詳細
[4]. 国債市場特別参加者制度と最近の国債市場 —三菱東京UFJ銀行の特別資格返上に関連して— 『証研レポート』 巻号:1697号 pp.44-59頁 (2016 8月) 詳細
[5]. リバース・モーゲージ・ローン市場の拡大要因と課題の研究 ―イギリス・アメリカにおける展開を分析する― 『和歌山大学経済学会 経済理論』 巻号:384号 pp.169-193頁 (2016 6月) 詳細
[6]. A Study on the Entrepreneurship Education of Japan based on the Case of the Entrepreneur who was a NEET END2016 Internatinalconference on Education and New Developments Proceedings 巻号:April 2016 pp.pp.23-27 (2016 4月) 詳細
[7]. TOURISM-ORIENTED POLICY, ECONOMY AND TOURISM ENGLISH IN JAPAN END2016 Internatinalconference on Education and New Developments Proceedings 巻号:April 2016 pp.pp.33-36 (2016 4月) 詳細
[8]. 「イギリス住宅バブルと住宅需給アンバランス」 季刊 個人金融 巻号:2015年秋号 (2015 11月) 詳細
[9]. 「イギリスHelp to Buy:ISAと住宅金融市場」 『季刊 個人金融』 巻号:2015年夏号 pp.68-79 (2015 7月) 詳細
[10]. New Development and Innovation of Financial Education in Japan END2015 Internatinalconference on Education and New Developments Proceedings 巻号:June 2015 pp.416-420 (2015 6月) 詳細
[11]. Develpoment and Innovation of Free Online Educatin System, "JMOOC" in JAPAN END2015 Internatinalconference on Education and New Developments Proceedings pp.151-154 (2015 6月) 詳細
[12]. Plant Factory Engineering Strategy of Japanese Manufacturer and Agri-Business Innovation Journal of Agricultural Chemistry and Environment 巻号:4 pp.15-19 (2015 4月) 詳細
[13]. A Study of the Strategy and Operation of Japanese Agriculture Cloud Computing Journal of Agricultural Chemistry and Environment 巻号:4 pp.8-14 (2015 4月) 詳細
[14]. 「アベノミクスと日銀「異次元緩和」以降の和歌山県地域における金融機関行動の変化に関する調査研究」 和歌山大学経済研究所 地域研究シリーズ 巻号:46号 pp.1-24 (2015 3月) 詳細
[15]. A STUDY ON INDUSTRY-UNIVERSITY COOPERATIVE EDUCATION FOR THE CREATION OF NEW INDUSTRIES 7th International Conference of Education, Research and Innovation Seville - 17th-19th November 2014 ICERI2014 Proceedings IATED Digital Library ISBN: 978-84-617-2484-0 pp.3174-3182 (2014 11月) 詳細
[16]. 韓国住宅金融市場の近年の動向 ゆうちょ財団 季刊 個人金融 巻号:2014年夏号 pp.74-83 (2014 8月) 詳細
[17]. 金融サービスへのアクセスに関する地域間格差の研究 -京阪神大都市圏中心部と周辺部の比較分析- 大銀協フォーラム研究助成論文集 巻号:18 pp.1-18 (2014 2月) 詳細
