和歌山大学研究者総覧のホームページです。

ホーム > 研究関連情報

研究関連情報

image-profile

経済学部 経済学科

教授

齊藤 久美子 (サイトウ クミコ)

SAITO Kumiko

【著書】
[1]. 和歌山県串本町のラムサール条約指定と地域経済 和歌山大学経済研究所 地域研究シリーズ47 1-20 (2014 年度) 詳細
[2]. サンゴは観光資源として和歌山県の経済活性化に積極的に活用できるか 和歌山大学経済研究所 地域研究シリーズ41 1-21 (2012 6月) 詳細
[3]. ディベートの社会科学教育への有効性 和歌山大学経済学部 1-48 (2012 年度) 詳細
[4]. 和歌山県・世界最北限サンゴ群集と地域 和歌山大学経済研究所 地域研究シリーズ40 1-19 (2010 年度) 詳細
[5]. 和歌山県地域におけるサンゴ群集の経済的効用 和歌山大学経済研究所 地域研究シリーズ 35 1-26 (2009 年度) 詳細
[6]. e-learingをとおした国際コミュニケーション教育推進プロジェクト 2008和歌山大学オンリー・ワン創成プロジェクト報告書 49-70 (2008 年度) 詳細
[7]. 和歌山県地域におけるサンゴ保全と経済効用について・序論 Working Paper Series 08-04 1-012 (2008 年度) 詳細
[8]. ロシアの経済発展とロシア語新語彙の研究 Working Paper Series 08-06 1-020 (2008 年度) 詳細
[9]. 和歌山県地域におけるサンゴ保全と 経済効用についての予備調査 和歌山県地域におけるサンゴ保全と 経済効用についての予備調査 Working Paper Series 09-01 1-014 (2008 年度) 詳細
[10]. 国際コミュニケーション教育へのディベートの応用 「e-learningをとおした国際コミュニケーション 教育推進プロジェクト」成果報告書 61-67 (2007 年度) 詳細
[11]. アングロ・アメリカ文化の影響とロシア語語彙 Working Paper Series 07-06 1-013 (2007 年度) 詳細
[12]. 会計学とディベート 三恵社 ⅰ‐ⅳ、1-148 (2006 年度) 詳細
[13]. ロシアにおけるプラン・コンタブル 野村健太郎編著『各国プラン・コンタブルの比較研究』  121-125 (2005 年度) 詳細
[14]. 市場経済移行過程における経済・経営・税制・金融・会計に関わるロシア語語彙の変化 科学研究費報告書 1-29、1-63 (2005 年度) 詳細
[15]. サッカー・ディベートの実践と普及 Working Paper Series 05-03 1-36 (2005 年度) 詳細
[16]. ロシアのプラン・コンタブル (スタディグループ最終報告書) 各国プラン・コンタブルの比較研究  60-63 (2004 年度) 詳細
[17]. ロシアのプラン・コンタブル (スタディグループ最終報告書) 各国プラン・コンタブルの比較研究  60-63 (2004 年度) 詳細
[18]. 通信業の財務分析――NTTグループとKDDIを比較して―― Working Paper Series 04-11  1-81 (2004 年度) 詳細
[19]. ビール業界の財務分析 ――アサヒビールと麒麟麦酒を比較して―― Working Paper Series 04-12 1-72 (2004 年度) 詳細
[20]. サッカー・ディベートの社会科学教育への応用 Working Paper Series 04-13 1-29 (2004 年度) 詳細
[21]. サッカー・ディベートの実践と普及 Working Paper Series 04-15  1-66 (2004 年度) 詳細
[22]. 移行経済における金融インフラ確立 のための会計と国際協力の理論と技法 ――ロシア・旧ソ連諸国への会計技術支援―― Working Paper Series 04-16  1-35 (2004 年度) 詳細
[23]. エカテリンブルグ及びモスクワにおける国際会計基準への移行と会計技術支援 Working Paper Series 04-17  1-29 (2004 年度) 詳細
[24]. 中村修二氏は日本のエンジニアの救世主である」――サッカー・ディベートの社会科学教育への応用―― Working Paper Series  04-18  1-031 (2004 年度) 詳細
[25]. Resolved:The Japanese Government Should Strictly Restrict the Abuse of Katakana English Working Paper Series 04-20 1-006 (2004 年度) 詳細
