和歌山大学研究者総覧のホームページです。

ホーム > 研究関連情報

研究関連情報

image-profile

観光学部 観光学科

教授 (評議員)

尾久土 正己 (オキュウド マサミ)

OKYUDO Masami

【著書】
[1]. ここからはじめる観光学—楽しさから知的好奇心へ」大橋、山田、神田編 ナカニシヤ出版 226 (2016 12月) 詳細
[2]. 現代の観光とブランド、大橋昭一編 同文館出版 198 (2013 3月) 詳細
[3]. 科学プロデューサ入門講座 国立天文台 351 (2012 3月) 詳細
[4]. Global Hands-On Universe 2007 - For Win-Win Relations between Science Research and Education - Universal Academy Press, Inc. (2008 年度) 詳細
[5]. うらやましい人 2003年版ベスト・エッセイ集、文藝春秋 (2003 年度) 詳細
[6]. 私のおすすめパソコンソフト 岩波書店 (2002 年度) 詳細
[7]. インターネットストリーミング 共立出版 (2000 年度) 詳細
[8]. インターネット天文台 岩波書店 (1999 年度) 詳細
[9]. マックでSOHO!! 日経BP社 (1998 年度) 詳細
[10]. しし座流星群を追え! 世界文化社 (1998 年度) 詳細
[11]. Frontiers Science Series (FSS) No. 27 "Astronomical Education with the Internet" Universal Academy Press Inc. 193p. (1998 年度) 詳細
【学術誌掲載論文】
[1]. 360度ドーム映像の臨場感を利用した異文化学習~360バーチャルリアリティ映像による視聴覚教育の可能性~ 日本教育メディア学会研究会論集 巻号:No. 42 pp.43‐50 (2017 3月) 詳細
[2]. リアクションメールを使った授業改善の試み 和歌山大学「教養の森」センター年報 巻号:第2号 pp.46-53 (2016 3月) 詳細
[3]. ドーム映像の特徴とスポーツ競技への応用 HODIC Circular(ホログラフィック・ディスプレイ研究会会報) 巻号:35(1) pp.26-30 (2015 3月) 詳細
[4]. Characteristic of the Ultra-Realistic Dome Images Estimated from Viewing Behavior Proc. of The 21th International Display Workshops 巻号:21 pp.820-823 (2014 12月) 詳細
[5]. 運行開始直前の宇宙船搭乗予定者の意識 和歌山大学宇宙教育研究所紀要 巻号:3 pp.9-20 (2014 3月) 詳細
[6]. 学生プロジェクトにおけるコミュニケーション不全の特徴と要因 和歌山大学宇宙教育研究所紀要 巻号:3 pp.21-30 (2014 3月) 詳細
[7]. デジタルドームシアターを使った超臨場感教材 電子情報通信学会技術研究報告. ET, 教育工学 巻号:113(67) pp.61-65 (2013 5月) 詳細
[8]. デジタルプラネタリウムを使った観光映像の上映 観光情報学会第6回研究発表会講演論文集 pp.55-59 (2012 12月) 詳細
[9]. Education for Disaster Prevention Using Ultra-Realistic Dome Images -Learning Through Images of the Great East Japan Earthquake - Proc. of The 19th International Display Workshops 巻号:19 pp.1293-1296 (2012 12月) 詳細
[10]. 宇宙飛行士へのインタビューをもとにした「宇宙船からの絶景」の選定 和歌山大学宇宙教育研究所紀要 巻号:No. 1 pp.11-22 (2012 3月) 詳細
[11]. 和歌山大学宇宙教育研究所と各学部での天文教育 天文教育 巻号:Vol. 24, No.1 pp.14 - 19 (2012 1月) 詳細
[12]. 4K超高精細映像のための伝送手法の確立 コンピュータソフトウェア 巻号:28(4) pp.318-332 (2011 12月) 詳細
[13]. 超高精細全天映像で観光から宇宙まで(特集「深い感性」) 感性工学 巻号:10(3) pp.149-150 (2011 6月) 詳細
[14]. 超臨場感技術の応用~全天映像システム』(特集 超臨場感技術) 映像情報メディア学会誌 巻号:vol. 65, no. 5 pp.620 - 624 (2011 5月) 詳細
[15]. 小惑星探査機「はやぶさ」の感動から天文教育へ(2)はやぶさ地球帰還のインターネット中継--Back to my arms! 天文教育 巻号: 23(2) pp.24-31 (2011 3月) 詳細
[16]. 上から降ってくるサイエンスカフェから蜘蛛の巣構造の中のサイエンスカフェへ 天文教育 巻号:vol. 23, No. 1 pp.65-68 (2011 1月) 詳細
[17]. Project SAZANKA: Multisite and Multifrequency Simultaneous SETI Observations in Japan Communication with Extraterrestrial Intelligence (CETI), editor by Douglas A. Vakoch., State University of New York Press. pp.109-124 (2011 年度) 詳細
[18]. 皆既日食における観光動向からみた奄美大島の観光戦略 観光学(和歌山大学観光学会) 巻号:4 pp.45-53 (2010 12月) 詳細
[19]. 宇宙とボランティア~2つの実践を通じて 日本ボランティア学会2009年度学会誌 pp.66 - 72 (2010 6月) 詳細
[20]. 4K超高精細ドーム映像システムの皆既日食への応用 電子情報通信学会技術研究報告. CQ, コミュニケーションクオリティ 巻号:109(373) pp.207-211 (2010 1月) 詳細
[21]. 4K映像システムを使った皆既日食の全天投影 映像情報メディア学会誌 巻号:Vol. 63, No. 10 pp.1385 - 1389 (2009 10月) 詳細
[22]. サイエンスカフェにおける音楽のホスピタリティ効果について 観光学(和歌山大学観光学会), No.1 pp.15?20 (2009 年度) 詳細
[23]. 風景画像の昼夜連続撮影のための露出補正制御 観光学(和歌山大学観光学会), No.1 pp.21?27 (2009 年度) 詳細
[24]. シリーズ・「高大連携」への提言(21) 学生自主創造科学センターにおける高大連携事業 文部科学教育通信 巻号:No. 191 pp.28 - 29 (2008 3月) 詳細
[25]. 中性水素21cm輝線用の小型電波望遠鏡の製作と高校での天の川の観測実習 地学教育, Vol. 60, No. 5 pp.pp. 171 - 178 (2007 9月) 詳細
[26]. プラネタリウムにおける日食の全天周生中継 地学教育, Vol. 60, No. 3 pp.pp. 99 - 107 (2007 5月) 詳細
[27]. 金星太陽面通過のインターネット中継とその教材化 地学教育, Vol. 59, No. 6 pp.pp. 201-212 (2006 11月) 詳細
[28]. H-alpha Observations of the Algol-Type Binary RZ Cassiopeiae Publications of the Astronomical Society of the Pacific, Volume 118, Number 844 pp.pp. 809-813 (2006 6月) 詳細
[29]. 和歌山大学学生自主創造科学センターにおける自主性創造性教育方法の開発と推進 工学教育, 54-3 pp.pp. 29-34 (2006 5月) 詳細
[30]. 天文教育用コンテンツの宝庫~PAONETデータベースの紹介. 天文月報 巻号:98(12) pp.808 - 814 (2005 12月) 詳細
[31]. ライブ!ユニバースの日食中継とその教育実践 天文月報 巻号:97(3) pp.135 - 140 (2004 3月) 詳細
[32]. 和歌山大学と地域公開天文台・科学館の連携の紹介とその評価 天文月報 巻号:97(2) pp.88 - 95 (2004 2月) 詳細
[33]. 総合的な学習の時間における遠隔学習導入の有効性に関する考察 日本学際会議学会誌 (日本学術会議広報協力学術雑誌), 16, (1) pp.30 - 40 (2003 9月) 詳細
