和歌山大学研究者総覧のホームページです。

ホーム > 研究関連情報

研究関連情報

image-profile

システム工学部 システム工学科 知能情報学メジャー

教授 (システム工学部副学部長)

中村 恭之 (ナカムラ タカユキ)

NAKAMURA Takayuki

【学術誌掲載論文】
[1]. LaserVAE による特徴量生成とその特徴量に基づいた大域自己位置推定 計測自動制御学会論文集 巻号:Vol. 55,No. 7 (2019 年度) 詳細
[2]. 選択的統合処理に基づくCIFベース大域的自己位置推定 日本ロボット学会誌 巻号:Vol. 36,No. 6 pp.pp.41-50 (2018 年度) 詳細
[3]. 3D Faster R-CNNとレーザースキャンとの組み合わせによる特定物体の頑健な距離推定 計測自動制御学会論文集 巻号:Vol. 55,No. 1, pp.pp.42--50 (2018 年度) 詳細
[4]. Distance estimation with 2.5D anchors and its application to robot navigation ROBOMECH Journal 巻号:Vol. 5,No. 1 pp. pp.1--6 (2018 年度) 詳細
[5]. 合同変換に不変な特徴量(CIF)とキーポイント間の幾何学的拘束に基づいた ロバストなスキャンマッチング法の提案 計測自動制御学会論文集 巻号: Vol. 51 No. 5 (2015 年度) 詳細
[6]. Fuzzy Control for a Kite-Based Tethered Flying Robot Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics 巻号:Vol.19, No.3 pp.pp.349-358 (2015 年度) 詳細
[7]. 人の操作を規範としたテザー係留型飛行ロボットの制御方策の獲得 知能と情報(日本知能情報ファジィ学会誌) 巻号:Vol.27, No.6 pp.pp.864-876 (2015 年度) 詳細
[8]. パーティクルフィルタによるロバストな自己位置同定のための疑似ユークリッドノルムに基づく尤度計算法 日本機械学会論文集 巻号:Vol. 80, No. 816 pp.DR0242 (2014 年度) 詳細
[9]. Kicking Motion Imitation of Inverted-Pendulum Mobile Robot and Development of Body Mapping from Human Demonstrator Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics 巻号:Vol.15, No.8 pp.pp.1030-1038 (2012 年度) 詳細
[10]. 模倣による識別器の高速化 電子情報通信学会論文誌D 巻号:Vol. J94-D, No.7 pp.pp.1071-1078 (2011 年度) 詳細
[11]. 制約条件付き最小2乗法に基づく高速な局所型スキャンマッチング法 日本ロボット学会誌 巻号:Vol.28,No.5 pp.pp.648-657 (2010 6月) 詳細
[12]. High Performance Active Camera Head Control Using PaLM-Tree Journal of Robotics and Mechatoronics 巻号:21 pp.pp.720-725 (2009 10月) 詳細
[13]. 非線形写像学習のためのPaLM-treeの提案 日本ロボット学会誌 pp.732-742 (2005 6月) 詳細
[14]. 視覚を有するエージェントのための身体性に基づく内部表現獲得手法 日本ロボット学会誌,Vol.21, No.8 pp.65-73 (2003 8月) 詳細
[15]. Fast self-localization method for mobile robots using multiple omnidirectional vision sensors Machine Vision and Applications, Vol.14, No.2 pp.129--138 (2003 2月) 詳細
[16]. 全方位ビジョンセンサを搭載した移動ロボットの自己位置同定法 日本ロボット学会誌 Vol.21 No.1 pp.109-117 (2003 1月) 詳細
[17]. Self-Partitioning State Space for Behavior Acquisition of Vision-Based Mobile Robots Journal of Robotics and Mechatoronics, Vol.13, No.6 pp.625-636 (2001 6月) 詳細
