和歌山大学研究者総覧のホームページです。

ホーム > 研究関連情報

研究関連情報

image-profile

データ・インテリジェンス教育研究部門 (システム工学部)

講師

西村 竜一 (ニシムラ リュウイチ)

NISIMURA Ryuichi

【学術誌掲載論文】
[1]. 声道形状と声帯音源特性の操作に基づいたグロウル系歌唱の印象付与法 電子情報通信学会論文誌 巻号:Vol.J99-D, No.3 pp.283-292 (2016 3月) 詳細
[2]. 劣化音声認識における単語の音響的連続性とモーラ遷移情報の影響の評価 日本音響学会誌 巻号:Vol.70, No.11 pp.pp.578-588 (2014 11月) 詳細
[3]. Controlling linguistic information and filtered sound identity for a new cross-synthesis vocoder Acoustical Science and Technology (ed. by the Acoustical Society of Japan) 巻号:vol. 34, no. 4 pp.pp. 287-288 (2013 7月) 詳細
[4]. Accurate estimation of compression in simultaneous masking enables the simulation of hearing impairment for normal hearing listeners Advances in Experimental Medicine and Biology 巻号:787 pp.pp 73-80 (2013 4月) 詳細
[5]. 10年間の長期運用を支えた音声情報案内システム「たけまるくん」の技術 人工知能学会誌 巻号:Vol.28,No.1 pp.52-59 (2012 年度) 詳細
[6]. Evaluation of voice morphing using vocal tract length normalization based on auditory filterbank Journal of Signal Processing 巻号:vol.15, no.4 pp.pp.283-286 (2011 7月) 詳細
[7]. Development, Long-Term Operation and Portability of a Real-Environment Speech-Oriented Guidance System IEICE TRANSACTIONS on Information and Systems, Vol.E91-D, No.3 pp.pp.576-587 (2008 3月) 詳細
[8]. [解説] ロボットにおける音声認識技術 計測と制御 pp.Vol.46, No. 6, pp. 441-446 (2007 6月) 詳細
[9]. Deploying a speech-based information system as a research platform for speech recognition research in real environments Electronics and Communications in Japan (Part II: Electronics), Vol.88, Issue 12 pp.43-54 (2005 11月) 詳細
[10]. 実環境研究プラットホームとしての音声情報案内システムの運用 電子情報通信学会論文誌, Vol.J87-D-II, No.3, pp.789-798 (2004 3月) 詳細
[11]. 相補的バックオフを用いた言語モデル融合ツールの構築 情報処理学会論文誌, Vol.43, No.9 pp.2884-2893 (2002 9月) 詳細
[12]. Webベースコースウェアのための音声入力システムの開発 情報処理学会論文誌, Vol.42, No.3 pp.605-613 (2001 3月) 詳細
【国際会議発表】
[1]. How the slope of the speech spectrum affects the perception of speaker size Interspeech2015 pp.1556-1560 (2015 9月) 詳細
[2]. Excitation source design for high-quality speech manipulation systems based on a temporally static group delay representation of periodic signals APSIPA ASC 2014 (2014 12月) 詳細
[3]. Hearing Impairment Simulator Based on Compressive Gammachirp Filter APSIPA ASC 2014 (2014 12月) 詳細
[4]. Excitation source analysis for high-quality speech manipulation systems based on an interference-free representation of group delay with minimum phase response compensation Interspeech2014 pp.pp.870-874 (2014 9月) 詳細
[5]. Vocal tract length estimation based on vowels using a database consisting of 385 speakers and a database with MRI-based vocal tract shape information Interspeech2014 pp.pp.2243-2247 (2014 9月) 詳細
[6]. Development of a mobile application for crowdsourcing the data collection of environmental sounds HCI International 2014 pp.Human Interface and the Management of Information, (2014 6月) 詳細
[7]. Proposal for an Interactive 3D Sound Playback Interface Controlled by User Behavior HCI International 2014 (Poster) pp.HCI International 2014 - Posters' Extended Abstrac (2014 6月) 詳細
[8]. Spectrally estimaed vocal tract lengths of singing voices and their contributing factors MAVEBA 2013 (8th International Workshop on Models and Analysis of Vocal Emissions for Biomedical Applications) (2013 12月) 詳細
[9]. Vocal tract length estimation for voiced and whispered speech using Gammachirp Filterbank APISPA ASC 2013 (Asia-Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference) (2013 10月) 詳細
[10]. Estimated relative vocal tract lengths from vowel spectra based on fundamental frequency adaptive analyses and their relations to relevant physical data of speakers ICA2013 (The 21st International Congress on Acoustics) (2013 6月) 詳細
[11]. Optimizing the simultaneous estimation of frequency selectivity and compression using notched-noise maskers with asymmetric levels ICA2013 (The 21st International Congress on Acoustics) (2013 6月) 詳細
[12]. Higher order waveform symmetry measure and its application to periodicity detectors for speech and singing with fine temporal resolution IEEE ICASSP2013 (2013 IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing) pp.6797-6801 (2013 5月) 詳細
[13]. Modulation transfer function design for a flexible cross synthesis VOCODER based on F0 adaptive spectral envelope recovery APSIPA Annual Summit and Conference 2012 (2012 12月) 詳細
[14]. Detecting child speaker based on auditory feature vectors for VTL estimation APSIPA Annual Summit and Conference 2012 (2012 12月) 詳細
[15]. An interference-free representation of group delay for periodic signals APSIPA Annual Summit and Conference 2012 (2012 12月) 詳細
[16]. Open Answer Scoring for S-CAT Automated Speaking Test System Using Support Vector Regression APSIPA Annual Summit and Conference 2012 (2012 12月) 詳細
[17]. Automatic Scoring Method Considering Quality and Content of Speech for SCAT Japanese Speaking Test Oriental COCOSDA 2012 pp.72-77 (2012 12月) 詳細