[34]. 微速度撮影法による星野動画作成システムの開発 国立天文台報, 第6巻第2号 pp.pp. 67 - 78 (2003 年度) 詳細
[35]. みさと天文台におけるインタラクティブ・リモート望遠鏡システムの構築 天文月報 巻号:96 pp.592 (2003 年度) 詳細
[36]. 日食インターネット中継の実施例とその評価 日本教育工学雑誌,26巻2号 pp.77 - 85 (2002 年度) 詳細
[37]. インタラ クティブ・リモート望遠鏡システムの構築とドイツでの時差を 利用 した授業実験 教育システム情報学会誌 Vol. 18, No. 3・4 pp.pp. 410 - 418 (2001 11月) 詳細
[38]. インターネットを使った大規模な日食中継システムの 実現とその教育への応用 教育システム情報学会誌 Vol. 18, No. 2 pp.pp. 219 - 231 (2001 7月) 詳細
[39]. 世界最強の日食中継ボランティア 天文月報 巻号:93, 2 pp.86 - 92 (2000 2月) 詳細
[40]. しし座流星群全国高校生同時観測会~その学術成果と教育的側面 天文教育, Vol.11, No.5 pp.24-33 (1999 9月) 詳細
[41]. アルデバラン食を使った月の運動の学習 天文教育 Vol.11, No.1 pp.23-29 (1999 1月) 詳細
[42]. サイエンスだってやっています!公開天文台(1) ~和歌山県美里町・みさと天文台 天文月報 巻号:91, 1 pp.30- 31 (1998 1月) 詳細
[43]. インターネットによるリアルタイム 天体映像を利用した新しい天文教育の実践 コンピュータ利用教育協議会 『コンピュータ & エデュケーション』, Vol. 2 pp.pp. 46 - 52 (1997 6月) 詳細
[44]. 研究成果を市民へ~公開天文台ネットワーク 天文月報 巻号:88, 2 pp.79 - 85 (1995 2月) 詳細
[45]. 公開天文台ネットワーク展示システムの開発 国立天文台報 Vol.2, No.3 pp.661-668 (1995 年度) 詳細
[46]. Discovery of a Large-Amplitude SU UMa-Type Dwarf Nova, KV Andromedae Publ. Astron. Soc. Japan 46 pp.L199-L202 (1994 12月) 詳細
[47]. A Simultaneous Radio-Optical Flare in BL Lacertae Astron. Astrophys. 286 pp.80-83 (1994 6月) 詳細
[48]. A V-Band Light Curve of SN 1993J during the First 50 Days Publ. Astron. Soc. Japan 45 pp.L63-L65 (1993 12月) 詳細
[49]. Non-LTE Analyses of Neutral Nitrogen Lines in Two Supergiants: Alpha Cygni and Beta Orionis Publ. Astron. Soc. Japan 45 pp.471-476 (1993 6月) 詳細
[50]. Optical Photometry and Polarimetry and Infrared Photometry of 3C345 in Outburst Astrophysical Journal 407 pp.L1-L4 (1993 4月) 詳細
[51]. Spectroscopic Analyses of Two A-Type Stars: Pi Draconis and 68 Tauri Publ. Astron. Soc. Japan 42, pp.317-330 (1990 4月) 詳細
[52]. 天文学と教育~小学校教育における天文教育の現状 天文月報 巻号:82, 3 pp.68 - 72 (1989 3月) 詳細
[53]. Abundance of Nitrogen and Sulfer in A-Type Stars Publ. Astron. Soc. Japan 41 pp.1055-1065 (1989 年度) 詳細
【紀要等】
[1]. スーパードームシアターの提案とその予備実験 観光学研究におけるアジアのハブ拠点の構築に向けた研究高度化・国際化プロジェクト報告書 pp.325-329 (2016 3月) 詳細
[2]. 飯田市の文化資源を活用した全天周映像番組 観光学 巻号:13 pp.21-26 (2015 9月) 詳細
[3]. 地元も宇宙の一部〜20周年を迎えた「みさと天文台」 天界 巻号:96(1082) pp.225-227 (2015 7月) 詳細
[4]. 超臨場感映像で移動を伴わない観光を(特集記事「観光情報学のすすむべき道〜5年後の観光産業発展を目指して〜」) 観光と情報(観光情報学会) 巻号: 11(1) pp.16-19 (2015 5月) 詳細
[5]. 若年層の宇宙旅行に対する意識 和歌山大学宇宙教育研究所紀要 巻号:4 pp.23-30 (2015 3月) 詳細
[6]. 生きるための天文学からアートとしての天文学 和歌山大学「教養の森」センター年報 巻号:第1号 pp.29-32 (2015 3月) 詳細
[7]. 和歌山大学宇宙教育研究所による宇宙工学実験場の報告 和歌山大学宇宙教育研究所紀要 巻号:3 pp.49-58 (2014 3月) 詳細
[8]. A co-operation with Serbia on Space and Astronomy Education: A report of activities in 2013 和歌山大学宇宙教育研究所紀要 巻号:3 pp.79-84 (2014 3月) 詳細
[9]. 和歌山市内の宇宙工学実験場の報告 和歌山大学宇宙教育研究所紀要 巻号:2 pp.21-26 (2013 3月) 詳細
[10]. 水槽内での全天周映像撮影実験 和歌山大学宇宙教育研究所紀要 巻号:2 pp.19-20 (2013 3月) 詳細
[11]. 教養科目「宇宙プロジェクトマネジメント入門」における観光デジタルドームシアターの活用 和歌山大学宇宙教育研究所紀要 巻号:No. 1 pp.29-34 (2012 3月) 詳細
[12]. 和歌山大学における学部横断的な天文教材開発活動 和歌山大学宇宙教育研究所紀要 巻号:2 pp.13-18 (2012 3月) 詳細
[13]. 中谷泰子 New Album "The Nearness of you"インタビュー ジャズ批評 巻号:No. 159 pp.144 -146 (2010 12月) 詳細
[14]. 観光デジタルドームシアターシステムの構築とその実践 観光学(和歌山大学観光学会) 巻号:No.3 pp.31 - 36 (2010 7月) 詳細
[15]. The Simple and Compact Remote Telescope System International Workshop on Virtual Environment and Network-Oriented Applications (VENOA 2010) pp.1129-1134 (2010 2月) 詳細
[16]. デジタルドームシアターと2009年皆既日食中継 SCAT LINE(財団法人テレコム先端技術研究支援センター広報誌) 巻号:No. 79 pp.8-9 (2009 7月) 詳細
[17]. シベリア皆既日食ツアーとその参加者の意識調査 和歌山大学観光学部設置記念論集 pp.pp.39 - 54 (2009 3月) 詳細
[18]. 2005,2006年度観月会とその参加者層 和歌山大学生涯学習教育研究センター年報, No. 7 pp.9-13 (2009 3月) 詳細
[19]. 留学生と地域の人々~国際交流と国際理解 和歌山大学国際教育研究センター年報, 第5号 pp.57 - 66 (2009 3月) 詳細
[20]. サイエンスカフェ「カフェ・サクラソウ」の実践 和歌山大学教育学部紀要ー教育科学ー, No.59 pp.pp. 67 - 79 (2009 2月) 詳細
[21]. ファッションと科学の新しいコミュニケーション 和歌山大学生涯学習教育研究センター年報 巻号:8 pp.28-33 (2009 年度) 詳細
[22]. 4K全天映像を使った皆既日食の超臨場感中継 Internet Conference 2009論文集 pp.91-99 (2009 年度) 詳細
[23]. 4K映像システムを使った皆既日食の全天投影 映像情報メディア学会誌 巻号:63(10) pp.1385-1389 (2009 年度) 詳細
[24]. 和歌山大学での星空案内人「星のソムリエ」講座の開始 和歌山大学教育学部教育実践総合センター紀要 巻号:19 pp.99-104 (2009 年度) 詳細
[25]. 風景画像の昼夜連続撮影のための露出補正制御 観光学(和歌山大学観光学会) 巻号:1 pp.21-27 (2009 年度) 詳細
