和歌山大学研究者総覧のホームページです。

ホーム > 研究関連情報

研究関連情報

教育学部 英語教育

准教授

松山 哲也 (マツヤマ テツヤ)

MATSUYAMA Tetsuya

【論文】
[1]. Remarks on the Head-Transfer Approach to Free Relatives in English Gakugei Liberal Arts of Wakayama University 巻号:65 pp.21-26 (2019 年度) 詳細
[2]. Transparent Free Relatives as Specifying Coordination English Linguistics 巻号:34 pp.235—265 (2018 3月) 詳細
[3]. On the Syntactic Structure of the Presentational Amalgam Construction 和歌山大学教育学部紀要 人文科学  巻号:67号 pp.121-127 (2017 年度) 詳細
[4]. A Note on Transparent Free Relatives 和歌山大学教育学部紀要 人文科学  巻号:66号 pp.59-67 (2016 年度) 詳細
[5]. The Syntactic Structure of Wh-syntactic Amalgams English Linguistics 巻号:32巻 1号 pp.78–101 (2015 年度) 詳細
[6]. wh語を伴った統語的融合体の統語構造について 和歌山大学教育学部紀要(人文科学) 巻号:64 pp.87-94 (2014 2月) 詳細
[7]. 日本語の脱使役化動詞と英語の対応表現のずれ              『学芸』(和歌山大学学芸学会) 巻号:59号 pp.123-130. (2013 3月) 詳細
[8]. 構文的イディオムとしてのMP away from 和歌山大学教育学部紀要(人文科学) 巻号:63 pp.85-92 (2013 2月) 詳細
[9]. On a Certain Temporal Use of Into: A Conceptual Semantic Analysis English Linguistics 巻号:Vol. 29. No.2 pp.344-356 (2012 12月) 詳細
[10]. A Metaphorical Extension of the Locational Use of Into Gakugei (Liberal Arts Society of Wakayama University) 巻号:58 pp.151-156 (2012 3月) 詳細
[11]. MP away from V-ing 構文の意味的多様性 英語語法文法研究 巻号:18号 pp.126-142 (2011 12月) 詳細
[12]. Ten minutes into the walkという構文の語彙概念構造 鹿児島県立短期大学紀要(人文・社会科学編)    巻号:59号 pp.31-44 (2008 12月) 詳細
[13]. A Note on the Two-Sided Behavior of N after N English Linguistics 巻号:Vol. 23: No.2 pp.446-453 (2006 12月) 詳細
[14]. On Productivity and Idiomaticity of NPN Constructions: A Corpus-based Study Studies in English Grammar and Usage(英語語法文法学会) 巻号:Vol. 12 pp.47- 62 (2005 12月) 詳細
[15]. The N after N Construction: A Constructional Idiom English Linguistics(The English Lingusitic Society of Japan)  巻号:Vol.21: No.1 pp.55-84 (2004 12月) 詳細
[16]. The N after N Expression: A Syntax-Semantic Mismatch. Metropolitan Linguistics (Tokyo Metropolitan University) 巻号:Vol. 22  pp.18-37 (2002 12月) 詳細
[17]. Because-Subject Construction and the Extended Projection Principle English Linguistics 巻号:Vol.18: No.2 pp.329-355 (2001 12月) 詳細
[18]. Transparency in Bare Infinitival Complements in English and Overt Feature Movement English Linguistics (The English Lingusitic Society of Japan) 巻号: Vol.16: No. 2 pp.405-435 (1999 2月) 詳細
