和歌山大学研究者総覧のホームページです。

ホーム > 研究関連情報

研究関連情報

image-profile

システム工学部 デザイン情報学科 (学術情報センター)

教授 (学術情報センター長)

入野 俊夫 (イリノ トシオ)

IRINO Toshio

【学術誌掲載論文】
[1]. 声道形状と声帯音源特性の操作に基づいたグロウル系歌唱の印象付与法 電子情報通信学会誌 巻号:J99-D(3) pp.pp.283-292 (2016 3月) 詳細
[2]. The effect of peripheral compression on syllable perception measured with a hearing impairment simulator Advances in Experimental Medicine and Biology 巻号:894 pp.pp. 307-314 (2016 3月) 詳細
[3]. 劣化音声認識における単語の音響的連続性とモーラ遷移情報の影響の評価 日本音響学会誌,66巻10号 巻号:70(11) pp.578-588 (2014 11月) 詳細
[4]. Controlling linguistic information and filtered sound identity for a new cross-synthesis vocoder Acoust. Sci. & Tech. 巻号:34 (4) pp.pp.287-288 (2013 7月) 詳細
[5]. Accurate estimation of compression in simultaneous masking enables the simulation of hearing impairment for normal hearing listeners Advances in Experimental Medicine and Biology 巻号:787 pp.73-80 (2013 4月) 詳細
[6]. Comparison of performance with voiced and whispered speech in word recognition and mean-formant-frequency discrimination Speech Commun. 巻号:54 (9) pp.pp.998-1013 (2012 11月) 詳細
[7]. スペクトルピークを強調したF0適応型スペクトル包絡抽出法の最適化と評価 電子情報通信学会 論文誌A 巻号:J94-A(8) pp.pp.557-567 (2011 8月) 詳細
[8]. Evaluation of voice morphing using vocal tract length normalization based on auditory filterbank J. Signal Processing 巻号:Vol. 15 (4) pp.pp.283-286 (2011 7月) 詳細
[9]. Perception of vowel sequence with varying speaker size Acoust. Sci. & Tech. (ed. by the Acoustical Society of Japan) 巻号:Vol. 31 (2) pp.pp.156-164 (2010 3月) 詳細
[10]. 分析時刻に依存しない周期信 号のパワースペクトル推定法を用いた音声分析 電子情報通信学会論文誌 巻号:Vol.J92-A, No.3 pp.pp.163-171 (2009 3月) 詳細
[11]. Perception of size modulated vowel sequence: Can we normalize the size of continuously changing vocal tract? Acoust. Sci. & Tech. 巻号:30 (2) pp.pp. 83-88 (2009 3月) 詳細
[12]. A method for fundamental frequency estimation and voicing decision: application to infant utterances recorded in real acoustical environments Speech Communication 巻号:Vol 50 pp.pp 203-214 (2008 3月) 詳細
[13]. 窓関数による分析時刻の影響 を受けにくい周期信号のパワースペクトル推定法 電子情報通信学会 論文誌 A (研究速報/レター) 巻号:Vol.J 90-D, No.12 pp.pp.3265-3267 (2007 12月) 詳細
[14]. 単母音による歌唱音声スペクトルの統計的分析に基づく音色制御法の提案と評価 情報科学技術レターズ, FIT2007 第6回情報科学技術フォーラム (レター) pp.pp.119-122 (2007 12月) 詳細
[15]. Detection of temporal modulation of size in vowel sequences Acost. Sci. & Tech.   (レター) 巻号:28 (5) pp.pp. 349-351 (2007 9月) 詳細
[16]. 測定用信号として音声を用いたクロススペクトル法によるインパルス応答推定の誤差評価 電子情報通信学会論文誌 A 巻号:Vol.J90-A, No.7 pp.pp.559-566 (2007 7月) 詳細
[17]. Implementation of realtime STRAIGHT speech manipulation system: Report on its first implementation Acost. Sci. & Tech. 巻号:28 (3) pp.pp. 140-146 (2007 5月) 詳細
[18]. A dynamic, compressive gammachirp auditory filterbank IEEE Trans. Audio, Speech, and Language Process. 巻号:14(6) pp.pp.2222-2232 (2006 11月) 詳細
[19]. Speech segregation using an auditory vocoder with event-synchronous enhancements IEEE Trans. Audio, Speech, and Language Process. 巻号:14(6) pp.pp.2212-2221 (2006 11月) 詳細
[20]. Comparison of the roex and gammachirp filters as representation of the auditory filter J. Acout. Soc. Am. 巻号:120(3) pp.pp.1474-1492 (2006 9月) 詳細
[21]. 暗騒音と高調波歪みに 頑健なインパルス応答測定用信号:Warped-TSP 電子情報通信学会論文誌 A 巻号:Vol.J89-A, No.1 pp.pp.7-14 (2006 1月) 詳細
[22]. The processing and perception of size information in speech sounds J. Acoust. Soc. Amer. (2005 1月) 詳細
[23]. Robust and accurate fundamental frequency estimation based on dominant haramonic components J. Acoust. Soc. Amer. 巻号:116(6) pp.pp.3690-3700 (2004 12月) 詳細
[24]. Extending the domain of center frequencies for the compressive gammachirp auditory filter J. Acoust. Soc. Amer. 巻号:114 (3) pp.1529-1542 (2003 9月) 詳細
[25]. Segregating information about the size and shape of the vocal tract using a time-domain auditory model: The Stabilised Wavelet Mellin Transform Speech Communication pp.181-203 (2002 3月) 詳細
[26]. Improvement of an IIR asymmetric compensation gammachirp filter Acost. Sci. & Tech. pp.426-430 (2001 11月) 詳細