[26]. サイエンスカフェにおける音楽のホスピタリティ効果について 観光学(和歌山大学観光学会) 巻号:1 pp.15-20 (2009 年度) 詳細
[27]. ふじと台でのサイエンスカフェの試行 紀州経済史文化史研究所紀要, 第29号 pp.pp. 29 - 40 (2008 12月) 詳細
[28]. 天文学最前線~宇宙はここまで明らかになった ESI-NEWS 巻号:Vol. 26, No. 6 (2008 年度) 詳細
[29]. Development of a Galaxy HI observation system for the 8m radio telescope at Misato Observatory Proc. of Global Hands-On Universe Conference 2007 (eds., T. Handa and M. Okyudo) pp.89-93 (2008 年度) 詳細
[30]. 「サイエンスカフェにおける音楽のホスピタリティ効果について」 観光学(和歌山大学観光学会) 巻号:1 pp.印刷中 (2008 年度) 詳細
[31]. 「風景画像の昼夜連続撮影のための露出補正制御」 観光学(和歌山大学観光学会) 巻号:1 pp.印刷中 (2008 年度) 詳細
[32]. 「ふじと台でのサイエンスカフェの試行」 紀州経済史文化史研究所紀要 巻号:29 pp.29-40 (2008 年度) 詳細
[33]. 「サイエンスカフェ「カフェ・サクラソウ」の実践」 和歌山大学教育学部紀要ー教育科学ー 巻号:59 pp.67-79 (2008 年度) 詳細
[34]. 「シベリア皆既日食ツアーとその参加者の意識調査」 和歌山大学観光学部設置記念論集 pp.39-54 (2008 年度) 詳細
[35]. 「2005,2006年度観月会とその参加者層」 和歌山大学生涯学習教育研究センター年報 巻号:7 pp.印刷中 (2008 年度) 詳細
[36]. 特集「競争にさらされる大学」~地域との連携で活路を開く 科学(岩波書店) 巻号:Vol. 77, Np. 5 pp.500 - 501 (2007 5月) 詳細
[37]. 皆既日食の生中継を利用したサイエンスカフェの実施とその効果 和歌山大学国際教育研究センター年報, 第3号 pp.pp. 59 - 65 (2007 3月) 詳細
[38]. 大阪府南部と和歌山市の中学校・高等学校の天文分野学習に関する意識調査 和歌山大学学芸, 53 pp.pp 71 - 79 (2007 年度) 詳細
[39]. 「和歌山大学学生自主創造科学センターにおける既存の入退室管理システムへのRFIDタグの組み込み手法」 日本実験力学会講演論文集 巻号:7 pp.312-314 (2007 年度) 詳細
[40]. 「和歌山大学学生自主創造科学センターにおける各種工作教室の実践」 日本機械学会講演論文集関西支部第83期定時総会講演会 巻号:084-1 pp.2-28 (2007 年度) 詳細
[41]. 「プラネタリウムにおける日食の全天周生中継」 地学教育(日本地学教育学会) 巻号:60(3) pp.99-107 (2007 年度) 詳細
[42]. 「中性水素21cm輝線用の小型電波望遠鏡の製作と高校での天の川の観測実習」 地学教育(日本地学教育学会)、第60巻、第3号、99-107頁 巻号:60(5) pp.171-178 (2007 年度) 詳細
[43]. 「特集:競争にさらされる大学~地域との連携で活路を開く」 科学(岩波書店)Vol. 77, No. 5、500-501頁 巻号:77(5) pp.500-501 (2007 年度) 詳細
[44]. 「シリーズ・「高大連携」への提言(21) 学生自主創造科学センターにおける高大連携事業」 文部科学教育通信 巻号:191 pp.23-29 (2007 年度) 詳細
[45]. 「和歌山大学学生自主創造科学センターにおける自主性創造性教育方法の開発と推進」 工学教育(日本工学教育協会) 巻号:54(3) pp. 29-34 (2006 年度) 詳細
[46]. ”Public Astronomical Observatory Network (PAONET) - A Network for Sharing Digital Contents and Human Resources on Education of Astronomy ?“ Proceedings of 25th International Symposium on Space Technology and Science (Selected Paper) pp.1443-1446 (2006 年度) 詳細
[47]. 「地域の大学と自治体と教育委員会の連携による公開天文台の運営」 日本ミュージアム・マネージメント学会会報 巻号:42(11) pp.39-40 (2006 年度) 詳細
[48]. 「「和歌山大学学生自主創造科学センターにおけるものづくり環境と高大連携」 2007年度精密工学会春季大会学術講演会論文集 pp.803-804 (2006 年度) 詳細
[49]. “H-alpha Observations of the Algol-Type Binary RZ Cassiopeiae” Publications of the Astronomical Society of the Pacific(アメリカ太平洋天文学会) 巻号:118(844) pp.809-813 (2006 年度) 詳細
[50]. 「金星太陽面通過のインターネット中継とその教材化」 地学教育(日本地学教育学会) 巻号:56(6) pp.201-212 (2006 年度) 詳細
[51]. 「皆既日食の生中継を利用したサイエンスカフェの実施とその効果」 和歌山大学国際教育研究センター年報 巻号:3 pp.59-65 (2006 年度) 詳細
[52]. 「大阪府南部と和歌山市の中学校・高等学校の天文分野学習に関する意識調査」 和歌山大学教育学部学芸 巻号:53 pp.71-79 (2006 年度) 詳細
[53]. “New system of science communication based on the collaboration with a university and public astronomical observatories in a regional area” Symposium: Training of Science Communicators in Interactive Science and Technology Society (国立科学博物館) pp.23-24 (2005 年度) 詳細
[54]. 「PAODBを用いた天文学史画像アーカイブ」 天文学史研究会集録(国立天文台) pp.62-64 (2005 年度) 詳細
[55]. 「LE2005aの概要とマドリッドからの高速回線による高画質映像伝送」 情報処理学会研究報告 巻号:2006-QAI-18(3) pp.13-18 (2005 年度) 詳細
[56]. 「天文教育用コンテンツの宝庫~PAONETデータベースの紹介」 天文月報(日本天文学会) 巻号:98(12) pp.808-814 (2005 年度) 詳細
[57]. ポンコツパラボラアンテナで宇宙を聴く~大学生と高校生が取り組む暑い夏~ 朝日21関西スクエア会報(朝日新聞) 巻号:66号 pp.1 (2004 8月) 詳細
[58]. かがくのしっぽ~見えても、見えなくても・・・~ ジュニア・サイエンティスト 巻号:18(6) pp.14-15 (2004 2月) 詳細
[59]. インターネット・イベントを利用した自主演習~南極皆既日食中継のWeb コンテンツの制作~ 和歌山大学教育学部附属教育実践総合センター紀要, No. 14 pp.pp 45 - 48 (2004 年度) 詳細
[60]. 「地域の天文台と大学の連携による新しい科学コミュニケーション」 電気学会・電気技術史研究会 巻号:HEE-05-6 pp.29-32 (2004 年度) 詳細
[61]. 「和歌山大学における創造性教育の取り組みと学生自主創造科学センターの整備」 第9回知能メカトロニクスワークショップ講演論文集 pp.71-74 (2004 年度) 詳細
[62]. 「インターネット・イベントを利用した自主演習~南極皆既日食中継のWeb コンテンツの制作~」 歌山大学教育学部附属教育実践総合センター紀要,, pp 巻号:14 pp. 45?48 (2004 年度) 詳細
[63]. 天文教育・普及の新しい挑戦 アヴェニール(和歌山大学広報委員会) 巻号:10 pp.2-3 (2003 7月) 詳細
[64]. インターネットを使った日食中継 佐賀大学学術情報処理センター広報 巻号:第3号 pp.94 - 97 (2003 年度) 詳細
[65]. 天文台と地域振興 学鐙(丸善) 巻号:Vol.99, No.7 pp.18 - 21 (2002 7月) 詳細
[66]. 地球のたくましさ 星ふる里から世界へ (特集 和歌山--自然と歴史の宝庫 紀の国) Civil engineering consultant(建設コンサルタンツ協会) 巻号:通号 213 pp.38 - 41 (2001 10月) 詳細
