和歌山大学研究者総覧のホームページです。

ホーム > 研究関連情報

研究関連情報

教育学部 特別支援教育 (教職大学院)

教授

武田 鉄郎 (タケダ テツロウ)

TAKEDA Tetsurou

【論文】
[1]. 発達障害のある又はその可能性のある中高生のための感情コントロールプログラム「和歌山どんまいプログラム」の開発とその効果 LD研究 巻号:第26巻 pp.327-336 (2017 8月) 詳細
[2]. 小児がんの児童生徒の教育的対応と教員の困難感に関する研究 -小児がん拠点病院内教育機関を対象に- 和歌山大学教育学部紀要-教育科学- 巻号:66 pp.17-26 (2016 2月) 詳細
[3]. 小児がん、AYA世代がん患者の教育的対応の現状 -オーストラリア、イギリス、米国の病院視察から- 和歌山大学教育学部紀要-教育科学- 巻号:66 pp.27-34 (2016 2月) 詳細
[4]. 発達障害のある子どもをもつ保護者支援のあり方-エピソード記述の手法を通して- 和歌山大学教育学部紀要-教育科学- 巻号:66 pp.43-50 (2016 2月) 詳細
[5]. Editional  食物アレルギーを持つ子どもの学校生活 日本小児難治喘息アレルギー疾患学会誌 巻号:14巻,3 pp.253-254 (2016 年度) 詳細
[6]. AYA世代のがん患者の教育・就労支援の現状と課題 小児看護 巻号:38(11) pp.1968-1372 (2015 年度) 詳細
[7]. 小児がん患児に対する特別支援教育コーディネーターの役割意識の構造とその影響要因 育療 巻号:58 pp.45-51 (2015 年度) 詳細
[8]. 発達障害を伴う不登校生徒の支援における事例研究-メンタルフレンドの立場から- 和歌山大学教育学部附属教育実践センター紀要 巻号:25 pp.65-74 (2015 年度) 詳細
[9]. ムコ多糖症のある幼児児童生徒への教育的支援に関する保護者の認識 特殊教育学研究 巻号:53(3) pp.175-183 (2015 年度) 詳細
[10]. 叱らないが、譲らない「提案・交渉型アプローチ」の効用 実践障害児教育 巻号:5 pp.10-13 (2014 年度) 詳細
[11]. 障害のある子どもへの差別や偏見への対応 教育と医学 巻号:736号 pp.42-50 (2014 年度) 詳細
[12]. 「病気」の子どもの特別支援教育 小児看護 巻号:Vol.36 No.8 pp.978-984 (2013 年度) 詳細
[13]. 発達障害のある子どもの二次障害の予防と対策 月刊 実践障害児教育 巻号:8月号 pp.32-37 (2013 年度) 詳細
[14]. (2013 年度) 詳細
[15]. 病弱教育の現状と今日的課題 障害者問題研究 巻号:Vol.40(2) pp.107-115 (2012 8月) 詳細
[16]. 日本の医療機関といわゆる院内学級における小児がん患者の復学に向けた取り組み:質問紙による現状分析 日本小児血液・がん学会雑誌 巻号:第49巻第1・2号 pp.79-85 (2012 8月) 詳細
[17]. 小児がんおよび小児がん経験者への児童生徒の認識と態度 小児保健研究 巻号:第71巻第6号 pp.858-866 (2012 年度) 詳細
[18]. 発達障害のある青年の自立支援 保健の科学 巻号:第53巻第12号 pp.831-835 (2011 12月) 詳細
[19]. 移行期における教育的支援のあり方 治療 巻号:Vol.93.10 pp.2003-2007 (2011 10月) 詳細
[20]. 社会的分離からくる苦痛の緩和-End-of-Life期にある10代患者に対する教育支援- 小児看護 巻号:Vol34(3) pp.298-302 (2011 3月) 詳細
[21]. 不登校支援のゴールはどこにあるのか 実践障害児教育 巻号:451号 pp.49-53 (2011 1月) 詳細
[22]. 病院内教育における小児がんや慢性疾患の児童生徒に対する「体験的な活動を伴う学習」に関する研究 特殊教育学研究 巻号:49(1) pp.51-59 (2011 年度) 詳細
[23]. 通級による指導および特別支援学級での対応はどうあるべきでしょうか。 教育と医学 巻号:688 2010(10) pp.10-15 (2010 10月) 詳細
[24]. 障害のある子どもたちの学習評価の在り方 季刊 特別支援教育 巻号:39号 pp.8-11 (2010 10月) 詳細
[25]. 病弱特別支援学校における医療と教育の連携について 日本難治喘息・アレルギー学会誌 巻号:第8巻第3号 pp.220-221 (2010 5月) 詳細
[26]. 病院内にある特別支援学級及び特別支援学校(病弱)に関する実態調査 厚生労働省科学研究費補助金 働き盛りや子育て世代のがん患者やがん経験者。小児がん患者を持つ家族の支援のあり方についての研究 平成21年度総括研究報告書 pp.55-61 (2010 3月) 詳細
[27]. 病院内にある特別支援学級及び特別支援学校(病弱)に関する実態調査 厚生労働省科学研究費補助金 働き盛りや子育て世代のがん患者やがん経験者。小児がん患者を持つ家族の支援のあり方についての研究 平成21年度総括研究報告書 pp.55-61 (2010 3月) 詳細
