和歌山大学研究者総覧のホームページです。

ホーム > 研究関連情報

研究関連情報

image-profile

教育学部 教職大学院

教授

豊田 充崇 (トヨダ ミチタカ)

TOYODA Michitaka

【著書】
[1]. 教育工学的アプローチによる教師教育 学び続ける教師を育てる・支える ミネルヴァ書房 (2015 年度) 詳細
[2]. ICTを活用した学び合い授業アイデアBOOK 明治図書出版株式会社 139 (2014 11月) 詳細
[3]. 電子黒板・デジタル教材 活用事例集 ㈱教育開発研究所 206頁 (2011 年度) 詳細
[4]. 管理職のための「教育情報化」対応ガイド ㈱教育開発研究所 220頁 (2010 年度) 詳細
[5]. 教育の情報化と著作権教育 三省堂 116頁 (2010 年度) 詳細
[6]. メディアで創造する力を育む ―確かな学力から豊かな学力へ ぎょうせい(東京) 全277頁 分担 26-30,248-252頁 (2008 6月) 詳細
[7]. 新学習指導要領対応 ICTではなまる授業 ジャストシステム(東京) 全199頁 分担 147ー166頁 (2008 6月) 詳細
[8]. ICT活用で中学校の授業が変わる-総合的な学力向上を目指すICT活用実践― 高陵社(東京) 全152頁  (2005 1月) 詳細
[9]. 「やればできるよIT活用」 高陵社書店 14頁-17頁 (2004 1月) 詳細
[10]. 総合的な学習の時間 実践事例集 中学校編 ぎょうせい(東京) 全237頁 分担 175-184頁 (2002 12月) 詳細
[11]. 総合的な学習を創るシリーズ 第1巻 ものづくりと子どもの学び 高陵社(東京) 全253頁 分担 207~247頁 (1999 3月) 詳細
【論文】
[1]. 情報活用能力メタルーブリックのプロトタイプの評価 日本教育メディア学会研究会論集 巻号:42 pp.21-24 (2017 3月) 詳細
[2]. 初任者の指導の改善に活かすための「授業評価シート」の開発 和歌山大学教職大学院紀要 : 学校教育実践研究 巻号:1 pp.25-34 (2017 3月) 詳細
[3]. 初任者研修プログラムの授業科目のカリキュラム・デザインとその成果 和歌山大学教職大学院紀要 : 学校教育実践研究 巻号:1 pp.15-24 (2017 3月) 詳細
[4]. 学校教育向け「児童用 SNS」に必要な機能とその活用条件に関する研究 和歌山大学教育学部附属教育実践総合センター紀要 巻号:No.25 pp.1~7 (2015 9月) 詳細
[5]. 中・高校生のスマートフォン・インターネット利用実態に関する調査研究 和歌山大学教育学部附属教育実践総合センター紀要 巻号:No.25 pp.9~16 (2015 9月) 詳細
[6]. 教育学部学生の教育実践力向上を目指した 小規模学校における滞在型教育実習・体験活動の成果と課題 和歌山大学教育学部附属教育実践総合センター紀要 巻号:No.24別冊 pp.10 (2015 3月) 詳細
[7]. 中学生の情報活用能力の課題と対応 学習情報研究 巻号:243号 pp.pp.20-25 (2015 年度) 詳細
[8]. 中・高校生のソーシャルメディア利用の実態 学習情報研究 巻号:246号 pp.pp.16-19 (2015 年度) 詳細
[9]. 児童生徒のネット利用実態と「コミュニティ感覚」の育成に向けた情報モラル 学習情報研究 巻号:249号 pp.pp.46-49 (2015 年度) 詳細
[10]. グループ活動におけるタブレット端末を有効活用した授業実践モデルの検証 和歌山大学教育学部附属教育実践総合センター紀要 巻号:No.24 pp.1~8 (2014 9月) 詳細
[11]. 教師のICT活用に対する熱意に影響を及ぼす要因の具体的検討-英国の教師たちの実践史の分析を通じて- 日本教育工学会論文誌 巻号:Vol.37 pp.pp.85~88 (2013 12月) 詳細