[18]. Embodiment based object recognition for vision-based mobile agents Journal of Robotics and Mechatoronics, Vol.13, No.1 pp.88-95 (2001 1月) 詳細
[19]. A cognitive robot architecture based on tactile and visual information Advanced Robotics, 13(8) pp.767-777 (2000 8月) 詳細
[20]. オンライン学習機能を持つ視覚追跡システムの提案 日本ロボット学会誌,Vol.18 No.7 pp.1047-1054 (2000 7月) 詳細
【国際会議発表】
[1]. Laser variational autoencoder for map construction and self-localization 2018 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC) (2018 年度) 詳細
[2]. 2.5D Faster R-CNN for Distance Estimation 2018 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC) (2018 年度) 詳細
[3]. Identification of Grace Feature Parameter for Hand-over Motion 18th International Conference on Human-Computer Interaction pp.pp.115-124 (2016 年度) 詳細
[4]. Acquisition of Human Operation Characteristics for Kite-based Tethered Flying Robot using Human Operation Data IEEE International Conference on Fuzzy Systems pp.#15220 (2015 年度) 詳細
[5]. Fuzzy Control for Kite-based Tethered Flying Robot IEEE International Conference on Fuzzy Systems (2014 年度) 詳細
[6]. Intention Recognition by Inverted Two-Wheeled Mobile Robot through Interactive Operation IEEE International Conference on Fuzzy Systems (2014 年度) 詳細
[7]. Robust global scan matching method using congruence transformation invariant feature descriptors and a geometric constraint between keypoints IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics pp.pp.3103-3108 (2014 年度) 詳細
[8]. Low-cost and Highly Reliable MIMAMORI Device for Patient Monitoring IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics pp.1697 - 1702 (2014 年度) 詳細
[9]. Learning Fuzzy Control Parameters for Kite-based Tethered Flying Robot using Human Operation Data Joint 7th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 15th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (SCIS & ISIS 2014) pp.pp.111-116 (2014 年度) 詳細
[10]. Learning Control based on Intention Recognition by Inverted Two-Wheeled Mobile Robot through Interactive Operation Joint 7th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 15th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (SCIS & ISIS 2014) pp.pp. 117-122 (2014 年度) 詳細