[28]. 学校と医療機関の連携 特別支援教育の推進と、現状における問題点 教育と医学 巻号:680 2010(2) pp.4-12 (2010 2月) 詳細
[29]. 10代の慢性疾患患者への情報提供および支援方法に関する調査 小児保健研究 (2009 8月) 詳細
[30]. 特別支援教育-新たなる学校の取り組み 日本小児難治喘息・アレルギー学会誌 巻号:Vo7(1) pp.1-14 (2009 2月) 詳細
[31]. 特別支援と発達障害児 治療,Vol90(8), 2271-2276 (2008 8月) 詳細
[32]. 全国特別支援学校(病弱)における適応障害を有するLD・ADHD等の生徒の実態と支援に関する調査研究 特殊教育学研究46(1),39-48頁 (2008 5月) 詳細
[33]. 病弱教育における自立活動の行き詰まりとその打開策 特殊教育学研究44(3),165-1178頁 (2006 9月) 詳細
[34]. 心身症・神経症等の児童生徒の実態把握と教育的対応 特殊教育学研究42(2),159-165頁 (2004 7月) 詳細
[35]. 病弱養護学校高等部における職業教育に関する実態調査 特殊教育学研究41(3),307-316頁 (2003 9月) 詳細
[36]. Self-Efficacy, Coping Behavior, and the Health Locus of Control in Junior  High School Students with The National Institute of Special Education, 7, 10-19 (Japan) (2003 3月) 詳細
[37]. 院内学級における学級経営上の課題と教員支援 発達障害研究第23(2),126-135頁 (2001 9月) 詳細
[38]. 知的障害児の死亡例 発達障害研究第23(1),32-41頁 (2001 5月) 詳細
[39]. 不登校の経験をもつ慢性疾患児(中学生)のストレス対処特性 特殊教育学研究,38(3),1-10頁 (2000 11月) 詳細
[40]. 慢性疾患で入院している子どものセルフ・エフィカシーに関する研究 小児の精神と神経,37(1),71-78頁 (1997 3月) 詳細
【著書】
[1]. 発達障害の子どもの「できる」を増やす提案・交渉型アプローチ-叱らないけど譲らない支援- 学研 全167頁 (2017 9月) 詳細
[2]. 発達障害の疑問に答える  慶應義塾大学出版 185 (2015 年度) 詳細
[3]. 改訂新版 特別支援教育総論 放送大学教育振興会 231 (2015 年度) 詳細
[4]. 障害百科事典 「加齢に伴う脆弱性」 丸善出版 (2013 年度) 詳細
[5]. 慢性疾患児の子どもの学校生活 慶応義塾大学出版 228 (2013 年度) 詳細
[6]. 発達障害が引き起こす不登校へのケアとサポート  学研 227 (2011 9月) 詳細
[7]. 特別支援教育に生かす病弱児の生理・病理・心理 知的障害を伴わない発達障害と二次障害 ミネルヴァ書房 45-55 (2011 9月) 詳細
[8]. 特別支援教育に生かす病弱児の生理・病理・心理 病気、障害の受容とセルフケア ミネルヴァ書房 197-205 (2011 9月) 詳細
[9]. 特別支援教育に生かす病弱児の生理・病理・心理 病気、障害の子どもの心理特性 ミネルヴァ書房 206-214 (2011 9月) 詳細
[10]. 新しい自立活動の実践ハンドブック 心身障害児福祉財団 265 (2011 3月) 詳細
[11]. はじめての特別支援教育-教職を目指す大学生のために.               健康に障害のある子どもたち(病弱・身体虚弱)                    有斐閣 全288頁(分担)148-154頁 (2010 3月) 詳細
[12]. ここからはじめる小児がん看護  教育と医療との連携 へるす出版  全426頁  (2009 12月) 詳細
[13]. 特別支援教育の現状・課題・未来     不登校への支援の課題 ミネルヴァ書房(京都)全 331頁(分担)223-230頁 (2009 5月) 詳細
[14]. 子どもと思春期の精神医学  慢性疾患の子どもたちの心の実情とそれへの対応 金剛出版       全685頁(分担) (2008 5月) 詳細
[15]. 障害児者の理解と教育・支援 金子書房         武田鉄郎担当部分 健康に関する制約と支援73~81頁 (2008 4月) 詳細
[16]. よくわかる発達障害-LD・ADHD・高機能自閉症・アスペルガー症候群 特別支援教育を目指した教育現場での試み-学校内外からの支援システムの構築      ミネルヴァ書房(京都) 全166頁(分担) (2007 7月) 詳細
[17]. 慢性疾患児の自己管理支援のための教育的対応に関する研究 大月書店(東京) 全256頁 (2006 8月) 詳細
[18]. 特別支援教育の基礎知識-障害児のアセスメントと支援コーディネートのために 第10章 病弱・身体虚弱児の心理・行動特性と支援   明治図書(東京) 全265頁(分担)166-182頁 (2006 5月) 詳細
[19]. 新しい就学基準とこれからの障害児教育 第3章障害の状態や特別な教育的ニーズ  と教育の場  中央法規(東京)  全308頁(分担)175-185頁 (2004 3月) 詳細
