和歌山大学研究者総覧のホームページです。

ホーム > 研究関連情報

研究関連情報

image-profile

システム工学部 システム工学科 機械電子制御メジャー

准教授

小川原 光一 (オガワラ コウイチ)

Ogawara Koichi

【学術誌掲載論文】
[1]. Identification of people walking along curved trajectories Pattern Recognition Letters 巻号:Vol. 48 pp.60-69 (2014 年度) 詳細
[2]. Marker-less Facial Motion Capture based on the Parts Recognition Journal of WSCG 巻号:Vol. 21, No. 2 pp.137-144 (2013 年度) 詳細
[3]. 顔の部位識別に基づくマーカレスモーションキャプチャに関する研究 精密工学会論文誌 巻号:Vol. 79, No. 11 pp.1152-1158 (2013 年度) 詳細
[4]. A Voting-Based Sequential Pattern Recognition Method PLoS ONE 巻号:Vol. 8, Issue 10 (2013 年度) 詳細
[5]. 階層的な出力メッセージの平均化に基づく近似確率伝搬法 電子情報通信学会論文誌 巻号:J94-D, No. 3 pp.593-603 (2011 3月) 詳細
[6]. Partly Locality Sensitive Hashing を用いた時系列データからの高頻度パターン抽出 日本ロボット学会誌 巻号:Vol. 29, No. 1 pp.67-76 (2011 1月) 詳細
[7]. 相互制約付き多数決型アルゴリズムによる時系列パターン認識 電子情報通信学会論文誌 巻号:J93-D, No. 4 pp.548-551 (2010 4月) 詳細
[8]. Painting robot with multi-fingered hands and stereo vision Robotics and Autonomous Systems 巻号:Vol. 57, No. 3 pp.279-288 (2009 3月) 詳細
[9]. ロボットによる描画行為の再現 日本ロボット学会誌 巻号:Vol. 26, No. 6 pp.66-76 (2008 9月) 詳細
[10]. Recognizing Assembly Tasks Through Human Demonstration International Journal of Robotics Research 巻号:Vol.26, No.7 pp.641-659 (2007 7月) 詳細
[11]. Representation for Knot-Tying Tasks IEEE Transactions on Robotics 巻号:Vol. 22, No. 1 pp.65-78 (2006 2月) 詳細
[12]. 気球搭載型レーザレンジセンサ 電子情報通信学会論文誌 巻号:J88-D-II, No.8 pp.1499-1507 (2005 8月) 詳細
[13]. ロボットによる実行を目的とした紐結び作業の記述 日本ロボット学会誌 巻号:Vol. 23, No. 5 pp.66-76 (2005 7月) 詳細
[14]. ロボット動作の自動生成のための観察による組み立て作業の抽象化 情報処理学会論文誌コンピュータビジョンとイメージメディア 巻号:Vol. 46, No. SIG 9 pp.41-55 (2005 6月) 詳細
[15]. A Sensor Fusion Approach for Recognizing Continuous Human Grasping Sequences Using Hidden Markov Models IEEE Transactions on Robotics 巻号:Vol. 21, No. 1 pp.47-57 (2005 2月) 詳細
[16]. ロボットによる実行を目的とした人の組み立て作業の理解 -接触状態遷移からの最適軌道の生成- 日本ロボット学会誌 巻号:Vol. 22, No. 6 pp.62-73 (2004 9月) 詳細
[17]. 民俗芸能のデジタルアーカイブとロボットによる動作提示 日本バーチャルリアリティ学会学会誌 巻号:Vol. 9, No. 2 pp.14-20 (2004 6月) 詳細
[18]. 観察に基づく手作業の獲得における視覚の利用 情報処理学会論文誌コンピュータビジョンとイメージメディア 巻号:Vol. 44, No. SIG 17 pp.13-23 (2003 12月) 詳細
[19]. Extraction of Essential Interactions Through Multiple Observations of Human Demonstrations IEEE Transactions on Industrial Electronics 巻号:Vol. 50, No. 4 pp.667-675 (2003 12月) 詳細
[20]. Acquisition of A Symbolic Manipulation Task Model by Attention Point Analysis Advanced Robotics 巻号:Vol. 17, No. 10 pp.1073-1091 (2003 10月) 詳細
[21]. 複数教示動作の時系列上での統合に基づく人間作業のモデル化手法 情報処理学会論文誌コンピュータビジョンとイメージメディア 巻号:Vol. 43, No. SIG 4 pp.117-126 (2002 6月) 詳細