[11]. Tethered Flying Robot for Information Gathering System IROS'13 Workshop on Robots and Sensors integration in future rescue INformation system (ROSIN'13) (2013 11月) 詳細
[12]. Congruence Transformation Invariant Feature Descriptor for Robust 2D Scan Matching 2013 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC), pp.SYS-10 (2013 10月) 詳細
[13]. Modeling of graceful motions - Determining characteristics of graceful motions from handover motion 16th International Conference on Computational Methods and Experimental Measurements (CMEM2013), pp.pp. 453-463 (2013 7月) 詳細
[14]. Real-Time 3-D Path Generation Method for a Robot Arm by a 2-D Dipole Field 2013 IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligence Mechatronics(AIM) pp.pp.745--749 (2013 7月) 詳細
[15]. Body Mapping from Human Demonstrator to Inverted-Pendulum Mobile Robot for Learning from Observation IEEE International Conference on Fuzzy Systems pp.1-6 (2012 年度) 詳細
[16]. Development of Body Mapping from Human Demonstrator to Inverted-Pendulum Mobile Robot for Imitation Proceedings of 2011 IEEE International Conference on Fuzzy Systems, 2011 (2011 7月) 詳細
[17]. "Real-time 3-D Object Tracking Using Kinect Sensor" IEEE Int. Conf. on Robotics and Biomimetics pp.784-788 (2011 年度) 詳細
[18]. Inverted-Pendulum Mobile Robot Motion Learning from Human Player Observation Proceedings of Joint 5th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 11th International Symposium on Advanced Intelligent Systems pp.pp.211-216 (2010 12月) 詳細
[19]. Behavioral Development of Ball Kicking Motion of a Two-wheeled Inverted Pendulum Mobile Robot Proceedings of 2010 IEEE World Congress on Computational Intelligence pp.pp.830-835 (2010 7月) 詳細
[20]. Generating Various Motions of Multiple Articulated Mobile Robot with Nonlinear Programming The 10th International Conference on the SIMULATION OF ADAPTIVE BEHAVIOR (SAB'08) pp.P28 (2008 5月) 詳細
[21]. High Performance Control of Active Camera Head Using PaLM-Tree IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics 2005 pp.963-968 (2005 8月) 詳細
[22]. Automatic 2D Map Construction using a Special Catadioptric Sensor Proc. of IROS2002 pp.196-201 (2003 10月) 詳細