[19]. Two-sided Behavior of Subject of Acc-ing Gerund Metropolitan Linguistics (Tokyo Metropolitan University) 巻号: Vol. 18 pp.50-64 (1998 12月) 詳細
[20]. Syntactic Peculiarities of Causative Construction in English and Incorporation Metropolitan Linguistics (Tokyo Metropolitan University) 巻号:Vol.17 pp.75-91 (1997 12月) 詳細
【著書】
[1]. 『ことばの思想家50人 ─重要人物からみる言語学史』 朝倉書店 全320頁 (2016 年度) 詳細
[2]. <不思議>に満ちたことばの世界(下) 開拓社 (2016 年度) 詳細
[3].  『英語研究の次世代に向けてー秋元実治教授退職記念論文集』  ひつじ書房 全583頁 (2010 5月) 詳細
[4]. 『オックスフォード言語学辞典』 朝倉書店 全479頁 (2009 2月) 詳細
[5]. 『言語科学の真髄を求めて 中島平三 教授還暦記念論文集』   ひつじ書房(東京) 全556貢 (2006 9月) 詳細
[6].  『文法化―新たな展開』  英潮社(東京) 全235 (2006 7月) 詳細
[7]. 『「最新」英語構文事典』 第51章 副詞 大修館書店(東京) 全935 (2001 11月) 詳細
[8]. 『補文構造』  研究社出版(東京) 全208頁 (2001 5月) 詳細
【その他の著作】
[1]. XP away from V-ingという構文について 日本言語学会第141回大会予稿集、日本言語学会 pp.308-313頁 (2010 11月) 詳細
[2]. intoを伴う到達経路表現について:構文文法的な視点から 日本言語学会第135回大会予稿集(日本言語学会) pp.308-313頁 (2007 11月) 詳細
[3]. 裸複数名詞としてのN after N構文 『英語青年』 152巻9号 567~569項  研究社出版(東京) pp. 567~569項 (2006 8月) 詳細
[4]. N after N 表現:統語と意味のミスマッチ 『英語青年』 149巻2号 116~117貢 研究社出版(東京) (2003 12月) 詳細
[5]. 使役・知覚動詞補文の透明性の効果について 日本英語学会第16回大会研究発表論文集(日本英語学会) pp.131~141貢 (1999 12月) 詳細
[6]. 主語統御動詞補文の透明性の効果について 日本英語学会第15回大会研究発表論文集(日本英語学会) pp.101~110貢 (1998 12月) 詳細
[7]. Transparent Infinitival Complements to Certain Control Verbs”  Proceedings of TACL Summer Institute of Linguistics 1996 (Tokyo Area Circle of Linguistics) . pp.pp.49-59 (1996 12月) 詳細
【学会発表】
[1]. XP away from -ing構文について 日本言語学会 第141回大会 (2010 11月) 詳細
[2]. 謎解きの英語学: 動詞の意味と構文の関係を中心に 和歌山英語教育研究会 (2010 7月) 詳細
[3]. intoを伴う到達経路表現について:構文文法的な視点から 日本言語学会 第135回大会 (2007 11月) 詳細
[4]. NPN構文について~N after Nを中心に 日本英語学会第23回大会 (2005 11月) 詳細
[5]. N after N表現の文法化とイディオム化  第12回英語語法文法学会 (2004 10月) 詳細
[6]. Because節主語とEPP効果 日本英文学会第72回大会 (2000 5月) 詳細
[7]. 使役・知覚動詞補文の透明性の効果について 日本英語学会第16回大会 (1998 11月) 詳細
[8]. Remarks on the Monoclausality of Subject Control Constructions 日本英語学会第15回大会 (1997 11月) 詳細
[9]. Transparent Infinitival Complements to Certain Control Verbs 第3回(大妻女子大)東京地域夏季言語学会 (1996 9月) 詳細
【その他の研究交流】
[1]. 日本英語学会 第32回日本英語学会 (2014)
【科学研究費補助金】
[1]. 基盤研究(C) 対称的ラベル付け構造の実証的・理論的研究 代表 ( 2018 - 2020 )
[2]. 基盤研究(C) 英語の統語的融合体の理論的・実証的研究 代表 ( 2015 - 2017 )
[3]. 若手研究(B) 「表示的モジュール性」に基づいた英語の統語的不規則性に関する研究 代表 ( 2004 ~2006 (3年) )
 

このページのトップへ