[22]. ネットワーク環境におけるモバイルエージェント機構に基づいて個人の継続的な支援を目指した分散ロボット統合法 日本ロボット学会誌 巻号:Vol. 18, No. 7 pp.132-137 (2000 7月) 詳細
【国際会議発表】
[1]. Quantitative analysis of ciliary alignment on multiciliated epithelium Cellular Dynamics & Modelbs, Cold Spring Harbor Laboratory 2015 Meeting & Courses pp.1-1 (2015 年度) 詳細
[2]. Development of Power Assist Suit for Supporting and Transporting Heavy Objects with Single Motor The 34th Chinese Control Conference and SICE Annual Conference pp.1-4 (2015 年度) 詳細
[3]. Non-rigid Registration with Reliable Distance Field for Dynamic Shape Completion Workshop on Dynamic Shape Measurement and Analysis 2014 in conjunction with International Conference on 3DV pp.1-8 (2014 年度) 詳細
[4]. Gait-Based Person Identification Method Using Shadow Biometrics for Robustness to Changes in the Walking Direction IEEE Winter Conference on Applications of Computer Vision pp.670-677 (2014 年度) 詳細
[5]. Quantitative analysis of ciliary alignment on multiciliated epithelium Cellular Dynamics & Modelbs, Cold Spring Harbor Laboratory 2015 Meeting & Courses (2014 年度) 詳細
[6]. A facial tracking and transfer method with a key point refinement ACM SIGGRAPH pp.1-1 (2013 7月) 詳細
[7]. A facial motion tracking and transfer method based on a key point detection 21th WSCG International Conference on Computer Graphics, Visualization and Computer Vision 2013 pp.1-8 (2013 6月) 詳細
[8]. Marker-less Facial Motion Capture based on the Parts Recognition 21th WSCG International Conference on Computer Graphics, Visualization and Computer Vision 2013 pp.1-8 (2013 6月) 詳細
[9]. Expanding gait identification methods from straight to curved trajectories IEEE Workshop on the Application of Computer Vision pp.193-199 (2013 1月) 詳細
[10]. Non-Markovian Dynamic TimeWarping 21th International Conference on Pattern Recognition (ICPR) pp.2294-2297 (2012 11月) 詳細
[11]. Method for gait-based biometric identification robust to changes in observation angle 26th International Conference on Image and Vision Computing New Zealand pp.1-5 (2011 11月) 詳細
[12]. Marker-less Motion Capture using Dense Human-body Shape Scanning System The First Joint 3DIM/3DPVT Conference on 3D Imaging Modeling Processing Visualization Transmission pp.1-2 (2011 5月) 詳細
[13]. Detecting Frequent Patterns in Video using Partly Locality Sensitive Hashing The 2nd International Workshop on Video Event Categorization, Tagging and Retrieval in conjunction with ACCV 2010 pp.1-10 (2010 11月) 詳細