[23]. Map Generation Based on the Interaction Between Robot Body and its Surrounding Environment Proc. of IEEE Conference on MFI'03 pp.70-75 (2003 5月) 詳細
[24]. Toward Knowledge Propagation in an omnidirectional Distributed Vision System 1st International Workshop on Advances in Service Robotics (ASER'03) (2003 3月) 詳細
[25]. Behavior Acquisition Method based on Embodiment for Proc. of IROS2002 pp.964--969 (2002 10月) 詳細
[26]. Continuous Valued Q-learning Method Able to Incrementally Refine State Space Proc. of IROS 2001 pp.265--271 (2001 10月) 詳細
[27]. Towards Cognitive Agents: Embodiement based Object Recognition for Vision-Based Mobile Agents Prof. of 2000 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS'2000) pp.2067-2072 (2000 11月) 詳細
[28]. Enhanced Continuous Valued Q-learning for Real Autonomous Robots Proc. of Int. Conf. of The Society for Adaptive Behavior 2000 pp.195--202 (2000 10月) 詳細
[29]. Real-time Estimating Spatial Configuration between Multiple Robots by Triangle and Enumeration Constraints Proc. of IROS 2000 pp.2048--2054 (2000 10月) 詳細
[30]. On-Line Visual Learning Method for Color Image Segmentation and Object Tracking Proc. of IROS'99 pp.222--228 (1999 10月) 詳細
【著書】
[1]. OpenCVによるコンピュータビジョン・機械学習入門 講談社サイエンティフィク 295ページ (2017 8月) 詳細
[2]. OpenCVによる画像処理入門 改訂第2版 講談社サイエンティフィク 256ページ (2017 7月) 詳細
[3]. OpenCVによる画像処理入門 講談社サイエンティフィク 200ページ (2014 7月) 詳細
[4]. ロボカップサッカー:中型ロボットの基礎技術 -対戦のための協調行動に向けて- 共立出版 134ページ (2005 12月) 詳細
[5]. 新版ロボット工学ハンドブック コロナ社 1150 (2005 5月) 詳細
【プロシーディングス、解説記事等】
[1]. 機械学習法のロボット知能化システムへの応用(2) 機械の研究, (2006 2月) 詳細
[2]. 機械学習法のロボット知能化システムへの応用(1) 機械の研究, pp.7-16 (2006 1月) 詳細
[3]. データ空間の再帰的分割に基づく非線形写像学習-回帰木の今昔- 情報処理学会誌, pp.1030-1038 (2005 9月) 詳細
[4]. 機械学習法のロボットへの応用 日本機械学会 03-90講習会教材:知能情報メカトロニクス研究最前線, pp.33-42 (2003 12月) 詳細
[5]. 視覚はサッカーロボットを強くするのか? CVIM研究会,CVIM136-6, pp.37-42 (2003 6月) 詳細
[6]. 実機ロボットリーグの現状と今後の課題 日本ロボット学会誌 Vol.20 No.8, pp.11-14 (2002 8月) 詳細
[7]. なぜ認知ロボティクスは有望なのか? 日本ロボット学会誌 Vol.17 No.1, pp.38--43 (1999 1月) 詳細
【国内会議発表】
[1]. 自由領域制限による経路教示と経路計画のハイブリッド自律走行 第23回ロボティクスシンポジア (2018 3月) 詳細
[2]. 3Dアンカーによる距離推定とロボットナビゲーションへの応用 第23回ロボティクスシンポジア (2018 3月) 詳細
[3]. オートエンコーダを用いた環境地図の特徴表現と自己位置推定 ロボティクス・メカトロニクス講演会2018 pp.1P1-G06 (2018 年度) 詳細
