和歌山大学研究者総覧のホームページです。

ホーム > 研究関連情報

研究関連情報

教育学部 英語教育 (教養・協働教育部門)

教授 (副学長,教養・協働教育部門長,教育・地域支援部門長,人文社会科学系学系長)

永井 邦彦 (ナガイ クニヒコ)

NAGAI Kunihiko

【論文】
[1]. 鬼神ヲ哭シムルモノアリ ― イーストウッドの『硫黄島からの手紙』に触発されて ― 『点描―欧米の文学』欧米言語・文学研究会編 大阪教育図書(大阪) 巻号:Ⅵ pp.31ー73頁 (2013 4月) 詳細
[2]. クリント・イーストウッドの『硫黄島からの手紙』  ―総指揮官と一兵卒の物語― 和歌山大学教育学部紀要 ―人文科学― 巻号:第63集 pp.215-224頁 (2012 年度) 詳細
[3]. 硫黄島からベトナムへ、そしてふたたび硫黄島―アメリカの戦争映画についての一考察 『点描―欧米の文学』欧米言語・文学研究会編 大阪教育図書(大阪) 巻号:Ⅴ pp.327~361頁 (2010 年度) 詳細
[4]. 点描―欧米の文学Ⅳ 映画『スター・ウォーズ・シリーズ』を読み解く ― 新旧三部作をつなぐ仕掛け 欧米言語・文学研究会編 大阪教育図書(大阪) 全235頁(分担)177~225頁 (2009 7月) 詳細
[5]. 点描―欧米の文学Ⅲ 時間について考える(1)―『モモ』の直線的時間をてがかりにして 欧米言語・文学研究会編 大阪教育図書(大阪) 全203頁(分担)111~139頁 (2008 3月) 詳細
[6]. 物語とファンタジー(Ⅰ)―『モモ』から『はてしない物語』へ 和歌山大学教育学部紀要(人文科学)第58集 93~99頁 (2008 2月) 詳細
[7]. 生と死と心と時間            -ミヒャエル・エンデの『モモ』についての一考察 点描―欧米の文学Ⅱ和歌山大学欧米文学論集編集委員会1~43頁 (2006 3月) 詳細
[8]. カフカの『審判』についての予備研究  -原稿の成立と編集 和歌山大学教育学部紀要(人文科学) 第55集 97~102頁 (2005 2月) 詳細
[9]. カフカの『失踪者』の構造について 和歌山大学教育学部紀要(人文科学) 第52集 221~230頁 (2002 2月) 詳細
[10]. カフカの『失踪者』について -覚書のまとめ 和歌山大学教育学部紀要(人文科学) 第51集 245~260頁 (2001 2月) 詳細
[11]. オクラホマ大劇場とは何か -カフカの『失踪者』について 和歌山大学教育学部紀要(人文科学) 第51集 261~271頁 (2001 2月) 詳細
[12]. カフカの『失踪者』について -第7章と第8章および断章についての覚書 和歌山大学教育学部紀要(人文科学) 第49集 121~141頁 (1999 2月) 詳細
[13]. カフカの『失踪者』について -第4、5、6章についての覚書 和歌山大学教育学部紀要(人文科学) 第48集 157~174頁 (1998 2月) 詳細
[14]. カフカの『失踪者』について -第2章と第3章についての覚書 和歌山大学教育学部紀要(人文科学) 第47集 131~145頁 (1997 2月) 詳細
[15]. カフカの3人の『息子たち』について 和歌山大学教育学部紀要(人文科学) 第46集  107~117頁 (1996 2月) 詳細
[16]. カフカの『火夫』について 和歌山大学教育学部紀要(人文科学) 第45集 pp.99-114 (1995 2月) 詳細
[17]. カフカの『判決』について 和歌山大学教育学部紀要(人文科学) 第44集 pp.57-68 (1994 2月) 詳細
[18]. またしてもパースペクティヴ論か? -カフカの『変身』について- 和歌山大学教育学部紀要(人文科学) 第43集 95~108頁 (1993 2月) 詳細
[19]. カフカの『変身』について ドイツ文学論攷 阪神ドイツ文学会 第34号 53~69頁 (1992 12月) 詳細
[20]. カフカの『断食芸人』について ドイツ文学論攷  阪神ドイツ文学会 第28号 55~69頁 (1986 12月) 詳細
[21]. Zwischen Einsamkeit und Gemeinschaft -Notizen zu Franz Kafka 和歌山大学教育学部紀要(人文科学) 第34集 237~244頁 (1985 2月) 詳細
[22]. 『ある戦いの記述』から『観察』へ -カフカ初期作品についての一考察 ドイツ文学論攷  阪神ドイツ文学会 第25号 45~58頁 (1983 12月) 詳細
[23]. Aufbruch zur ungeheueren Reise -Anmerkungen uber das Negative und das Positive bei Kafka- 和歌山大学教育学部紀要(人文科学) 第32集 115~121頁 (1983 2月) 詳細
[24]. Ein Versuch uber Kafkas Gedanken zum schriftstellerdasein 和歌山大学教育学部紀要(人文科学) 第31集 89~102頁 (1982 2月) 詳細
【その他の著作】
[1]. 大学教育における映像文化論の展開 研究報告 DOCENDO DISCIMUS pp.16-29 (2015 3月) 詳細
【科学研究費補助金】
[1]. 挑戦的萌芽研究 今、新たな教養像の構築に向けて、教育哲学の果たすべき役割とは? 分担 ( 2012 - 2014 )
 

このページのトップへ