[12]. 小・中学校における情報教育の教育課程の現状と課題に関する一考察 日本教育工学会研究報告集 巻号:JSET12-1 pp.pp.81-88 (2012 年度) 詳細
[13]. 情報教育と学習者用端末 ―情報教育の誤解の払拭と現状に即した推進体制の提案― 学習情報研究 巻号:228号 pp.pp.20-23 (2012 年度) 詳細
[14]. 小学校における情報端末活用授業の成立要件とその学習効果についての検証 第19回日本教育メディア学会年次大会 発表論文集 pp.p119-122 (2012 年度) 詳細
[15]. 情報化の状況を診断し対応策を示す「学校情報化診断システム」の開発 日本教育工学会論文誌 巻号:35巻 pp.p.197-200 (2011 年度) 詳細
[16]. 「へき地・複式教育実習」の成果と今後の展望 -2010年度 教実習改革プロジェクト報告- 和歌山大学教育学部教育実践総合センター紀要 巻号:No.21 pp.p.23-30 (2011 年度) 詳細
[17]. ケータイ・ネット利用に関する実態調査と情報モラル授業の設計に関する配慮事項の提案 和歌山大学教育学部付属教育実践総合センター紀要 巻号:NO.20 pp.p.31-38 (2010 年度) 詳細
[18]. モバイル端末を利用した教科学習指導の改善と授業デザインに関する研究 日本教育メディア学会 大会論文誌 (2010 年度) 詳細
[19]. 電子黒板の普及促進を目的とした活用モデルの開発 教育メディア研究 第16巻 第1号 p.53-63 (2009 9月) 詳細
[20]. 全ての小学校教員への普及を目指した情報モラル授業実践モデルの作成 和歌山大学教育学部附属教育実践総合センター紀要、NO.19、p29-34 (2009 8月) 詳細
[21]. Evaluation of an Interactive Whiteboards Utilization Model SITE2009(Proceedings of Society for Information Technology and Teacher Education International Conference 2009 (pp.1036-1041) (2009 2月) 詳細
[22]. 「伝え合う力」を育成するための国語科授業改善事例の報告 -教育的ケアリングの視点からのアプローチ- 和歌山大学教育学部附属教育実践総合センター紀要、NO.18、p151-159 (2008 8月) 詳細
[23]. 「ICT活用授業による学力向上効果の検証(2) ―長期・常時のICT活用授業における子ども・教師の変容を探る―」 和歌山大学教育学部附属教育実践総合センター紀要、NO.18、p25-30 (2008 8月) 詳細
[24]. 「電子黒板の普及モデルの構築に向けた利用状況の調査」 日本教育工学会第23回全国大会講演論文集(課題研究)・p107-110 (2007 9月) 詳細
[25]. 「ICT活用授業による学力向上効果の検証 ―長期・常時のICT活用授業における子ども・教師の変容を探る 和歌山大学教育学部附属教育実践総合センター紀要、NO.17、p15-22 (2007 8月) 詳細
[26]. 「教育の情報化」に関する附属小学校との連携事業報告 和歌山大学教育学部教育実践総合センター紀要,No.16,37~42頁 (2006 8月) 詳細
[27]. 12 「教育の情報化」を推進するための効果的な研修体制の構築-地域貢献特別支援事業『出張出前研修』の成果と課題 和歌山大学教育学部教育実践総合センター紀要,No.15,179~186頁 (2005 8月) 詳細
[28]. 学校における危機管理(リスクマネジメント)の現状と課題~集中講義「教師のためのリスクマネジメント」を通して 教育学部紀要 教育科学 第55集,67~74頁 (2004 10月) 詳細