[18]. Deviation measure of waveform symmetry and its application to high-speed and temporally-fine F0 extraction for vocal sound texture manipulation Interspeech 2012 (2012 9月) 詳細
[19]. Accurate estimation of compression in simultaneous masking enables the simulation of hearing impairment for normal hearing listeners 16th International Symposium on Hearing (ISH2012) (2012 7月) 詳細
[20]. A Report on Japanese Computerized Adaptive Test Korean English Language Association (2012 5月) 詳細
[21]. Identification of Child Users via Web-Based Voice Interface using Auditory Filterbank IEEE ASRU2011 Show and Tell Session (2011 IEEE Automatic Speech Recognition and Understanding Workshop) (2011 12月) 詳細
[22]. Developing a method to build Japanese speech recognition system based on 3-gram language model expansion with Google database ICISS2011 (2011 IEEE International Conference on Intelligent Computing and Integrated Systems) pp.pp.271-276 (2011 10月) 詳細
[23]. Auditory filterbank improves voice morphing Interspeech2011 pp.pp.2517 - 2520 (2011 8月) 詳細
[24]. Development of Web-based voice interface to identify child users based on automatic speech recognition system HCI International 2011 pp.pp.607-616 (2011 7月) 詳細
[25]. A proposal of expanding language model using web data resources for Japanese automatic speech recognition systems Proc. DEIT2011 (2011 First IRAST International Conference on Data Engineering and Internet Technology) pp.pp.429-432 (2011 3月) 詳細
[26]. Evaluation of Voice Morphing Using Vocal Tract Length Normalization Based on Auditory Filterbank Proc. NCSP'11 (2011 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing) pp.pp.187-190 (2011 3月) 詳細
[27]. A New Formulation of a Multiple Periodicity Extractor for Expressive and Pathological Voices Proc. NCSP'11 (2011 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing) pp.pp.336-339 (2011 3月) 詳細
[28]. Optimization of a multiple local periodicity detector for vocal excitation structure analysis Proc. APSIPA ASC 2010 (2nd APSIPA Annual Summit and Conference) pp.pp.518-521 (2010 12月) 詳細
[29]. Comparing Abilities of Humans and Machine for Child Speaker Identification based on Web Utterances Collection Proc. APSIPA ASC 2010 Student Symposium (2nd APSIPA Annual Summit and Conference) pp.p.9 (2010 12月) 詳細
[30]. Real world utterance collection using voice-enabled web system for child speaker identification Proc. 13th Oriental COCOSDA Workshop (2010 11月) 詳細
[31]. Simplification and extension of non-periodic excitation source representations for high-quality speech manipulation systems Proc. Interspeech2010 pp.pp.38-41 (2010 9月) 詳細
[32]. Evaluation and optimization of F0-adaptive spectral envelope estimation based on spectral smoothing with peak emphasis Proc. ICA2010 (20th International Congress on Acoustics) pp.Paper-ID 794 (2010 8月) 詳細
[33]. Analysis and synthesis of singing with hoarse vocal expressions Proc. ICA2010 (20th International Congress on Acoustics) pp.Paper-ID 933 (2010 8月) 詳細
[34]. Higi-quality and light-weight voice transformation enabling extrapolation without perceptual and objective breakdown Proc. ICASSP2010 (The 35th International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing) pp.pp.4818-4812 (2010 3月) 詳細
[35]. A bottom-up procedure to extract periodicity structure of voiced sounds and its application to represent and restoration of pathological voices Proc. MAVEBA09 (6th International Workshop on Models and Analysis of Vocal Emissions for Biomedical Applications) pp. pp.115-118 (2009 12月) 詳細
[36]. Topic-Dependent Language Modeling for VoiceWeb Systems Proc. WESPAC X 2009 (The 10th Western Pacific Acoustics Conference) pp.paper-id: 0223 (2009 9月) 詳細
[37]. Observation of empirical cumulative distribution of vowel spectral distances and its application to vowel based voice conversion Proc. Interspeech2009 pp.pp.2647-2650 (2009 9月) 詳細
[38]. Vocoder-based morphing tool demonstrations for flexible voice manipulations", AES 14th Regional Convention AES 14th Regional Convention (2009 7月) 詳細
[39]. Development of Speech Input Method for Interactive VoiceWeb Systems Lecture Notes in Computer Science, Springer pp.vol.5611, pp.710-719 (2009 7月) 詳細
[40]. Temporally variable multi-aspect auditory morphing enabling extrapolation without objective and perceptual breakdown Proc. ICASSP2009 (International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing) pp.pp.3905-3908 (2009 4月) 詳細
[41]. A Web-Based Multilingual Utterance Collection System for the Medical Field WEBIST 2009 (5th International Conference on Web Information Systems and Technologies) pp.pp.370-375 (2009 3月) 詳細
[42]. Vowel-based voice conversion and its application to singing-voice manipulation Proc. AES 35th International Conference Audio for Games (2009 2月) 詳細
[43]. Speech-to-text input method for Web system using Javascript Proc. SLT2008 (2008 IEEE Workshop on Spoken Language Technology) pp.pp.209-212 (2008 12月) 詳細