[20]. 障害者の心理と支援 第8章 内部障害・病弱・虚 弱者の心理 福村出版(東京) 全237頁(分担)105-115頁 (2001 2月) 詳細
[21]. 新・WISC-R知能診  断事例集 第Ⅱ部 事例 慢性疾患群,社会生活能力に遅れのあるぜんそく児 日本文化科学社(東京) 全277頁(分担)259-266頁 (1992 3月) 詳細
【その他の著作】
[1]. 小・中学校における障害のある子どもへの教育支援体制に関する研究 科学研究費補助金基盤研究(c)(1)研究代表者 武田鉄郎,全75頁 (2005 9月) 詳細
[2]. イタリアの統合教育における支援教師の資質と専門性 第43回日本特殊教育学会発表論文集,P2-72頁 (金沢大学) (2005 9月) 詳細
[3]. 小・中学校における障害のある子どもへの教育支援体制に関する研究(1)-特殊学級の担当教員から通級による指導を受けている児童生徒- 第43回日本特殊教育学会発表論文集,P2-80頁 (金沢大学) (2005 9月) 詳細
[4]. 小・中学校における障害のある子どもへの教育支援体制に関する研究(1)-特殊学級の担当教員から通級による指導を受けている児童生徒- 第43回日本特殊教育学会発表論文集,P2-81頁 (金沢大学) (2005 9月) 詳細
[5]. 心身症・神経症を伴う不登校児の心理・講堂特性に関する研究Ⅱ 第43回日本特殊教育学会発表論文集,P4-30頁 (金沢大学) (2005 9月) 詳細
[6]. 病院内教育における慢性疾患及び小児がんの児童生徒に対する「体験的な学習の」実際 第9回日本育療学会学術集会抄録集,35頁 (神奈川) (2005 9月) 詳細
[7]. 病院内教育における慢性疾患及び小児がんの児童生徒に対する「体験的な学習の」実際 第9回日本育療学会学術集会抄録集,37頁 (神奈川) (2005 9月) 詳細
[8]. 病院内教育における慢性疾患及び小児がんの児童生徒に対する「体験的な学習の」実際 -自然体験,動植物の飼育栽培,観察,実験を中心に- 第43回日本特殊教育学会発表論文集,4-3頁 (金沢大学) (2005 9月) 詳細
[9]. 特別支援学校への移行期における病弱養護学校の取組について 第43回日本特殊教育学会発表論文集,4-4頁 (金沢大学) (2005 9月) 詳細
[10]. 特別支援学校への移行期における病弱養護学校の取組の実態Ⅱ 第43回日本特殊教育学会発表論文集,4-5頁 (金沢大学) (2005 9月) 詳細
[11]. 病弱養護学校の教育課程編成・実施に関する研究5-中学・高等部における学校独自の教科 第43回日本特殊教育学会発表論文集,4-6頁 (金沢大学) (2005 9月) 詳細
[12]. 病院内教育における慢性疾患及び小児がんの児童生徒に対する「体験的な学習」に関する研究-養護学校(本校,分 校分教室),院内学級,訪問教育を比較して- 育療(日本育療学会誌),33,26-29頁 (2005 7月) 詳細
[13]. 子どもの集団生活と心身の健康 Ⅶ.生活適応支援の必要な子ども 4.病弱・身体虚弱児の生活管理と支援 小児科臨床,58, 739-744頁 (2005 4月) 詳細
[14]. イタリアのインクルーシブ教育における教師の資質と専門性に関する調査研究 科学研究費補助金基盤研究(B)(2)代表 石川政孝,全259頁(分担)1- 259頁 (2005 3月) 詳細
[15]. 心身症・神経症等を伴う不登校児の心理・行動特性及び指導法に関する研究 科学研究費補助金基盤研究(c)(1)研究代表者 武田鉄郎,全75頁 (2005 3月) 詳細
[16]. 病気の子どものための特別支援教育 腎臓疾患の子どもの教育支援に関するガイドライン(試案) 国立特殊教育総合研究所 全50頁 (2005 3月) 詳細
[17]. 病気の子どものための特別支援教育 インスリン依存型糖尿病の子どもの教育支援に関するガイドライン(試案) 国立特殊教育総合研究所 全47頁 (2005 3月) 詳細
[18]. 特別支援ハンドブック 病弱教育の障害の程度と就学先,教育課程,身体的・心理的な状態像,病弱教育の進路指導に関する事項,,院内学級の教育課程と指導計画, 病弱の生徒の通常学級での支援 第一法規 全996頁(分担)1561-1590頁,1765-1770頁, 2441-2444頁 (2005 3月) 詳細
[19]. 小児慢性特定疾患の子どもの教育の現状と課題 平成16年度厚生科学研究報告書(子ども家庭総合研究事業) ,全83頁(分担)37-46頁 (2005 3月) 詳細
[20]. 思春期患者への特別支援教育(院内学級/養護学校/訪問教育)の現状と課題 小児看護,28(2), 194-199頁 (2005 2月) 詳細
[21]. 小・中学校における障害のある子どもへの教育支援体制に関する研究 小児看護28(2),130-136 (2005 2月) 詳細
[22]. 病院内教育における慢性疾患及び悪性新生物の児童生徒に対する「体験的な学習の」実際 第8回日本育療学会学術集会抄録集,9頁  (東京) (2005 1月) 詳細
[23]. 心身症・神経症を伴う不登校児の心理・講堂特性に関する研究 第42回日本特殊教育学会発表論文集,574頁 (早稲田大学) (2004 9月) 詳細