[67]. シリーズ・インターネット基礎講座7「生涯教育機関のインターネット活用」 教育と情報(文部省大臣官房調査統計企画課編) 巻号:No. 463 pp.48 - 51 (1996 10月) 詳細
[68]. 地域情報とインターネット9「天文台中心の導入 ~施設在り方の模範にも」 地域づくり(地域活性化センター) 5月号 巻号:通巻83号 pp.28 - 29 (1996 5月) 詳細
[69]. 公衆回線による公開画像データの自動転送実験 国立天文台報 Vol.2, No.2 pp.447-454 (1994 年度) 詳細
[70]. 西はりま天文台の60cm反射望遠鏡のハルトマンテスト Annu. Rep. Nishi-Harima Astron. Obs., 4 pp.pp 12 - 17 (1994 年度) 詳細
[71]. 散開星団NGC7790のBVRc測光観測 Annu. Rep. Nishi-Harima Astron. Obs., 4 pp.pp 18 - 24 (1994 年度) 詳細
[72]. CCD Photometric Observations of Primary Minima of the Eclipsing Binary System RZ Cas II Annu. Rep. Nishi-Harima Astron. Obs., 4 pp.pp 25 (1994 年度) 詳細
[73]. A simultaneous radio-optical flare in BL Lacertae Metsahovi Radio Research Station, Series A, Report 15 pp.3p (1993 年度) 詳細
[74]. Optical Monitoring Observations of BL Lac Object and Quasars Annu. Rep. Nishi-Harima Astron. Obs., 3 pp.pp 8 - 10 (1993 年度) 詳細
[75]. CCD Photometric Observations of Primary Minima of the Eclipsing Binary System RZ Cas Annu. Rep. Nishi-Harima Astron. Obs., 3 pp.pp 11 - 14 (1993 年度) 詳細
[76]. 小惑星カリストの光度変化 Annu. Rep. Nishi-Harima Astron. Obs., 3 pp.pp 15 - 18 (1993 年度) 詳細
[77]. CCD測光による大気減光の測定 Annu. Rep. Nishi-Harima Astron. Obs., 3 pp.pp 37 - 40 (1993 年度) 詳細
[78]. 西はりま天文台のCCDカメラシステム Annu. Rep. Nishi-Harima Astron. Obs., 1 pp.pp 17 - 22 (1992 年度) 詳細
[79]. BL Lac天体とクェーサーの光学モニター観測(予備報告) Annu. Rep. Nishi-Harima Astron. Obs., 2 pp.pp 1 - 7 (1992 年度) 詳細
[80]. 惑星状星雲NGC1501中心星の測光観測(予備報告) Annu. Rep. Nishi-Harima Astron. Obs., 2 pp.pp 16 - 19 (1992 年度) 詳細
[81]. 食連星BO-PEGASIの測光観測 Annu. Rep. Nishi-Harima Astron. Obs., 2 pp.pp 20 - 24 (1992 年度) 詳細
[82]. ドーム内の熱環境の調査II Annu. Rep. Nishi-Harima Astron. Obs., 2 pp.pp 55 - 64 (1992 年度) 詳細
[83]. 観測室内の温度測定(予備報告) Annu. Rep. Nishi-Harima Astron. Obs., 1 pp.pp 8 - 12 (1991 年度) 詳細
[84]. 望遠鏡のパーソナルコンピュータによるポインティング Annu. Rep. Nishi-Harima Astron. Obs., 1 pp.pp 13 - 16 (1991 年度) 詳細
[85]. CCDカメラによるM67のVバンド測光のテスト観測 Annu. Rep. Nishi-Harima Astron. Obs., 1 pp.pp 23 - 29 (1991 年度) 詳細
[86]. パーソナルコンピュータによる地学教材の開発(II) ~ランドサット画像情報の解析法 大阪教育大学理科教育研究年報 No. 10 pp.pp 23 - 36 (1986 年度) 詳細
[87]. 写真測光におけるデータ処理法の改良II 大阪教育大学紀要 第III部門, Vol33, No.2 pp.pp 119 - 124 (1984 年度) 詳細
【国際会議発表】
[1]. Master shots for the dome screen The 7th IFSV DomeFest (2017 3月) 詳細
[2]. High definition fulldome video of various real scenery (VRS) The 22nd International Planetarium Society Conference (2014 6月) 詳細
[3]. Cooperative Planetary Image Data Center and Venus Cooperative Observation supporting Akatsuki American Geophysical Union, Fall Meeting 2010 pp.abstract #P53B-1517 (2010 12月) 詳細
[4]. みさと8m電波望遠鏡の現状報告と今後の計画 日本天文学会春季年会 pp.Y25c (2009 3月) 詳細
[5]. Educational Activities Using Webcast of Solar Eclipse 7th East Asian Meeting on Astronomy pp.43 (2007 10月) 詳細
[6]. Educational activities for radio astronomy using the Misato 8m radio telescope in Wakayama 7th East Asian Meeting on Astronomy (2007 10月) 詳細
[7]. New Prospects for Public Astronomical Observatory Network (PAONET) 7th East Asian Meeting on Astronomy pp.45 (2007 10月) 詳細
[8]. Development of a Galaxy HI observation system for the 8m radio telescope at Misato Observatory Global Hands-On Universe Conference 2007 pp.89-93 (2007 年度) 詳細
[9]. Public Astronomical Observatory Network (PAONET) -- A Network for Sharing Digital Contents and Human Resources on Education of Astronomy -- 25th International Symposium on Space Technology and Science pp.1443-1446 (2006 6月) 詳細
【国内会議発表論文】
[1]. 全天モニタ画像座標較正Webサービスの構築 日本天文学会2017年春季年会 pp.Y15c (2017 3月) 詳細
[2]. 超高精細全天映像と超高精細全天音声を使った 超臨場感空間の再現 平成28年度 共同プロジェクト研究発表会 (2017 2月) 詳細
[3]. 観光と宇宙—和歌山大学観光学部の取り組み 観光教育研究セミナー2016 Vo.6「観光からみた宇宙」 (2016 12月) 詳細
[4]. 全天モニタ画像の残差の評価と補正について 日本天文学会2016年秋季年会 pp.Y15c (2016 9月) 詳細
[5]. 高野山開創1200 年祭におけるビッグデータとリアルデータの比較 第13回観光情報学会全国大会 pp.65-66 (2016 7月) 詳細
[6]. 魚眼レンズによる全天周実写撮影について ドーム映像制作ワークショップ (2016 7月) 詳細
[7]. 全編実写ドームドラマの製作について 平成28年度全国プラネタリウム大会・釧路2016 (2016 6月) 詳細
[8]. ドームドラマ I’m not alone 平成28年度全国プラネタリウム大会・釧路2016 (2016 6月) 詳細