[4]. 古典舞踊動作が作る曲面形状の「複雑さ」が印象評価に及ぼす影響 第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2018) pp.1D2-02 (2018 年度) 詳細
[5]. 頭部生体信号に基づく2つのニューラルネットワークの組合せによる個人適応型表情認識 第22回ロボティクスシンポジア (2017 3月) 詳細
[6]. 優美さ定量化のための古典舞踊動作における腕軌道と手先動作解析 ロボティクス・メカトロニクス講演会2017 pp.1P2-L01 (2017 年度) 詳細
[7]. 透視投影アンカーを用いた特定物体の検出および距離推定 第18回システムインテグレーション部門講演集(SI2017) pp.pp.1952--1954 (2017 年度) 詳細
[8]. ディープラーニングによる特定人物検出と距離推定 つくばチャレンジ2017参加レポート集 pp.p.156 (2017 年度) 詳細
[9]. 経路教示と経路計画のハイブリッド自律走行 つくばチャレンジ2017参加レポート集 pp.p.155 (2017 年度) 詳細
[10]. 古典舞踊動作の腕軌道が作る曲面形状に着目した優美さ特徴抽出 第18回システムインテグレーション部門講演集 pp.2B3-05 (2017 年度) 詳細
[11]. スキャンデータの順序保存統合と統合処理判断機能を持つ CIFベーススキャンマッチング法 第21回ロボティクスシンポジア (2016 3月) 詳細
[12]. 観客視点を考慮した古典舞踊動作における手先軌道の解析 ロボティクス・メカトロニクス講演会2016 pp.2P1-12a4 (2016 年度) 詳細
[13]. 古典舞踊動作の手先軌道に着目した優美さの定量化 第17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2016) pp.2N2-2 (2016 年度) 詳細
[14]. EMG信号とロボットハンド操作のダイレクトマッピング ロボティクス・メカトロニクス講演会2016 pp.2P1-11b3 (2016 年度) 詳細
[15]. Parametric t-SNEを利用した頭部生体信号に基づく個人適応型表情認識法の提案 ロボティクス・メカトロニクス講演会2016 pp.1A2-11b4 (2016 年度) 詳細
[16]. 低価格な患者見守りシステムの開発-第3報:距離画像に基づく患者状態識別法- 第20回ロボティクスシンポジア pp.pp.235--242 (2015 3月) 詳細
[17]. アジア古典舞踊動作における表現の差異 第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2015) pp.pp.1120-1121 (2015 年度) 詳細
[18]. 低価格な患者見守りシステムの開発-第4報:ディープラーニングを用いた距離画像に基づく患者状態識別法- ロボティクス・メカトロニクス講演会2015 pp.2A2-U05 (2015 年度) 詳細
[19]. 標本データの増加を抑制する重み付きk近傍法に基づく人の操作を規範としたテザー係留型飛行ロボットの制御 第33回日本ロボット学会学術講演会 pp.1B1-03 (2015 年度) 詳細
[20]. テザー係留型飛行ロボットのための大型地上制御ユニットの開発 ロボティクス・メカトロニクス講演会2015 pp.2A1-F02 (2015 年度) 詳細
[21]. スキャンデータの順序保存統合を用いたCIFベーススキャンマッチング法 ロボティクス・メカトロニクス講演会2015 pp.2A2-M09 (2015 年度) 詳細
[22]. アジア古典舞踊動作における表現の差異 第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2015) pp.pp.1120-1121 (2015 年度) 詳細
[23]. 人の操作データに基づくテザー係留型飛行ロボットのためのファジィ制御パラメータの学習 第32回日本ロボット学会学術講演会 pp.3J2-03 (2014 9月) 詳細
[24]. インタラクティブな操作を行うユーザの意図認識による倒立二輪型ロボットの学習制御 第30回ファジイ・システム・シンポジウム pp.pp.29-34 (2014 9月) 詳細
[25]. 2Dスキャンデータの合同変換に不変な特徴量(CIF)を用いたスキャンマッチング 第19回ロボティクスシンポジア pp.pp.592--598 (2014 3月) 詳細
[26]. 合同変換に不変な特徴量(CIF)とキーポイント間の幾何学的拘束に基づいたロバストなスキャンマッチング法の提案 ロボティクスメカトロニクス講演会2014 pp.2A2-T05 (2014 年度) 詳細
[27]. RGB-D カメラを用いた3 次元物体認識のためのHS-SHOT 特徴量の提案 ロボティクスメカトロニクス講演会2014 pp.3P1-X05 (2014 年度) 詳細
