和歌山大学研究者総覧のホームページです。

ホーム > 研究関連情報

研究関連情報

経済学部 経済学科 (観光学研究科博士後期課程)

教授

王 妙発 (オウ ミョウハツ)

WANG Miaofa

【著書】
[1]. 中国先史集落の考古地理学研究 大阪大学出版会 1-432 (2012 4月) 詳細
[2]. グローバル化のなかの日中経済関係 ――進展と深化―― 御茶の水書房 13-33 (2009 年度) 詳細
[3]. 地図的文化史 新星出版社、北京 (2005 年度) 詳細
[4]. 論長江流域早期都市 面向新世紀的中国歴史地理学(斉魯書社) (2001 年度) 詳細
[5]. 考古地理学研究之回顧與前瞻 中国考古学跨世紀的回顧與前瞻 科学出版社 (2000 年度) 詳細
[6]. 黄河流域聚落論稿――従史前聚落到早期都市 知識出版社 (1999 年度) 詳細
[7]. 中国古文明史辞典・地理沿革 浙江古籍出版社 (1999 年度) 詳細
[8]. 吉林省新石器時代聚落分布環境及規模之考察 東北亜歴史地理研究(中州古籍出版社) (1998 年度) 詳細
[9]. 青海省馬家窯文化聚落規模考察 青果集・吉林大学考古学系建系十周年記念文集 (1998 年度) 詳細
[10]. 古代西北の歴史地理 黄土高原とオルドス(「日中文化研究」別冊3勉誠社) (1997 年度) 詳細
[11]. 中国文化辞典・考古篇 上海社会科学出版社 (1987 年度) 詳細
[12]. 中国摩崖石刻分布図 中国国家歴史地図集・文化図の一 (1987 年度) 詳細
[13]. 清代学者地理分布図 中国国家歴史地図集・文化図の一 (1986 年度) 詳細
[14]. 我国有没有中石器時代遺跡 (学林出版社)中国文化之謎、第一輯 (1985 年度) 詳細
【学術誌掲載論文】
[1]. 中国史前城壁集落研究的若干問題 科学出版社 慶祝張忠培先生八十歳論文集 pp.209-224 (2014 7月) 詳細
[2]. 松嫩平原細石器聚落研究 昂昂溪考古文集(科学出版社) pp.28-38 (2013 12月) 詳細
[3]. 長江中下游史前城址考察 中国考古学会第14次年会論文集 pp.138-155 (2012 10月) 詳細
[4]. 長江中流域の先史城壁集落研究 和歌山大学経済学会 経済理論 巻号:368 pp.131-159 (2012 7月) 詳細
[5]. 論考古地理学 輿地、考古与史学新説―李孝聡教授栄休記念文集 pp.392-403 (2012 6月) 詳細
[6]. 理想的考古報告──不厭其詳的“全信息報告” 中国文物報943期 (2001 年度) 詳細
[7]. 黄河流域史前聚落之再検討――以河南省為例 歴史地理14輯 (1998 年度) 詳細
[8]. 吉林省青銅期聚落地理研究 中国歴史地理論叢、第41輯 (1996 年度) 詳細
[9]. 徐福東渡日本研究中的史實・傅説与假説 中國文化、1995年1期 (1995 年度) 詳細
[10]. 徐福来日についての諸検証 東瀛求索第7号(中国社会科学研究会・東京) (1994 年度) 詳細
[11]. 略論似城聚落 地理科学12巻1号 (1992 年度) 詳細
[12]. 関於城市概念的地理学定義考察 歴史地理10 (1992 年度) 詳細
[13]. 《山海経》所載之金属鉱産地 歴史地理研究2 (1990 年度) 詳細
[14]. 関於中国的早期都市 国際東方学者会議紀要第34冊 pp.pp.116-127 (1989 年度) 詳細
[15]. 黄河流域的史前聚落 歴史地理6輯 (1988 年度) 詳細
[16]. 徐霞客《盤江考》辨析 地理科学7号 pp.p.3 (1987 年度) 詳細
[17]. 関於秦代象郡地望問題的討論 歴史地理研究1 (1986 年度) 詳細
【紀要等】
[1]. 青海高原新石器時代の集落と墓地の研究 研究年報 14 pp.603-614 (2010 9月) 詳細
[2]. 中国先史集落の研究-考古地理学の角度から 大阪大学に提出 pp.600 (2009 年度) 詳細
[3]. 夏・商(殷)両王朝の都についての文献学   ―考古学検証― 経済理論 343 pp.121-136 (2008 年度) 詳細
[4]. 新疆地区的早期開発 新果集・慶祝林?先生七十周年論文集,科学出版社 (2008 年度) 詳細
[5]. 日中経済文化交流の若い年齢層への影響 グローバル下の日中経済関係 (2008 年度) 詳細
[6]. 関西経済圏と中国の相互経済関係の深化と地域経済へのその影響に関する研究 Only Oneを創る。2007 和歌山大学オンリー・ワン創成プロジェクト報告書 pp.59-86 (2007 年度) 詳細
[7]. 都市の定義について ――歴史地理学からのアプローチ―― 経済理論 339 pp.59-79 (2007 年度) 詳細