[9]. ドームドラマ「I’m not alone」の製作背景とこれからの展開  日本デザイン学会第3支部平成27年度研究発表会 (2016 3月) 詳細
[10]. HEALPix法を用いた全天モニタ画像検索システムの開発 日本天文学会 2016年春季年会 日本天文学会2016年春季年会 pp.Y14b (2016 3月) 詳細
[11]. 全天モニタ画像用座標校正ソフトウェアの開発 日本天文学会2015年秋季年会 pp.Y06b (2015 9月) 詳細
[12]. スマートフォンを使った注視行動の測定とスポーツ映像への応用 第12回観光情報学会全国大会 pp.46-47 (2015 6月) 詳細
[13]. 山歩きを伴う高野山町石道案内システムの開発と評価 情報処理学会第77回全国大会 pp.5ZD-03 (2015 3月) 詳細
[14]. パノラマ動画を用いた観光支援システムの開発 グループウェアとネットワークサービスワークショップ2014 pp.1-6 (2014 11月) 詳細
[15]. 高野山町石道観光のためのパノラマ画像およびパノラマ動画を用いた情報共有システムの開発 第10回観光情報学会研究発表会 pp.5-8 (2014 11月) 詳細
[16]. スマートフォンを用いた高野山町石道案内システムの開発 第10回観光情報学会研究発表会 pp.17-18 (2014 11月) 詳細
[17]. パノラマ画像および動画を用いた観光支援システムの提案 2014年度 情報処理学会関西支部 支部大会 (2014 9月) 詳細
[18]. 注視行動から考えるドーム映像の演出方法 全国プラネタリウム大会・姫路2014 (2014 6月) 詳細
[19]. 実際の観光地とドーム映像での注視行動の比較 第11回観光情報学会全国大会 pp.54-55 (2014 6月) 詳細
[20]. いろいろなところで見つかる宇宙への入り口〜全天周映像撮影機材紹介〜 平成25年度全国プラネタリウム研修会 (2014 1月) 詳細
[21]. 観光ドーム映像の視線分析 第10回観光情報学会全国大会 pp.50-51 (2013 6月) 詳細
[22]. (2013 年度) 詳細
[23]. デジタルドームシアターで日食体験 第26回 天文教育研究会 (2012 8月) 詳細
[24]. 科学と芸術のコラボレーション 第26回 天文教育研究会 (2012 8月) 詳細
[25]. 被災地の全天実写動画の防災教育への活用 天文分野における被災地/避難先での活動 ~今後に向けて (2011 11月) 詳細
[26]. プラネタリウムにおける全天周実写動画の活用例2~東日本大震災の被災地の全周映像~ 全国プラネタリウム大会・琵琶湖2011 (2011 6月) 詳細
[27]. プラネタリウムにおける全天周実写動画の活用例1 全国プラネタリウム大会・琵琶湖2011 (2011 6月) 詳細
[28]. はやぶさ地球帰還に関わる和歌山大学の宇宙教育活動 第54回宇宙科学技術連合講演会 pp.3E02 (2010 11月) 詳細
[29]. 和歌山大学での小型衛星 UNITEC-1 からのダウンリンク受信の試み 第54回宇宙科学技術連合講演会 pp.3E08 (2010 11月) 詳細
[30]. 小惑星探査機はやぶさの地球帰還時のインターネット中継とその反響 日本天文学会2010年秋季年会 pp.Y08b (2010 9月) 詳細
[31]. デジタルドームシアターで見る皆既日食 日本天文学会春季年会 pp.Y28a (2010 3月) 詳細
[32]. 2009年全国同時SETI観測実験(本観測)電波部門の報告 日本天文学会2010春年季年会 pp.Y18a (2010 3月) 詳細
[33]. みさと8m電波望遠鏡の現状報告と今後の計画 日本天文学会2010春年季年会 pp.Y25c (2010 3月) 詳細
[34]. Cooperative observation data center for planets: starting with the Mars 2009-2010 observation American Geophysical Union 2009 Fall Meeting, San Francisco, California, U.S.A. pp.abstract #P43B-1438 (2009 12月) 詳細
[35]. 皆既日食伝送実験の概要とその教育効果 映像情報メディア学会冬季大会 pp.S2-1-1 (2009 12月) 詳細
[36]. 火星から始めるプロアマ連携惑星観測データアーカイブセンター構想 日本天文学会秋季年会 pp.L05a (2009 9月) 詳細
[37]. 立体HR図の作成 日本天文学会秋季年会 pp.Y10b (2009 9月) 詳細
[38]. 2009年全国同時SETI観測実験(試験観測)電波部門の報告 日本天文学会秋季年会 pp.Y07a (2009 9月) 詳細
[39]. デジタルドームシアターで体感する高度30km - バルーンから見る地球- 第53回宇宙科学技術連合講演会 pp.3K07 (2009 9月) 詳細
[40]. バルーンサット 第53回宇宙科学技術連合講演会 pp.2K20 (2009 9月) 詳細
[41]. 2009年全国同時SETI観測実験(本観測)電波部門の報告 日本天文学会春季年会 pp.Y18a (2009 3月) 詳細
[42]. 和歌山大学での星空案内人養成講座、ねらいと2年の報告 日本天文学会2009年春季年会 pp.Y05c (2009 3月) 詳細
[43]. デジタルカメラを用いた星空の動画撮影 日本天文学会2009年春季年会 pp.Y08c (2009 3月) 詳細
[44]. 手作1m電波望遠鏡製作とデータ解析の手引書 日本天文学会2009年春季年会 pp.Y18c (2009 3月) 詳細
[45]. 星空案内人(星のソムリエ)資格認定制度の成果と課題 日本天文学会2009年春季年会 pp.Y19a (2009 3月) 詳細
[46]. 宇宙教育拠点 第53回宇宙科学技術連合講演会 pp.2K19 (2009 年度) 詳細
[47]. 和歌山大学天文台での教育、連携、地域貢献 日本天文学会2008年秋季年会 pp.A55c (2008 9月) 詳細
[48]. デジタルカメラを用いた星空の動画撮影 日本天文学会2008年秋季年会 pp.Y13b (2008 9月) 詳細
[49]. 観光学部における天文分野の教育研究と人材養成 日本天文学会2008年秋季年会 pp.Y15c (2008 9月) 詳細
[50]. 市民を対象にした電波望遠鏡工作教室 日本天文学会2008年春季年会 pp.Y07b (2008 3月) 詳細
[51]. 癒し系音楽ビデオ「祈り~小惑星探査機はやぶさの物語~」を使ったアウトリーチ活動とその反響 日本天文学会2008年春季年会 pp.Y01a (2008 3月) 詳細
[52]. 和歌山大学学生自主創造科学センターにおける各種工作教室の実践 日本機械学会講演論文集関西支部第83期定時総会講演会 pp.2-28 (2008 3月) 詳細
[53]. 市民を対象にした電波望遠鏡工作教室 日本天文学会2008年春季年会 pp.Y07b (2008 3月) 詳細
[54]. 癒し系音楽ビデオ「祈り~小惑星探査機はやぶさの物語~」を使ったアウトリーチ活動とその反響 日本天文学会2008年春季年会 pp.Y01a (2008 3月) 詳細
[55]. みさと8m電波望遠鏡の性能評価 日本天文学会2009年春季年会 (2008 年度) 詳細
[56]. みさと8m電波望遠鏡 日本天文学会2008年秋季年会 pp.A54c (2008 年度) 詳細
[57]. 小惑星探査ミッション「はやぶさ」における教育・アウトリーチ効果 第51回宇宙科学技術連合講演会 pp.3J05 (2007 9月) 詳細
[58]. 小惑星探査ミッション「はやぶさ」における教育・アウトリーチ効果 日本天文学会2007年秋季年会 pp.Y04b (2007 9月) 詳細
[59]. 和歌山大学学生自主創造科学センターにおける既存の入退室管理システムへのRFIDタグの組み込み手法 日本実験力学会講演 pp.312-314 (2007 8月) 詳細
[60]. 和歌山大学学生自主創造科学センターにおけるものづくり環境と高大連携 2007年度精密工学会春季大会学術講演会 (2007 3月) 詳細
[61]. 学生による2m電波望遠鏡の製作と高校での教育実践 日本天文学会2007年春季年会 pp.Y27b (2007 3月) 詳細
[62]. 野辺山動スペクトル計のHI望遠鏡への改修とその初期成果 日本天文学会2007年春季年会 pp.V58b (2007 3月) 詳細
[63]. 飛騨天文台DST水平分光器を使った太陽スペクトルポスターの制作 日本天文学会2006年秋季年会 pp.Y09b (2006 9月) 詳細
[64]. 野辺山動スペクトル計の21cm(HI)用望遠鏡としての再生II 日本天文学会2006年秋季年会 pp.V05b (2006 9月) 詳細
[65]. 地域の大学と自治体と教育委員会の連携による公開天文台の運営 日本ミュージアムマネージメント学会第11回大会 (2006 5月) 詳細
