和歌山大学研究者総覧のホームページです。

ホーム > 研究関連情報

研究関連情報

image-profile

国際連携部門

教授

長友 文子 (ナガトモ アヤコ)

NAGATOMO Ayako

【学術誌掲載論文】
[1]. 発話における「いま」ー「動詞ーた」について- 和歌山大学クロスカル教育機構研究紀要 巻号:第1巻 pp.19-27 (2018 3月) 詳細
[2]. 「適応力」を持った人材養成としてのビジネス日本語 国際シンポジウム紀要 ビジネス日本語教育とグローバル人材育成 巻号:創刊号 pp.163-173 (2017 10月) 詳細
[3]. 「~す、さす」型の動詞を用いた使役表現について-日本語教育の立場から-」 和歌山大学国際教育研究センター年報 巻号:第12号 pp.75-84 (2016 3月) 詳細
[4]. 自他動詞と使役形の関連-動詞学習のために- 2015年ホーチミン市の日本語教育シンポジウム 東南アジアの日本語教育の役割 紀要 巻号:創刊号 pp.102-108 (2015 9月) 詳細
[5]. 「外国語としての日本語」クラスで「-た」をどう教えるか」 和歌山大学国際教育研究センター年報 巻号:第11号 pp.75-84 (2015 3月) 詳細
[6]. 地域の学びを通しての「日本事情」の試み 和歌山大学国政教育研究センター年報 巻号:第10号 pp.71-83 (2014 年度) 詳細
[7]. 大学と地域の特色を生かした教材開発 和歌山大学国政教育研究センター年報 巻号:第9号 pp.81-91 (2013 年度) 詳細
[8]. 留学生と地域の学び 紀州経済史文化史研究所紀要 巻号:第34号 pp.1-17 (2013 年度) 詳細
[9]. 日本語教育における複合動詞の扱い方について 国際教育研究センター年報 巻号:8号 pp.97-105 (2012 年度) 詳細
【国際会議発表】
[1]. 「適応力」をもった人材養成としてのビジネス日本語 2017年ハノイ貿易大学 国際シンポジウム ビジネス日本語教育とグローバル人材育成 (2017 6月) 詳細
[2]. 「適応力」をもった人材養成としてのビジネス日本語 2017年ハノイ貿易大学 国際シンポジウム ビジネス日本語教育とグローバル人材育成 (2017 6月) 詳細
[3]. 自他動詞と使役形の関連-動詞学習のために- 2015年ホーチミン市の日本語教育国際シンポジウム (2015 9月) 詳細
[4]. 自他動詞と使役形の関連-動詞学習のために- 2015年ホーチミン市の日本語教育国際シンポジウム (2015 9月) 詳細
[5]. 大学と地域の特色を生かした教材開発の研究 日本語教育国際研究大会 (2012 8月) 詳細
【研究ノート】
[1]. 和歌山大学の留学生と国際教育 『21世紀WAKAYAMA』(和歌山社会経済研究所) 巻号:vol.71 pp.16-19 (2012 12月) 詳細
[2]. 大学院留学生のためのアカデミック・ライティングイグコースについての考察 和歌山大学国際教育研究センター年報 巻号:第7号 pp.73-85 (2011 3月) 詳細
【著書】
[1]. マイの和歌山大学留学 和歌山大学国際教育研究センター 80 (2012 3月) 詳細
[2]. クリスの和歌山大学留学(改定第2版) 国際教育研究センター 81 (2009 3月) 詳細
[3]. クリスの和歌山大学留学 国際教育研究センター 79 (2008 3月) 詳細
【紀要等】
[1]. 30万人計画期におけるIERセンターの役割 国際教育研究センター年報 巻号:第6号 pp.92-101 (2010 3月) 詳細
[2]. 大学の国際戦略と「留学生30万人計画」-和歌山大学における留学生受入れの課題- 和歌山大学国際教育研究センター年報 巻号:第5号 pp.67-80 (2009 3月) 詳細
[3]. 留学生の多様化と日本語教育の現状-和歌山大学の場合- 和歌山大学国際教育研究センター年報 巻号:第4号 pp.53-62 (2008 3月) 詳細
[4]. 紀州研ミュージアムボランティアその3-紀州研ミュージアムボランティア(日本人学生)と留学生による共修授業「日本事情」からみえたこと 和歌山大学紀州経済史文化史研究所紀要 巻号:第29号 pp.49-57 (2008 3月) 詳細