[8]. 中国史前城址分布与規模之研究 新世紀的考古学―文化・区位・生態的多元互動 pp.205-228 (2006 年度) 詳細
[9]. 準都市集落についての検討 経済理論331 pp.87-101 (2006 年度) 詳細
[10]. 中国における先史集落及び初期都市研究のあゆみ――考古地理学の角度から―― 研究年報10 pp.119-142 (2006 年度) 詳細
[11]. 中国との経済交流活性化に係る研究調査報告書 (2005 年度) 詳細
[12]. 試論中国最早的一批都市 慶祝張忠培先生七十周年論文集、科学出版社  pp.37-51 (2004 年度) 詳細
[13]. 新宮市にある徐福に関する伝承地・伝説の研究報告 和歌山大学地域研究シリーズ、第26号 pp.pp.1-26 (2003 11月) 詳細
[14]. 中国北方の先史「城壁」集落 和歌山大学経済学部研究年報、第7号 (2003 年度) 詳細
[15]. 黒竜江地域先史集落の研究-地理学的角度から 研究年報 和歌山大学経済学部5号 (2001 年度) 詳細
[16]. 海野一隆的『地図文化史』(書評) 歴史地理15輯、上海人民出版社 (1999 年度) 詳細
[17]. 青海省青銅器時代集落の研究--地理学的角度から 和歌山大学経済学部研究年報3号 (1999 年度) 詳細
[18]. 法治主義和徳治主義-立憲主義的基礎(翻訳) 「二十一世紀」1998年6月号 (1998 年度) 詳細
[19]. 吉林省先史集落の地理学的研究 和歌山大学経済学部研究年報、第1輯 (1997 年度) 詳細
[20]. 河南省先史集落の規模について 経済理論273号 (1996 年度) 詳細
[21]. 考古地理学之意義(中文)(翻訳) 歴史地理13輯 (1995 年度) 詳細
[22]. 内モンゴル高原の史前集落の初歩的研究 経済理論255号 pp.p.33 (1993 年度) 詳細
[23]. 六十年前「出来事」 讀書、1993年11期 (1993 年度) 詳細
[24]. 長江三峡工程論証之謎 明報月刊1992年1期 (1992 1月) 詳細
[25]. 企業と社会の新しい関係システムの構築可能性 和歌山大学経済学部特定研究報告書 (1992 年度) 詳細
[26]. 図書館と読書事情 「阿佐毛」(和歌山大学付属図書館報)、第6号 (1991 年度) 詳細
[27]. 関於江南「yu田」的若干考察(翻訳) 歴史地理7輯 (1990 年度) 詳細
[28]. 甘青地区の初期開発について 経済理論237号 (1990 年度) 詳細
[29]. 弥生時代における中国文化の受容――徐福の来日を巡って 平成5年度和歌山大学経済学部特定研究『日本における外国文化の受容』 詳細
[30]. 準都市集落についての検討 経済理論第331号(筒井教授退任記念特集号) pp.pp.87-101 詳細
【国際会議発表】
[1]. 斉家文化聚落規模試探 斉家文化与華夏文明国際研討会 (2015 年度) 詳細
[2]. 世界遺産日本合掌住宅聚落的保護和可持続発展 2015文化遺産保護与数字化国際論壇 (2015 年度) 詳細
[3]. 中国早期都市形成之多元化 北京フォーラム (2015 年度) 詳細
[4]. 新世紀以来考古地理学研究発展 2014年中国地理学会歴史地理専業委員会学術研討会 (2014 9月) 詳細
[5]. 城市和文明定義小議 城市和文明国際学術研討会 (2014 8月) 詳細
[6]. 長江中下游史前城址考察 中国考古学会第14次年会 (2011 11月) 詳細
[7]. 論内蒙南部遊牧農業交接区域史前石城遺址聚落功能 2009中国・烏珠穆沁辺疆考古国際学術研討会 (2009 年度) 詳細
[8]. 考古地理学的理論以及在中国的研究実践 2005年全球華人地理学家大会於北京 (2005 9月) 詳細
【国内会議発表論文】
[1]. 考古地理学的研究理論和研究方法 復旦大学歴史地理研究所 訪問学者学術報告 (2012 6月) 詳細
[2]. 中国史前城址的分布問題 訪問学者学術報告 (2012 6月) 詳細
[3]. 考古地理学的研究方法問題 吉林省文物考古研究所訪問学者学術報告会 (2012 5月) 詳細
[4]. 関与史前城址研究問題 復旦大学文物博物館系学術講座 (2012 5月) 詳細
[5]. 考古地理学的理論研究 中国人民大学歴史系学術講座 (2012 3月) 詳細
[6]. 考古地理学的理論和研究実践 中国社会科学院考古研究所訪問学者学術報告会 (2011 12月) 詳細
[7]. 松嫩平原细石器聚落研究 昂昂溪文化学術研討会 ―記念梁思永先生發掘昂昂溪遺跡80周年― (2010 9月) 詳細
[8]. 中国史前城墙分布考察 遼寧省文物考古研究所 (2010 3月) 詳細