[18]. 「イギリス住宅金融市場の動向とRMBS・カバードボンド市場」 季刊 個人金融 巻号:2014年冬号 pp.69-80 (2014 1月) 詳細
[19]. イギリスの個人貯蓄口座(ISA)の現状と展開 『証研レポート』 巻号:1679 pp.83-101 (2013 8月) 詳細
[20]. 韓国のカバードボンド法制案と住宅金融市場 『証研レポート』 巻号:1677号 pp.56-72 (2013 4月) 詳細
[21]. 「イギリス金融規制改革のゆくえ」 『証研レポート』 巻号:No.1675 pp.63-78頁 (2012 12月) 詳細
[22]. 「新たに注目を集めるカバード・ボンドの特徴と市場急拡大の背景」 『証研レポート』 巻号:1672号 pp.53-71頁 (2012 6月) 詳細
[23]. 「リーマンショック後のイギリス住宅金融市場」 『季報 住宅金融』 巻号:2011年秋号 pp.80‐89 (2011 11月) 詳細
[24]. 「世界金融危機下のイギリスMBS市場」 『証券経済学会年報』 巻号:第45号 (2010 7月) 詳細
[25]. 「イギリスにおけるカバードボンド市場の新展開」 『証券経済研究』 巻号:第70号 (2010 6月) 詳細
[26]. 「世界金融危機とイギリス住宅金融市場」 『獨協経済研究年報』 巻号:第18号 (2009 11月) 詳細
[27]. 「イギリスにおける住宅ローン返済問題と、住宅ローン利子所得補助制度(ISMI)・住宅ローン返済保証保険(MPPI)」 『獨協経済研究年報』 巻号:第17号 (2009 3月) 詳細
[28]. 「イギリスにおける住宅ローン担保証券(MBS)市場の展開」 『証券経済研究』 巻号:第64号 (2008 12月) 詳細
[29]. 「ノーザンロック危機と監督機関の対応」 『証券経済研究』 巻号:第62号 (2008 6月) 詳細
【紀要等】
[1]. (2013 年度) 詳細
[2]. 「カバードボンド市場の新展開-イギリスを中心に-」 『証券経済学会年報』 巻号:第46 (2011 7月) 詳細
[3]. 「イギリスにおける住宅ローン担保証券(MBS)市場の展開」 『証券経済学会年報』 巻号:第45号 (2010 7月) 詳細
[4]. 「世界のカバードボンド市場における新展開―アメリカ、ヨーロッパ、アジア―」 『日韓次世代学術フォーラム 第7回国際学術大会 PROCEEDINGS』 (2010 6月) 詳細
[5]. 「ノーザンロック危機と監督機関の対応」 『日韓次世代学術フォーラム 第5回国際学術大会 PROCEEDINGS』 (2008 6月) 詳細
【国際会議発表】
[1]. A STUDY ON REGIONAL INDUSTRIAL REGENERATION BASED ON NETWORK ANALYSIS E-Society2017 (2017 4月) 詳細
[2]. TOURISM-ORIENTED POLICY, ECONOMY AND TOURISM ENGLISH IN JAPAN International Conference on Education and New Developments 2016 (2016 4月) 詳細
[3]. A STUDY ON THE ENTREPRENEURSHIP EDUCATION OF JAPAN BASED ON THE CASE OF THE ENTREPRENEUR WHO WAS A NEET International Conference on Education and New Developments 2016 (2016 4月) 詳細
[4]. New Develpoment and Innovation of financial Education in Japan International Conference on Education and New Developments (2015 6月) 詳細
[5]. Develpoment and Innovation of Free Online Education System, "JMOOC" in Japan International Conference on Education and New Developments (2015 6月) 詳細