[28]. 高品質なみかん栽培のためのセンサシステムの開発 ロボティクスメカトロニクス講演会2014 pp.1P2-W04 (2014 年度) 詳細
[29]. テザー係留型飛行ロボットの開発と自律飛行制御 ロボティクスメカトロニクス講演会2014 pp.2A1-A04 (2014 年度) 詳細
[30]. インタラクティブな操作を行う倒立二輪型ロボットによるユーザ意図認識と制御 ロボティクスメカトロニクス講演会2014 pp.2A1-R01 (2014 年度) 詳細
[31]. インタラクティブな操作を行う倒立二輪型ロボットのための意図認識モジュールの漸次的学習 日本知能情報ファシィ学会合同シンホシウム 2014 pp.pp.3-44 (2014 年度) 詳細
[32]. 力学的操作による意図認識に基づく倒立二輪型ロボットの制御 第2回人間共生システムデザインコンテスト(HSS-DC) & 第16回HSS研究会 pp.G1-2 (2014 年度) 詳細
[33]. テザー係留型飛行ロボットのシミュレータ開発 日本知能情報ファジィ学会第22回北信越支部シンポジウム (2013 11月) 詳細
[34]. インタラクティブな操作を行う倒立二輪型ロボットによる意図認識 日本知能情報ファジィ学会第22回北信越支部シンポジウム (2013 11月) 詳細
[35]. 2Dスキャンデータの合同変換に不変な特徴量(CIF)を用いたロバストなスキャンマッチング 第31回日本ロボット学会学術講演会 pp.3J1-02 (2013 9月) 詳細
[36]. 自立支援用ロボットアームのための簡便な操作インターフェースの開発 日本ロボット学会学術講演会2013併設シンポジウム「介護・リハビリ・自立のための実用的なロボット技術の創出」講演集 pp.pp.56-57 (2013 9月) 詳細
[37]. 2Dスキャンデータの合同変換に不変な特徴量(CIF)を用いたロバストなスキャンマッチング 第31回日本ロボット学会学術講演会 pp.3J1-02 (2013 9月) 詳細
[38]. 2Dスキャンデータの合同変換に不変な特徴量(CIF)を用いたスキャンマッチング 第19回ロボティクスシンポジア pp.6C3, pp.592--598 (2013 年度) 詳細
[39]. 脳信号収集ワイヤレスヘッドセットを用いた電動車椅子ロボットの制御 ロボティクスメカトロニクス講演会2013 pp. 2A1-C06 (2013 年度) 詳細
[40]. KinectとARtoolkitを用いた簡便な福祉用ロボットアーム制御システムの開発 ロボティクスメカトロニクス講演会2013 pp.1P1-Q01 (2013 年度) 詳細
[41]. ロバストなスキャンマッチングのための合同変換に不変な特徴量(CIF)の提案 ロボティクスメカトロニクス講演会2013 pp.1A2-H10 (2013 年度) 詳細
[42]. 車輪型移動ロボットのための直感的操作を可能とする遠隔操縦インターフェースの開発 情報処理学会関西支部支部大会2013 pp.G101 (2013 年度) 詳細
[43]. 人間動作の経由点表現を用いた倒立二輪型移動ロボットによる摸倣学習 第28回ファジイ・システム・シンポジウム pp.pp.458-463 (2012 9月) 詳細
[44]. 人間動作の経由点表現を用いた倒立二輪型移動ロボットによる摸倣学習 第28回ファジイ・システム・シンポジウム pp.pp.458-463 (2012 9月) 詳細
[45]. 人間動作の経由点表現を用いた倒立二輪型移動ロボットによる摸倣学習 第28回ファジイ・システム・シンポジウム pp.pp.458-463 (2012 9月) 詳細
[46]. 教師なしクラスタリング手法による距離画像上等高線の高速生成 動的画像処理実利用ワークショップ pp.O3-2, pp.53-54 (2012 年度) 詳細
[47]. 多次元データの高速・頑健なクラスタリングためのHetero-BOOLアルゴリズムの提案 第18回ロボティクスシンポジア pp.2D4, pp.251-256 (2012 年度) 詳細
[48]. Kinect センサーのためのRGB-D カメラ自動キャリブレーション ロボティクスメカトロニクス講演会2012 pp.1A2-A06 (2012 年度) 詳細
[49]. ダイポール場を利用したロボットアームの実時間軌道生成法 ロボティクスメカトロニクス講演会2012 pp.2A1-A01 (2012 年度) 詳細
[50]. KinectのRGB-Dカメラのための自動キャリブレーション法 画像の認識・理解シンポジウム2012 pp.IS3-22 (2012 年度) 詳細
[51]. PSDセンサを用いた車輪倒立振子型ロボットの制御 日本ロボット学会学術講演会2012 pp.2G1-5 (2012 年度) 詳細
[52]. 擬似ユークリッドノルムに基づくパーティクルフィルタによる移動ロボットの自己位置同定 日本ロボット学会学術講演会2012 pp.4J1-8 (2012 年度) 詳細