[27]. A compressive gammachirp auditory filter for both physiological and psychophysical data J. Acoust. Soc. Amer. pp.2008-2022 (2001 5月) 詳細
[28]. 調波成分の瞬時周波数を用いた基本周波数推定方法 電子情報通信学会誌、D-II, J83-D-II pp.2077-2086 (2000 11月) 詳細
[29]. An analysis/synthesis auditory filterbank based on an IIR implementation of the gammachirp J. Acoust. Soc. Japan (E) pp.397-406 (1999 11月) 詳細
[30]. Modeling temporal asymmetry in the auditory system J. Acoust. Soc. Amer. pp.2967-297 (1998 11月) 詳細
[31]. A time-domain, level-dependent auditory filter: the gammachirp J. Acoust. Soc. Amer. pp.412-419 (1997 1月) 詳細
[32]. Temporal asymmetry in the auditory system J. Acoust. Soc. Amer. 巻号:99 (4) pp.pp.2316-2331 (1996 4月) 詳細
[33]. Signal reconstruction from modified auditory wavelet transform IEEE Trans. Signal Process. (Correspondence) 巻号:41 (12) pp.pp.3549-3554 (1993 12月) 詳細
[34]. A method for designing neural networks using nonlinear multivariate analysis: application to speaker-independent vowel recognition Neural Computation (Letter) 巻号:2 (3) pp.pp.386-397 (1990 年度) 詳細
[35]. 多層神経回路網の非線形多変量解析 による構成法 - 不特定話者母音認識への適用 - 電子情報通信学会論文誌 D-II 巻号:J72-D-II, pp.pp.1187-1193 (1989 8月) 詳細
[36]. "Optimized Stoneley wave device by proper choice of glass overcoat IEEE Trans. Ultrasonics, Ferroelectrics and Frequency Control (UFFC) 巻号:36 (2) pp.pp.159 -167 (1989 3月) 詳細
[37]. Propagation of boundary acoustic waves along a ZnO layer between two materials IEEE Trans., Ultrasonics, Ferroelectrics and Frequency Control (UFFC) 巻号:35 (6) pp.pp.701 - 707 (1988 11月) 詳細
[38]. Zero slope temperature SiC/SiO2/LiTaO3 substrate for boundary acoustic waves Jpn J. Appl. Phys 巻号:Supplement 27-1 pp.pp. 154-156 (1988 年度) 詳細
[39]. 零温度係数をもつSiO2/LiTaO3構造スト ンリー波基板 電子情報通信学会論文誌 巻号:,J70-C (7) pp.pp.1070-1075 (1987 7月) 詳細
[40]. ZnOを中間層に持つ三媒質構造中に 伝搬する弾性境界波の検討 電子情報通信学会論文誌, 巻号: J70-C (1) pp.pp.59-68 (1987 1月) 詳細
[41]. 同一圧電体を接合した境界面に伝搬するストンリー 波の理論的検討 電子通信学会論文誌, 巻号: J69-A (9) pp.pp.1144-1153 (1986 9月) 詳細
[42]. Acoustic boundary waves propagating along a thin layer between two bonded substrates Jpn. J. Appl. Phys. 巻号:25, Supplement 25-1 pp.pp.130-132 (1986 年度) 詳細
[43]. 圧電体と等方体の境界面を伝搬するストンリー波 の理論的検討 電子通信学会論文誌 巻号:J67-C (11) pp.pp.727-732 (1984 11月) 詳細
[44]. ZnOとガラスの境界面を伝搬するストンリー波 の理論的検討 電子通信学会論文誌 巻号:J65-C (11) pp.pp.883-890 (1983 11月) 詳細
[45]. Stoneley waves propagating along an interface between piezoelectric material and glass Jpn. J. Appl. Phys. 巻号:22 Supplement 22-3 pp.pp.145-147 (1983 年度) 詳細
【国際会議発表】
[1]. Analysis of acoustic features for speech intelligibility prediction models analysis of acoustic features for speech intelligibility prediction models ASA-ASJ joint meeting 2016 pp.3114 (2016 12月) 詳細
[2]. Estimation of auditory compression and filter shape of elderly listeners using notched noise masking ASA-ASJ joint meeting 2016 pp.3274 (2016 12月) 詳細
[3]. Speech intelligibility prediction based on the envelope power spectrum model with the dynamic compressive gammachirp auditory filterbank Interspeech 2016 pp.pp.2885-2889 (2016 年度) 詳細
[4]. Aliasing-free implementation of discrete-time glottal source models and their applications to speech synthesis and F0 extractor evaluation APSIPA ASC 2015 (2015 12月) 詳細
[5]. Study on predicting speech intelligibility of enhanced speech sounds using the dynamic compressive gammachirp auditory filterbank and modulation filterbank Japan/Taiwan Auditory Res. Meeting pp.H-2015-100, pp.19--24 (2015 10月) 詳細
[6]. How the slope of the speech spectrum affects the perception of speaker size Interspeech 2015 (2015 9月) 詳細
[7]. How the slope of the speech spectrum affects the perception of speaker size CHR workshop: What's new in Hearing Research (2015 9月) 詳細
[8]. The effect of peripheral compression on syllable perception measured with a hearing impairment simulator 17th International Symposium on Hearing (2015 6月) 詳細