[14]. Detecting Repeated Patterns using Partly Locality Sensitive Hashing IEEE/RSJ 2010 Int. Conf. on Intelligent Robots and Systems pp.1353-1358 (2010 10月) 詳細
[15]. Person identification from spatio-temporal 3D gait International Conference on Emerging Security Technologies pp.30-35 (2010 9月) 詳細
[16]. Approximate Belief Propagation by Hierarchical Averaging of Outgoing Messages 20th International Conference on Pattern Recognition pp.1368-1372 (2010 8月) 詳細
[17]. Detecting Repeated Motion Patterns via Dynamic Programming using Motion Density IEEE International Conference on Robotics and Automation pp.1743-1749 (2009 5月) 詳細
[18]. Integrating Region Growing and Classification for Segmentation and Matting IEEE International Conference on Image Processing pp.593-596 (2008 10月) 詳細
[19]. Learning Everyday Object Manipulation from Observation International Workshop on Grasp and Task Learning by Imitation in conjunction with IEEE/RSJ 2008 International Conference on Intelligent Robots and Systems (2008 9月) 詳細
[20]. Learning Meaningful Interactions from Repetitious Motion Patterns IEEE/RSJ 2008 International Conference on Intelligent Robots and Systems pp.3350-3355 (2008 9月) 詳細
[21]. A Robot Painter---Reproduction of Drawing Behavior by a Robot ASIAGRAPH pp.85-90 (2008 6月) 詳細
[22]. Robot Painter: From Object to Trajectory IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems pp.339-345 (2007 10月) 詳細
[23]. Humanoid Robot Painter: Visual Perception and High-Level Planning IEEE International Conference on Robotics and Automation pp.3028-3033 (2007 4月) 詳細
[24]. Marker-less Human Motion Estimation using Articulated Deformable Model IEEE International Conference on Robotics and Automation pp.46-51 (2007 4月) 詳細
[25]. Real-image based driving view synthesizing system for innovative traffic evperiment space IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (2006 10月) 詳細
[26]. Neural Network Based Foreground Segmentation with an Application to Multi-Sensor 3D Modeling IEEE Multisensor Fusion and Integration for Intelligent Systems pp.116-121 (2006 9月) 詳細
[27]. Painting Robot with Multi-Fingered Hands and Stereo Vision IEEE Multisensor Fusion and Integration for Intelligent Systems pp.127-132 (2006 9月) 詳細
【国内会議発表】
[1]. 遠隔操作のための複数3次元視覚情報統合・提示システムの開発~過去の映像の提示による作業対象の視認性の向上~ 第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 pp.1675-1679 (2018 年度) 詳細
[2]. RGB-Dカメラと双腕ロボットによる把持の可否を考慮した持ち替えに基づく全周3次元形状計測法の開発 第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 pp.2986-2990 (2018 年度) 詳細