[24]. 小学校の特殊学級における児童の情報活用能力を育成する取組に関する調査研究 第42回日本特殊教育学会発表論文集,669頁 (早稲田大学) (2004 9月) 詳細
[25]. 病弱養護学校における心身症等の児童生徒の実態Ⅰ 第42回日本特殊教育学会発表論文集,724頁 (早稲田大学) (2004 9月) 詳細
[26]. 病弱養護学校における心身症等の児童生徒の実態Ⅱ 第42回日本特殊教育学会発表論文集,725頁 (早稲田大学) (2004 9月) 詳細
[27]. 病弱養護学校の教育課程の編成・実施に関する研究4 第42回日本特殊教育学会発表論文集,725頁 (早稲田大学) (2004 9月) 詳細
[28]. 病弱養護学校における内部障害者の福祉施策の指導 第42回日本特殊教育学会発表論文集,786頁 (早稲田大学) (2004 9月) 詳細
[29]. 病弱養護学校の通学児童生徒に関する研究 第42回日本特殊教育学会発表論文集,726頁 (早稲田大学) (2004 9月) 詳細
[30]. 慢性疾患適応への支援 育療(日本育療学会誌),30,54-59頁 (2004 3月) 詳細
[31]. 国内調査報告書「病弱養護学校」における心身症等の児童生徒の教育-「心身症」など行動障害」に括られる児童生徒の実態と教育・心理的対応-」 国立特殊教育総合研究所病弱教育研究部,全 42頁 (分担)1-26頁 (2004 3月) 詳細
[32]. マルチメディアを用いた特殊教育に関する総合的情報システムの研究開発   福井県特殊教育センターにおけるテレビ会議システムを利用した取組 国立特殊教育総合研究所プロジェクト研究,全124頁(分担)62-65頁 (2004 3月) 詳細
[33]. マルチメディアを用いた特殊教育に関する総合的情報システムの研究開発   病弱養護学校でのテレビ会議システムでAirH"を利用した取組 国立特殊教育総合研究所プロジェクト研究,全124頁(分担)66-69頁 (2004 3月) 詳細
[34]. マルチメディアを用いた特殊教育に関する総合的情報システムの研究開発   病気の子どもの教育への支援におけるテレビ会議システム利用の可能性と課題 国立特殊教育総合研究所プロジェクト研究,全124頁(分担)26-36頁 (2004 3月) 詳細
[35]. 特別な教育ニーズを有する  子どもの情報活用能力の育成に関する研究   特殊学級及び通級指導教室におけるコンピュータや情報機器等を活用した児童生徒の情報活用能力を育てる特組に関する調査 科学研究費補助金基盤研究(B)(2)成果報告書,全234頁 (分担)9-132頁 (2004 3月) 詳細
[36]. 特別な教育ニーズを有する  子どもの情報活用能力の育成に関する研究   病弱の児童生徒における情報活用能力の育成について 科学研究費補助金基盤研究(B)(2)成果報告書,全234頁 (分担)202-207頁 (2004 3月) 詳細
[37]. 子どもの心身症ガイドブッ ク 第1部総論 6-4 病弱養護学校・院内学級 中央法規 全229頁 (分担)56-59頁 (2004 3月) 詳細
[38]. 21世紀の特殊教育に対応した教育課程の望ましいあり方に関する基礎的研究教育課程と個別の指導計画のつながりについて (2004 3月) 詳細
[39]. 21世紀の特殊教育に対応した教育課程の望ましいあり方に関する基礎的研究-主要国における特殊教育に対応した教育課程の調査研究 主要国における特殊教育に対応する教育課程の実際 (2004 3月) 詳細
[40]. 21世紀の特殊教育に対応した教育課程の望ましいあり方に関する基礎的研究-主要国における特殊教育に対応した教育課程の調査研究 主要国における特殊教育に対応する教育課程の実際 (2004 3月) 詳細
[41]. 交流教育ハンドブック (2004 3月) 詳細
[42]. 盲・聾・養護学校における新学習指導要領のもとでの教育活動に関する実際的研究-自立活動を中心に- 病弱養護学校における疾患別の自立活動の指導 (2004 3月) 詳細
[43]. Guidelines to Support Education for Children with Cancer Children’s Cancer Association of Japan 全29頁  (2003 9月) 詳細
[44]. 病弱教育における自立活動の行き詰まりとその打開策に関する研究-その1- 第41回日本特殊教育学会発表論文集,560頁 (東北大学) (2003 9月) 詳細
[45]. 病弱教育における自立活動の評価の在り方に関する研究 (2) 第41回日本特殊教育学会発表論文集,561頁 (東北大学) (2003 9月) 詳細
[46]. 病弱養護学校の教育課程の編成に関する研究3-その1授業時数等の実際 第41回日本特殊教育学会発表論文集,700頁 (東北大学) (2003 9月) 詳細
[47]. 病弱養護学校の教育課程の編成に関する研究3-その2特別活動の実態 第41回日本特殊教育学会発表論文集,701頁 (東北大学) (2003 9月) 詳細
[48]. 病弱養護学校の教育課程の編成に関する研究3-その2特別活動の実態 第41回日本特殊教育学会発表論文集,702頁 (東北大学) (2003 9月) 詳細