[66]. 地域の大学と自治体と教育委員会の連携による公開天文台の運営 日本ミュージアムマネージメント学会 pp.39-40 (2006 5月) 詳細
[67]. New system of science communication based on the collaboration with a university and public astronomical observatories in a regional area 2005 Symposium: Training of Science Communicators in Interactive Science and Technology Society -- Collaboration with Museums and Universities (2005 年度) 詳細
[68]. Ground-based Lightcurve Observation of (25143) Itokawa, 2001-2004 36th Annual Lunar and Planetary Science Conference (2005 年度) 詳細
[69]. PAODBを用いた天文学史 画像アーカイブ 天文学史研究会 (2005 年度) 詳細
[70]. PAONETデータベースを利用した天文学史資料の収集と公開 日本天文学会 2005年秋季年会 (2005 年度) 詳細
[71]. プラネタリウムにおける日食のインターネット中継とその効果 日本天文学会2006年春季年会 (2005 年度) 詳細
[72]. 和歌山大学教育学部天文台のCCD測光性能と測光観測 日本天文学会2006年春季年会 (2005 年度) 詳細
[73]. 野辺山動スペクトル計の21cm(HI)用望遠鏡としての再生 日本天文学会2006年春季年会 (2005 年度) 詳細
[74]. Japanese Itokawa Lightcurve Observation Campaign 2001-2004 International Science Symposium on Sample Returns from Solar System Minor Bodies "The 1st HAYABUSA Symposium" (2004 年度) 詳細
[75]. 大学における自発による学習活動の評価の実践 教育システム情報学会第29回全国大会 (2004 年度) 詳細
[76]. ネットワークイベントを利用した自主演習~南極皆既日食中継の例 工学・工業教育研究講演会 (2004 年度) 詳細
[77]. (25143)Itokawa のライトカーブ観測 第26回太陽系科学シンポジウム (2004 年度) 詳細
[78]. 和歌山大学における創造性教育 の取り組みと学生自主創造科学センターの整備 第9回知能メカトロニクスワ ークショップ (2004 年度) 詳細
[79]. 地域の天文台と大学の連携による新しい科学コミュニケーション 電気学会・電気技術史研究会 (2004 年度) 詳細
[80]. 金星太陽面通過のインターネット中継とその教育利用 日本天文学会 2004年秋季年会 (2004 年度) 詳細
[81]. PAONETデータベースの構築 日本天文学会 2005年春季年会 (2004 年度) 詳細
[82]. インターネットを使った日食中継 日本教育工学会研究報告集, JET 03-1 pp.pp 55 - 58 (2003 1月) 詳細
[83]. 星団の色等級図作成を基 にした天文実習電子教材例 日本教育工学会研究報告集, JET 03-01 pp.pp. 51 - 54 (2003 1月) 詳細
[84]. 2001年アフリカ日食におけるインターネットを使った遠隔講義 日本天文学会 2002年春季年会 (2002 3月) 詳細
[85]. 日食インターネット中継の実施とその教育利用について 日本天文学会 2002年秋季年会 (2002 1月) 詳細
[86]. 高速ネットワークを使った天文学 演習の試み 平成14 年度情報処 理教育研究集会 pp.c3, pp. 273 - 275 (2002 1月) 詳細
[87]. A Study on the Integrated Learing of Validity and Science for the Remote Study; Useing the Internet relay of the Total Solar Eclipse on 11 June 2001 in AFRICA IAU 8th Asian-Pacific Regional Meeting pp.107-108 (2002 年度) 詳細
[88]. Astronomical Experimental Class and Evaluation of Interactive Remote Telescope System by Time Difference between Germany and Japan International Conference on Computers in Education 2001 / School Net 2001 pp.pp.702-705 (2001 11月) 詳細
[89]. 電子冷却カラーCCDによる日周運動の動画製作 日本天文学会 2001年春季年会 (2001 3月) 詳細
[90]. The Leonids observation project by high-school students all over the world Proceedings of a Special Session of the XXIV General Assembly of the International Astronomical Union held at the Victoria University of Manchester, Manchester, UK, 14-16 August 2000 pp.p. 167 (2001 年度) 詳細
[91]. Internet Relaying of Total Solar Eclipse on 11 August 1999 ASP Conference Series Vol. CS-205 "LAST TOTAL ECLIPSE OF THE MILLENNIUM pp.pp.196-201 (2000 年度) 詳細
[92]. Global live broadcasting of solar eclipses via the Internet- Innovative use of the Internet in astronomical education - pp.CD-ROM (2000 年度) 詳細
[93]. 天文教育おたすけCD-ROM完全版の制作 日本天文学会 1999年春季年会 (1999 3月) 詳細
[94]. しし座流星群全国高校生同時観測会のとりくみ 日本天文学会 1999年春季年会 (1999 3月) 詳細
[95]. Polarimetric Observation of the Main Belt Asteroid 9Metis 31st ISAS Luna and Planetary Symposium, ISAS pp.pp 198 - 201 (1998 8月) 詳細
[96]. グローバルな遠隔操作 機器を用いた観察学習環境の 設計 ~リモート望遠鏡を例として 教育システム情報学会第 23 回全国大会 pp.pp. 347 - 350 (1998 8月) 詳細
[97]. Web によるリモート望 遠鏡システムとライブ映像の 科学教育利用 教育システム情報学 会第 23 回全国大会 pp.pp. 393 - 394 (1998 8月) 詳細
[98]. A remote control system of a telescope by WWW and real time communication for astronomical education ED-MEDIA/ED-TELECOM 98 - World Conference on Educational Multimedia and Hypermedia/Educational Telecommunications pp.pp. 1305 - 1310 (1998 6月) 詳細
[99]. Toward Global Observation Based Learning Environment with Remote Equipment - In Case of Learning of Astronomy with Remote Telescope - International Conference on Computers in Education ICCE98 pp.Vol. 2, pp. 511 - 514 (1998 1月) 詳細
[100]. 天体望遠鏡の遠隔操作による遠隔教育システムの構築 と実践 電子情報通 信学会クラスルームビジョン研究会シンポジ ウム pp.pp. 19 - 26 (1998 1月) 詳細