[5]. 外国語としての日本語と共生社会 和歌山大学国際教育研究センター年報 巻号:第3号 pp.41-48 (2007 3月) 詳細
【プロシーディングス、解説記事等】
[1]. IERセンター事業報告 国際教育研究センター年報、13号 pp.25-35 (2017 3月) 詳細
[2]. 国際教育研究センターの13年を振り返って 国際教育研究センター年報、13号 pp.63-67 (2017 3月) 詳細
[3]. 第13回カーティン大学短期語学研修の報告 国際教育研究センター年報、13号 pp.48 (2017 3月) 詳細
[4]. 中南米海外移住者子弟との交流事業 国際教育研究センター年報、13号 pp.61 (2017 3月) 詳細
[5]. IERセンター事業報告 国際教育研究センター年報、12号 pp.9-17 (2016 3月) 詳細
[6]. IERセンター報告「2015年ホーチミン市の日本語教育国際シンポジウムに参加して」 国際教育研究センター年報、12号 pp.42-44 (2015 3月) 詳細
[7]. IERセンター事業報告 国際教育研究センター年報、11号 pp.9-17 (2015 3月) 詳細
[8]. 敬語の正しい使い方 わかやまの冠婚葬祭、LIVING pp.9 (2014 10月) 詳細
[9]. IERセンター特集記事「ASEAN プログラムにおける日本語教育」 国際教育研究センター年報、11号 pp.27-28 (2014 3月) 詳細
[10]. 日本語と日本人のこころ ~2014年ブラジル訪問報告~ 2012年度2014年度青少年海外交流事、業報告書、公益財団法人和歌山県国際交流協会 pp.9-13 (2014 年度) 詳細
[11]. IERセンター事業報告、特集記事 国際教育研究センター年報、10号 pp.12-15、21-25 (2013 3月) 詳細
[12]. IERセンター特集記事「IERセンター、10年間を振り返って・・・」 国際教育研究センター年報、10号 pp.12-15 (2013 3月) 詳細
[13]. IERセンター事業報告 国際教育研究センター年報、10号 pp.12-15 (2013 3月) 詳細
[14]. 和歌山大学の留学生と国際教育 21世紀WAKAYAMA、VOL.71 pp.16-19 (2012 12月) 詳細
[15]. IERセンター事業報告 国際教育研究センター年報、9号 pp.10-15 (2012 3月) 詳細
[16]. IERセンター特集「和歌山大学における日本語教育の新展開」 国際教育研究センター年報、9号 pp.42-43 (2012 3月) 詳細
[17]. IERセンター特集「新しい「JAPAN STUDY」」 国際教育研究センター年報、9号 pp.50-55 (2012 3月) 詳細
[18]. IERセンター挨拶「2011年を振り返って」 国際教育研究センター年報、8号 pp.5 (2011 3月) 詳細
[19]. IERセンター事業報告 国際教育研究センター年報、8号 pp.10-13 (2011 3月) 詳細
[20]. IERセンター事業報告 国際教育研究センター年報、8号 pp.10-13 (2011 年度) 詳細
[21]. 年報8号特集によせて「ブリッジウォーター州立大学」 国際教育研究センター年報、8号 pp.21-22、30-32 (2011 年度) 詳細
[22]. 報告、「国際交流の意義「セッコウ師範大学&首都師範大学への訪問から得たこと」」 国際教育研究センター年報、8号 pp.41-43 (2011 年度) 詳細
[23]. IERセンター事業報告 和歌山大学国際教育研究センター年報、第7号 pp.10-12 (2010 年度) 詳細
[24]. IERセンター挨拶 和歌山大学国際教育研究センター年報、第7号 pp.5 (2010 年度) 詳細
[25]. IERセンター編集後記 和歌山大学国際教育研究センター年報、第7号 pp.86 (2010 年度) 詳細
[26]. IERセンター事業報告 和歌山大学国際教育研究センター年報、第6号 pp.10-14 (2009 年度) 詳細
[27]. 「ボランティア日本語教員養成講座」について 和歌山大学国際教育研究センター年報、第6号 pp.61-63 (2009 年度) 詳細
[28]. IERセンター事業報告 和歌山大学国際教育研究センター年報、第5号 pp.16-18 (2008 年度) 詳細