[29]. 教育現場、教育委員会、大学の連携による実践研究-『教育の情報化』に関わる人材育成と普及啓蒙- 和歌山大学教育学部教育実践総合センター紀要 No.14 31~38頁 (2004 8月) 詳細
[30]. 教育の情報化に対応した教員養成の在り方に関する日英比較-Brighton大学の教員養成カリキュラムを中心に- 和歌山大学教育学部教育実践総合センター紀要 No.14 207~216頁 (2004 8月) 詳細
[31]. メディアリテラシー育成を目指した小学校国語科授業実践事例の報告-『ごんぎつね』を映像とアニメーションで表現し比較する- 和歌山大学教育学部教育実践総合センター紀要 No.14 217~225頁 (2004 8月) 詳細
[32]. 「模擬授業」を取り入れた実践的教職授業カリキュラムの構築-『(教科又は教職科目)学習指導におけるコンピュータ活用』を通して- 和歌山大学教育学部教育実践総合センター紀要 No.14 39~44頁 (2004 8月) 詳細
[33]. 基礎教育科目「コンピュータ入門」における授業改善の試み-教育学部学生を対象とした「情報活用の実践力」調査を通して- 和歌山大学教育学部教育実践総合センター紀要 No.13 101~109頁 (2003 8月) 詳細
[34]. 新学習指導要領における技術科『情報とコンピュータ』のカリキュラムのあり方 和歌山大学教育学部教育実践総合センター紀要 No.11 43~50頁 (2001 8月) 詳細
[35]. 教員養成における情報教育カリキュラムの開発(1) -平成8年度入学生のコンピュータ利用経験の実態調査- 和歌山大学教育学部教育実践研究指導センター紀要 No.6 21~30頁 (1996 8月) 詳細
[36]. 和歌山県の「情報基礎」実施状況に関する実態調査報告 和歌山大学教育学部教育実践研究指導センター紀要 No.5 25~42頁 (1995 8月) 詳細
【その他の著作】
[1]. ICT活用による新たな授業デザインのあり方 教育展望 2015・10 pp.17-22 (2015 10月) 詳細
[2]. 児童生徒の情報活用能力を育む  ―ICT機器を活用した授業づくり― 月刊 兵庫教育 No.775 pp.pp4-7 (2015 9月) 詳細
[3]. 論考 ICTを活用した学び合い授業の先進的な取り組み 視聴覚教育,2015年1月号,通巻807 pp.pp.6-10 (2015 1月) 詳細
[4]. メディア問題のいま 青少年のスマホ・SNS利用実態と情報モラル教育 人権と部落,2015年1月号,No.866 pp.pp.30-38 (2014 12月) 詳細
[5]. 「情報モラル教育」の再考とその多面的アプローチ 山形県教育センター,山形教育2014年3月号No.369 pp.pp.8〜11 (2014 3月) 詳細
[6]. スマートフォン時代におけるこれからの情報モラル教育 ㈶学習ソフトウェア情報研究センター、学習情報研究 233号 pp.pp.38~41 (2014 1月) 詳細
[7]. 「まちかど土曜楽交」の成果と課題 地域連携・生涯学習センター紀要・報告書 (2013 年度) 詳細
[8]. 学校におけるICT環境の整備状況-学校情報かの実態等に関する調査結果から- 学習情報研究(2013.1)230号 pp.p.36-37 (2012 年度) 詳細
[9]. コンテスト・研究助成のWebサイトを活用する―「言語活動の充実」に向けた子どもと教師のチャレンジ― (財)学習ソフトウェア情報研究センター 学習情報研究 1 42頁~43頁 (2010 1月) 詳細
[10]. 「デジタル教科書」を活用した授業の成果と課題-PDA版デジタル教科書による中学校英語科の授業を通して- 第31回 全日本教育工学研究協議会(長野) -CD-ROM内収録のため頁なし-4頁分 (2005 11月) 詳細