[44]. Spectral Envelope Recovery beyond the Nyquist Limit for High-Quality Manipulation of Speech Sounds Proc. Interspeech2008 pp.pp.650-653 (2008 9月) 詳細
[45]. A temporally stable representation of power spectra of periodic signals and its application to F0 and periodicity estimation Acoustics'08 Paris pp.IpSCc24 (2008 7月) 詳細
[46]. A unified approach for F0 extraction and aperiodicity estimation based on a temporally stable power spectral representation ISCA Tutorial and Research Workshop (ITRW) on "Speech Analysis and Processing for Knowledge Discovery" (2008 6月) 詳細
[47]. TANDEM-STRAIGHT: A Temporally Stable Power Spectral Representation for Periodic Signals and Applications to Interference-free Spectrum, F0, and Aperiodicity Estimation Proc. ICASSP2008 (The 33nd International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing) pp.3933-3936 (2008 3月) 詳細
[48]. Insights Gained From Development And Long-term Operation of A Real-Environment Speech-Oriented Guidance System Proc. ICASSP2007 (The 32nd International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing) pp.157-160 (2007 4月) 詳細
[49]. Development of nonvoice dialogue interface for robot systems 4th Joint Meeting Acoustical Society of America and Acoustical Society of Japan (The Journal of the Acousitcal Society of America) pp.Vol.120, No.5, Pt.2 of 2, p.3040 (2006 11月) 詳細
[50]. Humanoid with Interaction Ability Using Vision and Speech Information Proc. IROS2006 (IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems) (2006 10月) 詳細
[51]. Analyzing Dialogue Data for Real-World Emotional Speech Classification Proc. Interspeech2006 - ICSLP (The Ninth International Conference on Spoken Language Processing) (2006 9月) 詳細
[52]. Human-robot interaction interface using GMM-based noise recognition Proc. WESPAC IX 2006 (9th Western Pacific Acoustics Conference) pp.347 (2006 6月) 詳細
[53]. Spectral fluctuation mapping model for Japanese speech style conversion based on statistics in emotional speech database Proc. Oriental COCOSDA2005 pp.111-116 (2005 12月) 詳細
[54]. Operating A Public Spoken Guidance System In Real Environment Proc. 9th European Conference on Speech Communication and Technology (Interspeech'2005 - Eurospeech) (2005 9月) 詳細
[55]. Noise Robust Real World Spoken Dialogue System using GMM Based Rejection of Unintended Inputs Proc. 8th International Conference on Spoken Language Processing (INTERSPEECH 2004 - ICSLP) pp.173-176 (2004 10月) 詳細
[56]. Public Speech-Oriented Guidance System with Adult and Child Discrimination Capability Proc. 2004 IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing (ICASSP2004) pp.433-436 (2004 5月) 詳細
[57]. Takemaru-kun: Speech-Oriented Information System for Real World Research Platform Proc. First International Workshop on Language Understanding and Agents for Real World Interaction pp.70-78 (2003 7月) 詳細
[58]. ASKA: Receptionist Robot with Speech Dialogue System Proc. IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS2002) pp.1314-1317 (2002 9月) 詳細
[59]. Automatic N-gram Language Model Creation from Web Resources Proc. 7th European Conference on Speech Communication and Technology (EUROSPEECH2001) pp.2127-2130 (2001 9月) 詳細
[60]. Development of Speech Input System for WWW-based Courseware Proc. World Conference on Educational Multimedia, Hypermedia & Telecommunications (ED-MEDIA2000) (2000 6月) 詳細
[61]. Development of Speech Input System for WWW-based Courseware Proc. First Annual WebCT Conference on Learning Technologies (1999 6月) 詳細
【著書】
[1]. 音響キーワードブック コロナ社 458-459 (2016 2月) 詳細
[2]. Computer processing of asian spoken languages Consideration Books (2010 3月) 詳細
[3]. Computer Vision IN-TECH 538 (2008 11月) 詳細
【プロシーディングス、解説記事等】
[1]. 和歌山大学のアクティブ・ラーニング現状調査とガイドラインの制定 第 17 回ものづくり・創造性教育に関するシンポジウム, 全国国立大学法人「ものづくり・創造性教育施設ネットワーク」 (2019 11月) 詳細
[2]. 研究発表会ポータルサイトの紹介 日本音響学会誌, vol. 73, no. 9 pp. 615–616 (2017 9月) 詳細
[3]. ユーザ負担のない話者・環境適応性を実現する自然な音声対話処理技術の総合開発(総合報告) 電子情報通信学会誌,vol.92, no.6 pp.pp.475-491 (2009 6月) 詳細
[4]. (サーベイ) ICSLPにおける研究動向 -言語モデル・対話システムを中心に- 情報処理学会研究報告, pp.2006-SLP-64-42 (2006 12月) 詳細
[5]. 高齢者話者音声の認識 日本音響学会誌, Vol.58, No.8, pp.512-517 (2002 8月) 詳細
【国内会議発表】
[1]. クラウド型会議サービスを用いた遠隔講義を活用する大人数授業の取り組み 大学eラーニング協議会 / 日本リメディアル教育学会 合同フォーラム 2019 pp.81-84 (2020 3月) 詳細
[2]. アクティブラーニングをとりいれた英語学習の実践 大学eラーニング協議会・日本リメディアル教育学会 合同フォーラム2018 (2019 3月) 詳細
[3]. 和歌山大学における「自主演習」の取り組み 第16 回ものづくり・創造性教育に関するシンポジウム (2018 11月) 詳細
[4]. ガンマチャープ聴覚フィルタバンクに基づく模擬難聴システムの実装と教育応用 電子情報通信学会音声研究会 pp.信学技報, vol. 118, no. 269, SP2018-38, pp. 31-36 (2018 10月) 詳細
[5]. 地域科学イベントに出展する学生の進路意識調査 第36回日本ロボット学会学術講演会 pp.第36回日本ロボット学会学術講演会予稿集, RSJ2018AC3H2-02 (2018 9月) 詳細
[6]. 敵対的生成ネットワークを用いた楽曲の自動コード推定法の検討 情報処理学会音楽情報科学研究会 pp.情報処理学会研究報告, 2018-MUS-120-6 (2018 8月) 詳細
[7]. 小型ボードコンピュータRaspberry Piを用いた笑い声の収集 日本音響学会2018年春季研究発表会 pp.199-200 (2018 3月) 詳細
[8]. 協働教育を推進するための安全管理の取り組み 第15回ものづくり・創造性教育に関するシンポジウム (2017 12月) 詳細
[9]. グループワーク対話の分析を通じた盛り上がりの定量化の検討 日本音響学会2017年秋季研究発表会 pp.113-114 (2017 9月) 詳細