[101]. Educational Activities Using the Internet at Misato Observatory Misato International Symposium 1998 on Astronomical Education with the Internet pp.pp. 61 - 66 (1998 年度) 詳細
[102]. インタ-ネットを使ったモンゴル・シベリア日食の多地点ライブ中継 日本天文学会 1997年秋季年会 (1997 9月) 詳細
[103]. モンゴル・シベリア日食の多地点生中継 教育工学関連学協会連合・第5回全国大会 pp.pp 455 - 456 (1997 9月) 詳細
[104]. 望遠鏡遠隔操作をとも なった遠隔授業 日本天文学会 1997 年秋季年会 (1997 9月) 詳細
[105]. 科学技術館 UNIVERSE における日食中継イベント 日本天文学会 1997年秋季年会 (1997 9月) 詳細
[106]. WWW によるみさと天文台の望遠鏡の遠隔操作システム の開発 第 1 回 ITRC 研究会 (1997 7月) 詳細
[107]. WWW によるみさと天文台望遠鏡の遠隔操作システムの 開発 教育システム情 報学会研究会 (1997 7月) 詳細
[108]. 理科教育利用を目的としたみさと天文台望遠鏡遠隔操作のための WEB-GUI 第 31 回天文情報処理研究会 (1997 1月) 詳細
[109]. A Framework of Remote Telescope System By WWW with Computer Assisted Guidance and Instruction ED-MEDIA/ED-TELECOM 97 - World Conference on Educational Multimedia and Hypermedia/Educational Telecommunications pp.pp. 996 - 1001 (1997 年度) 詳細
[110]. WWW による公共天文台望遠鏡の遠隔操作と科学教育への応用 教育工学関 連学協会連合第 5 回全国大会 pp.p. 455 (1997 年度) 詳細
[111]. WWW による公共天文台望遠鏡の遠隔操作システムの開 発と理科教育への応用 教育工学関連学協会連合第 5 回全国大会 pp.pp. 307 -- 310 (1997 年度) 詳細
[112]. WWW を使ったみさと天文台 105cm 望遠鏡の遠隔操作 第 6 回観測天文学ソ フトウェア開発シンポジウム (1996 12月) 詳細
[113]. WWW を利用した遠隔操作望遠鏡の構築と実演 第 7 回西はりま天文台シン ポジウム (1996 11月) 詳細
[114]. 天文台を中心とした美里町の情報化の取り組み 信学技報(IEICE), OFS96-9 (1996 5月) 詳細
[115]. Video Conference Systemを使った遠隔授業 日本天文学会 1996年春季年会 (1996 3月) 詳細
[116]. みさと天文台発:インターネット生中継~天文台を中心とした町の情報化~ CSIインターネットシンポジウム'96 in 島根 pp.pp 18 -21 (1996 1月) 詳細
[117]. 過疎地域の天文台におけるインターネット活用 JAIN-OLU合同シンポジウム pp.pp 25 - 28 (1996 1月) 詳細
[118]. Collaboration with Public Observatories International Planetarium Cociety 1996 Conference pp.pp. 106-108 (1996 年度) 詳細
[119]. Classroom Lessons Of Astronomy Using The Internet And It's Multimedia Applications 1996 IEEE Internation Conference on Multi Media Engineering Education (M2E2) pp.pp. 389 - 394 (1996 年度) 詳細
[120]. Live Video Using Internet Changes Classroom Lessons of Astronomy International Symposium on Educational Revolution with Internet pp.pp. 131 -138 (1996 年度) 詳細
[121]. テレビ会議システムを使った天文台からの遠隔授業 日本理科教育学会第 46 回全国大会兵庫大会 pp.pp. 144 - 145 (1996 年度) 詳細
[122]. 天文教育に おけるインターネットの活用とその試行実験について 教育シ ス テム情報学会研究報告, Vol. 95, No. 5 pp.pp. 65 - 71 (1996 年度) 詳細
[123]. BL Lacの測光観測 日本天文学会1995年春季年会 (1995 3月) 詳細
[124]. 天文教育おたすけCD-ROMプロトタイプ開発 日本天文学会1995年秋季年会 X05b (1995 1月) 詳細
[125]. みさと天文台の観測システム 日本天文学会1995年秋季年会 Y07c (1995 1月) 詳細
[126]. SN1994IのCCD測光観測 日本天文学会1994年春季年会 (1994 5月) 詳細
[127]. 散開星団NGC7790のBVRc測光観測 日本天文学会1994年春季年会 (1994 5月) 詳細
[128]. 公開天文台ネットワーク模擬実験 日本天文学会1994年春季年会 (1994 5月) 詳細
[129]. 公開天文台ネットワーク構想 日本天文学会1994年春季年会 (1994 5月) 詳細
[130]. CCD Photometric Observations of Type II Supernova 1993J in M81 日本天文学会1993年春季年会 (1993 5月) 詳細
[131]. 活動的アルゴル系RZ Casの主極小モニター測光 日本天文学会1993年春季年会 (1993 5月) 詳細
[132]. A Simultaneous Optical and Radio Outburst of BL Lac 日本天文学会1993年秋季年会 (1993 1月) 詳細
[133]. 本格化する公共天文台の観測設備 日本天文学会1992年春季年会 (1992 5月) 詳細
[134]. ドーム内の熱環境の調査 日本天文学会1992年春季年会 (1992 5月) 詳細
[135]. 惑星状星雲NGC1501中心星の測光観測 日本天文学会1992年春季年会 (1992 5月) 詳細
[136]. 明るいBL Lac天体とクェーサーの光学モニター観測 日本天文学会1992年春季年会 (1992 5月) 詳細
[137]. 食連星BO Pegの測光観測 日本天文学会1992年春季年会 (1992 5月) 詳細
[138]. A Flare in the light curve of 3345 日本天文学会1992年秋季年会 (1992 1月) 詳細
[139]. Photometric Observation of AGNs with 60-cm Reflector Workshop in Celebration of the 30th Anniversary of Dodaira Obs. pp.pp 66 - 69 (1992 年度) 詳細
[140]. 西はりま天文台のCCDシステム 日本天文学会1991年春季年会 (1991 5月) 詳細
【プロシーディングス、解説記事等】
[1]. プラネタリウムがどこでもドアになる日(科学エッセイ)  三洋化成ニュース No. 487 pp.12 (2014 11月) 詳細
[2]. 行くことができる宇宙と行くことができない宇宙 近畿化学工業界, 66(2) pp.9-12 (2014 2月) 詳細
[3]. 随想「風を感じて」 21世紀WAKAYAMA(和歌山社会経済研究所) Vol 22 pp.47 - 48 (1996 年度) 詳細
【受賞等】
[1]. 功績賞 超臨場感コミュニケーション産学官フォーラム 国内 2016
[2]. 第6回研究発表会優秀賞 観光情報学会 国内 2013
[3]. 感謝状 文部科学大臣 国内 2010
[4]. 感謝状 宇宙担当大臣 国内 2010
[5]. 科学技術分野の文部科学大臣表彰 文部科学省 国内 2009
[6]. intermedia-globe-Silver in Public Relations Categories World Media Festival 国際 2008
[7]. インターネット活用教育実践コンクール総務大臣賞 文部科学省 国内 2006
[8]. 自治大賞優秀賞 毎日新聞 国内 2002
[9]. 第7回ふるさと誕生祭表彰 美里町 国内 1999
[10]. 幹事会議長賞 情報基盤協議会 国内 1997
【招待講演、パネリスト、基調講演等】
