和歌山大学研究者総覧のホームページです。

ホーム > 研究関連情報

研究関連情報

image-profile

経済学部 経済学科 (地域活性化総合センター)

教授 (学長補佐,地域活性化総合センター長,食農総合研究所長)

大西 敏夫 (オオニシ トシオ)

OONISI Tosio

【著書】
[1]. 「農」の付加価値を高める6次産業化の実践 筑波書房 1-271 (2013 12月) 詳細
[2]. やっぱりおもろい!関西農業 昭和堂 1-271 (2011 年度) 詳細
[3]. 学校給食における地産地消と食育効果(日本市場学会研究叢書10) 筑波書房 1-238 (2010 年度) 詳細
[4]. 都市と農村 交流から協働へ 日本経済評論社 1-292 (2010 年度) 詳細
[5]. 地域マネージメントの展開と提言 日本アグリビジネスセンター 36-64 (2009 年度) 詳細
[6]. 農業構造改善基礎調査報告書-農業の後継ぎがいない農家等の経営農地の承継について 農林水産省・近畿農政局 1-40 (2009 年度) 詳細
[7]. 農用地等集団化推進優良地区調査報告書 全国農業会議所 24-29 (2009 年度) 詳細
[8]. 和歌山市・市場活性化研究会報告書 和歌山地域経済研究機構 52-59 (2009 年度) 詳細
[9]. 学生参画型地域づくりサポートモデル事業報告書 和歌山社会経済研究所 20-22、40-43 (2009 年度) 詳細
【学術誌掲載論文】
[1]. 農業委員会制度の変遷と今日における問題状況 和歌山大学経済学会 経済理論 巻号:382号 pp.109-124 (2015 年度) 詳細
[2]. 競合下における農産物直売所の存立形態とあり方に関する研究 日本農業市場学会 農業市場研究 巻号:23-1 pp.12-22 (2014 6月) 詳細
[3]. 都市地域における農地の転用動向と農地保全をめぐる諸問題  ―1990年代以降の大阪府下を中心に― 和歌山大学経済学会 経済理論 巻号:376 pp.147-161 (2014 6月) 詳細
[4]. 農地は確保され高度利用されてきたか 昭和堂 農業と経済 巻号:Vol81 No2 pp.115-123 (2014 年度) 詳細
[5]. 「あらぎ島」における棚田の保全と管理 和歌山大学経済学会 経済理論 巻号:373 pp.61-76 (2013 9月) 詳細
[6]. 農業の6次産業化の今日的意義─奈良県・笠地区を事例に─ 和歌山大学経済学会 経済理論 巻号:368 pp.45-62 (2012 7月) 詳細
[7]. 農地転用制度の現況と課題 研究年報 14 pp.269-280 (2010 9月) 詳細
[8]. 棚田保全活動における『地域通貨「仰木」』活用の意義 地域農林経済学会 農林業問題研究 45-1 巻号:45(1) pp.127-132 (2009 年度) 詳細
[9]. 改正農地法、今、地域に求められる対応策とは 農業と経済 巻号:76(1) pp.118-126 (2009 年度) 詳細
【紀要等】
[1]. 食料消費形態の変化とその特徴-50年を振り返る- 関西消費者協会 関西消費者協会50周年誌 pp.42-43 (2015 年度) 詳細
【国内会議発表論文】
[1]. ウメ園地の流動化をめぐる実態と課題 日本農業市場学会 (2010 7月) 詳細
[2]. 耕作放棄地問題を考える ――和歌山県下の特徴―― 和歌山大学経済学会主催研究会 (2010 7月) 詳細
[3]. 「農地制度の改変問題(「平成の農地改革」)を考える 定例研究会 (2009 年度) 詳細
【プロシーディングス、解説記事等】
[1]. 和歌山農業の特色と課題 アグリビジネス研究会報告書 pp.14-18 (2015 年度) 詳細
[2]. 食育コラム みかぼう食育通信 第11号 pp.1 (2014 年度) 詳細
[3]. 田代洋一著『安倍政権とTPP ―その政治と経済―』 農業開発研究センター地域農業と農協 43-2 pp.30-31 (2013 9月) 詳細
[4]. 田野光彦著『戦後日本の家族農業経営と継承問題』 地域農林経済学会 農林業問題研究 49-1 pp.227-228 (2013 6月) 詳細
[5]. 近畿支部大会報告 ミニシンポジュウムと自由報告 農林業問題研究、48(4)、地域農林経済学会 pp.58-59 (2012 年度) 詳細
[6]. 「都市農業振興に関する検討会『中間とりまとめ』」について 大阪農民会館だより、136、(財)大阪農業振興協会 pp.2-3 (2012 年度) 詳細
[7]. 山地農業 日本大百科全書(ニッポニカ)、小学館 (2012 年度) 詳細
[8]. 日本農業賞(大阪府代表)講評 JA大阪、857、大阪府農業協同組合中央会 pp.10-11 (2012 年度) 詳細
[9]. 地域農業の実態と景観保全のための組織、手段 蘭島及び三田・清水の農山村景観保存計画、有田川町教育委員会 pp.236-248 (2012 年度) 詳細
[10]. 原田純孝編著『地域農業の再生と農地制度』 農業と経済、78(2)、昭和堂 pp.109 (2011 年度) 詳細
[11]. 教育・研究活動と地域農業との関わりを考える 地域農業と農協、41(4)、農業開発センター pp.4-7 (2011 年度) 詳細
[12]. 日本農業賞大阪府講評 JA大阪、845、大阪府農協中央会 pp.8-9 (2011 年度) 詳細
[13]. 園地の流動化と担い手対策について 平成22年度近畿・中国・四国地域果樹研究会資料 pp.6-11 (2010 年度) 詳細
[14]. 和歌山県ウメ主産地における園地流動化の手法と推進体制の整備に関する研究 pp.1-48 (2010 年度) 詳細
[15]. 星勉著『共生時代の都市農地管理論』 農業と経済、76(3)、昭和堂 pp.96 (2009 年度) 詳細
【招待講演、パネリスト、基調講演等】
[1]. 農業政策の展開と都市・農村交流 中国上海市農業科学院信息研究所 (2011 年度) 詳細
[2]. 園地の流動化と担い手対策について 平成22年度近畿・中国・四国果樹研究会 (2010 年度) 詳細
【新聞掲載、テレビ・ラジオ出演】
[1]. 日本農業新聞 2010
【科学研究費補助金】
[1]. 基盤研究(C) 新たな人口移動を契機とする農山村地域の経済およびコミュニティの変容に関する研究 分担 ( 2016 - 2018 )
[2]. 基盤研究(C) 生産緑地制度下における都市農地の保全と活用に関する研究 代表 ( 2015 - 2017 )
[3]. 基盤研究(C) ソバを核とした6次産業化による過疎化・高齢化地域の活性化に関する研究 分担 ( 2014 - 2016 )
[4]. 基盤研究C 離島農村における新たな都市農村交流ビジネスの展開と地域内経済効果の計測 分担 ( 2010 ~2012 (3) )
[5]. 基盤研究C 和歌山県ウメ主産地における園地流動化の手法と推進体制に関する研究 代表 ( 2009 (3) )
 

このページのトップへ