[49]. 病弱養護学校の教育課程の編成に関する研究3-その3評価方法と工夫の実態 第41回日本特殊教育学会発表論文集,703頁 (東北大学) (2003 9月) 詳細
[50]. 小児心身症対策の推進に関する研究 平成15年度厚生科学研究報告書(子ども家庭総合研究事業) ,全493頁(分担)282-292頁 (2003 3月) 詳細
[51]. 発達障害白書2003 第2部 保健・医療のⅥ 知的障害児の死亡例の検討 日本知的障害福祉連盟  37-40頁 (2002 10月) 詳細
[52]. 病弱養護学校の教育課程の編成・実施に関する研究2-その1総合的な学習の時間の実際 第39回日本特殊教育学会発表論文集,2103頁 (香川大学) (2002 9月) 詳細
[53]. 病弱養護学校の教育課程の編成・実施に関する研究2-その2自立活動の指導計画 第40回日本特殊教育学会発表論文集,610頁 (上越教育大学) (2002 9月) 詳細
[54]. 病弱養護学校の教育課程の編成・実施に関する研究2-その3個別の指導計画の実際 第40回日本特殊教育学会発表論文集,611頁 (上越教育大学) (2002 9月) 詳細
[55]. 病弱教育における自立活動の行き詰まりとその打開策に関する研究-その1- 第40回日本特殊教育学会発表論文集,209頁 (上越教育大学) (2002 9月) 詳細
[56]. 病弱教育における自立活動の行き詰まりとその打開策に関する研究-その1- 第40回日本特殊教育学会発表論文集,210頁 (上越教育大学) (2002 9月) 詳細
[57]. 障害児発達支援基礎用語事典   病弱・身体虚弱 川島書店 全290頁(分担)228-229頁 (2002 5月) 詳細
[58]. がんの子どもの教育支援に関するガイドライン がんの子どもを守る会 全22頁 (2002 3月) 詳細
[59]. 自立活動指導ハンドブック 第5章 指導の実際 全国心身障害児福祉財団(東京)全202頁 (分担)158-167頁 (2002 3月) 詳細
[60]. 盲・聾・養護学校における学習評価の事例集   事例6「病弱養護学校:腎臓 疾患の指導」 国立特殊教育総合研究所.全56頁(分担)24-27頁 (2002 3月) 詳細
[61]. 盲・聾・養護学校における学習評価の事例集事例7「病弱養護学校:進行性筋ジストロフィー児の指導」 国立特殊教育総合研究所.全56頁(分担)28-31頁 (2002 3月) 詳細
[62]. 主要国の特別な教育的ニーズを有する子どもの指導に関する調査研究   イタリアの特別な教育的ニーズを有する子どもの指導に関する調査研究 科学研究費補助金(特別研究促進費(2)),全130頁(分担)81-95頁 (2002 3月) 詳細
[63]. 病弱療養児と一般児童に対する心理療法に基づいたインタラクティブ・マルチメディア・エデュテーメントコンテンツ及び学習支援提供システム 文部科学省平成13年度教育用コンテンツ開発事業 http://www.nise.go.jp/cocoro/cocoro.html (2002 3月) 詳細
[64]. 院内学級における学級経営上の課題と研修需要 育療(日本育療学会誌),23,6-15頁 (2001 11月) 詳細
[65]. 子どもの心の健康問題 小児心身症対策の推進に関する研究班編,全146頁 (分担)30-31頁 (2001 11月) 詳細
[66]. 心身症,神経症等の実態, 白血病治療後の認知障害に焦点を当てて 特別支援教育4,56-59頁東洋館出版社 (2001 9月) 詳細
[67]. 病弱養護学校におけるマルチメディア活用に関する調査研究  第39回日本特殊教育学会発表論文集,2106頁 (香川大学) (2001 9月) 詳細
[68]. 病弱養護学校における教育課程の編成・実施に関する研究1-その1 総合的な学習の時間 第39回日本特殊教育学会発表論文集,2101頁 (香川大学) (2001 9月) 詳細
[69]. 病弱養護学校における教育課程の編成・実施に関する研究1-その2 自立活動 第39回日本特殊教育学会発表論文集,2102頁 (香川大学) (2001 9月) 詳細
[70]. 病弱養護学校における教育課程の編成・実施に関する研究1-その2自立活動 第39回日本特殊教育学会発表論文集,2103頁 (香川大学) (2001 9月) 詳細
[71]. 小児心身症対策の推進に関する研究 平成13年度厚生科学研究報告書(子ども家庭総合研究事業),全194頁(分担)5-8頁,49-69頁 (2001 3月) 詳細
[72]. ノルウェーにおける特殊教育の実際-リソース・センタ ー,特別学校,PPT,小中学校,成人センターの訪問から 世界の特殊教育15,21-26頁 (2001 3月) 詳細
[73]. 不平等な命 第2集-知的障害を持つ人達の健康を守ろう- 第3章 知的障害養護学校児童・生徒の健康 日本知的障害福祉連盟(東京)全173頁 (分担)64-73頁 (2001 1月) 詳細
[74]. 病弱養護学校高等部における職業教育の現状と課題 教育と医学,48(12),89-91頁 (2000 12月) 詳細
[75]. 病弱養護学校高等部卒業生の進路状況に関する後方視的追跡調査 育療(日本育療学会誌),20,7-18頁 (2000 11月) 詳細