[11]. デジタルコンテンツを活用した授業実践の力量向上における指導のあり方~e-Learningによる学習指導案作成支援と模擬授業による実践的指導を通して 第11回 松下教育助成 研究開発助成報告書,90-101頁 (2005 9月) 詳細
[12]. 大学と教育現場が連携した研修体制の構築とその成果-「教育の情報化」に関する出張研修を通して- 日本教育工学会第21回大会(徳島大学) (2005 9月) 詳細
[13]. 「教科」におけるIT活用術 -体育科の授業実践- 学習研究社 NEW 教育とコンピュータ (5月号) 64頁-67頁 (2005 4月) 詳細
[14]. 「教科」におけるIT活用術 -家庭科の授業実践- 学習研究社 NEW 教育とコンピュータ (4月号) 60頁-63頁 (2005 3月) 詳細
[15]. 「教科」におけるIT活用術 -技術科の授業実践- 学習研究社 NEW 教育とコンピュータ (3月号) 72頁-75頁 (2005 2月) 詳細
[16]. 「教科」におけるIT活用術 -音楽科の授業実践- 学習研究社 NEW 教育とコンピュータ (2月号) 100頁-103頁 (2005 1月) 詳細
[17]. 「教科」におけるIT活用術 -美術科の授業実践- 学習研究社 NEW 教育とコンピュータ (1月号) 88頁-91頁 (2004 12月) 詳細
[18]. 『授業実践力の向上を目指した「ワークショップ」の成果と課題』 第30回 全日本教育工学研究協議会(東京工科大学)4頁分 (2004 11月) 詳細
[19]. デジタルコンテンツを活用した授業実践力の育成・向上を目指した教職科目の試行 平成16年度 情報処理教育研究集会(名古屋大学) (2004 11月) 詳細
[20]. 「教科」におけるIT活用術 -数学科の授業実践- 学習研究社 NEW 教育とコンピュータ (12月号) 86頁-89頁 (2004 11月) 詳細
[21]. 「教科」におけるIT活用術 -理科の授業実践- 学習研究社 NEW 教育とコンピュータ (11月号) 98頁-101頁 (2004 10月) 詳細
[22]. 「模擬授業」を取り入れた実践的教職授業カリキュラムの構築-『(教科又は教職科目)学習指導におけるコンピュータ活用』を通して- 日本教育工学会第20回大会(東京工業大学) (2004 9月) 詳細
[23]. 「教科」におけるIT活用術 -英語科の授業実践- 学習研究社 NEW 教育とコンピュータ (10月号) 102頁-105頁 (2004 9月) 詳細
[24]. 「教科」におけるIT活用術 -国語科の授業実践- 学習研究社 NEW 教育とコンピュータ (9月号) 86頁-89頁 (2004 8月) 詳細
[25]. 「教科」におけるIT活用術 -社会科の授業実践- 学習研究社 NEW 教育とコンピュータ (8月号) 92頁-95頁 (2004 7月) 詳細
[26]. 総合的な学習の時間成功のための第2章「IT活用講座」-地域PR番組の制作(後編)- 学習研究社 NEW 教育とコンピュータ (6月号) 100頁-103頁 (2004 6月) 詳細
[27]. 総合的な学習の時間成功のための第2章「IT活用講座」-地域PR番組の制作(前編)- 学習研究社 NEW 教育とコンピュータ (5月号) 90頁-93頁 (2004 5月) 詳細
[28]. 総合的な学習の時間成功のための第2章「IT活用講座」-福祉・高齢化問題コース- 学習研究社 NEW 教育とコンピュータ (4月号)  頁- 頁 (2004 4月) 詳細
[29]. 総合的な学習の時間成功のための第2章「IT活用講座」-自然環境コース- 学習研究社 NEW 教育とコンピュータ (3月号) 60頁-63頁 (2004 3月) 詳細