[9]. 论内蒙南部游牧业农业交接区域史前石城遗址聚落功能 2009中国•乌珠穆沁边疆考古国际学术研讨会 (2009 年度) 詳細
[10]. 幅60mの城壁 ――5000年前の巨大都市:良渚 ―― 経済学会研究会 (2009 年度) 詳細
[11]. Prehistoric Wall Settlements in Central Inner-Mongolia 「INTERNATIONNAL CONFERENCE OF MUNKHTENGER STUDIES」Ulanbator,Mongolia (2006 年度) 詳細
[12]. 考古地理学的理論以及在中国的研究実践 2005年世界華人地理学者大会(於北京大学) (2005 年度) 詳細
[13]. 新疆地域的早期開発 2004年歴史地理国際学術討論会「西部歴史環境與文明的演進」 (2004 年度) 詳細
[14]. 中国史前城址分布與規模之研究 台湾中央研究院歴史語言研究所主催 新世紀の考古学国際シンポジウム(於台北) (2003 1月) 詳細
[15]. 関於中国的早期都市 INTERNATIONAL CONFERENCE OF ORIENTALISTS IN JAPAN pp.pp.116-127 (1989 5月) 詳細
[16]. 幅60mの城壁―6000年前の巨大都市:良渚 和歌山大学経済学会研究会 詳細
【プロシーディングス、解説記事等】
[1]. 何雅文死了 遼寧教育出版社 万象 (2011 9月) 詳細
[2]. 海野一隆遺作『地図文化史上的広與図』」 歴史地理第25輯 上海人民出版社 (2011 5月) 詳細
[3]. 春帆楼 万象2011年5期 (2011 5月) 詳細
[4]. 松嫩平原细石器聚落研究 昂昂溪文化学術研討会 ―記念梁思永先生發掘昂昂溪遺跡80周年― (2010 9月) 詳細
[5]. 地図的文化史 中華書局(香港) (2002 5月) 詳細
[6]. 保持清醒的頭脳――論改革與学者的使命 復旦131期 (1985 1月) 詳細
【受賞等】
[1]. なし 2008
【招待講演、パネリスト、基調講演等】
[1]. 第二場「譚其驤先生の学術思想」 記念譚其驤先生百年誕辰国際歴史地理学術研討会 (2011 5月) 詳細
[2]. 中国史前城墙集落の分布 遼寧省文物考古研究所定期研究会 (2009 年度) 詳細
[3]. (2008 年度) 詳細
【新聞掲載、テレビ・ラジオ出演】
[1]. なし 2008
【取得特許】
[1]. なし ( 2008 )
【芸術・建築分野等(演奏会・作品発表)】
[1]. なし (2008 年度) 詳細
[2]. 倒黴派給誰? (2000 年度) 詳細
[3]. 失去了銭鍾書 (1999 年度) 詳細
[4]. 蒼白的呼吁 (1999 年度) 詳細
[5]. 形勢比人強 (1998 年度) 詳細
[6]. 至樂無如讀書──悼顧廷龍先生  (1998 年度) 詳細
[7]. 一個令人?渚・I日子――7月1日 (1997 年度) 詳細
[8]. 也談「人非聖賢」 (1990 年度) 詳細
[9]. 絲路尋蹤登葱嶺 (1984 年度) 詳細
[10]. 也談為什?中国学人在日本研究中国 詳細
[11]. 毛主席教導我們・・・ 詳細
[12]. 過客和看客 詳細
[13]. 世紀之交(コラム連載,1-18) 詳細
[14]. 亦談接吻大賽 詳細
【共同研究・プロジェクト等】
[1]. グローバルゼイシュンなかの日中経済関係 (2015)
[2]. グローバルゼイシュンなかの日中経済関係 (2014)
[3]. グローバルゼイシュンなかの日中経済関係 (2013)
[4]. グローバルゼイシュンなかの日中経済関係 (2012)
[5]. グローバルゼイシュンなかの日中経済関係 (2011)
[6]. 関西経済圏と中国の相互経済関係の深化 (2010)
[7]. 関西経済圏と中国の相互経済関係の深化 (2009)
[8]. 関西経済圏と中国の相互経済関係の深化と地域経済へのその影響に関する研究 (2008)
【国際研究交流】
[1]. 復旦大学・中国人民大学・上海博物館他 (2015)
[2]. 復旦大学教授高蒙河 (2012)
[3]. 復旦大学教授高蒙河 (2011)
[4]. 中国科学院考古研究所朱延平教授 (2011)
[5]. 復旦大学教授高蒙河 (2010)
[6]. 湖北省文物考古研究所 (2009)
[7]. 湖南省文物考古研究所 (2009)
[8]. 遼寧省文物考古研究所 (2009)
[9]. 復旦大学教授高蒙河 (2009)
[10]. 復旦大学文物博物館系・浙江省文物考古研究所等 (2008)
[11]. 復旦大学文物博物館系・浙江省文物考古研究所等 (2007)
【財団・企業等との共同研究、受託研究】
[1]. 中国との経済交流活性化に係る研究調査 (2004)
 

このページのトップへ