[9]. Hearing Impairment Simulator with Inverse Compression based on the Compressive Gammachirp Filter Auditory Model Workshop (2015 6月) 詳細
[10]. Age Related Shifts of Absolute Pitch Judgment and Their Relation to the Auditory Filter Bandwidths ARO 38th midwinter meeting 2015 (2015 2月) 詳細
[11]. Hearing Impairment Simulator Based on Compressive Gammachirp Filter Asia-Pacific Signal and Information Processing Association (APSIPA) Annual Summit and Conference ( APISPA ASC 2013) (2014 12月) 詳細
[12]. Excitation source design for high-quality speech manipulation systems based on a temporally static group delay representation of periodic signals Asia-Pacific Signal and Information Processing Association (APSIPA) Annual Summit and Conference ( APISPA ASC 2013) (2014 12月) 詳細
[13]. Vocal tract length estimation based on vowels using a database consisting of 385 speakers and a database with MRI-based vocal tract shape information Interspeech 2014 pp.pp. 2243-2247 (2014 9月) 詳細
[14]. Excitation source analysis for high-quality speech manipulation systems based on an interference-free representation of group delay with minimum phase response compensation, Interspeech 2014 pp.pp.870-874 (2014 9月) 詳細
[15]. Development of a mobile application for crowdsourcing the data collection of environmental sounds HCI International 2014 pp.pp. 514-524 (2014 7月) 詳細
[16]. Proposal for an Interactive 3D Sound Playback Interface Controlled by User Behavior HCI International 2014 pp.pp. 446-450 (2014 7月) 詳細
[17]. Continuous annotations for dialogue status and their change points LREC 2014 workshop (2014 5月) 詳細
[18]. Age related shifts of absolute pitch judgment and their relation to the hearing impairment 37th ARO midwinter research meeting pp.p.508 (2014 2月) 詳細
[19]. Spectrally estimaed vocal tract lengths of singing voices and their contributing factors MAVEBA 2013 (2013 12月) 詳細
[20]. Spectrally estimaed vocal tract lengths of singing voices and their contributing factors MAVEBA 2013 (2013 12月) 詳細
[21]. Vocal tract length estimation for voiced and whispered speech using Gammachirp Filterbank Asia-Pacific Signal and Information Processing Association (APSIPA) Annual Summit and Conference ( APISPA ASC 2013) pp.OS13-SLA.5-5, #138 (2013 10月) 詳細
[22]. Vocal tract length estimation for voiced and whispered speech using Gammachirp Filterbank Asia-Pacific Signal and Information Processing Association (APSIPA) Annual Summit and Conference ( APISPA ASC 2013) pp. OS13-SLA.5-5, #138 (2013 10月) 詳細
[23]. A Gammachirp Auditory Filterbank for Reliable Estimation of Vocal Tract Length from both Voiced and Whispered Speech The 4th Annual Conference of the British Society of Audiology pp.Abstract #81 (2013 9月) 詳細
[24]. Optimizing the simultaneous estimation of frequency selectivity and compression using notched-noise maskers with asymmetric levels The 21st International Congress on Acoustics, ICA2013 (2013 6月) 詳細
[25]. he role of size normalization in vowel recognition and speaker identification The 21st International Congress on Acoustics, ICA2013 (2013 6月) 詳細
[26]. Estimated relative vocal tract lengths from vowel spectra based on fundamental frequency adaptive analyses and their relations to relevant physical data of speakers The 21st International Congress on Acoustics, ICA2013 (2013 6月) 詳細
[27]. Higher order waveform symmetry measure and its application to periodicity detectors for speech and singing with fine temporal resolution IEEE ICASSP 2013 pp.pp. 6797 - 6801 (2013 5月) 詳細
[28]. Matching of the Dominant Pitch of Scale Alternating Wavelet Sequences against Complex Tones with Odd Harmonics ARO midwinter research meeting pp.#491 (2013 2月) 詳細
[29]. Modulation transfer function design for a flexible cross synthesis VOCODER based on F0 adaptive spectral envelope recovery APSIPA 2012 pp.#108 (2012 12月) 詳細