[53]. テザー係留型飛行ロボットの自律飛行制御 日本ロボット学会学術講演会2012 pp.4F3-3 (2012 年度) 詳細
[54]. 倒立二輪型移動ロボットによる人間の動的動作模倣のための身体部位マッピング 第27回ファジイ・システム・シンポジウム (2011 9月) 詳細
[55]. テザー係留型飛行ロボット 第27回ファジイ・システム・シンポジウム (2011 9月) 詳細
[56]. 倒立二輪型移動ロボットによる人間の動的動作模倣のための身体部位マッピング 第25回人工知能学会全国大会 (2011 5月) 詳細
[57]. 形状モデルを用いない3次元視覚によるロボットハンドのための把持点検出に関する研究 電気学会 次世代産業システム研究会 pp.IIS-11-024 (2011 3月) 詳細
[58]. 能動カメラを用いた人物の追従システム 電気学会 次世代産業システム研究会 pp.IIS-11-027 (2011 3月) 詳細
[59]. 指示を求めるオフィスロボットの開発 平成23年度情報処理学会関西支部大会 pp.D-102 (2011 年度) 詳細
[60]. 3次元距離情報と色情報の統合に基づく3次元物体追跡 ロボティクスメカトロニクス講演会2011 pp.2A1-L07 (2011 年度) 詳細
[61]. 方策勾配法を用いた倒立振子型移動ロボットの蹴球動作学習 第28回日本ロボット学会学術講演会 (2010 9月) 詳細
[62]. 倒立二輪型移動ロボットの全身ダイナミクスを生かした投球動作の学習, ロボティクス・メカトロニクス講演会`09 pp.2A2-D18 (2009 6月) 詳細
[63]. 倒立振子型移動マニピュレータによる床からの拾い上げ動作の実現 ロボティクス・メカトロニクス講演会`09 pp.2P1-F06 (2009 6月) 詳細
[64]. 非線形計画法に基づく多関節移動ロボットの動作生成 ロボティクス・メカトロニクス講演会`08 pp.2P2-H02 (2008 5月) 詳細
[65]. 高速なスキャンマッチングのための粗密戦略法の提案 ロボティクス・メカトロニクス講演会`08 pp.2P2-C12 (2008 5月) 詳細
[66]. 測域センサデータの直線追跡に基づくスキャンマッチング法 MIRU2007画像の認識・理解シンポジウム論文集 pp.pp. 1564--1569 (2007 7月) 詳細
[67]. 主成分木を用いた写像学習法の提案と性能比較 MIRU2007画像の認識・理解シンポジウム論文集 pp.pp. 516--521 (2007 7月) 詳細
[68]. 測域センサデータの直線追跡に基づく局所環境地図生成法 ロボティクス・メカトロニクス講演会2007 pp.2P1-G05 (2007 5月) 詳細
[69]. 複数の平行線パターンを用いた視覚移動ロボットの自己位置推定 ロボティクス・メカトロニクス講演会2007 pp.2A2-F07 (2007 5月) 詳細
[70]. 分離度フィルタと PaLM-treeを用いた視線方向の推定 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2006) インタラクティブセッション pp.pp. 1042--1047 (2006 7月) 詳細
[71]. モデル学習とプランニングの密な結合による実ロボット行動学習法の提案 ロボティクスメカトロニクス講演会2006論文集 pp.2A1-E08 (2006 5月) 詳細
[72]. 床圧力センサを用いた人物位置追跡のための追跡対象数推定 FIT2005 講演論文集 (2005 11月) 詳細
[73]. 事例を用いた顕著性マップの構築とその応用 情報処理学会研究報告2005-CVIM-151 pp.65-70 (2005 11月) 詳細
[74]. 視点固定型パン・チルトステレオカメラによるリアルタイム3次元位置計測システム MIRU2005 pp.DS-12 (2005 7月) 詳細
[75]. MDL基準に基づく区分的関数あてはめによる写像学習 MIRU2005 pp.OS5B-17 (2005 7月) 詳細
[76]. 識別器選択のための入力空間分割法に関する検討 MIRU2005 pp.IS2-79 (2005 7月) 詳細
[77]. PaLM-treeによる能動カメラ制御の高性能化 ロボティクスメカトロニクス講演会'05 講演論文集 pp.1P2-S-067 (2005 5月) 詳細
[78]. 計画と実行の反復による車輪型移動ロボットの滑り運動学習 第10回ロボティクスシンポジア予稿集 pp.405-409 (2005 3月) 詳細
[79]. 非線形写像学習アルゴリズムPaLM-treeを用いた顔方向推定 第3回情報科学技術フォーラム講演論文集 pp.I-067 (2004 10月) 詳細
[80]. 回帰木を用いた非線形写像の学習と識別問題への応用 電子情報通信学会PRMU研究会資料 (2004 9月) 詳細