[6]. Plant Factory Engineering Strategy of Japanese Manufacturer and Agri-Business Innovation 2015 Spring World Congress on Engineering and Technology (2015 4月) 詳細
[7]. A STUDY ON INDUSTRY-UNIVERSITY COOPERATIVE EDUCATION FOR THE CREATION OF NEW INDUSTRIES 7th International Conference of Education, Research and Innovation Seville - 17th-19th November 2014 (2014 11月) 詳細
[8]. 「世界のカバードボンド市場における新展開―アメリカ、ヨーロッパ、アジア―」 日韓次世代学術フォーラム 第5回学術大会 (2010 6月) 詳細
[9]. 「ノーザンロック危機と監督機関の対応」 日韓次世代学術フォーラム 第5回学術大会 (2008 7月) 詳細
【国内会議発表論文】
[1]. リバース・モーゲージ・ローン市場の拡大要因と課題の研究 ―イギリス・アメリカにおける展開を分析する― 証券経済研究会 (2017 4月) 詳細
[2]. リバース・モーゲージ・ローン市場の拡大要因と課題 ―英米事例の研究― 証券経済学会創立50周年記念大会(第85回) (2016 9月) 詳細
[3]. 国債市場特別参加者制度と最近の国債市場 —三菱東京UFJ銀行の参加者資格返上に関連して— 証券経済研究所 証券経済研究会 (2016 7月) 詳細
[4]. 日銀のマイナス金利政策とヨーロッパ諸国の先行事例 日本証券経済研究所 証券経済研究会 (2016 3月) 詳細
[5]. Asset price “Bubble” and regulator's resolution 和歌山大学経済学部・山東大学経済学院国際共同研究会 (2015 12月) 詳細
[6]. Asset price “Bubble” and regulator's resolution 和歌山大学経済学部・山東大学経済学院国際共同研究会 (2015 12月) 詳細
[7]. 「過熱するイギリス住宅市場とHelp to Buy :ISA」 証券経済学会 2015年度秋季全国大会 (2015 11月) 詳細
[8]. 「アベノミクス・日銀緩和と地域経済」 地方創生・地域金融研究ユニット研究会 (2015 6月) 詳細
[9]. Help to Buy:ISAとイギリス住宅金融市場 証券経済研究会 (2015 4月) 詳細
[10]. Help to Buy:ISAとイギリス住宅金融市場 日本証券経済研究所 証券経済研究会 (2015 4月) 詳細
[11]. 「日銀のマイナス金利政策と欧州の先行事例」 金融グローバリゼーション研究ユニット/地方創生・地域経済研究ユニット共同研究会 (2015 3月) 詳細
[12]. イギリスISA(個人貯蓄口座・奨励制度)の現状と展開 第81回全国大会 (2014 6月) 詳細
[13]. 「証券化」その歴史と意義の変遷 2014年度SGCIME春季研究会 (2014 3月) 詳細
[14]. リテール・バンキングの変容と金融機関行動の研究_x000B_―日英米の住宅金融を中心に― 山東大学経済学院・和歌山大学経済学部 国際学術共同研究会 (2013 9月) 詳細
[15]. 韓国住宅金融市場とカバードボンド 証券経済学会 (2013 6月) 詳細
[16]. 韓国の住宅金融市場とカバードボンド法制案 金融グローバリゼーション研究ユニット研究会 (2013 3月) 詳細
[17]. 韓国の住宅金融とカバードボンド法整備 日本証券経済研究所 証券経済研究会 (2013 2月) 詳細
[18]. イギリスISAの現状と本国NISAに対する示唆 金融グローバリゼーション研究ユニット研究会 (2013 年度) 詳細
[19]. イギリスISAの展開と現状 日本証券経済研究所 証券経済研究会 (2013 年度) 詳細
[20]. 新たな金融・銀行規制システムを模索するイギリス 日本証券経済研究所 証券経済研究会 (2012 11月) 詳細
[21]. 「イギリス金融規制体制の変更について」 証券経済学会 2012年度 秋季全国大会 (2012 9月) 詳細
[22]. 「世界金融危機下のイギリス金融市場」 信用理論研究学会 2012年度秋季大会 (2012 9月) 詳細