[26]. Resolved:Japan Should Adopt English as the Second Official Language Working Paper Series 04-21 1-012 (2004 年度) 詳細
[27]. 通信業の財務分析――NTTグループとKDDIを比較して―― Working Paper Series 04-11  1-81 (2004 年度) 詳細
[28]. ビール業界の財務分析 ――アサヒビールと麒麟麦酒を比較して―― Working Paper Series 04-12 1-72 (2004 年度) 詳細
[29]. サッカー・ディベートの社会科学教育への応用 Working Paper Series 04-13 1-29 (2004 年度) 詳細
【学術誌掲載論文】
[1]. ロシアにおける会計の変遷と現段階の課題 北東アジア学会予稿集 pp.WEBによる (2013 年度) 詳細
【紀要等】
[1]. Use of Coral Communities as Tourist Resources in Kushimoto, Japan Working Paper Series 巻号:12-08 pp.1-36 (2012 年度) 詳細
[2]. 社会科学教育とディベート 研究年報 14 pp.649-669 (2010 9月) 詳細
[3]. 極東ロシアにおける会計(Accounting in Russian Far East) 21世紀東北亜地域の共同協力と発展 第二巻 pp.943-951 (2010 8月) 詳細
[4]. On Coral Conservation and Economic Efficiency in Japan―in comparison of Okinawa and Wakayama― Working Paper Series 巻号:10-04 (2010 年度) 詳細
[5]. サンゴ保全と経済効用について―和歌山県を例にして― 和歌山大学経済学会 研究年報 巻号:13 pp.63-73 (2009 年度) 詳細
[6]. Интенсивный курс бухгалтерского учета и финансового анализа международного образца(2) 和歌山大学経済学部 Working Paper Series 巻号:09-08 pp.57-113 (2009 年度) 詳細
[7]. Интенсивный курс бухгалтерского учета и финансового анализа международного образца(3) 和歌山大学経済学部 Working Paper Series 巻号:09-09 pp.114-167 (2009 年度) 詳細
[8]. Интенсивный курс бухгалтерского учета и финансового анализа международного образца(3) 和歌山大学経済学部 Working Paper Series 巻号:09-02 pp.1-56 (2009 年度) 詳細
[9]. 3年次学生への会計学教育におけるディベートの応用 和歌山大学経済学部 Working Paper Series 巻号:10-02 pp.1-28 (2009 年度) 詳細
[10]. 4年次学生への会計学教育におけるディベートの応用 和歌山大学経済学部 Working Paper Series 巻号:10-03 pp.1-26 (2009 年度) 詳細
[11]. Japan's Assistance Programs for the Former Soviet Union -Educational Projects in Business Accounting and Market Economy- The 8th the Academic Conference of International Federation of East Asia Management Association 巻号:8 pp.94-96 (2006 年度) 詳細
[12]. Japan's Assistance Programs for Ukraine ――Educational Projects in Business Accounting and Market Economy―― 研究年報 巻号:10 pp.109-118 (2006 年度) 詳細