[29]. 『クリスの和歌山大学留学』紹介 和歌山大学国際教育研究センター年報、第5号 pp.54-55 (2008 年度) 詳細
[30]. 「ベトナム市民ホーチミン大学との交流」報告 和歌山大学国際教育研究センター年報、第5号 pp.37-40 (2008 年度) 詳細
[31]. IERセンター事業報告 和歌山大学国際教育研究センター年報、第4号 pp.11-12 (2007 年度) 詳細
[32]. IERセンター事業報告 和歌山大学国際教育研究センター年報、第3号 pp.10-11 (2006 年度) 詳細
【国内会議発表】
[1]. 「大学における日本語教育」-日本人学生との共修を通じての国際理解教育の推進 第23回国立大学日本語教育研究協議会 (2008 5月) 詳細
[2]. 助動詞「たい・たがる」の使い分け指導 シドニー大学日本語教育研究会、教材開発部門 (2001 3月) 詳細
【招待講演、パネリスト、基調講演等】
[1]. 和歌山大学の留学生について 西ロータリー例会、留学生卒業記念アルバム贈呈式 (2018 3月) 詳細
[2]. 和歌山大学の留学生の移り変わり 西ロータリー例会、留学生卒業記念アルバム贈呈式 (2016 3月) 詳細
[3]. 和歌山大学の留学生の多様化 西ロータリー例会、留学生卒業記念アルバム贈呈式 (2015 2月) 詳細
[4]. 「日本語教育事情」 キワニス例会 (2014 5月) 詳細
[5]. 「留学生の現状と課題」 ロータリー例会 (2014 3月) 詳細
[6]. 日本語教育と教材開発 日本語教育研究会 (2013 8月) 詳細
[7]. 外国人日本語学習者が日本語を習得するあめのプロセスについて 教職員・教育関係者 外国につながる児童生徒の学習支援等に関する研修会 (2013 2月) 詳細
[8]. 日本語から世界を見る 近畿高等学校総合文化祭 (2012 11月) 詳細
[9]. 日本語教育と教材開発 日本語教育研究会 (2012 8月) 詳細
[10]. 地域の国際化と共生社会のあるべき姿についての講演講師 WIT例会 (2010 1月) 詳細
[11]. 異文化理解とコミュニケーション 英語部会総会 (2009 6月) 詳細
[12]. 日本語教育事情 -過去・現在・未来- ベトナム国立ホーチミン市師範大学 (2008 9月) 詳細
【新聞掲載、テレビ・ラジオ出演】
[1]. 朝日新聞 2016
[2]. リブング和歌山 2013
[3]. テレビ和歌山 2012
[4]. 和歌山新報 2010
[5]. 和歌山放送 2010
[6]. NHK和歌山 2008
[7]. 読売新聞(4月)、NHK和歌山(11月)、 2008
【共同研究・プロジェクト等】
[1]. e-learning日本語教材開発 (2019)
[2]. 日本語教材開発 (2018)
[3]. 日本語教材開発 (2017)
[4]. 日本語教材開発 (2016)
[5]. 日本語教材開発 (2015)
[6]. 日本語教材開発 (2014)
[7]. 日本語教材開発 (2013)
[8]. 日本語教材開発 (2012)
[9]. 日本語教材開発 (2011)
[10]. 日本語教材開発 (2008)
【国際研究交流】
[1]. ベトナム国立ホーチミン市師範大学日本語学部 (2019)
[2]. ベトナム国立ホーチミン市師範大学日本語学部 (2018)
[3]. ベトナム国立ホーチミン市師範大学日本語学部 (2017)
[4]. ベトナム国立ホーチミン市師範大学日本語学部 (2016)
[5]. ベトナム国立ホーチミン市師範大学日本語学部 (2015)
[6]. ベトナム国立ホーチミン市師範大学日本語学部 (2014)
[7]. ベトナム国立ホーチミン市師範大学日本語学部 (2013)
[8]. ベトナム国立ホーチミン市師範大学日本語学科 (2012)
[9]. ベトナム国立ホーチミン市師範大学日本語学科 (2011)
[10]. CurtinUT Division of Humanity Asian Studies (2011)
[11]. ベトナム国立ホーチミン市師範大学日本語学科 (2011)
[12]. CurtinUT Division of Humanity Asian Studies (2010)
[13]. ベトナム国立ホーチミン市師範大学日本語学科 (2010)