[10]. 模擬難聴システムを用いた言語聴覚士養成課程での演習とWebアプリ化の検討 電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会 (HIP) ヒューマンコミュニケーション基礎研究会 (HCS) pp.信学技報, vol. 117, no. 30, HIP2017-42, pp. 277-282 (2017 5月) 詳細
[11]. 歩行動作のセンシングデータを入力とした足音合成 情報処理学会インタラクション2017 (2017 3月) 詳細
[12]. ユーザ訂正情報に基づいた音声認識API出力の並び替え法 日本音響学会2017年春季研究発表会 pp.113-114 (2017 3月) 詳細
[13]. 自動採点スピーキングテストSJ-CATの能力推定の検証 言語処理学会第23回年次大会 pp.835-838 (2017 3月) 詳細
[14]. 深層学習を用いたゲームコンテンツのための効果音自動生成手法の検討 日本音響学会関西支部第19回関西支部若手研究者交流研究発表会 (2016 12月) 詳細
[15]. 難聴者に聞こえやすい音声特徴 ~模擬難聴を用いた発声の振幅変調分析~ 日本音響学会関西支部第19回関西支部若手研究者交流研究発表会 (2016 12月) 詳細
[16]. オージオグラムを動かして聞く! ~Web アプリケーションとしての模擬難聴システムを目指して~ 日本音響学会関西支部第19回関西支部若手研究者交流研究発表会 (2016 12月) 詳細
[17]. ユーザ訂正情報を用いた音声認識APIのカスタマイズ手法 日本音響学会2016年秋季研究発表会 pp.125-126 (2016 9月) 詳細
[18]. ウェブ試験向け音声入力UI設計における不要語の扱いについて 日本音響学会2016年春季研究発表会 pp.81-82 (2016 3月) 詳細
[19]. GetWild:音声生成過程を考慮したグロウル系歌唱の印象付与システム 日本音響学会2016年春季研究発表会 pp.249-252 (2016 3月) 詳細
[20]. スペクトル傾斜の異なる音声の寸法知覚と聴覚モデルによる説明 日本音響学会2016年春季研究発表会 pp.481-484 (2016 3月) 詳細
[21]. 音声生成過程を考慮したグロウルの印象付与システム~あなた の声にこぶし、効かせます~ 日本音響学会関西支部第18回関西支部若手研究者交流研究発表会 (2015 12月) 詳細
[22]. 無声音の高域強調処理が寸法知覚に与える影響に関する検討 日本音響学会聴覚研究会 pp.日本音響学会聴覚研究会資料, Vol.45, No.8, H-2015-120, pp.681-68 (2015 11月) 詳細
[23]. 大人・子ども話者識別システムにお ける性能改善の検討 日本音響学会2015年秋季研究発表会 pp.pp.29-30 (2015 9月) 詳細
[24]. RaspberryPiを用いた笑い声検知システムの提案 日本音響学会2015年秋季研究発表会 pp.pp.149-150 (2015 9月) 詳細
[25]. 声道形状と声帯音源特性の操作に基づくグロウル系 歌唱音声の印象付与法の評価について 情報処理学会音学シンポジウム2015 pp.情報処理学会研究報告, 2015-MUS-107-60 (2015 5月) 詳細
[26]. 音声の高域強調処理による寸法知覚特性変化と計算理論について 日本音響学会聴覚研究会 pp.日本音響学会聴覚研究会資料, Vol.45, No.2, H-2015-21, pp.99-104 (2015 3月) 詳細
[27]. 高次対称性に基づく基本周波数推定法のモデル化とfilled pauseの分析への応用について 電子情報通信学会・日本音響学会音声研究会 pp.信学技報, vol. 114, no. 475, SP2014-190, pp. 307-312 (2015 3月) 詳細
[28]. 声道形状と声帯音源特性を用いたグロウル歌唱音声への実時間変換の提案 情報処理学会音楽情報科学研究会・エンタテインメントコンピューティング研究会 pp.情報処理学会研究報告, 2015-MUS-106-12 (2015 3月) 詳細
[29]. 音声の好感度改善補助ツールの開発を目指した好感度改善方法の検討 情報処理学会音楽情報科学研究会・エンタテインメントコンピューティング研究会 pp.情報処理学会研究報告, 2015-MUS-106-25 (2015 3月) 詳細
[30]. SEANA: 利用者の動作を強調する音の拡張現実アプリの開発 情報処理学会インタラクション2015(インタラクティブ発表) pp.pp.972-977 (2015 3月) 詳細
[31]. スマホを用いた環境音認識アプリに対するDNNの導入 日本音響学会2015年春季研究発表会 pp.pp.79-80 (2015 3月) 詳細
[32]. ウェブアプリケーションにおける音声入力UIの設計と評価について 日本音響学会2015年春季研究発表会 pp.pp.191-192 (2015 3月) 詳細
[33]. 声道断面積関数推定における声帯音源特性の補償について 日本音響学会2015年春季研究発表会 pp.pp.231-232 (2015 3月) 詳細
[34]. 声道形状と声帯音源特性を利用したグロウル系歌唱音声への変換について 日本音響学会2015年春季研究発表会 pp.pp.289-290 (2015 3月) 詳細
[35]. 音声の好感度に対する声道形状および音源情報操作の効果について 日本音響学会2015年春季研究発表会 pp.pp.351-332 (2015 3月) 詳細
[36]. 非対称レベルノッチ雑音マスキング法による4kHzにおける圧縮特性推定 日本音響学会2015年春季研究発表会 pp.pp.505-506 (2015 3月) 詳細
[37]. 無声音の高域強調処理による寸法知覚特性シフト 日本音響学会2015年春季研究発表会 pp.pp.517-518 (2015 3月) 詳細
[38]. 聴覚の圧縮特性のキャンセル処理による模擬難聴 ー語音明瞭度による検討ー 日本音響学会2015年春季研究発表会 pp.pp.523-524 (2015 3月) 詳細
[39]. 声道断面積関数推定における音源情報の利用の効果について 日本音響学会関西支部第17回若手研究者交流研究発表会 (2014 12月) 詳細
[40]. DNNを用いたスマホ収集環境音の認識について 日本音響学会関西支部第17回若手研究者交流研究発表会 (2014 12月) 詳細
[41]. 声道形状を利用したグロウル系歌唱音声への変換について 日本音響学会関西支部第17回若手研究者交流研究発表会 (2014 12月) 詳細
[42]. 音声の発話方法による聴き取りやすさの違いの検討 〜一人芝居の声で比べてみた〜 日本音響学会関西支部第17回若手研究者交流研究発表会 (2014 12月) 詳細
[43]. 聴覚系の寸法知覚における手がかり情報に関する検討  ー 聴覚心理実験の側面より ー 日本音響学会関西支部第17回若手研究者交流研究発表会 (2014 12月) 詳細
[44]. グロウル系歌唱から求められる声道断面積関数の特徴について 電子情報通信学会音声研究会・日本音響学会聴覚研究会 pp.信学技報, vol. 114, no. 272, SP2014-80, pp. 29-30 (2014 10月) 詳細
[45]. 線形予測分析を用 いた声 道断面積関数推定のための前処理の検討 電子情報通信学会音声研究会・日本音響学会聴覚研究会 pp.信学技報, vol. 114, no. 272, SP2014-79, pp. 27-28 (2014 10月) 詳細
[46]. 周期信号の群遅延の静的表現と音声の非周期成分への応用について 日本音響学会2014年秋季研究発表会 pp.pp.273-276 (2014 9月) 詳細
[47]. 線形予測分析を用いた声道断面積関数推定のための前処理について 日本音響学会2014年秋季研究発表会 pp.pp.283-284 (2014 9月) 詳細
[48]. 声道形状と音源情報に注目した音声の好感度改善システムの検討について 日本音響学会2014年秋季研究発表会 pp.pp. 373-375 (2014 9月) 詳細
[49]. うっかり者を手助けする環境音認識アプリの開発について 日本音響学会2014年秋季研究発表会 pp.pp.1559-1560 (2014 9月) 詳細
[50]. 聴覚の圧縮特性の逆処理による模擬難聴とその特性 日本音響学会2014年秋季研究発表会 pp.pp.457-458 (2014 9月) 詳細
[51]. 音声認識を用いた日本語スピーキングテストとそのユーザインタフェースデザインの検討 教育システム情報学会第39回全国大会 pp.pp.63-64 (2014 9月) 詳細
[52]. HTML5による音声入力ウェブアプリケーションの開発キット 日本音響学会2014年秋季研究発表会 pp.pp.119-120 (2014 9月) 詳細
[53]. プログラミング教材としての音声認識ウェブシステム 教育システム情報学会第39回全国大会 pp.pp.15-16 (2014 9月) 詳細
[54]. ROCKON: スマホを用いた環境音の収集と認識システム 情報処理学会音学シンポジウム2014 pp.情報処理学会研究報告, 2014-MUS-103-37 (2014 5月) 詳細
[55]. ささやき声からの寸法知覚の手がかり獲得と保持について 情報処理学会音学シンポジウム2014 pp.情報処理学会研究報告, 2014-MUS-103-47 (2014 5月) 詳細
[56]. 歌声にグロウルの味を加えるGUIについて 情報処理学会音学シンポジウム2014 pp.情報処理学会研究報告, 2014-MUS-103-55 (2014 5月) 詳細
[57]. 受験者を焦らせない音声入力ウェブ試験システム目指したデザインの検討 情報処理学会音学シンポジウム2014 pp.情報処理学会研究報告, 2014-MUS-103-65 (2014 5月) 詳細
[58]. 日本語スピーキングテストS-CATの音声入力インタフェース設計 日本音響学会2014年度春季研究発表会 pp.141-142 (2014 3月) 詳細
[59]. 幅広い年齢層の母音データベースを利用した声道長推定法による簡易発声評価システム開発の検討 日本音響学会2014年度春季研究発表会 pp.303-304 (2014 3月) 詳細
[60]. 日本語母音データベースを用いた声道長推定法の校正について 日本音響学会2014年度春季研究発表会 pp.305-306 (2014 3月) 詳細
[61]. ピーク形状と調波構造に注目したスペクトル包絡の近似精度の改善に関する検討 日本音響学会2014年度春季研究発表会 pp.311-312 (2014 3月) 詳細
[62]. 外挿が可能な時変多属性任意事例数モーフィングを用いた文章音声好感度の改善について 日本音響学会2014年度春季研究発表会 pp.429-430 (2014 3月) 詳細