[13]. On the Floating Exchange Rate System ――in the cases of Latin America and Russia―― 経済理論 巻号:320 pp.45-55 (2004 年度) 詳細
[14]. 現代ロシアにおけるモスクワ大学経済学部学生の価値観の変化について 研究年報  巻号:8 pp.21-29 (2004 年度) 詳細
[15]. 大学3年次会計学ゼミナールにおけるマンガの導入 和歌山大学経済学部 Working Paper Series 03-31 pp.pp.1-19 (2003 12月) 詳細
[16]. 大学高学年次会計学履修者に対するマンガ教材の導入 和歌山大学経済学部 Working Paper Series 03-32 pp.pp.1-25 (2003 12月) 詳細
[17]. ロシアにおける国際会計基準への移行と会計技術支援 和歌山大学経済学部 Working Paper Series 03-28 pp.pp.1-20 (2003 11月) 詳細
[18]. サッカー・ディベートへの取り組み 和歌山大学経済学部 Working Paper Series 03-29 pp.pp.1-37 (2003 11月) 詳細
[19]. 大学における初心者対象会計学教育へのマンガの導入 和歌山大学経済学部 Working Paper Series 03-30 pp.pp.1-19 (2003 11月) 詳細
[20]. О переоценке ценных бумаг в Японии Реформирование бухгалтерского учета и аудита в соответствии с международными стандартами, часть?, Татурские чтения, МГУ pp.pp.19-20 (2003 1月) 詳細
[21]. 中国における証券市場とディスクロージャー ―会計制度を中心に― 和歌山大学経済学部 Working Paper Series 03-27 pp.pp.1-12 (2003 1月) 詳細
【国内会議発表論文】
[1]. ラムサール条約と和歌山県の経済活性化-沖縄県と比較して- 日本サンゴ礁学会第18回大会 (2015 年度) 詳細
[2]. 和歌山のサンゴ群生と経済活性化‐沖縄県と比較して‐ 日本サンゴ礁学会第16回全国大会 (2013 年度) 詳細
[3]. 和歌山県串本におけるサンゴ群生の観光資源としての利用と経済活性化への道 日本サンゴ礁学会第15回大会 (2012 年度) 詳細
[4]. サンゴという観光資源と地域経済の発展 日本サンゴ礁学会第14回大会 (2011 年度) 詳細
[5]. 司会「対ロシア中古車輸出の変容と業者対応-小樽港周辺を事例に-」 北東アジア学会全国大会 (2011 年度) 詳細
[6]. 沖縄県のサンゴ礁と経済効用 ―和歌山県と比較して― 沖縄科学の最前線 (2010 9月) 詳細
[7]. ロシア会計の現在 アジア経営学会 (2010 9月) 詳細
[8]. 極東ロシアにおける会計(Accounting in Russian Far East) 韓国東北亜経済学会・日本北東アジア学会合同国際学術セミナー:近代日韓関係100年シンポジウム (2010 8月) 詳細
[9]. On Coral Conservation and Economic Efficiency in Japan -in comparison of Okinawa and Wakayama- 2nd Asia Pacific Coral Symposium (2010 6月) 詳細
[10]. 世界最北限サンゴ群集を利用した観光と地域貢献 第13回日本サンゴ礁学会大会(国立環境研究所) (2010 年度) 詳細
[11]. 和歌山県地域におけるサンゴ保全と経済効用の研 究・序説 第12回日本サンゴ礁学会大会(琉球大学熱帯生物圏研究センター) (2009 年度) 詳細
[12]. Бухгалтерский учет в Японии Кафедра учета, анализа и аудита МГУ (2009 年度) 詳細
[13]. Совремменная тенденция бухгалтерского учета в Японии XXXV Татуровские чтения (2007 年度) 詳細
[14]. ロシア会計史と現代 会計学サマーセミナー イン 九州 (2006 年度) 詳細
[15]. 旧ソ連諸国会計技術支援の理論と実際 会計学サマーセミナーin九州2005 (2005 年度) 詳細
[16]. ロシア石油業の財務諸表について COE研究会(CIS石油とガス研究会) (2004 年度) 詳細