[14]. ベトナム国立ホーチミン市師範大学日本語学科 (2009)
[15]. CurtinUT Division of Humanity Asian Studies (2009)
[16]. CurtinUT Division of Humanity Asian Studies(Dr.K.Kawasaki) (2008)
[17]. CurtinUT Department of Language & Intercultural Education (Rinda Hough) (2008)
[18]. ベトナム国立ホーチミン市師範大学日本語学科 (2008)
【その他の研究交流】
[1]. 国立大学日本語教育研究協議会 研究協議会 (2019)
[2]. ビジネス日本語研究会 ビジネス日本語研究会 第22回研究会  (2019)
[3]. (公益社団法人)日本語教育学会 日本語教育学会春季大会 (2019)
[4]. (公益社団法人)日本語教育学会 日本語教育学会秋季大会 (2019)
[5]. 協働実践研究会代表者、池田玲子 第15回協働実践研究会 (2019)
[6]. 教養教育の在り方に関する検討委員会 和歌山大学における教養教育改革についての説明会 (2018)
[7]. (教育・学生・入試担当)理事 和歌山大学の教育の内部保障に係る学内説明会 (2018)
[8]. 国立大学日本語教育研究協議会 研究協議会 (2018)
[9]. ビジネス日本語研究会 ビジネス日本語研究会 第22回研究会  (2018)
[10]. 日本語教育学会 日本語教育学会春季大会 (2018)
[11]. ビジネス日本語研究会 ビジネス日本語研究会 第22回研究会  (2017)
[12]. 国立大学日本語教育研究協議会 研究協議会 (2017)
[13]. 日本語教育学会 日本語教育学会春季大会 (2017)
[14]. 国立大学日本語教育研究協議会 研究協議会 (2016)
[15]. 日本語教育学会 日本語教育学会春季大会 (2016)
[16]. 和歌山大学 科研費説明会 (2016)
[17]. 和歌山大学 科研費説明会 (2015)
[18]. 日本語教育学会 日本語教育学会春季大会 (2015)
[19]. 国立大学日本語教育研究協議会 研究協議会 (2015)
[20]. 子どもの日本語教育学会 第一回子どもの日本語教育学会 (2015)
[21]. 和歌山大学 科研費説明会 (2014)
[22]. 国立大学日本語教育研究協議会 研究協議会 (2014)
[23]. 日本語教育学会 日本語教育学会春季大会 (2014)
[24]. 和歌山大学 科研費説明会 (2013)
[25]. 国立大学日本語教育研究協議会 研究協議会 (2013)
[26]. 日本語教育学会 日本語教育学会春季大会 (2013)
[27]. 国立大学日本語教育研究協議会 研究協議会 (2012)
[28]. 和歌山大学 科研費説明会 (2012)
[29]. 日本語教育学会 日本語教育学会春季大会 (2012)
[30]. 日本語教育学会 日本語教育国際研究大会 (2012)
[31]. 日本語教育学会 日本語教育学会春季大会 (2011)
[32]. 研究・社会連携推進課 科研費説明会 (2010)
[33]. 日本語教育学会 日本語教育学会春季大会 (2010)
[34]. 国立大学日本語教育研究協議会 研究協議会 (2010)
[35]. 研究・社会連携推進課 科研費説明会 (2009)
[36]. 日本語教育学会 日本語教育学会春季大会 (2009)
[37]. 国立大学日本語教育研究協議会 研究協議会 (2009)
[38]. 研究・社会連携推進課 科研費説明会 (2008)
[39]. 日本語教育学会 日本語教育学会春季大会 (2008)
[40]. 国立大学日本語教育研究協議会 研究協議会 (2008)
[41]. 日本語教育学会 日本語教育学会春季大会 (2007)
[42]. 国立大学日本語教育研究協議会 研究協議会 (2007)
[43]. 日本語教育学会 日本語教育学会春季大会 (2006)
[44]. 国立大学日本語教育研究協議会 研究協議会 (2006)
【科学研究費補助金】
[1]. 基盤研究(C) キャリア教育の観点から見た日本語スキルについての実態調査研究 代表 ( 2019 - 2021 )
 

このページのトップへ