[63]. STRAIGHTスペクトルを用いた線形予測分析の改良の検討 日本音響学会2014年度春季研究発表会 pp.437-438 (2014 3月) 詳細
[64]. グロウル系統の歌唱音声にみられるスペクトルの時間変動に注目した分析と再現の検討 日本音響学会2014年度春季研究発表会 pp.499-500 (2014 3月) 詳細
[65]. スマートフォンを用いた環境音の収録と認識方法の検討 日本音響学会2014年度春季研究発表会 pp.847-848 (2014 3月) 詳細
[66]. 音声から大人と子どもを識別するウェブシステムにおけるDNNの適用 日本音響学会2014年度春季研究発表会 pp.139-140 (2014 3月) 詳細
[67]. クラウドソーシングによる環境音収集に向けたスマホアプリの開発 電子情報通信学会2014年総合大会 pp.109 (2014 3月) 詳細
[68]. 圧縮特性推定における非対称レベルノッチマスキング法と時間マスキング曲線法の対比 日本音響学会聴覚研究会 pp.vol. 44, no. 1, H-2014-2, pp. 7-12 (2014 2月) 詳細
[69]. 模擬難聴実現のための逆圧縮特性処理とユーザインタフェース 日本音響学会聴覚研究会 pp.vol. 44, no. 1, H-2014-3, pp. 13-18 (2014 2月) 詳細
[70]. 非線形振動子による変調と近似時変フィルタに基づくグロウル系統の歌唱への実時間変換の定式化について 第102回情報処理学会音楽情報科学研究会 pp.2014-MUS-102-14 (2014 2月) 詳細
[71]. 文章音声の好感度評価と属性別モーフィングを用いた要因の検討について 電子情報通信学会・日本音響学会 音声研究会 pp.信学技報, vol. 113, no. 404, SP2013-104, pp. 49-54, 20 (2014 1月) 詳細
[72]. 近似時変フィルターを用いたグロウル系統の歌唱音声合成の検討 日本音響学会関西支部第16回関西支部若手研究者交流研究発表会 (2013 12月) 詳細
[73]. オージオグラムから難聴者の聞こえを再現するシステムの開発 日本音響学会関西支部第16回関西支部若手研究者交流研究発表会 (2013 12月) 詳細
[74]. 環境音収集アプリのためのUI設計 ~クラウドソーシング型データ集積サービスの提案~ 日本音響学会関西支部第16回関西支部若手研究者交流研究発表会 (2013 12月) 詳細
[75]. 留学生向け日本語能力測定システムのためのUI設計 〜HTML5を用いた音声入力インタフェース〜 日本音響学会関西支部第16回関西支部若手研究者交流研究発表会 (2013 12月) 詳細
[76]. 聴覚における寸法知覚の練習効果に関する検討 日本音響学会関西支部第16回関西支部若手研究者交流研究発表会 (2013 12月) 詳細
[77]. 説明対話における韻律情報および頭部運動と感情評価値の関連性分析の試み 電子情報通信学会・日本音響学会 音声研究会 pp.信学技報, vol. 113, no. 220, SP2013-67, pp. 15-20, 201 (2013 9月) 詳細
[78]. 環境音分類結果に基づく収録アプリのインターフェース設計 日本音響学会2013年度秋季研究発表会 pp.1387-1388 (2013 9月) 詳細
[79]. 対数Swept-Sineで変調した帯域雑音によるMTF測定 日本音響学会2013年度秋季研究発表会 pp.1005-1006 (2013 9月) 詳細
[80]. 波形の高次対称性に基づく基本周波数抽出法における潜在変数ダイナミクスの導入について 日本音響学会2013年度秋季研究発表会 pp.279-282 (2013 9月) 詳細
[81]. 基本周波数操作による音声の好感度改善に関連する物理的特徴の検討 日本音響学会2013年度秋季研究発表会 pp.335-336 (2013 9月) 詳細
[82]. スペクトル距離に基づく声道長推定における歌い手および基本周波数の影響について 日本音響学会2013年度秋季研究発表会 pp.381-382 (2013 9月) 詳細
[83]. 日本語母音データベースを用いた任意発声の相対的声道長の推定について 日本音響学会2013年度秋季研究発表会 pp.435-436 (2013 9月) 詳細
[84]. S-CATの音声認識における言語モデル(特別セッション 音声認識技術を応用したコンピュータ自動採点日本語スピーキングテストの開発) 日本行動計量学会第41回大会 pp.42-43 (2013 9月) 詳細
[85]. モバイル携帯端末を用いた環境音収集とその認識手法の検討 情報処理学会第99回音楽情報科学研究会(音学シンポジウム2013) pp.2013-MUS-99-18 (2013 5月) 詳細
[86]. 声から身体情報を求める 情報処理学会第99回音楽情報科学研究会(音学シンポジウム2013) pp.2013-MUS-99-50 (2013 5月) 詳細
[87]. 環境音認識を応用した 情報提供機能を有するモバイルアプリケーションの検討 情報処理学会第75回全国大会 pp.463-464 (2013 3月) 詳細
[88]. 音声認識を応用した大人・こども話者識別法における言語的特徴の利用 情報処理学会第75回全国大会 pp.41-42 (2013 3月) 詳細
[89]. ウェブ集合知に基づいた語彙獲得と3-gram確率推定による言語モデル自動生成ツール 日本音響学会2013年春季研究発表会 pp.197-198 (2013 3月) 詳細
[90]. ウェブ上の言語情報で拡張した語彙に基づく 3-gram モデル自動生成ツール 日本音響学会第15回関西支部若手研究者交流研究発表会 (2012 12月) 詳細
[91]. 母音区間だけを用いた声道長推定と身体情報との関連~あいうえおで BMI がわかる?~ 日本音響学会第15回関西支部若手研究者交流研究発表会 (2012 12月) 詳細
[92]. TANDEM-STRAIGHTを用いた歌唱技法「シャウト」の再現 日本音響学会第15回関西支部若手研究者交流研究発表会 (2012 12月) 詳細
[93]. 非対称レベルマスカを導入したノッチ雑音マスキング法の測定点の感度解析による削減 日本音響学会第15回関西支部若手研究者交流研究発表会 (2012 12月) 詳細
[94]. 携帯型ガイドシステムのための環境音認識を応用した ZoneRecognition の提案 日本音響学会第15回関西支部若手研究者交流研究発表会 (2012 12月) 詳細
[95]. 非対称レベルマスカを導入したノッチ雑音マスキング法の測定点の削減 日本音響学会聴覚研究会 pp.Vol.42, No.7, H-2012-99, pp.547-552 (2012 10月) 詳細
[96]. コンピュータによる日本語スピーキング自動採点システム-日本語教師による採点との相関による検証- 日本言語テスト学会第16回全国研究大会 pp.32 (2012 10月) 詳細
[97]. 言語モデルの簡易構築に向けたGoogleデータからの必要単語抽出方法の検討 日本音響学会2012年秋季研究発表会 pp.173-174 (2012 9月) 詳細
[98]. 周期信号の瞬時周波数および群遅延の安定な表現について 日本音響学会2012年秋季研究発表会 pp.283-286 (2012 9月) 詳細
[99]. 日本語スピーキングテストS-CATにおける並列セグメンテーションを用いた自動採点の検討 日本音響学会2012年秋季研究発表会 pp.397-398 (2012 9月) 詳細
[100]. 母音区間情報に基づく声道長正規化と身体情報の基礎的検討 日本音響学会2012年秋季研究発表会 pp.423-424 (2012 9月) 詳細
[101]. スピーカー特性の簡易補正と主観評価実験 日本音響学会2012年秋季研究発表会 pp.533-534 (2012 9月) 詳細
[102]. 感度解析を用いたノッチ雑音マスキング法の測定点の削減に関する研究 日本音響学会2012年秋季研究発表会 pp.537-538 (2012 9月) 詳細
[103]. 携帯型端末で収録した音サインやサイレンなどの環境音認識の検討 日本音響学会2012年秋季研究発表会 pp.1515-1516 (2012 9月) 詳細
[104]. 日本語スピーキングテストシステムS-CATのためのSVRによる自由発話の自動採点 日本音響学会2012年秋季研究発表会 pp.335-336 (2012 9月) 詳細
[105]. 日本語スピーキングテストにおける文生成問題の自動採点の検討 日本音響学会2012年秋季研究発表会 pp.395-396 (2012 9月) 詳細
[106]. 日本語スピーキングテストにおける文章読み上げ問題の自動採点の検討 日本音響学会2012年秋季研究発表会 pp.399-400 (2012 9月) 詳細
[107]. スピーキング自動採点テストのための問題アイテム作成 日本語教育学会2012年日本語教育国際研究大会 pp.9 (2012 8月) 詳細
[108]. 楽器音や動物の鳴声の音色と音声の言語情報を保持したクロス合成VOCODER 情報処理学会第95回音楽情報科学研究会 pp.2012-MUS-95-3 (2012 6月) 詳細
[109]. 音源およびスペクトル包絡の時間的微細構造の加工と歌唱音声の印象への影響について 情報処理学会第95回音楽情報科学研究会 pp.2012-MUS-95-4 (2012 6月) 詳細
[110]. ウェブデータベースを用いた音声認識用言語モデルの簡易適応 情報処理学会第74回全国大会 pp.vol.2, pp.5-6 (2012 3月) 詳細
[111]. 若年話者判別法の音響特徴に対する聴覚フィルタバンクの導入 情報処理学会第74回全国大会 pp.vol.2, pp.613-614 (2012 3月) 詳細
[112]. 聴覚フィルタバンクを導入した音響特徴量による若年者判別手法 日本音響学会2012年春季研究発表会 pp.pp.87-88 (2012 3月) 詳細
[113]. Googleデータを用いた3-gramモデル構築における品詞情報に基づいた語彙制限 日本音響学会2012年春季研究発表会 pp.pp.233-234 (2012 3月) 詳細
[114]. Googleデータベースを用いた3-gram拡張法による言語モデル構築の自動化ツール 日本音響学会2012年春季研究発表会 pp.pp.235-236 (2012 3月) 詳細
[115]. 聴覚フィルタバンクに基づく声道長推定と発話様式や身長との関係 日本音響学会2012年春季研究発表会 pp.pp.339-340 (2012 3月) 詳細
[116]. 障害音声および歌唱音声における音声の周期構造分析について 日本音響学会2012年春季研究発表会 pp.pp.375-376 (2012 3月) 詳細
[117]. 異なった原理に基づく周期性検出器のアンサンブルによる音源情報の分析について 日本音響学会2012年春季研究発表会 pp.pp.385-388 (2012 3月) 詳細