[17]. ロシアにおける勘定科目表 環日本海学会 (2004 年度) 詳細
[18]. Г.Л.Азоев,Моделирование экономических последствий вступления России 東アジア経営学会国際連合 (2004 年度) 詳細
[19]. С.Стрижков,Роль Торго-Промыщленнчх палат в приступлении России в ВТО 東アジア経営学会国際連合 (2004 年度) 詳細
[20]. ロシアのプラン・コンタブル 日本会計研究学会 (2004 年度) 詳細
[21]. 「ロシアにおける勘定プラン」及び「ブルガリアにおける勘定プラン」 日本会計研究学会スタディ・ グループ「各国プランコンタブルの比較研究」 (2004 年度) 詳細
[22]. Accounting system in transition to market economy - as an integration and regulatory policy International Conference of the Faculty of Economics and Business Administration & Wirtschaftswissenschaftliche Fakult?t der Universit?t Leipzig (2003 11月) 詳細
[23]. 移行期ロシアへの会計からのアプローチ 大阪市立大学文化交流センター(大阪駅前第2ビル6階) 比較経済体制学会第2回秋季研究報告会 (2003 11月) 詳細
[24]. ロシアにおける勘定プラン 法政大学 日本会計研究学会スタディ・グループ「各国プランコンタブルの比較研究」 (2003 11月) 詳細
【プロシーディングス、解説記事等】
[1]. 和歌山県の経済活性化とラムサール条約 和歌山大学経済学部Working Paper Series 16-01 pp.1-21 (2016 1月) 詳細
[2]. Potentiality of East Asia and Business Management ―from the Viewpoint of Russian Accounting― 和歌山大学経済学部Working Paper Series 14-02 pp.1-20 (2014 10月) 詳細
[3]. サンゴ群生と経済活性化 和歌山大学経済学部Working Paper Series 14-01 pp.1-35 (2014 9月) 詳細
[4]. 乳がんは女たちをつなぐ 機 NO.271 pp.28頁 (2014 年度) 詳細
[5]. 東アジア経営学会国際連合ベトナム大会に参加して 国際教育研究センター年報第11号 (2014 年度) 詳細
[6]. ロシアにおける会計の変遷と現代 和歌山大学経済学部 Working Paper Series 13-07 pp.1-13 (2013 9月) 詳細
[7]. Coral Use as Tourist Resources in Kushimoto, Japan 和歌山大学経済学部 Working Paper Series 12-08 (2012 10月) 詳細
[8]. オーストラリア、ケアンズでの第12回国際サンゴ礁シンポジウムに参加して 国際教育研究センター年報第9号 pp.61-62 (2012 年度) 詳細
[9]. 沖縄県のサンゴ礁と経済効用 ―和歌山県と比較して― 沖縄科学の最前線 (2010 9月) 詳細
[10]. ロシア会計の現在 アジア経営学会 (2010 9月) 詳細
[11]. 極東ロシアにおける会計(Accounting in Russian Far East) 韓国東北亜経済学会・日本北東アジア学会合同国際学術セミナー:近代日韓関係100年シンポジウム (2010 8月) 詳細
[12]. On Coral Conservation and Economic Efficiency in Japan -in comparison of Okinawa and Wakayama- 2nd Asia Pacific Coral Symposium (2010 6月) 詳細
[13]. 第二回アジア太平洋サンゴ礁シンポジウムに参加して 国際教育研究センター年報第7号 pp.40-41 (2010 年度) 詳細
【受賞等】
[1]. 特になし 2010
[2]. 特になし 2009
[3]. なし 2008
【招待講演、パネリスト、基調講演等】
[1]. 特になし (2010 年度) 詳細
[2]. 特になし (2009 年度) 詳細