[30]. 総合的な学習の時間成功のための第2章「IT活用講座」-地域文化コース- 学習研究社 NEW 教育とコンピュータ (2月号) 60頁-63頁 (2004 2月) 詳細
[31]. 授業がおもしろくないのはなぜなのか?~D-projectの実践に学ぶ情報教育~ 毎日コミュニケーションズ MacFan NO.1 146頁-147頁 (2004 1月) 詳細
[32]. 総合的な学習の時間成功のための「総合基礎講座」補足情報 学習研究社 NEW 教育とコンピュータ (12月号) 100頁-101頁 (2003 12月) 詳細
[33]. 総合的な学習の時間成功のための「総合基礎講座」 「情報教育推進のための学習環境の設営」 学習研究社 NEW 教育とコンピュータ (11月号) 85頁-87頁 (2003 11月) 詳細
[34]. 情報教育を実践する教師のためのコミュニティ構築、推進マネージメントに関する事例研究2 日本教育工学会第19回大会(岩手県立大学) (2003 10月) 詳細
[35]. デジタルデザイン系授業のカリキュラム分析報告(2) 日本教育工学会第19回大会(岩手県立大学) (2003 10月) 詳細
[36]. 総合的な学習の時間成功のための「総合基礎講座」第六回 「発表方法(プレゼンテーション)講座Ⅱ」 学習研究社 NEW 教育とコンピュータ (10月号) 56頁-59頁 (2003 10月) 詳細
[37]. 総合的な学習の時間成功のための「総合基礎講座」第五回 「コミュニケーション講座Ⅱ」 学習研究社 NEW 教育とコンピュータ (9月号) 70頁-73頁 (2003 9月) 詳細
[38]. 総合的な学習の時間成功のための「総合基礎講座」第四回 「情報機器活用講座Ⅱ」 学習研究社 NEW 教育とコンピュータ (8月号) 50頁-53頁 (2003 8月) 詳細
[39]. 総合的な学習の時間成功のための「総合基礎講座」第二回 「発表方法(プレゼンテーション)講座Ⅰ」 学習研究社 NEW 教育とコンピュータ (7月号) 56頁-59頁 (2003 7月) 詳細
[40]. 総合的な学習の時間成功のための「総合基礎講座」第二回 「コミュニケーション講座Ⅰ」 学習研究社 NEW 教育とコンピュータ (6月号) 36頁-39頁 (2003 6月) 詳細
[41]. メールボランティアとの交流を中心としたネットワークコミュニケーションのあり方 (財)松下視聴覚教育研究財団 平成13年度 視聴覚教育研究助成レポート 153-155頁 (2003 5月) 詳細
[42]. 総合的な学習の時間成功のための「総合基礎講座」第一回 「情報機器活用講座Ⅰ」 学習研究社 NEW 教育とコンピュータ (5月号) 54頁-57頁 (2003 5月) 詳細
[43]. 地域情報データベースの作成 学習研究社 NEW 教育とコンピュータ (3月号) 85頁-87頁 (2003 3月) 詳細
[44]. 総合的な学習の時間に関する研修手引きの研究開発報告書[高等学校版] 独立行政法人教員研修センター 95頁-102頁 (2003 3月) 詳細
[45]. 校内おすすめ図書データベースの制作 学習研究社 NEW 教育とコンピュータ (2月号) 99頁-101頁 (2003 2月) 詳細
[46]. 総合的な学習の時間に関する研修手引きの研究開発報告書[中学校版] 独立行政法人教員研修センター 99頁-108頁,119頁-126頁 (2003 2月) 詳細
[47]. デジタルデザイン系授業のカリキュラム分析報告(1) 日本教育工学会第18回大会(長岡技術科学大学) (2002 11月) 詳細
[48]. 基礎教養科目「コンピュータ入門」における授業改善の試み-『情報活用の実践力』の育成を目指して- 和歌山大学システム情報学センター「広報」NO.6 19頁-29頁 (2002 11月) 詳細
[49]. キーワードで読む情報教育 (株)日本文教出版 no.3 16頁-17頁 ,no.6 34頁-35頁 (2002 8月) 詳細