[3]. 多視点から得られるRGB-D画像とカメラの姿勢を用いた深層学習に基づく物体の種類と姿勢の推定 第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 pp.2991-2994 (2018 年度) 詳細
[4]. 隣接特徴点の位置制約を用いた深層学習に基づく任意に変形した長方形布の形状推定 第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 pp.2970-2975 (2018 年度) 詳細
[5]. 弾性要素を利用して把持物体の6自由度運動を実現する多指ロボットハンドの開発 日本機械学会 関西学生会2018年度学生員卒業研究発表講演会 (2018 年度) 詳細
[6]. RGB-Dカメラと双腕ロボットによる持ち替えを利用したSfM法に基づく欠損のない全周3次元形状計測法の開発 ロボティクスメカトロニクス講演会2017 pp.1-4 (2017 年度) 詳細
[7]. RGB-Dカメラとロボットアームに設置したステレオ魚眼カメラを用いた遠隔操作用透過映像の生成 ロボティクスメカトロニクス講演会2017 pp.1-3 (2017 年度) 詳細
[8]. 手形状と物体形状の相関を利用した深層学習に基づく画像からの把持形状推定 ロボティクスメカトロニクス講演会2017 pp.1-4 (2017 年度) 詳細
[9]. ロボットアームを搭載した飛行ロボットによる物体の安定した運搬を実現するための経路計画に関する研究 ロボティクスメカトロニクス講演会2017 pp.1-3 (2017 年度) 詳細
[10]. 探索自由度の適応的な変更に基くRRT-connectを拡張した経路探索法 第35回日本ロボット学会学術講演会 pp.1-4 (2017 年度) 詳細
[11]. 把持の安定性を考慮したRRT-connect に基づく多指ハンドとロボットアームの経路探索法 第18回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 pp.2155-2158 (2017 年度) 詳細
[12]. 連続多様体からなる物体の把持姿勢候補を用いた RRT-connect に基づくロボットの把持計画法 第18回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 pp.2182-2186 (2017 年度) 詳細
[13]. ナイロンアクチュエータ作製時の荷重による駆動特性への影響 第34回日本ロボット学会学術講演会 pp.1-3 (2016 年度) 詳細
[14]. クレーン型アームを有し1台のモータで重量物の支持運搬を補助するパワーアシストスーツの開発 -第2報 アームの揺動を抑制する機構の開発- 第34回日本ロボット学会学術講演会 pp.1-4 (2016 年度) 詳細
[15]. 狭隘空間で大型物体を運搬するための飛行ロボットの経路計画に関する研究 日本機械学会関西支部第92期定時総会講演会 pp.1-1 (2016 年度) 詳細
[16]. 統計的モデルを用いた見えの変化に頑強な歩容による個人識別 第20回ロボティクスシンポジア pp.342-347 (2015 年度) 詳細
[17]. 装着者と一致する腰と脚の関節軸を有し1台のモータで重量物の支持運搬を補助するパワーアシストスーツの開発 ロボティクス・メカトロニクス講演会 pp.1-3 (2015 年度) 詳細
[18]. RGB-Dカメラを用い手と物体の相互隠蔽を考慮したHuモーメント不変量に基づく手形状推定 ロボティクス・メカトロニクス講演会 pp.1-3 (2015 年度) 詳細
[19]. クレーン型アームを有し1台のモータで重量物の支持運搬を補助するパワーアシストスーツの開発 第59回システム制御情報学会研究発表講演会 pp.1-4 (2015 年度) 詳細
[20]. 上空からの映像を位置合わせに利用した移動ロボットによる広域空間の3次元レーザ計測 第20回知能メカトロニクスワークショップ pp.13-18 (2015 年度) 詳細
[21]. 画像処理に基づく細胞内構造体の配置の規則性に関する定量解析 バイオイメージ・インフォマティクス ワークショップ 2014 (2014 年度) 詳細
[22]. ロボットによるSFM法を用いた未知小物体の全周3次元形状推定 第19回知能メカトロニクスワークショップ pp.1-5 (2014 年度) 詳細
[23]. 動的計画法とフィードバック制御を用いた多指ハンドによる持ち替えを伴う物体操作の獲得 第19回知能メカトロニクスワークショップ pp.1-4 (2014 年度) 詳細
[24]. 動的計画法を用いた多指ハンドによる物体操作運動の生成とフィードバック制御による運動補償 第32回ロボット学会学術講演会 pp.1-4 (2014 年度) 詳細
[25]. 統計的モデルを用いた見えの変化 に頑強な歩容認証 第4回バイオメトリクスと認識・認証シンポジウム (2014 年度) 詳細
[26]. 統計的モデルを用いた見えの変化に頑強な歩容による個人識別 第20回ロボティクスシンポジア pp.342-347 (2014 年度) 詳細
[27]. 距離センサと高速カメラを併用した逐次推定に基づく高速な人体運動のマーカレスモーションキャプチャ 第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 pp.2608-2611 (2013 12月) 詳細
[28]. 幾何モデルの表面勾配を事前知識として利用したステレオ計測と位置推定の統合に基づく剛体の3次元運動追跡 第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 pp.1071-1075 (2013 12月) 詳細