[118]. 楽器音や動物の鳴声の音色を保持した音声とのクロス合成VOCODERの検討 日本音響学会2012年春季研究発表会 pp.pp.401-402 (2012 3月) 詳細
[119]. 日本語発話能力測定ウェブテストシステムを用いて収集した留学生の日本語発話の分析 日本音響学会2012年春季研究発表会 pp.pp.421-422 (2012 3月) 詳細
[120]. 模擬難聴のための動的圧縮型ガンマチャープによる圧縮特性の制御 日本音響学会2012年春季研究発表会 pp.pp.605-606 (2012 3月) 詳細
[121]. 非対称レベルマスカを導入したノッチ雑音マスキング法による圧縮特性推定法の提案 日本音響学会2012年春季研究発表会 pp.pp.647-648 (2012 3月) 詳細
[122]. 日本語スピーキングテストにおける文章読み上げ問題の採点に影響を及ぼす要因の検討 電子情報通信学会2012年総合大会 pp.D-14-8 (2012 3月) 詳細
[123]. 日本語スピーキングテストにおける文生成問題の採点に影響を及ぼす要因の検討 電子情報通信学会2012年総合大会 pp.D-14-9 (2012 3月) 詳細
[124]. 日本語スピーキングテストSCATにおける文読み上げ・文生成問題の自動採点手法の改良 日本音響学会2013年春季研究発表会 pp.465-468 (2012 3月) 詳細
[125]. 聴覚フィルタバンクによる声道長推定と身長との相関および発話様式の影響 日本音響学会聴覚研究会 pp.日本音響学会聴覚研究会資料, vol.42, no.1, pp.35-40 (2012 2月) 詳細
[126]. 日本語発話能力測定ウェブシステムのための留学生発話分析 電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会/音声研究会 pp.電子情報通信学会技術研究報告, vol. 111, no. 431, SP2011-134, pp. (2012 2月) 詳細
[127]. 高い時間分解能を有するスペクトルおよび基本周波数抽出法に基づくシャウト歌唱の分析について 日本音響学会2013年春季研究発表会 pp.389-390 (2012 年度) 詳細
[128]. ノッチ雑音マスキング法の測定点削減のための感度解析の改良 日本音響学会2013年春季研究発表会 pp.609-610 (2012 年度) 詳細
[129]. 基本波のFMとAM成分に基づく高速な基本周波数推定法について 日本音響学会聴覚研究会 pp.日本音響学会聴覚研究会資料, vol.41, no.9, pp.679-684 (2011 12月) 詳細
[130]. Googleデータを用いた音声認識用辞書のクイック構築技術 日本音響学会第14回関西支部若手研究者交流研究発表会 (2011 12月) 詳細
[131]. 和歌山大学のゆるキャラ『わだにゃん』が登場する子どもにやさしい対話システムの開発 日本音響学会第14回関西支部若手研究者交流研究発表会 (2011 12月) 詳細
[132]. 音声の周期構造分析法とその障害音声分析への応用 日本音響学会第14回関西支部若手研究者交流研究発表会 (2011 12月) 詳細
[133]. 聴覚フィルタバンクに基づく声道長正規化を用いた音声モーフィングの改良 日本音響学会第14回関西支部若手研究者交流研究発表会 (2011 12月) 詳細
[134]. pandaPhone: 人と動物を混ぜ合わせた声のiPhoneアプリ 日本音響学会第14回関西支部若手研究者交流研究発表会 (2011 12月) 詳細
[135]. 音声分析変換合成系における時変フィルタの実装と駆動情報の表現について 日本音響学会聴覚研究会 pp.日本音響学会聴覚研究会資料, vol.41, no.7, pp.561-566 (2011 10月) 詳細
[136]. 対話型音声インタフェースのための大人・子ども判別技術の改良 FIT2011第10回情報科学技術フォーラム pp.FIT2011第10回情報科学技術フォーラム講演論文集(査読付き論文), vol.3, pp.37- (2011 9月) 詳細
[137]. 聴覚フィルタバンクを用いた若年話者判別の検討 日本音響学会2011年秋季研究発表会 pp.pp.59-62 (2011 9月) 詳細
[138]. 語彙で認識対象を制御するGoogleデータを用いた3-gramモデル構築法の検討 日本音響学会2011年秋季研究発表会 pp.pp.161-162 (2011 9月) 詳細
[139]. 情報量を基準とした3-gram拡張に基づく言語モデルの適応手法 日本音響学会2011年秋季研究発表会 pp.pp.167-168 (2011 9月) 詳細
[140]. 聴覚フィルタバンクを用いた声道長推定法の比較 日本音響学会2011年秋季研究発表会 pp.pp.389-390 (2011 9月) 詳細
[141]. 障害音声の分析における基本周波数抽出法の評価について 日本音響学会2011年秋季研究発表会 pp.pp.423-434 (2011 9月) 詳細
[142]. 言葉の明瞭度と楽器等の特徴を保持したクロス合成の評価について 日本音響学会2011年秋季研究発表会 pp.pp.587-588 (2011 9月) 詳細
[143]. 複数の周期成分を持つ音声のための周期構造抽出法と障害音声分析への応用について 電子情報通信学会応用音響研究会・日本音響学会聴覚研究会 pp.電子情報通信学会技術研究報告, vol.111, no.175, EA2011-63, pp.81- (2011 8月) 詳細
[144]. 言葉の明瞭度と楽器等の音色を保持したクロス合成法の検討 電子情報通信学会応用音響研究会・日本音響学会聴覚研究会 pp.電子情報通信学会技術研究報告, vol.111, no.175, EA2011-64, pp.87- (2011 8月) 詳細
[145]. 聴覚フィルタバンクを用いた声道長比推定 電子情報通信学会音声研究会 pp.電子情報通信学会技術研究報告, vol.111, no.153, SP2011-43, pp.11- (2011 7月) 詳細
[146]. 外部知識としてウェブを用いた3-gram 言語モデル拡張手法の検討 情報処理学会第73全国大会講演論文集 pp.vol.2, pp.75-76 (2011 3月) 詳細
[147]. 滑舌の良いCross synthesis VOCODER 情報処理学会 インタラクション2011(インタラクティブ発表) (2011 3月) 詳細
[148]. 成分位相の制御により声の肌触りを変える 情報処理学会 インタラクション2011(インタラクティブ発表) (2011 3月) 詳細
[149]. 聴覚フィルタバンクに基づく声道長正規化と音声モーフィングへの応用について 日本音響学会2011年春季研究発表会講演論文集 pp.pp.419-420 (2011 3月) 詳細
[150]. 音声の駆動構造分析における周期性検出器の応答特性の整形と統合について 日本音響学会2011年春季研究発表会講演論文集 pp.pp.395-396 (2011 3月) 詳細
[151]. ピーク強調を含んだF0適応型スペクトル包絡抽出法による再合成音声の品質評価について 日本音響学会2011年春季研究発表会講演論文集 pp.pp.327-328 (2011 3月) 詳細
[152]. ウェブを用いたトピック関連N-gramエントリ抽出手法の検討 日本音響学会2011年春季研究発表会講演論文集 pp.pp.199-200 (2011 3月) 詳細
[153]. 実環境発話を用いた子ども判別アルゴリズムの検討 日本音響学会2011年春季研究発表会講演論文集 pp.pp.55-56 (2011 3月) 詳細
[154]. 聴覚フィルタバンクを用いたスペクトル距離に基づく声道長比推定について 日本音響学会関西支部第13回関西支部若手研究者交流研究発表会 (2010 12月) 詳細
[155]. 音声の周期構造分析法の設計パラメタの検討および性能評価について 日本音響学会関西支部第13回関西支部若手研究者交流研究発表会 (2010 12月) 詳細
[156]. トピック関連単語を用いたN-gram エントリ拡張法の音声認識性能調査 日本音響学会関西支部第13回関西支部若手研究者交流研究発表会 (2010 12月) 詳細
[157]. 実環境発話を入力とする子ども利用者判別技術の開発 日本ロボット学会第28回学術講演会 pp.RSJ2010AC1H2-1 (2010 9月) 詳細
[158]. 音声の周期構造検出法の設計パラメタの調整と性能評価指標の検討について 日本音響学会2010年秋季研究発表会講演論文集 pp.pp.333-334 (2010 9月) 詳細
[159]. ウェブ収集発話に基づく子ども向け対話インタフェースの開発 日本音響学会2010年秋季研究発表会講演論文集 pp.pp.89-90 (2010 9月) 詳細
[160]. F0適応型スペクトル包絡推定法のケプストラムを用いた実装によるピーク形状近似誤差の改善 日本音響学会2010年秋季研究発表会講演論文集 (2010 9月) 詳細
[161]. 声道長比に基づくスペクトル正規化のためのスペクトル距離および周波数帯域の検討 日本音響学会2010年秋季研究発表会講演論文集 pp.pp.323-324 (2010 9月) 詳細
[162]. 講演発話を用いたN-gram補完手法の音声認識性能評価 日本音響学会2010年秋季研究発表会講演論文集 pp.pp.147-148 (2010 9月) 詳細
[163]. 音声ウェブシステムを用いて収集した実環境子供発話に関する調査 FIT2010第9回情報科学技術フォーラム(一般論文) pp.pp.229-230 (2010 9月) 詳細
[164]. ちょっとした一言の音声認識による子ども利用者判別法の検討 FIT2010第9回情報科学技術フォーラム(一般論文) pp.pp.469-472 (2010 9月) 詳細
[165]. 単語重要度を用いたN-gram補完手法が与える音声認識性能の調査 情報処理学会研究報告 pp.2010-SLP-82-20 (2010 7月) 詳細
[166]. 音源構造抽出法の初期推定値のバイアス除去と高速化について 日本音響学会聴覚研究会資料 pp.vol.40, no.6, H-2010-87, pp.477-482 (2010 7月) 詳細
[167]. スペクトル距離に基づく声道長正規化のための周波数帯域の選定について 電子情報通信学会技術研究報告 pp.vol.110, no.71, EA2010-36, pp.83-88 (2010 6月) 詳細
[168]. 擬似音声信号を用いた評価による音源構造抽出法の最適化について 電子情報通信学会技術研究報告 pp.vol.110, no.71, EA2010-35, pp.77-82 (2010 6月) 詳細
[169]. ウェブ収集発話を対象とした若年者判別の検討 情報処理学会創立50周年記念(第72回)全国大会講演論文集 pp.vol.2 pp.285-286 (2010 3月) 詳細
[170]. 音声からの複数の周期成分抽出および歌唱音声の周期構造分析への応用 日本音響学会2010年春季研究発表会講演論文集 pp.pp.505-506 (2010 3月) 詳細
