和歌山大学研究者総覧のホームページです。

ホーム > 研究関連情報

研究関連情報

経済学部 経済学科

准教授

阿部 秀二郎 (アベ シュウジロウ)

ABE Shujiro

【著書】
[1]. 経済学の座標軸 社会評論社 355 (2016 年度) 詳細
[2]. グローバル化のなかの日中経済関係 ――進展と深化―― 御茶の水書房 1-333 (2009 年度) 詳細
[3]. マルクス経済学の現代的課題 第Ⅱ集 現代資本主義の変容と経済学 第3巻現代マルクス経済学のフロンティア 第9章 「経済人の行方」 御茶の水書房 219-238 (2006 年度) 詳細
[4]. 空間の社会経済学 日本経済評論社 2666p. (2003 7月) 詳細
[5]. 資本主義の原理 昭和堂 226p. (2000 5月) 詳細
【学術誌掲載論文】
[1]. LSEとロビンズー経済学教育への一提案ー 年報 巻号:第2号 pp.37-47 (2016 年度) 詳細
[2]. 教養とは何かーJ.S.ミルとK.E.ボールディングから学ぶー 年報 巻号:第1号 pp.8-16 (2015 年度) 詳細
[3]. 賀川豊彦の経済思想 和歌山大学経済学会 経済理論 巻号:376 pp.1-17 (2014 6月) 詳細
【紀要等】
[1]. 山東大学との共同報告会の報告 和歌山大学経済学会 研究年報 巻号:19 pp.41-58 (2015 年度) 詳細
[2]. スペンサー進化論に関するジェヴォンズの考察 研究年報 14 pp.1-14 (2010 9月) 詳細
[3]. ジェヴォンズの歴史的方法 経済理論 355 pp.1-19 (2010 5月) 詳細
[4]. なし (2009 年度) 詳細
[5]. 和歌山大学経済学部のe-Learning教育の可能性について e-learningと国際コミュニケーション(和歌山大学オンリー・ワン創成プロジェクト) pp.68-73 (2007 年度) 詳細
[6]. レズリーの変化――賃金基金説との関係―― 経済理論  巻号:332 pp.1-22 (2006 年度) 詳細
[7]. イギリス歴史学派の源流ーメインへのサヴィニーの影響 経済理論  巻号:327 (2005 年度) 詳細
[8]. ロッシャーの歴史的方法ーサヴィニーの影響 経済理論  巻号:323 (2004 年度) 詳細
[9]. ジェヴォンズとワルラスの経済思想 和歌山大学経済学会 経済理論 pp.pp.1-19 (2001 3月) 詳細
[10]. ジェヴォンズの生産理論 東北大学経済学部研究年報『経済学』 pp.pp.27-45 (1998 5月) 詳細
[11]. ジェヴォンズの価値理論 東北大学研究年報『経済学』 pp.pp.107-125 (1996 6月) 詳細
【国内会議発表論文】
[1]. イノベーション論と成長戦略 世界経済情勢とアジア経済の成長:中国と日本 (2013 年度) 詳細
[2]. 経済学者の経済思想と倫理 ―経済思想史からの問題提起― 「持続可能な日中経済関係に向けて」 (2011 年度) 詳細
[3]. 新自由主義ー中国と日本 山東大学経済学院・和歌山大学経済学部共同研究会:金融危機後のアジア経済の成長:中国と日本 (2010 9月) 詳細
[4]. 賀川豊彦の経済思想 仙台経済学研究会 (2010 8月) 詳細
[5]. 新自由主義の考え方:再考 仙台経済学研究会 (2009 年度) 詳細
[6]. 後発地域における先進的な思想への対峙と適応(その後) グローバル化の中の日中経済関係 (2009 年度) 詳細
[7]. ケインズの国際経済問題と『一般理論』 仙台経済研究会 (2006 年度) 詳細
【プロシーディングス、解説記事等】
[1]. 新自由主義ー中国と日本 山東大学経済学院・和歌山大学経済学部共同研究会:金融危機後のアジア経済の成長:中国と日本 (2010 9月) 詳細
[2]. 賀川豊彦の経済思想 仙台経済学研究会 (2010 8月) 詳細
【受賞等】
[1]. なし 2009
[2]. なし 2008
【招待講演、パネリスト、基調講演等】
[1]. なし (2009 年度) 詳細
[2]. (2008 年度) 詳細
【新聞掲載、テレビ・ラジオ出演】
[1]. 朝日新聞 けいざい和歌山 2016
[2]. ニュース和歌山 2015
[3]. なし 2009
[4]. なし 2008
【取得特許】
[1]. なし ( 2009 )
[2]. なし ( 2008 )
【芸術・建築分野等(演奏会・作品発表)】
[1]. なし (2009 年度) 詳細
[2]. なし (2008 年度) 詳細
【共同研究・プロジェクト等】
[1]. 関西経済圏と中国の相互関係の深化と地域経済へのその影響に関する研究 (2011)
[2]. グローバリゼーション下の国際通貨体制の変動に関する研究 (2011)
[3]. 関西経済圏と中国の相互関係の深化と地域経済へのその影響に関する研究 (2010)
[4]. グローバリゼーション下の国際通貨体制の変動に関する研究 (2010)
[5]. 関西経済圏と中国の相互関係の深化と地域経済へのその影響に関する研究 (2009)
[6]. グローバリゼーション下の国際通貨体制の変動に関する研究 (2009)
[7]. 関西経済圏と中国の相互関係の深化と地域経済へのその影響に関する研究
【科学研究費補助金】
[1]. 基盤研究(B) 国際金融システム・金融安定性と金融政策 分担 ( 2012 - 2014 )
 

このページのトップへ