[29]. 能動的な操作によって得られる連続画像を利用した特徴点に基づく衣類認識法 第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 pp.800-802 (2013 12月) 詳細
[30]. Marker-less Dense Facial Motion Capture System based on Key Point Tracking 第16回画像の認識・理解シンポジウム pp.1-2 (2013 7月) 詳細
[31]. 距離センサと高速カメラを併用した高速運動のマーカレスモーションキャプチャ 第16回画像の認識・理解シンポジウム pp.1-2 (2013 7月) 詳細
[32]. ステレオ計測と位置推定の統合に基づく剛体の3次元運動追跡 第16回画像の認識・理解シンポジウム pp.1-2 (2013 7月) 詳細
[33]. 顔の器官識別に基づくマーカレスモーションキャプチャの提案 精密工学会 ビジョン技術の実利用ワークショップ2012 (2012 12月) 詳細
[34]. 見えの変化に頑健な歩容による個人識別 - 曲線軌道への拡張 パターン認識・メディア理解研究会 pp.65-70 (2012 2月) 詳細
[35]. 4次元歩容データによる歩行の向きの変化に頑強な個人識別 パターン認識・メディア理解研究会 pp.59-64 (2012 2月) 詳細
[36]. 非マルコフ的制約を導入した最適弾性マッチング 第14回画像の認識・理解シンポジウム pp.1-8 (2011 7月) 詳細
[37]. 非マルコフ的弾性マッチング パターン認識・メディア理解研究会 pp.189-194 (2011 3月) 詳細
[38]. 3次元計測データの階層的な削減に基づく高速運動のマーカレスモーションキャプチャ 第11回計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会 pp.1-2 (2010 12月) 詳細
[39]. 多数決型アルゴリズムによる非線形伸縮時系列パターン認識 パターン認識・メディア理解研究会 pp.157-164 (2010 9月) 詳細
[40]. 部分的に局所性を保持するハッシュ関数を用いた画像列からの高頻度パターン検出 第28回日本ロボット学会学術講演会 (2010 9月) 詳細
[41]. 複数物体およびそれらの相対運動の教師無し学習 第63回電気関係学会九州支部連合大会予稿集 (2010 9月) 詳細
[42]. 非線形伸縮を伴う時系列パターンの多数決型アルゴリズムによる認識 第13回画像の認識・理解シンポジウム pp.147-154 (2010 7月) 詳細
[43]. 多次元全周歩容データベースの構築と歩容による個人識別 第13回画像の認識・理解シンポジウム pp.1604-1610 (2010 7月) 詳細
[44]. Partly Locality Sensitive Hashing を用いた画像列からの高頻度パターン抽出 第13回画像の認識・理解シンポジウム pp.2100-2107 (2010 7月) 詳細
[45]. 部分的に局所性の高いハッシュ関数を用いた頻出運動パターンの効率的な抽出法 第15回ロボティクスシンポジア pp.384-390 (2010 3月) 詳細
【受賞等】
[1]. 2015年度 計測自動制御学会 SI部門研究奨励賞 計測自動制御学会 国内 2015
[2]. 優秀論文賞 第4回バイオメトリクスと認識・認証シンポジウム 国内 2014
[3]. 優秀論文賞 第14回画像の認識・理解シンポジウム 国内 2011
[4]. Best Oral Presentation Award International Conference on Emerging Security Technologies 国際 2010
[5]. Best Poster Paper Award The Fifth Joint Workshop on Machine Perception and Robotics 国際 2009
[6]. Best Vision Paper Award 2007 IEEE International Conference on Robotics and Automation 国際 2007
【招待講演、パネリスト、基調講演等】
[1]. ロボットの動作教示とセンシング 第19回知能メカトロニクスワークショップ (2014 年度) 詳細
【新聞掲載、テレビ・ラジオ出演】
[1]. 西日本新聞 2009
【科学研究費補助金】
[1]. 基盤研究(C) 手指による物体操作の伝達を可能とするロボットの半自律遠隔操作技術の開発 代表 ( 2016 - 2018 )
[2]. 基盤研究(C) 把持の中間表現と自律視触覚フィードバック制御を用いた物体操作の教示法 代表 ( 2013 - 2015 )
[3]. 若手研究(B) 視覚とハンドを併用した能動センシングに基づく物体操作の獲得法 代表 ( 2011 ~2012 (2年) )
[4]. 若手研究(B) 動画像からの形状・運動・作業文脈抽出に基づく物体操作のモデリング 代表 ( 2009 ~2010 (2年) )
【公的資金】
[1]. JST研究成果最適展開支援事業(A-STEP)フィージビリティステージ探索タイプ,非剛体変形する衣服の高速・高精度な全周3次元計測技術の開発 (2011)
[2]. 人体の全身運動と非剛体変形する衣服の同時4次元計測技術の開発 (2011)
[3]. 高分子アクチュエータを用いたCPM リハビリ機器の実用化に向けた基礎研究 (2011)
[4]. 農村復興のためのパワードスーツ開発に向けた調査研究 (2011)
【財団・企業等からの競争的資金、寄附金等】
[1]. 栢森情報科学振興財団 研究助成 (2010)
 

このページのトップへ