[23]. 証券化と住宅金融―リーマン・ショック以降のイギリスを中心に― 日本証券経済研究所 証券経済研究会 (2012 4月) 詳細
[24]. 「ヨーロッパのカバードボンド市場の近年の動向」 金融システム研究会 (2010 年度) 詳細
[25]. 「イギリスMBS市場の機能的変遷」 金融システム研究会 (2009 9月) 詳細
[26]. 「イギリスにおける住宅ローン担保証券(MBS)市場の展開」 証券経済学会第71回全国大会 (2009 6月) 詳細
[27]. 「イギリスにおける住宅ローン担保証券(MBS)市場の展開」 金融システム研究会 (2009 1月) 詳細
[28]. 「サブプライムローン危機下の欧州金融市場:ノーザンロック危機と監督機関の対応」 証券経済学会 関東部会 (2008 6月) 詳細
[29]. 「ノーザンロック危機と監督機関の対応」 金融システム研究会 (2008 5月) 詳細
【プロシーディングス、解説記事等】
[1]. A Study of Business Management Education by Simulatin Using the Business Game END2015 Internatinalconference on Education and New Developments Proceedings pp.570-571 (2015 6月) 詳細
[2]. 韓国住宅金融市場とカバードボンド 証券経済学会 証券経済学会年報49 pp.236-240 (2014 7月) 詳細
[3]. 「書評:斉藤美彦・須藤時仁著 『国債累積時代の金融政策』」 全国信用組合中央協会 『しんくみ』第56巻11号。 (2010 11月) 詳細
【受賞等】
[1]. 大銀協フォーラム研究助成特別賞 大銀協フォーラム 国内 2017
[2]. 平成24年度 証券経済学会賞 優秀賞 証券経済学会 国内 2012
[3]. 大銀協フォーラム研究支援 優秀賞 大銀協フォーラム 国内 2012
【招待講演、パネリスト、基調講演等】
[1]. イギリス住宅金融市場の近年の動向 第一回 みずほ英国RMBSセミナー (2012 10月) 詳細
[2]. 社会人大学院生から大学専任教員への道 獨協大学経済学部総合講座 (2012 5月) 詳細
[3]. 「リーマンショック後のイギリス住宅金融市場」 日本証券経済研究所 ヨーロッパ資本市場研究会 (2012 3月) 詳細
[4]. 「世界金融危機とイギリスの住宅金融市場」 ヨーロッパ資本市場研究会 (2010 11月) 詳細
【新聞掲載、テレビ・ラジオ出演】
[1]. ニュース&情報5チャンDO! 2016
[2]. キャッチ!世界の視点 2014
【共同研究・プロジェクト等】
[1]. かんぽ財団研究助成「リバース・モーゲージ・ローン市場の拡大要因と課題の研究 ―イギリス・アメリカにおける展開を分析する―」 (2014)
[2]. 和歌山大学経済学部後援会和歌山県地域研究「和歌山の比較優位性を活かした新産業活性化の研究―植物工場推進の可能性を探る―」 (2013)
[3]. 大銀協フォーラム研究支援「金融サービスへのアクセスに関する地域間格差の研究―京阪神大都市圏中心部と周辺部の比較分析―」 (2013)
【国際研究交流】
[1]. Inga Marinauskaite(Mykolas Romeris University) (2015)
[2]. 張季風(中国社会科学院日本研究所経済室長・教授) (2012)
【その他の研究交流】
[1]. 和歌山大学経済学会 和歌山大学経済学会研究会 (2012)
[2]. 和歌山大学経済学会 和歌山大学経済学会研究会 (2012)
【財団・企業等からの競争的資金、寄附金等】
[1]. 経済学部寄附金(平成27年度石井記念証券研究振興財団研究助成) (2015)
[2]. 経済学部寄附金(平成26年度調査研究助成) (2014)
[3]. 経済学部寄附金(和歌山大大学経済学部後援会 平成25年度地域研究助成) (2013)
[4]. 経済学部寄附金(公益財団法人日本証券経済研究所) (2013)
[5]. 経済学部寄附金(公益財団法人日本証券経済研究所) (2013)
[6]. 経済学部寄附金(財団法人和歌山大学経済学部後援会 平成24年度地域研究助成) (2012)
[7]. 経済学部寄附金(一般財団法人ゆうちょ財団平成24年度研究助成) (2012)
[8]. 経済学部寄附金(大阪銀行協会 平成24年度大銀協フォーラム研究支援) (2012)
 

このページのトップへ