[171]. 時変モーフィングに基づく歌唱音声の操作と声質および歌い回しの評価について 日本音響学会2010年春季研究発表会講演論文集 pp.pp.463-464 (2010 3月) 詳細
[172]. 尖度に基づく音響的イベントの検出と音声分析変換合成システムへの応用について 日本音響学会2010年春季研究発表会講演論文集 pp.pp.315-316 (2010 3月) 詳細
[173]. Google DBを用いたトピック特化型N-gramモデル補完の検討 日本音響学会2010年春季研究発表会講演論文集 pp.pp.177-178 (2010 3月) 詳細
[174]. 高品質分析合成のための有声音の非周期成分の表現と推定について 電子情報通信学会技術研究報告 pp.vol.109, no.451, SP2010-165, pp.99-104 (2010 3月) 詳細
[175]. TANDEM-STRAIGHTスペクトル包絡推定法の改良及び最適化に関する検討 日本音響学会関西支部第12回関西支部若手研究者交流研究発表会 (2009 12月) 詳細
[176]. 圧縮型ガンマチャープ適合による聴覚フィルタの周波数特性と圧縮特性の推定 日本音響学会関西支部第12回関西支部若手研究者交流研究発表会 (2009 12月) 詳細
[177]. ウェブ収集発話を対象とした人間と機械の大人・子ども識別能力の比較 日本音響学会関西支部第12回関西支部若手研究者交流研究発表会 (2009 12月) 詳細
[178]. 部分時変モーフィングに基づく歌唱音声の歌い回しの転写実験と評価 日本音響学会関西支部第12回関西支部若手研究者交流研究発表会 (2009 12月) 詳細
[179]. 部分時変モーフィングによる母音情報に注目した歌声の転写実験と評価 日本音響学会関西支部第12回関西支部若手研究者交流研究発表会 (2009 12月) 詳細
[180]. TANDEM-STRAIGHTに基づく周期構造検出器の性能評価指標と最適化について 日本音響学会2009年秋季研究発表会講演論文集 pp. pp.363-364 (2009 9月) 詳細
[181]. 声道形状データを利用したTANDEM-STRAIGHTスペクトル包絡推定の最適化に関する検討 日本音響学会2009年秋季研究発表会講演論文集 pp.pp.391-392 (2009 9月) 詳細
[182]. 二話者の発声した音声に基づく声道長比の推定法と実測された身長比との関係について 日本音響学会2009年秋季研究発表会講演論文集 pp. pp.365-366 (2009 9月) 詳細
[183]. 音声Webインタフェースを用いて収集した実環境発話の分析 日本音響学会2009年秋季研究発表会講演論文集 pp.pp.125-126 (2009 9月) 詳細
[184]. 大人・子ども発話の自動識別に基づく安心ウェブシステムの検討 FIT2009 第8回情報科学技術フォーラム講演論文集 pp.pp.343-344 (2009 9月) 詳細
[185]. 安心ウェブの実現に向けた大人・子ども発話のネット収集実験 情報処理学会研究報告 pp.2009-SLP-77-19 (2009 7月) 詳細
[186]. 再合成音声の品質に体する音声スペクトル包絡推定法の影響について 電子情報通信学会技術研究報告 pp.vol.109, no.99, SP2009-34 (2009 6月) 詳細
[187]. 声道長の正規化に基づく簡易モーフィング音声の品質改良について 電子情報通信学会技術研究報告 pp.vol.109, no.99, SP2009-35 (2009 6月) 詳細
[188]. 視聴覚統合を利用した非言語的手段による音色知覚の評価について 電子情報通信学会技術研究報告 pp.vol.109, no.100, EA2009-26, pp.49-54 (2009 6月) 詳細
[189]. 音声中の複数の繰返し構造の表現とその基本周波数および 非周期性抽出への応用について 電子情報通信学会技術研究報告 pp.vol.109, no.100, EA2009-33 (2009 6月) 詳細
[190]. TANDEM-STRAIGHTおよび時変モーフィングのための研究用インタフェースの開発について 電子情報通信学会技術研究報告 pp.vol.108, no.465, SP2008-151, pp.51-56 (2009 3月) 詳細
[191]. Google N-gram を用いたN-gram 確率補完の検討 日本音響学会2009年春季研究発表会講演論文集 pp.pp.55-56 (2009 3月) 詳細
[192]. カスタマイズ性を重視した小規模N-gramの融合に関する検討 日本音響学会2009年春季研究発表会講演論文集 pp.pp.245-246 (2009 3月) 詳細
[193]. 声道断面積関数の補間によるモーフィング音声作成について -スペクトル概形の補償法の検討- 日本音響学会2009年春季研究発表会講演論文集 pp.pp.425-426 (2009 3月) 詳細
[194]. TANDEM-STRAIGHTにおけるスペクトル包絡推定精度の改善について 日本音響学会2009年春季研究発表会講演論文集 pp.pp.381-382 (2009 3月) 詳細
[195]. TANDEM-STRAIGHTを用いたF0推定法の最適化及び性能評価 - F0検出器の設計パラメタに関する検討 - 日本音響学会2009年春季研究発表会講演論文集 pp.pp.379-380 (2009 3月) 詳細
[196]. 視聴覚統合における刺激音の時間-周波数的特徴と視覚刺激の形状特徴の検討-人間の知覚特性に基づく音楽の可視化システムに向けて- 情報処理学会研究報告, 2009-MUS-79-13 (2009 2月) 詳細
[197]. 実時間操作インタフェースへの応用を目的とした歌唱モーフィング操作パラメタの時系列への拡張について 情報処理学会研究報告, 2008-MUS-78-16 pp.91-96 (2008 12月) 詳細
[198]. TANDEM-STRAIGHTに基づく基本周波数抽出法に関する一検討 電子情報通信学会技術研究報告 pp.Vol.108, No.338, SP2008-105/NLC2008-50 (2008 12月) 詳細
[199]. 基本周波数情報に基づく線形予測と時間軸伸縮を利用した非周期成分の抽出について 電子情報通信学会技術研究報告 pp.Vol.108, No.338, SP2008-93/NLC2008-38 (2008 12月) 詳細
[200]. 劣化音声の知覚特性と音声認識器の認識傾向の比較 日本音響学会聴覚研究会資料 pp.H-2008-142, Vol.38, No.8, pp.803-808 (2008 12月) 詳細
[201]. パネル討論 「アプリケーション開発における音声認識」 情報処理学会研究報告 pp.2008-SLP-73-11 (2008 10月) 詳細
[202]. 音声認識Webシステムにおける単語辞書構築技術 日本音響学会2008年秋季研究発表会講演論文集 pp.pp.197-198 (2008 9月) 詳細
[203]. 零周波数フィルタ信号に基づく基本周波数抽出法の評価と応用について 日本音響学会2008年秋季研究発表会講演論文集 pp.pp.423-424 (2008 9月) 詳細
[204]. ウェブ上の言語知識を利用した音声認識用単語辞書の更新手法 FIT2008 第7回情報科学技術フォーラム講演論文集(一般論文) pp.pp.189-190 (2008 9月) 詳細
[205]. 零周波数フィルタ信号に基づく基本周波数抽出法のTANDEM-STRAIGHTへの応用について 情報処理学会研究報告 pp.2008-MUS-76-17 (2008 8月) 詳細
[206]. TANDEM-STRAIGHTによるスペクトル包絡の近似精度の改善について ~基本周波数により定まるNyquist周波数以上の空間周波数成分の復元について~ 電子情報通信学会技術研究報告 pp.SP2008-23, pp.19-24 (2008 6月) 詳細
[207]. STRAIGHTを用いた簡易モーフィングによる印象変化の評価について 情報処理学会研究報告 pp.2008-HCI-128-8/2008-MUS-75-8, pp.43-48 (2008 5月) 詳細
[208]. リアルタイムSTRAIGHTの改良とSTRAIGHTライブラリの実装 電子情報通信学会技術研究報告 pp.SP2007-213, pp.157-162 (2008 3月) 詳細
[209]. 音声入力Web システムw3voice における音声認識手法の検討 日本音響学会2008年春季研究発表会講演論文集 pp.pp.51-52 (2008 3月) 詳細
[210]. 音声入力Webシステムによる音声認識アプリケーションの構築技術 情報処理学会第70回全国大会講演論文集 pp.3L-5, vol.5, pp.343-344 (2008 3月) 詳細
[211]. Web知識を二段階利用した単語辞書の更新手法 日本音響学会2008年春季研究発表会講演論文集 pp.pp.123-124 (2008 3月) 詳細
[212]. 多言語発話収集Web システムの構築と医療対話支援システムへの応用 日本音響学会2008年春季研究発表会講演論文集 pp.pp.463-466 (2008 3月) 詳細
[213]. TANDEM およびSTRAIGHT スペクトルに基づく基本周波数および非周期性の表現について 日本音響学会2008年春季研究発表会講演論文集 pp.pp.563-564 (2008 3月) 詳細
[214]. STRAIGHTに基づく柔軟な音声合成技術の開発 情報処理学会第70回全国大会講演論文集 pp.4L-5, vol.5, pp.357-358 (2008 3月) 詳細
[215]. 音声情報案内システム「たけまるくん」の運用 情報処理学会第70回全国大会講演論文集 pp.3L-1, vol.5, pp.335-336 (2008 3月) 詳細
[216]. (特別企画)デモンストレーション: 音楽・音声言語情報処理の研究紹介 情報処理学会研究報告 pp.2008-MUS-74-11 / 2008-SLP-70-11 (2008 2月) 詳細
[217]. ポップス系歌唱音声における基本周波数軌跡の楽譜からの変位について 情報処理学会研究報告 pp.2008-MUS-74-3 / 2008-SLP-70-3 (2008 2月) 詳細
[218]. TANDEM-STRAIGHTに基づく基本周波数の抽出と評価について 情報処理学会研究報告 pp.2007-SLP-69-45 (2007 12月) 詳細
[219]. 医療分野を対象とした多言語発話収集WebシステムOTOCKERの開発 電子情報通信学会技術研究報告 pp.AI2007-14 (2007 11月) 詳細
[220]. 分析位置に依存しない周期信号のパワースペクトル推定法に基づく音声分変換合成法STRAIGHTの再構成について 電子情報通信学会第22回信号処理シンポジウム pp.pp.310-315 (2007 11月) 詳細