[50]. 地域情報発信における新しい映像表現 (財)松下視聴覚教育研究財団 平成12年度 視聴覚教育研究助成レポート 176-178頁 (2002 5月) 詳細
[51]. 小中学校・地域連携のマルチメディアデータベース作成 (財)松下視聴覚教育研究財団 平成12年度 視聴覚教育研究助成レポート 179-181頁 (2002 5月) 詳細
[52]. プロジェクター教育利用の実例集2001 プロジェクター教育活用研究会 9,15,16,19,22,49項 (2001 9月) 詳細
[53]. 「総合的な学習の時間」情報教育のカリキュラム開発と支援教材(CD‐ROM教材) 文部科学省 大学共同利用機関 メディア教育開発センター (2001 3月) 詳細
[54]. 地域学習のためのマルチメディア教材の開発 -小学校中学年向け社会科副読本のデジタル化- 日本教育工学会第12回大会(金沢大学) (1996 11月) 詳細
[55]. メディアの選択利用による授業改善の試み -「みんなで研究し、発表しよう」の実践から- 日本教育工学会第12回大会(金沢大学) (1996 11月) 詳細
[56]. 学校教育におけるマルチメディアとネットワーク利用の現状 -文部省紹介の実践事例と「メディアキッズ」を通じて- 和歌山大学教育学部研究集録 第1号 19~29頁 (1996 2月) 詳細
[57]. 小中学校のネットワークコミュニケーション分析 -『メディアキッズ』プロジェクトの「わいわいクラブ」を通して- 日本教育工学会 研究報告集 JET 95-6,81~88頁 (1995 12月) 詳細
【学会発表】
[1]. Web上で編集・共有できる環境「ルーブリックバンク」のプロトタイプの開発 (2017 2月) 詳細
[2]. 情報活用の観点からみた「学びの質」評価指標の検討 第42回全日本教育工学研究会全国大会 (2016 10月) 詳細
[3]. 情報端末を用いた英語科授業におけるリスニング・スピーキング指導の改善 ~情報端末を用いた授業デザイン~ 第42回全日本教育工学研究会全国大会 (2016 10月) 詳細
[4]. ルーブリック作成・共有オンラインデータベースに関する調査 日本教育会第32回全国大会 (2016 9月) 詳細
[5]. 「情報活用能力調査」の結果の要点整理と当調査の活用に向けた今後の課題 日本教育メディア学会 第22回日本教育メディア学会年次大会 (2015 10月) 詳細
[6]. 児童生徒ひとり一台のタブレット端末活用場面における「指導者の意図」に関する調査研究結果の報告 日本教育工学会 第31回全国大会 (2015 9月) 詳細
[7]. クラウドサービスを活用した『教育の情報化整備ガイドライン』の開発 日本教育工学会 研究会 (2015 7月) 詳細
[8]. 「教育の情報化」の現状とその研究課題におけるSIG-04 の展望 日本教育工学会 第30回全国大会 pp.大会論文集19〜22頁 (2014 9月) 詳細
[9]. ICT活用に対する熱意に影響を及ぼす要因の政治的・社会的検討-ベテラン教師たちの実践史の比較検討を通じて 日本教育工学会 第30回全国大会 pp.大会論文集45〜46頁 (2014 9月) 詳細
[10]. 児童生徒ひとり一台のタブレット端末活用場面における「指導者の意図」に関する予備調査報告 日本教育工学会 第30回全国大会 pp.大会論文集767〜768頁 (2014 9月) 詳細
[11]. タブレット端末・(学習者用)デジタル教科書活用授業意図の類型化 日本教育メディア学会 第20回日本教育メディア学会年次大会 pp.発表論文集 93~94頁 (2013 10月) 詳細
[12]. 学校情報化の校種別進捗状況と情報化推進要因に関する報告―「学校情報化診断サイト」のデータ分析を通じて― 第39回全日本教育工学研究協議会全国大会 (2013 10月) 詳細