[3]. Japan’s Assistance Programs for Ukraine-Accounting Educational Project for the Market Economy- IV INTERNATIONAL SCIENTIFIC CONFERENCE (2004 年度) 詳細
【新聞掲載、テレビ・ラジオ出演】
[1]. 沖縄科学の最前線2010 展示プログラム 2010
[2]. 特になし 2009
[3]. 北陸中日新聞 2006
【取得特許】
[1]. 特になし ( 2010 )
[2]. 特になし ( 2009 )
[3]. なし ( 2008 )
【芸術・建築分野等(演奏会・作品発表)】
[1]. 和歌山民謡協会連合第34回大会 和歌山民謡協会連合、後援和歌山県 (2015 年度) 詳細
[2]. 特になし (2009 年度) 詳細
[3]. なし (2008 年度) 詳細
【共同研究・プロジェクト等】
[1]. ディベート教育研究ユニット (2016)
[2]. ディベート教育研究ユニット (2015)
[3]. ディベート教育研究ユニット (2014)
[4]. ディベート教育研究ユニット (2013)
[5]. ディベート教育研究ユニット (2012)
[6]. ディベート教育研究ユニット (2011)
[7]. ディベート教育研究ユニット (2010)
[8]. ディベート教育研究ユニット (2009)
[9]. ディベート教育研究ユニット (2008)
【その他の研究交流】
[1]. 比較経済体制学会 比較経済体制学会全国大会(弘前大学) (2016)
[2]. 沖縄国際大学 うるま観光に関する経済活性化 (2015)
[3]. 和歌山大学 研究倫理教育研修会 (2015)
[4]. 日本サンゴ礁学会 (2015)
[5]. 北東アジア学会 富山大学 (2015)
[6]. 和歌山大学観光学部 映画「海難1890」の田中光敏監督来たる!講演会 (2015)
[7]. 紘道館 ディベート研究会 (2014)
[8]. 琉球大学 サンゴ礁に関する公開講座 (2014)
[9]. 和歌山大学 学内研究集会 (2013)
[10]. 紘道館 ディベート研究会 (2013)
[11]. 紘道館 ICEE(ディベート研究会) (2013)
[12]. 紘道館 ディベート研究会 (2013)
[13]. 紘道館 ディベート研究会 (2013)
[14]. 和歌山大学経済学会 和歌山大学経済学会研究会 (2013)
[15]. 和歌山大学経済学会 和歌山大学経済学会研究会 (2013)
[16]. 北海道大学スラブ研究センター 国際会議境界研究:21世紀のチャレンジと展望 (2013)
[17]. 日本サンゴ礁学会 沖縄科学技術大学院大学 (2013)
[18]. 比較経済体制学会 新潟大学 (2013)
[19]. 北東アジア学会 島根県立学 (2013)
[20]. アジア経営学会 京都大学 (2013)
[21]. 日本サンゴ礁学会 (2012)
[22]. 和歌山大学 学内研究集会 (2012)
[23]. 和歌山大学経済学会 和歌山大学経済学会研究会 (2012)
[24]. 和歌山大学経済学会 和歌山大学経済学会研究会 (2012)
[25]. 紘道館 ディベート研究会 (2012)
[26]. 紘道館 ディベート研究会 (2012)
[27]. 紘道館 ICEE(ディベート研究会) (2012)
[28]. 紘道館 ディベート研究会(日本の選択) (2012)
[29]. 和歌山大学 科研費説明会 (2012)
[30]. 日本サンゴ礁学会 (2011)
[31]. 和歌山大学 学内研究集会 (2011)
[32]. 和歌山大学 科研費説明会 (2011)
[33]. 和歌山大学経済学会 和歌山大学経済学会研究会 (2011)
[34]. 和歌山大学経済学会 和歌山大学経済学会研究会 (2011)
[35]. 和歌山大学経済学会 アラブの春 (2011)
[36]. 和歌山大学 科研費説明会 (2011)
[37]. 日本サンゴ礁学会 (2010)
[38]. 和歌山大学 学内研究集会 (2010)
[39]. 和歌山大学 科研費説明会 (2010)
[40]. 和歌山大学経済学会 和歌山大学経済学会研究会 (2010)
[41]. 和歌山大学経済学会 和歌山大学経済学会研究会 (2010)
[42]. 日本サンゴ礁学会 (2009)
[43]. 和歌山大学 科研費説明会 (2009)
[44]. 和歌山大学経済学会 和歌山大学経済学会研究会 (2009)
[45]. 和歌山大学経済学会 和歌山大学経済学会研究会 (2009)
[46]. 日本サンゴ礁学会 (2008)
[47]. 日本サンゴ礁学会 (2007)
 

このページのトップへ