[76]. 34.自立活動の指導   第5章 指導計画の作成と展開 5病弱・身体虚弱児に対する指導 教育出版 全211頁(分担)135-140頁 (2000 11月) 詳細
[77]. 全国知的障害養護学校における児童生徒の死亡例の検討 第38回日本特殊教育学会発表論文集,443頁(静岡大学) (2000 9月) 詳細
[78]. 筋ジストロフィーの生徒のソーシャルサポートに関する研究 第38回日本特殊教育学会発表論文集,307頁 (静岡大学) (2000 9月) 詳細
[79]. 病弱教育担当教員の資質に関する基礎的研究-その12 特殊教育センター等における研修(Ⅰ) 第38回日本特殊教育学会発表論文集,309頁 (静岡大学) (2000 9月) 詳細
[80]. 病弱教育担当教員の資質に関する基礎的研究-その13 特殊教育センター等における研修(Ⅱ) 第38回日本特殊教育学会発表論文集,310頁 (静岡大学) (2000 9月) 詳細
[81]. 病弱教育担当教員の資質に関する基礎的研究-その14 特殊教育センター等における研修(Ⅲ) 第38回日本特殊教育学会発表論文集,311頁 (静岡大学) (2000 9月) 詳細
[82]. 病弱養護学校高等部における訪問教育の実施状況に関する調査研究-高等学校普通科に準ずる教育課程の修了認定規準を中心に- 第38回日本特殊教育学会発表論文集,314頁 (静岡大学) (2000 9月) 詳細
[83]. 心身症・神経症等の実態把握及び対策に関する研究 平成12年度厚生科学研究報告書 (子ども家庭総合研究事業),全482(分担)310-325頁 (2000 3月) 詳細
[84]. 病弱養護学校高等部在籍生徒の実態と進路指導に関する全国調査 国立特殊教育総合研究所病弱教育研究部,44頁(分担)1-31頁 (2000 3月) 詳細
[85]. 腎疾患児の自己効力感と対処行動,主観的統制感との関連-入院している中学部生徒を対象に- 国立特殊教育総合研究所研究紀要,第27,1-9頁 (2000 2月) 詳細
[86]. 病院内教育における教育支援機器の利用 リハビリテーションエンジニアリング,15(1), 6-11頁 (2000 2月) 詳細
[87]. 健康障害児の自立活動  -病気の多様化への対応- 養護学校の教育と展望116,20-25頁 (2000 2月) 詳細
[88]. 病弱教育担当教員の資質に関する基礎的研究-その9 病弱教育担当教員の研修Ⅴ- 第37回日本特殊教育学会 大会発表論文集,129頁 (北海道大学) (1999 9月) 詳細
[89]. 病弱教育担当教員の資質に関する基礎的研究-その10 病弱教育担当教員の研修Ⅵ- 第37回日本特殊教育学会大会発表論文集,130 頁 (北海道大学) (1999 9月) 詳細
[90]. 病弱教育担当教員の資質に関する基礎的研究-その11 病弱教育担当教員の研修Ⅶ- 第37回日本特殊教育学会 大会発表論文集,131頁 (北海道大学) (1999 9月) 詳細
[91]. 病弱養護学校高等部における進路指導に関する全国調査Ⅱ 第37回日本特殊教育学会 大会発表論文集,135頁 (北海道大学) (1999 9月) 詳細
[92]. 筋ジストロフィーの高校生のソーシャルサポートに関する研究 第37回日本特殊教育学会 大会発表論文集,137頁 (北海道大学) (1999 9月) 詳細
[93]. オーストラリアニューサウスウエールズ州における特殊教育 世界の特殊教育,13, (分担)27-37頁 (1999 3月) 詳細
[94]. 学習困難児の指導法方に関 する実証的研究   諸外国(アメリカ,オースト ラリア,カナダ,ニュージー ランド)の取り組み 国立特殊教育総合研究所,全169頁(分担)17-25頁 (1999 3月) 詳細
[95]. 学習困難児の指導法方に関 する実証的研究   文献研究 国立特殊教育総合研究所特別研究報告書,全169頁(分担)43-49頁 (1999 3月) 詳細
[96]. 学習困難児の指導法方に関する実証的研究   事例5 児童支援事例報告 -ティーム・ティーチングによる特別な配慮が教科学習の成績向上と学習態度の改善に効果があった事例- 国立特殊教育総合研究所特別研究報告書,全169頁(分担)61-67頁 (1999 3月) 詳細
[97]. 心身症・神経症等の実態把握及び対策に関する研究 平成11年度厚生科学研究報告書(子ども家庭総合研究事業), 全1018頁(分担)935-950頁 (1999 3月) 詳細
[98]. 病弱養護学校高等部卒業生の進路状況と職業教育実施状況に関する全国調査-平成9年度卒業生を対象に- 国立特殊教育総合研究所研究紀要,第26,119-127頁 (1999 2月) 詳細
[99]. 病弱養護学校高等部における進路指導に関する全国調査 第36回日本特殊教育学会 大会発表論文集,310-311頁(文教大学) (1998 9月) 詳細
[100]. 病弱教育担当教員の資質に関する基礎的研究-その6 病弱教育担当教員の研修Ⅱ- 第36回日本特殊教育学会 大会発表論文集,300-301頁 (文教大学) (1998 9月) 詳細
[101]. 病弱教育担当教員の資質に関する基礎的研究-その7 病弱教育担当教員の研修Ⅲ- 第36回日本特殊教育学会 大会発表論文集,302-303頁(文教大学) (1998 9月) 詳細