[13]. 学校教育利用に特化した児童用SNS(スクールコミュネット)の開発 日本教育工学会第29回全国大会 pp.pp817-818 (2013 年度) 詳細
[14]. 学校教育向け児童用SNSの構築と試験的運用に関する報告 日本教育工学会 第28回全国大会 pp.2 (2012 年度) 詳細
[15]. 学校情報化の実態把握と その分析結果の報告 ―「学校情報化診断システム(H22~)」を通じて 第38回 全日本教育工学研究協議会 全国大会 pp.4 (2012 年度) 詳細
[16]. 小学校における情報端末活用授業の成立要件とその学習効果についての検 日本教育メディア学会 第19回年次大会 pp.4 (2012 年度) 詳細
[17]. 情報化の進捗度を具体的に示す「学校情報化チェックリスト」の開発 日本教育工学会 第26回全国大会 (2010 年度) 詳細
【招待講演、パネリスト、基調講演等】
[1]. 「情報活用能力」を育成するための授業実践モデルの開発と検証・普及の取り組み 日本教育工学会第29回全国大会 (2013 年度) 詳細
[2]. タブレット端末・(学習者用)デジタル教科書活用授業意図の類型化 第20回日本教育メディア学会年次大会 (2013 年度) 詳細
[3]. 日本における「教育の情報化」の 現状と 「ひとり一台PC体制」へ向けた 今後の展望 中山大学教育会議 (2012 年度) 詳細
[4]. 「デジタル教科書時代の新たな学びと指導方法」 日本教育工学会 第27回全国大会 シンポジウム1A (2011 年度) 詳細
[5]. 「教科におけるICT活用:教科教育学と教育工学との協働の可能性」 日本教育工学会 第26回全国大会 シンポジウム1B (2010 年度) 詳細
【新聞掲載、テレビ・ラジオ出演】
[1]. 毎日放送・VOICE(ニュース報道番組) 2011
[2]. ITホワイトボックス (第22回 ITで学びが変わる) 2011
[3]. 関西テレビ・テレビの素 2010
[4]. NHKわかやま 2009
[5]. テレビ和歌山(あっと和歌山) 2009
[6]. テレビ和歌山(あっと和歌山) 2009
[7]. 家庭教育新聞 2008
[8]. 日経パソコン 2008
[9]. 朝日新聞 2007
[10]. 毎日新聞 2007
【科学研究費補助金】
[1]. 基盤研究(C) 探求スキルの系統的育成を支援するマネジメントシステムの開発 分担 ( 2019 - 2022 )
[2]. 基盤研究(C) インクルーシブ教育システムの拡充とICT活用に関する研究 分担 ( 2018 - 2020 )
[3]. 基盤研究(C) 情報活用型アプローチによる「学びの質」ルーブリックバンクの開発 分担 ( 2016 - 2018 )
[4]. 基盤研究(C) 特別支援学校における交流及び共同学習の推進とICT活用に関する研究 分担 ( 2015 - 2017 )
[5]. 基盤研究(C) 情報モラル育成を目的とした学校教育用SNSの開発とその実践的検証に関する研究 代表 ( 2014 - 2016 )
[6]. 基盤研究(B) ソーシャルメディア時代のメディア・リテラシー教育を実現するカリキュラム開発 分担 ( 2013 - 2016 )
[7]. 基盤研究(C) 特別支援学校におけるICTの活用と情報モラル教育に関する研究 分担 ( 2012 - 2014 )
[8]. 基盤研究(B) 教育工学的な視点に基づく教師教育ハンドブックの開発ーその理論と実践の分析からー 分担 ( 2012 - 2015 )
[9]. 基盤研究(B) 情報モラル教育のための教科指導モデルおよび子ども用ネットワークの開発に関する研究 代表 ( 2010 ~2012 (3) )
[10]. 海外調査 日英比較研究に基づくICTによる学校イノベーションモデルの開発 分担 ( 2009 (4) )
 

このページのトップへ