和歌山大学研究者総覧のホームページです。

ホーム > 研究関連情報

研究関連情報

経済学部 経済学科

准教授

厨子 直之 (ズシ ナオユキ)

ZUSHI Naoyuki

【著書】
[1]. 現代人的資源管理(「第10章 人事評価制度の導入効果の測定」) 中央経済社 291頁 (2013 年度) 詳細
[2]. 入門・組織行動論(第2版)(「第11章 組織変革」) 中央経済社 285頁 (2013 年度) 詳細
[3]. 経験から学ぶ人的資源管理 有斐閣 382 (2010 10月) 詳細
[4]. 『入門・人的資源管理』(第2版)(担当章:第4章「人事等級制度」) 中央経済社 314 (2010 4月) 詳細
[5]. Human Resource Management: Theory and Practice (3rd edition)(『人的資源管理―理論と実践―』)(担当部分:第9章「Reward management」(「報酬管理」)) 文眞堂 812 (2009 6月) 詳細
[6]. ホワイトカラーの職務・成果主義賃金制度に関する事例分析 Working Paper SeriesNo.08-08 1-40 (2009 年度) 詳細
[7]. ホワイトカラーの職務設計と賃金制度に関する理論的・実証的研究 神戸大学課程博士学位請求論文 1-145 (2007 年度) 詳細
[8]. 第11章 組織変革 中央経済社 161-181 (2007 年度) 詳細
[9]. J. ブラトン「報酬管理」Bratton, J.“Reward Management” 神戸大学大学院経営学研究科博士課程モノグラフシリーズNo.0610 1-67 (2006 年度) 詳細
[10]. 人事制度や組織の動向に関するアンケート実態調査報告書 神戸大学大学院経営学研究科博士課程モノグラフシリーズNo.0611 1-38 (2006 年度) 詳細
[11]. 組織フラット化に伴う報酬制度改革―分業と調整の仕組みに着目して― 神戸大学大学院経営学研究科博士課程モノグラフシリーズNo.0607 1-154 (2006 年度) 詳細
[12]. 組織フラット化に伴う賃金制度改革 千倉書房 (2006 年度) 詳細
【学術誌掲載論文】
[1]. プレイング・マネジャーの実態分析(1) Working paper series 巻号:13(9) pp. 1-10 (2013 年度) 詳細
[2]. ナレッジワーカーのパフォーマンス・マネジメント―ソーシャル・サポートと離職の関係における職務満足・組織コミットメントの媒介効果 経営行動科学 巻号:第25巻第2号 pp.113-128 (2012 8月) 詳細
[3]. 「人事評価面接の会話分析(3):看護師の成長的サポートに関するケース」 『琉球大学経済研究』 巻号:第83号 pp.15-27 (2012 3月) 詳細
[4]. 人事評価面接の会話分析(1):医療事務の成長的サポートに関するケース 経済理論 巻号:第358号 pp.35-57 (2010 11月) 詳細
[5]. 人事評価面接の会話分析(2):医療事務の感情的サポートに関するケース 経済理論 巻号:第360号 pp.113-135 (2010 3月) 詳細
【紀要等】
[1]. ナレッジワーカーのソーシャル・サポート・職務満足・組織コミットメント・組織市民行動・離職に関する実証分析 研究年報 14 pp.469-486 (2010 9月) 詳細
[2]. ナレッジワーカーのソーシャル・サポートと成果の関係に影響を及ぼすメディエーター効果に関する探索的分析 Working paper series 巻号:10(9) pp.1-12 (2010 6月) 詳細
[3]. タレント・マネジメントは人的資源管理の新展開になりうるか 日本労働研究雑誌 巻号:No.584 pp.116-117 (2009 年度) 詳細
[4]. イオンのGMSのマーチャンダイジング・プロセス改革とコミュニティ社員制度 神戸大学大学院経営学研究科 Discussion Paper 巻号:2009・36 pp.1~23 (2009 年度) 詳細
