和歌山大学研究者総覧のホームページです。

ホーム > 研究関連情報

研究関連情報

経済学部 経済学科

教授

高岡 伸行 (タカオカ ノブユキ)

TAKAOKA Nobuyuki

【著書】
[1]. 地域研究シリーズ44 和歌山県下事業所におけるCSR経営の調査・実証研究 和歌山大学経済研究所 (2014 3月) 詳細
【学術誌掲載論文】
[1]. 国連ミレニアム開発目標達成に果たすビジネスの役割と課題 経済理論 巻号:374号 pp.pp.37-59. (2013 12月) 詳細
[2]. サステナブル・バリュー・ポートフォリオによる「持続可能な企業」への転換可能性 和歌山大学経済学会 研究年報 巻号:15 pp.69-92 (2011 9月) 詳細
[3]. BOPビジネスモデルの編成原則の探求 研究年報 巻号:14 pp.399-416 (2010 9月) 詳細
[4]. 戦略的CSR構想の矛盾 千倉書房 日本経営学会編 『日本企業のイノベーション』(経営学論集第79集) 巻号:第79集 pp.264-265 (2009 年度) 詳細
[5]. 企業責任とビジネスの目的達成をめぐる相克  経済理論 巻号:351号 pp.85-111 (2009 年度) 詳細
[6]. 戦略的CSR構想の矛盾 日本経営学会第82会大会報告要旨集 pp.pp.327-330 (2008 年度) 詳細
[7]. CSRの相克 九州経済学会年報 巻号:46 pp.pp.133-137 (2008 年度) 詳細
[8]. 戦略的企業フィランソロピー構想の陥穽 経済理論 巻号:348 pp.pp.31-57 (2008 年度) 詳細
[9]. SRB概念の構成要素とその位相 経済理論 巻号:340 pp.pp.15-41 (2007 年度) 詳細
【紀要等】
[1]. 経営目的 櫻井克彦編著,『現代経営学』税務経理協会 pp.pp.53-75 (2006 年度) 詳細
[2]. CSRパースペクティブの転換 日本経営学会誌 巻号:13 pp.pp.3-16 (2005 年度) 詳細
[3]. 企業の社会的責任論へのステイクホルダー論的アプローチ 松野弘他編著,『企業の社会的責任論の形成と展開』ミネルヴァ書房 pp.pp.161-197 (2005 年度) 詳細
[4]. ビジネスの正統性とイノベーションドライブに向けたステイクホルダーの統合様式 経営と経済 巻号:85,3・4 pp.pp.99-145 (2005 年度) 詳細
[5]. CSRマネジメントシステムの設計思想 経営と経済 巻号:84,3 pp.pp.253-282 (2004 年度) 詳細
【プロシーディングス、解説記事等】
[1]. 新中村化学工業株式会社『CSRレポート2013』に寄せて 新中村化学工業株式会社 CSR報告書2013 pp.p.10 (2014 4月) 詳細
[2]. 新中村化学工業株式会社CSR報告書2012第三者コメント 新中村化学工業株式会社CSR報告書2012 pp.p.10 (2013 4月) 詳細
【新聞掲載、テレビ・ラジオ出演】
[1]. 2012
【体育系分野等(競技会)】
[1]. (2012 年度) 詳細
【科学研究費補助金】
[1]. 基盤研究(C) CSRアプローチの企業利益最大化の戦略的意思決定パターンとそのメカニズム 代表 ( 2016 - 2019 )
[2]. 基盤研究(C) 国際開発型ビジネススキームモデルとしてのBoPビジネスの調査・実証研究 代表 ( 2013 - 2015 )
 

このページのトップへ