[81]. カメラ同期・対応点の必要のない複数ステレオカメラのキャリブレーション法 第9回知能メカトロニクスワークショップ pp.157-162 (2004 8月) 詳細
[82]. PaLM-treeによる車輪型移動ロボットの行動計画 ロボティクスメカトロニクス講演会'04 講演論文集 pp.2P1-L1-27 (2004 5月) 詳細
[83]. ステレオカメラによる色ターゲットの3次元位置計測 情報処理学会研究報告,2004-CVIM-144 pp.65-70 (2004 4月) 詳細
[84]. 非線形写像学習のためのPaLM-treeの提案とその応用 第9回ロボティクスシンポジア予稿集 pp.360-366 (2004 3月) 詳細
[85]. 画像情報と音情報から構成される状況提示システムに関する研究 文科省大大特プロジェクト 第2回国際シンポジウム論文集 pp.387-392 (2004 1月) 詳細
[86]. ロボカップ中型機リーグ : 2050年に向けてのロードマップ 第4回 (社) 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 講演会概要集 pp.3D5-3 (2003 12月) 詳細
[87]. 分散移動全方位視覚を用いた環境地図生成システムの開発(第1報) 第20回日本ロボット学会学術講演会資料集 pp.3J14 (2003 10月) 詳細
[88]. ロボットの身体と環境との相互作用に基づく地図作成法 情報処理学会研究報告,2003-CVIM-138 pp.145-152 (2003 5月) 詳細
[89]. 車輪型移動ロボットの身体性に基づく動的行動の獲得 第8回ロボティクスシンポジア予稿集 pp.522-526 (2003 3月) 詳細
[90]. 身体的アプローチに基づいたマン-マシンコミュニケーション生成には何が必要か? SI2002講演論文集 pp.3A51-04 (2002 10月) 詳細
[91]. 適応型視覚処理システムの提案-実時間学習機能を持つ領域分割処理の実装- 電気学会システム制御研究会資料, SC-01-25, pp.pp.31-34 (2001 10月) 詳細
[92]. 状態空間を更新する遺伝的プログラミング法によるサッカーエージェントの協調行動の獲得 第19回日本ロボット学会学術講演会予稿集 pp.pp. 89-90 (2001 9月) 詳細
[93]. 複数の全方位画像を用いた実時間自己位置同定 第18回ロボット学会学術講演会予稿集 pp.pp.1225-1226 (2000 9月) 詳細
[94]. 複数の全方位画像を用いた実時間自己位置同定 ロボティクス・メカトロニクス講演会'00 pp.2A1-67-090 (2000 5月) 詳細
【受賞等】
[1]. 第17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2016)優秀講演賞 計測自動制御学会 国内 2016
[2]. 第2回HSSデザインコンテスト2014 優秀賞 日本知能情報ファジイ学会 国内 2014
【招待講演、パネリスト、基調講演等】
[1]. 機械学習法のロボットへの応用 知能情報メカトロニクス研究最前線 (2003 12月) 詳細
【取得特許】
[1]. カメラキャリブレーション装置及び方法 ( 2006 )
【科学研究費補助金】
[1]. 基盤研究(C) 一人乗り電気自動車を対象とした不整地走行戦略の自動学習システムの研究 代表 ( 2017 - 2019 )
[2]. 基盤研究(C) 舞踊動作を規範とした「優美さ」特徴のモデル化-動きとフォルムの両側面から迫る- 分担 ( 2017 - 2019 )
[3]. 基盤研究(C) 屋外環境下の果樹等を対象とした非定常物体モデリングシステムの研究 代表 ( 2014 - 2016 )
[4]. 基盤研究(C) 動作における「優美さ」評価方法の確立-「美の線」を基準とした計測・評価- 分担 ( 2014 - 2016 )
[5]. 基盤研究(C) 「優美な」動作のモデル化とロボット「優美」動作生成法の確立 分担 ( 2011 ~2013 (3年) )
[6]. 基盤研究(C) 3次元視覚システムのためのシームレスな対象モデリングシステムの研究 代表 ( 2011 ~2013 (3年) )
[7]. 基盤研究C 次世代ロボットのためのデータ取得・選択機能を有するデータマイニング 代表 ( 2008 ~2010 (3年) )
[8]. 若手研究(B) 非線形システムの事例に基づく逐次学習可能なモデリング手法の構築とその応用 代表 ( 2004 ~2005 (2年) )
[9]. 奨励研究(A) 状況に依存して内部構造を変化する視覚情報処理システムに関する研究 代表 ( 2000 ~2001 (2年) )
【公的資金】
[1]. 多様体学習に基づく人間型ロボットの全身運動パターン生成法に関する研究 (2007)
 

このページのトップへ