[1]. 魚眼レンズによる全天周実写撮影について ドーム映像制作ワークショップ (2016 7月) 詳細
[2]. 和歌山から宇宙へ(クロージングキーノートスピーチ) ソフトウエアシンポジウム2015 (2015 6月) 詳細
[3]. ドーム映像の特徴とスポーツ競技への応用 2015年第1回ホログラフィック・ディスプレイ研究会 (2015 3月) 詳細
[4]. Characteristic of the Ultra-Realistic Dome Images Estimated from Viewing Behavior The 21th International Display Workshops (2014 12月) 詳細
[5]. 和歌山大学の宇宙教育:モデルロケットから宇宙観光まで 第39回教育システム情報学会全国大会 (2014 9月) 詳細
[6]. 超臨場感映像と民俗芸能 民俗芸能学会平成25年度大会 (2013 10月) 詳細
[7]. 観光デジタルドームシアター〜取組とその成果 フラットパネルディスプレイの人間工学シンポジウム2013 (2013 3月) 詳細
[8]. Education for Disaster Prevention Using Ultra-Realistic Dome Images -Learning Through Images of the Great East Japan Earthquake - The 19th International Display Workshops (2012 12月) 詳細
[9]. 肉眼分解能でプラネタリウムがインターネットにつながるとき… 第11回デジタルプラネタリウムワークショップ (2012 2月) 詳細
[10]. 4K超高精細ドーム映像システムの皆既日食への応用 電子情報通信学会PRMU-CQ-SP-MVE合同研究会 (2009 年度) 詳細
[11]. 和歌山から宇宙へ 南紀熊野大会 (2009 年度) 詳細
[12]. 天文学最前線、宇宙はここまで明らかになった 日本非破壊検査協会関西支部総会 (2008 年度) 詳細
[13]. 和歌山大学観光デジタルドームシアターと2009年皆既日食中継 URCF超高精細映像WG講演会「大画面・タイルドディスプレイとその応用」 (2008 年度) 詳細
[14]. インターネットを使った天文教育 インターネットカンファレンス2007 (2007 年度) 詳細
[15]. 2009年7月22日、鹿児島から世界へ日食インターネット中継 九州JGNⅡシンポジウム in 鹿児島 (2007 年度) 詳細
[16]. 天文学と天文教育の今と10年後 NCP研究会 (2005 年度) 詳細
[17]. インターネット天文台奮闘記~地域と教育の活性化~ 中国ギガビット・シンポジウム2004 (2004 年度) 詳細
[18]. インターネットを使った天文教育 インターネットコンファレンス2007 詳細
【新聞掲載、テレビ・ラジオ出演】
[1]. 日本経済新聞 2017
[2]. 日本経済新聞 2017
[3]. 産経新聞 2015
[4]. ニュースウオッチ9(NHK全国放送) 2015
[5]. 日本経済新聞 2015
[6]. コズミックフロントNEXT(NHKBSプレミアム) 2015
[7]. 毎日放送「ちちんぷいぷい」 2014
[8]. NHK「おはよう日本」(全国放送) 2014
[9]. 信濃毎日新聞 2013
[10]. CS放送「政経マネジメント塾〜地域発展の戦略と人材育成 ~長野県飯田市に見る その実践」 2013
[11]. NHKラジオ第1放送「あさいちばん」 2012
[12]. 毎日放送VOICE「特集:まもなく金環日食」 2012
[13]. 読売テレビ「かんさい情報ネットten!」 2012
[14]. NHK総合「ぐるっと関西おひるまえ」 2012
[15]. 朝日新聞(大阪北摂版) 2012
[16]. 信濃毎日新聞 2012
[17]. 南信州新聞 2012
[18]. 信州日報 2012
[19]. 信濃毎日新聞 2012
[20]. フジテレビ「めざましテレビ」 2011
[21]. わかやま新報 2011
[22]. 東京新聞 2011
[23]. 朝日新聞 2011
[24]. フジテレビ「とくダネ」 2010
[25]. 読売テレビ「ウェークアップ!プラス」 2010
[26]. 毎日新聞 2009
[27]. 朝日新聞 2009
[28]. 神戸新聞 2009
[29]. TBS 2009
[30]. NHK教育 2009
[31]. 日本経済新聞 2009
[32]. 読売新聞 2009
[33]. 産経新聞 2008
[34]. 産経新聞 2008
[35]. 読売新聞 2008
[36]. 読売新聞(大阪本社版) 2007
[37]. 日本経済新聞(全国版) 2007
[38]. 朝日新聞(和歌山版) 2007
[39]. 読売新聞 2007
[40]. 読売新聞 2007
[41]. 日本経済新聞 2007
[42]. 朝日新聞(東京本社全国版)科学欄 2006
[43]. 朝日新聞和歌山版 2005
[44]. 東京新聞 2005
[45]. 日経新聞 2005
[46]. 日本経済新聞 2005
[47]. 東京新聞 2005
[48]. 共同通信 2005
[49]. 佐賀新聞 2005
[50]. 秋田魁新聞 2005
[51]. 東京新聞 2005
[52]. 朝日新聞 2005
[53]. 朝日新聞 2005
[54]. 中日新聞 2005
[55]. 読売新聞 2005
[56]. 読売新聞 2005
[57]. 朝日新聞 2005
[58]. 日経新聞 2004
[59]. 共同通信 2004
[60]. 徳島新聞 2004
[61]. 読売新聞全国版 2003
[62]. The Daily Yomiuri 2003
[63]. 関西TV 1999
[64]. TBS 1999
[65]. 朝日新聞全国版 1998
[66]. 読売新聞全国版 1997
【取得特許】
[1]. 望遠鏡の視度調整機構 ( 2003 )
【芸術・建築分野等(演奏会・作品発表)】
[1]. 映画「替わり目」 松本映画祭プロジェクト第9回商店街映画祭 (2017 1月) 詳細
[2]. 動画コンテンツ「宙ガール~素敵な星空パーティへのご招待」 インターネット上 (2016 8月) 詳細
[3]. 釜ヶ崎オ!ペラ2 主催:大阪市立大学、共催:NPO法人こえとことばとこころの部屋(ココルーム) (2016 1月) 詳細
[4]. ドームドラマ"I'm not alone" 和歌山大学 (2015 3月) 詳細
[5]. 神、仏の存す山々〜丹生都比売神社と空海〜(4K映像) KTVテクニカルフェア2013(大阪市) 関西テレビ放送 (2013 5月) 詳細
[6]. 【DVD】1/400の奇跡〜21世紀の皆既日食・金環日食 (2012 3月) 詳細
[7]. 【DVD】スペースシャトル最後のフライト (2012 1月) 詳細
[8]. 【DVD】おかえりなさい、はやぶさ (2010 12月) 詳細
[9]. 祈り〜小惑星探査機はやぶさの物語(DVD) World Media Festival Intermedia (2008 年度) 詳細
【科学研究費補助金】
[1]. 基盤研究(C) 全天画像用ソフトウェアの開発 分担 ( 2016 - 2018 )
[2]. 基盤研究(C) フレームレス超高解像度映像による東京オリンピックの博物館資料化 代表 ( 2016 - 2018 )
[3]. 基盤研究(B) 認知行動科学に基づく個人鑑賞タイプに合わせた全方位景観鑑賞ナビゲーション環境構築 分担 ( 2015 - 2018 )
[4]. 基盤研究(C) プラネタリウムを使った高野山の全方位デジタルミュージアム 代表 ( 2013 - 2015 )
[5]. 基盤研究(C) 工学教育教材としての成層圏バルーンシステムの開発 分担 ( 2013 - 2015 )
[6]. 基盤研究(C) HEALPix法を用いた全天画像の有効利用に向けた基礎技術の確立 分担 ( 2013 - 2015 )
[7]. 基盤研究(C) 理科教育における360°全天周実写動画を使用した防災教育授業モデルの開発 分担 ( 2012 - 2014 )
[8]. 基盤研究C 超高精細動画を使った皆既日食の全周デジタルミュージアム 代表 ( 2009 (21-23) )
[9]. 基盤C 分担 ( 2006 ~2008 (2007-2008) )
[10]. 基盤C 分担 ( 2004 ~2006 (2005-2006) )
[11]. 基盤C 日食のインターネット中継を使った新しい天文教材 代表 ( 2003 ~2006 (2004-2006) )
【財団・企業等との共同研究、受託研究】
[1]. 4Kドーム映像の撮影と投影についての研究 (2011)
[2]. 遠山郷の文化資源のデジタルドーム映像化に関する研究 (2011)
[3]. 消防映像の制作・研究 (2010)
[4]. 遠山郷地区のデジタルドーム映像化に関する研究 (2010)
[5]. 教育用映像の制作についての研究 (2008)
 

このページのトップへ