[5]. 人事評価制度改革におけるナレッジワーカーのソーシャル・サポートと成果に関する実証分析 Working paper series(和歌山大学) 巻号:10(1) pp.1~22 (2009 年度) 詳細
[6]. 知識経済におけるポスト成果主義的人事制度の予備的分析 経済理論 巻号:第347号 pp.113-139 (2009 年度) 詳細
[7]. 病院における人事評価と給与制度 病院 巻号:第67巻第8号 pp.724-728 (2008 年度) 詳細
[8]. ナレッジワーカーの人的資源管理に関する予備的考察 経済研究  巻号:第75号 pp.203-240 (2007 年度) 詳細
[9]. 組織フラット化に伴う人事制度改革―人事等級制度と報酬制度に着眼して― 国民経済雑誌 巻号:第191巻   第5号 pp.21-36 (2006 年度) 詳細
[10]. 日本企業における賃金制度改革の論点と課題―賃金制度の職務主義・成果主義化に向けて― 六甲台論集(経営学編) 巻号:第53巻第2号 pp.79-99 (2006 年度) 詳細
[11]. 職務と成果に基づく賃金制度の分析枠組み―「事前」と「事後」の職務設計の2つのパラダイム― 商大論集 巻号: 第58巻  第1・2 pp.43-77 (2006 年度) 詳細
【国内会議発表論文】
[1]. プレイング・マネジャーの負担を軽減する人事管理のあり方とは 第13回年次大会 (2010 11月) 詳細
[2]. ホワイトカラーの職務・成果主義賃金に関する考察 和歌山大学経済学会 平成19年度春季研究会 (2007 年度) 詳細
[3]. 賃金研究の現状と課題―新たな分析視角構築に向けての理論的考察― 第36回全国大会 (2006 年度) 詳細
[4]. 組織フラット化に伴う賃金制度改革―職務設計との関連で― 第80回全国大会 (2006 年度) 詳細
[5]. 組織フラット化に伴う報酬制度改革―分業と調整の仕組みに着目して― 第535回例会 (2005 年度) 詳細
【プロシーディングス、解説記事等】
[1]. 組織と個人のパフォーマンスを高める人事プロフェッショナルの開発【実像編】 一般社団法人日本能率協会KAIKAプロジェクト室報告書 pp.全10頁 (2015 年度) 詳細
[2]. 大学生のグローバル人材に関する実態分析 全30頁 (2015 年度) 詳細
【受賞等】
[1]. なし 2008
【招待講演、パネリスト、基調講演等】
[1]. (2008 年度) 詳細
【新聞掲載、テレビ・ラジオ出演】
[1]. ラジオ大阪 朝かつ! 2015
[2]. ラジオ大阪「朝かつ!」 2014
[3]. ラジオ大阪 朝かつ! 2013
[4]. ラジオ大阪 朝かつ! 2013
[5]. ラジオ大阪「朝かつ!」 2012
[6]. なし 2008
【取得特許】
[1]. なし ( 2008 )
【芸術・建築分野等(演奏会・作品発表)】
[1]. なし (2008 年度) 詳細
【共同研究・プロジェクト等】
[1]. 神戸人事研究会 (2012)
[2]. 神戸人事研究会 (2011)
[3]. (2011)
[4]. 労働・社会保障ユニット (2011)
[5]. シンプル人事制度研究会 (2011)
[6]. ナレッジワーカーの人的資源管理 (2010)
[7]. プレイング・マネジャーの負担軽減に向けた人事管理 (2010)
[8]. (2010)
[9]. ナレッジワーカーの人的資源管理 (2009)
[10]. ホワイトカラー研究ユニット (2009)
[11]. ナレッジワーカーの人的資源管理 (2008)
[12]. ホワイトカラー研究ユニット (2008)
[13]. 医療組織マネジメント研究会 (2008)
[14]. 観光経営ユニット (2007)
【科学研究費補助金】
[1]. 基盤研究(C) ビジネスパーソンの創造性と人事評価との関係性に関する研究 分担 ( 2015 - 2018 )
[2]. 基盤研究(C) 人事プロフェッショナルの多技能化に関する実証的研究:人的資源の全体最適に向けて 分担 ( 2011 (平成23~27年度) )
[3]. 基盤研究(C) 人事制度の複雑性の克服に関する実証研究―知識経済におけるポスト成果主義の探求― 代表 ( 2009 ~2013 (2009~2013年度) )
 

このページのトップへ