[102]. 病弱教育担当教員の資質に関する基礎的研究-その8 病弱教育担当教員の研修Ⅳ- 第36回日本特殊教育学会 大会発表論文集,304-305頁(文教大学) (1998 9月) 詳細
[103]. 教員の資質の向上と教員支援システムに関する研究   特殊教育センター等における現職研修の課題 国立特殊教育総合研究所特別研究,全154頁,(分担)19-26頁 (1998 3月) 詳細
[104]. 教員の資質の向上と教員支援システムに関する研究   特殊教育に携わる教員への保護者の期待・要望に関する調査 国立特殊教育総合研究所特別研究,全154頁,(分担)37-43頁 (1998 3月) 詳細
[105]. 学習障害ハイリスク児における学習困難の発生要因と学校適応に関する研究 平成7年度~9年度科学研究費補助金基盤研究A1 研究成果報告書,全55頁 (1998 3月) 詳細
[106]. 治療後の急性リンパ性白血病児の認知機能(その2) 安田生命社会事業団研究助成論文集34,40-51頁 (1998 3月) 詳細
[107]. 学習に困難を示す児童生徒  の指導方法と援助システムの  開発に関する共同研究   学習困難を示す児童生徒の 教育実践 科学研究費補助金平成7年度~平成9年度(国際学術),全150頁(分担)13-17頁 (1998 3月) 詳細
[108]. 心身症・神経症等の実態把握及び対策に関する研究 平成10年度厚生科学研究報告書(子ども家庭総合研究) (1998 3月) 詳細
[109]. 病弱児のソーシャルサポートに関する研究-不登校の経験を持つ病弱児の比較において 第35回日本特殊教育学会大会発表論文集,306-307頁(熊本大学) (1997 9月) 詳細
[110]. 病弱教育担当教員の資質に関する基礎的研究-その4 病弱教育担当教員に求められている資質Ⅲ- 第35回日本特殊教育学会 大会発表論文集,310-311頁(熊本大学) (1997 9月) 詳細
[111]. 病弱教育担当教員の資質に関する基礎的研究-その5 病弱教育担当教員の研修Ⅰ- 第35回日本特殊教育学会 大会発表論文集,312-313頁(熊本大学) (1997 9月) 詳細
[112]. 病弱教育担当教員の専門性の向上を目指す研修の全国調査-病弱養護学校長及び各都道府県・政令指定都市病弱教育担当指導主事を対象に- 国立特殊教育総合研究所研究紀要,第24,111-116頁 (1997 2月) 詳細
[113]. 腎疾患児の知覚されたソーシャルサポートとストレス反応-入院中の中学生を対象に - 第9回日本健康心理学会 発表論文集,92-93頁 (京都) (1996 11月) 詳細
[114]. 入院児のQOL向上を目指して-セルフ・エフィカシーの効果から- 第76回小児精神神経学会 発表論文集,15頁(東京) (1996 11月) 詳細
[115]. 気管支喘息児の知覚されたソーシャルサポートとストレス反応-入院中の中学生を対象に- 第43回日本小児保健学会 講演集,688-689頁(横浜) (1996 10月) 詳細
[116]. 病弱教育担当教員の専門性の向上を目指す研修に関する 全国調査Ⅰ 第34回日本特殊教育学会 大会発表論文集,354-355頁 (東洋大学) (1996 9月) 詳細
[117]. 病弱教育担当教員の資質に関す基礎的研究-そのⅠ 病弱担当教員の年齢構成に関する研究 第34回日本特殊教育学会 大会発表論文集,672-673頁 (東洋大学) (1996 9月) 詳細
[118]. 病弱教育担当教員の資質に関する基礎的研究-その2病弱担当教員に求められる資質 (Ⅰ) 第34回日本特殊教育学会 大会発表論文集,674-675頁 (東洋大学) (1996 9月) 詳細
[119]. 病弱教育担当教員の資質に関する基礎的研究-その2病弱担当教員に求められる資質 (Ⅰ) 第34回日本特殊教育学会 大会発表論文集,676-677頁 (東洋大学) (1996 9月) 詳細
[120]. 病弱養護学校における指導の個別化 第32回日本特殊教育学会 ワークショップ(京都教育大学) (1994 9月) 詳細
[121]. 病弱養護学校における指導の個別化の試みー養護・訓練を核とした指導体制づくり 障害児教育法方学研究, 3号,2-18頁 (1994 3月) 詳細
[122]. 集団の中の指導の個別化-個別教育プログラムの作成を通して 第31回日本特殊教育学会 ワークショップ(福井大学) (1993 9月) 詳細
[123]. 関東甲信越地区病弱養護学校における病類別児童生徒数からみた教育研究部のあり方 第3回日本特殊教育臨床研究会(東京) (1993 8月) 詳細
[124]. 重度精神遅滞児の視覚弁別における色と動画の効果 第2回日本特殊教育臨床研究会(東京) (1992 8月) 詳細
[125]. 病弱児の知覚されたソーシャルサポートとストレス反応に関する研究-入院中の気管支喘息児(中学生)を対象に - 国立特殊教育総合研究所研究紀要,第24,9-16頁 詳細
[126]. 病弱教育対象児の実態の推移と展望 育療(日本育療学会誌),7,12-18頁 詳細
[127]. 慢性疾患児の自己効力感に関する研究から 育療(日本育療学会誌),10,48-54頁 詳細