[221]. 音声入力・認識機能を有するWebシステムw3voiceの開発と運用 情報処理学会研究報告 pp.2007-SLP-68-3 (2007 10月) 詳細
[222]. 音声入力Webシステムを用いた辞書共有型音声認識サービス 日本音響学会2007年秋季研究発表会講演論文集 (2007 9月) 詳細
[223]. 音声入力機能を有する対話型Webアプリケーションの公開試験 情報科学技術フォーラム一般論文(FIT2007) pp.7F-1 (2007 9月) 詳細
[224]. STRAIGHTにおける時間周波数分布の新しい定式化と実装について 日本音響学会2007年秋季研究発表会講演論文集 (2007 9月) 詳細
[225]. 病院受付における多言語間コミュニケーション支援システムM3の開発 マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2007)シンポジウム論文集 pp.355-363 (2007 7月) 詳細
[226]. 時間方向および周波数方向の終期性の影響を除去した周期信号のパワースペクトル表現について - STRAIGHTスペクトル推定の無調整化に向けて - 電子情報通信学会技術研究報告 pp.SP2007-26 (2007 6月) 詳細
[227]. 音声テクスチャーマッピングに基く変換関数を利用した音声モーフィングの自動化について 電子情報通信学会技術研究報告 pp.SP2007-6 (2007 5月) 詳細
[228]. 母音情報に基づく話者変換システムの提案--音声テクスチャマッピングの一実装例 電子情報通信学会技術研究報告 pp.SP2006-162 (2007 3月) 詳細
[229]. ネットワーク公開試験に向けた音声対話Webアプリケーションの開発 日本音響学会2007年春季研究発表会講演論文集 pp.17-18 (2007 3月) 詳細
[230]. 音声認識に用いた劣化音声に含まれる情報の検討 日本音響学会2007年春季研究発表会講演論文集 pp.475-476 (2007 3月) 詳細
[231]. 言語バリア解消を目指した音声認識医療受付対話支援システム 情報処理学会第69回全国大会講演論文集 pp.5F-5 (2007 3月) 詳細
[232]. 「たけまるくん」実環境音声案内システムのデータベースの整備と「キタちゃん」へのポータビリティーの検討 情報処理学会研究報告 pp.2006-SLP-64-31 (2006 12月) 詳細
[233]. [招待講演] 音声情報案内システム「たけまるくん」および「キタちゃん」の開発 情報処理学会研究報告 pp.2006-SLP-63-7 (2006 10月) 詳細
[234]. ロボット対話のための雑音認識手法に関する検討 日本音響学会2006年秋季研究発表会講演論文集 pp.135-136 (2006 9月) 詳細
[235]. 雑音認識能力を持つロボット対話インタフェース 日本音響学会2006年春季研究発表会講演論文集 pp.pp.203-204 (2006 3月) 詳細
[236]. 回帰分析による実環境対話音声の快・不快感情識別 日本音響学会2006年春季研究発表会講演論文集 pp.pp.359-360 (2006 3月) 詳細
[237]. ユビキタスホームにおける対話ロボットのための音声・雑音認識 情報通信研究機構 第3回ユビキタスホームワークショップ pp.35-39 (2006 3月) 詳細
[238]. HRP-2によるマルチモーダルインタラクション ~視覚と音声を利用した対話システムの構築~ 第23回日本ロボット学会学術講演会予稿集 pp.1H12 (2005 9月) 詳細
[239]. ユビキタスホームにおける対話ロボットのための音声・雑音認識の開発 電子情報通信学会技術研究報告 pp.NLC2005-32/PRMU2005-59 (2005 9月) 詳細
[240]. ユーザ感情理解に向けた実環境音声情報案内システムの収集発話分析 情報処理学会研究報告 pp.2005-SLP-57-17 (2005 7月) 詳細
[241]. 実環境音声情報案内システムにおける話者感情理解のための発話分析 日本音響学会2005年春季研究発表会講演論文集 pp.vol.1, pp.63-64 (2005 3月) 詳細
[242]. 公共音声情報案内システム「たけまるくん」の運用および収集発話の分析 情報処理学会研究報告 pp.2004-SLP-53-9 (2004 10月) 詳細
[243]. 公共音声情報案内システム『たけまるくん』の改善 日本音響学会2004年秋季研究発表会講演論文集 pp.vol.1, pp.215-216 (2004 9月) 詳細
[244]. STRAIGHTに基づく周波数・時間伸縮を用いた感情マッピング手法の検討 日本音響学会2004年秋季研究発表会講演論文集 pp.vol.1, pp.407-408 (2004 9月) 詳細
[245]. 実環境音声情報案内システムにおける発話感情理解についての検討 日本音響学会2004年秋季研究発表会講演論文集 pp.vol.1, pp.407-408 (2004 9月) 詳細
[246]. 実環境音声情報案内システムのための未知語検出の検討 日本音響学会2004年秋季研究発表会講演論文集 pp.vol.1, pp.125-126 (2004 9月) 詳細
[247]. 実環境音声情報案内システムにおける環境雑音および不要発話の識別 電子情報通信学会技術研究報告 pp.SP2003-172 (2004 1月) 詳細
[248]. 大人・子供に適応した音声情報案内のためのユーザ自動識別 電子情報通信学会技術研究報告 pp.SP2003-129/NLC2003-66 (2003 12月) 詳細
[249]. 生駒市コミュニティセンター音声情報案内システムの開発と運用 情報処理学会研究報告 pp.2003-SLP-45-6 (2003 2月) 詳細
[250]. Juliusを用いた学内案内ロボット用音声対話システムの作成 電子情報通信学会技術研究報告 pp.SP2001-99/NLC2001-64 (2001 12月) 詳細
[251]. 高齢者音声の認識 電子情報通信学会技術研究報告 pp.WIT2001-20 (2001 8月) 詳細
[252]. 相補的バックオフを用いた言語モデルの融合ツールの構築 情報処理学会研究報告 pp.2001-SLP-35-9 (2001 3月) 詳細
[253]. Webからの音声認識用言語モデル自動生成ツールの開発 情報処理学会研究報告 pp.2001-SLP-35-8 (2001 2月) 詳細
[254]. 音声入力を利用したWebコンテンツの作成支援環境 電子情報通信学会技術研究報告 pp.SP99-32 (1999 6月) 詳細
【受賞等】
[1]. 学会活動貢献賞 日本音響学会 国内 2016
[2]. FITヤングリサーチャー賞 FIT2007 第6回情報科学技術フォーラム(情報処理学会) 国内 2008
[3]. 情報処理学会 第65回全国大会 大会奨励賞 情報処理学会 国内 2003
【新聞掲載、テレビ・ラジオ出演】
[1]. 日刊工業新聞 2016
[2]. 和歌山放送ニュース 2012
[3]. Impress PC Watch 2005
[4]. Impress PC Watch 2005
【科学研究費補助金】
[1]. 挑戦的研究(萌芽) 認知モデルに基づくメタ知識獲得のためのアクティブラーニングのフレームワーク 分担 ( 2019 - 2021 )
[2]. 基盤研究(C) 音響信号から学修者の活性度を測るPBL指導支援システムの開発 代表 ( 2018 - 2020 )
[3]. 基盤研究(A) 聴覚特性に基づく明瞭音声の客観指標と音声聴覚支援手法の開発 分担 ( 2016 - 2019 )
[4]. 基盤研究(C) PBLの個人評価を目的とする活動音の可視化技術 代表 ( 2015 - 2017 )
[5]. 基盤研究(B) 聴覚情報の静的表現に基づく高度音声処理基盤の構築 分担 ( 2015 - 2017 )
[6]. 基盤研究(A) コンピュータ自動採点日本語スピーキングテストの実用化と妥当性の検証 分担 ( 2014 - 2016 )
[7]. 若手研究(B) ウェブインタフェースに向けた聴覚機構に基づく大人・子ども話者識別技術の研究 代表 ( 2013 - 2014 )
[8]. 基盤研究(B) 聴覚音声支援のための聴知覚特性の解明と信号処理開発 分担 ( 2013 - 2015 )
[9]. 基盤研究(B) 聴覚の情報表現に基づく高度音声分析変換合成方式の研究 分担 ( 2012 - 2014 )
[10]. 基盤研究(A)(一般) 音声認識技術を応用したコンピュ-タ自動採点日本語スピーキングテストの開発 分担 ( 2010 ~2012 (3年) )
[11]. 基盤研究(B) 音声知覚の基盤となる聴覚特性と計算理論の研究 分担 ( 2009 ~2012 (4年) )
[12]. 基盤研究(B)(一般) 多層モデルの階層間密統合に基づく音声理解フレームワークの研究 分担 ( 2009 ~2013 (5年) )
[13]. 若手研究(B) 若年話者を声で識別する安心ウェブシステムの研究開発 代表 ( 2008 ~2010 (3年) )
[14]. 基盤研究(A) 聴覚・音声機能の支援・拡張技術に関する総合的研究 分担 ( 2007 ~2010 (4年) )
[15]. 基盤研究(B) 初期聴覚系における寸法・形状知覚理論の検証と応用に関する研究 分担 ( 2006 ~2008 (3年) )
[16]. 萌芽研究 音声知覚特性の解析に対する音声認識技術の適用 分担 ( 2006 ~2008 (3年) )
[17]. 萌芽研究 音を放射しない音響システム構築に関する研究 分担 ( 2005 ~2006 (2年) )
[18]. 若手研究(B) 非音声入力音識別に基づく日常型ロボットインタフェースの開発 代表 ( 2005 ~2007 (3年) )
[19]. 萌芽研究 聴覚情報表現の不動点に基づく聴覚的情景分析空間の構築 分担 ( 2004 ~2004 (1年) )
[20]. 基盤研究(B) 能動的知覚モデルに基づく歌唱レンダリングシステム作成に関する研究 分担 ( 2004 ~2004 (1年) )
【公的資金】
[1]. 安全安心ICT基盤としての子ども話者識別技術の開発 (2011)
[2]. 医療現場における利用者適応型多言語間コミュニケーション支援のための基盤技術の研究開発 (2010)
[3]. テキストコーパスを必要としない大語彙音声認識システムの開発 (2010)
[4]. 音声対話制御に基づく若年話者判別法の研究 (2010)
[5]. 音声認識の大衆化を目指したドメイン操作インターフェイスの研究開発 (2009)
[6]. 肉声メディアによるウェブ教材用遠隔受講者確認システムの開発 (2008)
[7]. ウェブ入力インタフェースのためのトピック適応型音声認識の研究開発 (2008)
[8]. 音声インタフェースを持つ教育支援Webシステムの研究開発 (2007)
[9]. 次世代ロボット実用化プロジェクト・ヒューマノイドロボットのためのインタラクション・ミドルウェアの開発 (2004)
 

このページのトップへ