[128]. 障害児教育分野における協力・連帯関係(パートナーシップ)の形成に関する調査報告書  学習サポートチームを中核に専門家間の協力・連帯関係を促すサポートサイクル-オーストラリアNSWにおける教育的サポートニーズをもつ子どもの支援 科学研究費補助金基盤研究A(国際学術研究)研究代表者 落合俊郎」,全129頁(分担)15-22頁  詳細
[129]. 障害児教育分野における協力・連帯関係(パートナーシップ)の形成に関する調査報告書  ニュージーランドにおける教育改革「特殊教育2000」とパートナーシップ-一体化教育(Inclusive Education)の流れのなかでの機関間連携を中心として- 科学研究費補助金基盤研究A(国際学術研究)研究代表者 落合俊郎,全129頁(分担)23-29頁 詳細
[130]. 障害児教育分野における協力・連帯関係(パートナーシップ)の形成に関する調査報告書  ノルウェーにおける特殊教育学校のリソースセンター化からみたパートナーシップ 科学研究費補助金基盤研究A(国際学術研究)研究代表者 落合俊郎」,全129頁(分担)80-84 頁 詳細
[131]. 知的障害を持つ人達の健康障害の実態と対策に関する研究    全国知的障害養護学校における死亡例の検討 厚生科学研究主任研究者 有馬正高,全97頁(分担)29-37頁 詳細
[132]. 学習障害ハイリスク児の教育的・心理的・医学的評価と継続的支援の在り方に関する研究 科学研究費補助金基盤研究(A)(1)原 仁 研究代表者成果報告書,134頁 詳細
[133]. 日本知的障害福祉連盟  37-40頁 平成14年度厚生科学研究報告書(子ども家庭総合研究事業),全616(分担)433-438頁 詳細
[134]. 障害のある子どもが高度情報化社会に適応していくためのカリキュラム開発に関する基礎的研究   病弱養護学校及び院内学級における情報教育に関する取組 国立特殊教育総合研究所プロジェクト研究,全98頁(分担)26-36頁 詳細
[135]. デジタル絵本「ココロココ」の研究開発とその課題 育療29,39-47頁 (日本育療学会誌) 詳細
[136]. 慢性疾患児の自己管理支援に関する研究 国立特殊教育総合研究所病弱教育研究部 全110頁 詳細
[137]. 重度精神遅滞児の弁別学習における色の効果 第31回日本特殊教育学会 大会発表論文集,115-116頁(福井大学) 詳細
【学会発表】
[1]. 二次障害を予防する支援チームの形成と総合的なケア・サブシステムの利用について 日本育療学会第14回学術集会 (2010 8月) 詳細
[2]. 病気の子どもと日常を繋ぐ-福祉国家スウェーデンの場合- 日本育療学会第14回学術集会 (2010 8月) 詳細
[3]. 幼稚園・保育所における「ちょっと気になる行動」を示す子どもの実態に関する研究 日本育療学会第14回学術集会 (2010 8月) 詳細
[4]. 小児がん看児の復学支援における協働システムについて 日本育療学会第14回学術集会 (2010 8月) 詳細
[5]. 発達障害のある子どものアクティグラフを用いた生活リズムに関する実証的研究 日本育療学会第14回学術集会 (2010 8月) 詳細
[6]. アクティグラフを活用した教育的支援の視点 日本育療学会第14回学術集会 (2010 年度) 詳細
【新聞掲載、テレビ・ラジオ出演】
[1]. Parramatta Sun Sydney 2007
【科学研究費補助金】
[1]. 基盤研究(C) 特別支援学校における交流及び共同学習の推進とICT活用に関する研究 分担 ( 2015 - 2017 )
[2]. 基盤研究(C) 小児緩和ケアにおける医療と学校教育の連携システムの構築にむけた基礎研究 分担 ( 2015 - 2018 )
[3]. 基盤研究(C) 発達障害のある子どもの二次障害(不登校等)予防及び支援体制に関する実証的研究 代表 ( 2014 - 2016 )
[4]. 基盤研究(B) 思春期・若年成人がん患者・サバイバーへの医療・教育・就労支援に関する国際比較研究 分担 ( 2013 - 2015 )
[5]. 基盤研究(C) 特別支援学校におけるICTの活用と情報モラル教育に関する研究 分担 ( 2012 - 2014 )
[6]. 基盤(B) 成人移行期の小児慢性疾患患者の心理社会適応を高める多職種協働患者中心型看護モデル 分担 ( 2010 )
[7]. 基盤研究(C) 発達障害のある子どもの不登校等の二次障害予防及び支援体制に 関する実証的研究 代表  ( 2009 (20-22) )
[8]. 基盤研究B 小児がん等のターミナル期にある子どもの教育内容・方法に関する国際比較研究 代表 ( 2005 ~2008 (2006-2008) )
[9]. 基盤研究C LD,ADHD等で適応障害のある児童生徒の心理・行動特性及び支援体制に関する研究 代表 ( 2004 ~2007 (2005-2007) )
[10]. 基盤研究C インタラクティブメディアを用いた10代の小児慢性疾患患者の心のケアモデルの開発 分担 ( 2004 ~2007 (2005-2007) )
[11]. 科学研究費補助金( 基盤研究(C) ) LD,ADHD等で適応障害のある児童生徒の心理・行動特性及び支援体制に関する研究 代表 ( 0 )
[12]. 基盤研究(C)(2) 心身症・神経症等を伴う不登校児の心理・行動特性及び指導法に関する研究 代表 ( 0 )
 

このページのトップへ