[30]. Detecting child speaker based on auditory feature vectors for VTL estimation APSIPA 2012 pp.#117 (2012 12月) 詳細
[31]. An interference-free representation of group delay for periodic signals APSIPA 2012 pp.#154 (2012 12月) 詳細
[32]. Deviation measure of waveform symmetry and its application to high-speed and temporally-fine F0 extraction for vocal sound texture manipulation Interspeech 2012 (2012 9月) 詳細
[33]. Deviation measure of waveform symmetry and its application to high-speed and temporally-fine F0 extraction for vocal sound texture manipulation Interspeech 2012 pp.Mon.O2d.05 (2012 9月) 詳細
[34]. Accurate estimation of compression in simultaneous masking enables the simulation of hearing impairment for normal hearing listeners 16th International Symposium on Hearing (ISH2012) (2012 7月) 詳細
[35]. Accurate estimation of compression in simultaneous masking enables the simulation of hearing impairment for normal hearing listeners 16th International Symposium on Hearing (ISH2012) (2012 7月) 詳細
[36]. Multimodal corpus for psychotherapeutic situation Workshop on Multimodal corpora: How Should Multimodal corpora Deal with the Situation? , (Pre-conference workshop of LREC 2012 ), (2012 5月) 詳細
[37]. Multimodal corpus for psychotherapeutic situation Workshop on Multimodal corpora: How Should Multimodal corpora Deal with the Situation? , (Pre-conference workshop of LREC 2012 ) (2012 5月) 詳細
[38]. Discrimination of Speaker Sizes Through Speech Sounds: Dependence on Sound Duration ARO midwinter research meeting pp.#417 (2012 2月) 詳細
[39]. Effects of the Correlation Between the Fundamental Frequecies and Resonance Scales as a Cue for the Auditory Stream Segregation ARO midwinter research meeting pp.#1079 (2012 2月) 詳細
[40]. Developing a method to build Japanese speech recognition system based on 3-gram language model expansion with Google database IEEE International Conference on Intelligent Computing and Integrated Systems ICISS2011 (2011 10月) 詳細
[41]. Auditory filterbank improves voice morphing Interspeech 2011 pp.2517 - 2520 (2011 8月) 詳細
[42]. Manual and Accelerometer Analysis of Head Nodding Patterns in Goal-oriented Dialogues, HCI International 2011 pp.259-267 (2011 7月) 詳細
[43]. Development of Web-based voice interface to identify child users based on automatic speech recognition system HCI International 2011 pp.607 - 616 (2011 7月) 詳細
[44]. An interference-free representation of instantaneous frequency of periodic signals and its application to F0 extraction IEEE ICASSP 2011 pp.5420 - 5423 (2011 5月) 詳細
[45]. A proposal of expanding language model using web data resources for Japanese automatic speech recognition systems 2011 International Conference on Data Engineering and Internet Technology ( DEIT 2011 ) pp.429-432 (2011 3月) 詳細
[46]. A new formulation of a multiple periodicity extractor for expressive and pathological voices NCSP'11 (2011 3月) 詳細
[47]. Evaluation of voice morphing using vocal tract length normalization based on auditory filterbank NCSP'11 (2011 3月) 詳細
[48]. Comparing Abilities of Humans and Machine for Child Speaker Identification based on Web Utterances Collection the Second APSIPA Annual Summit and Conference (APSIPA 2010)(Student Symposium) pp.9 (2010 12月) 詳細
[49]. Optimization of a Multiple Local Periodicity Detector for Vocal Excitation Structure Analysis APSIPA2010 (2010 12月) 詳細
[50]. The dynamic, compressive GammaChirp filterbank (dcGC) and its applications Workshop on "Machine Hearing in the Internet Age: Auditory models in MIR, SIR and AIS (2010 11月) 詳細
[51]. Real world utterance collection using voice-enabled web system for child speaker identification 13th Oriental COCOSDA Workshop, O-COCOSDA 2010 (2010 11月) 詳細
[52]. Simplification and Extension of Non-Periodic Excitation Source Representations for High-Quality Speech Manipulation Systems Interspeech 2010 (2010 9月) 詳細
[53]. Analysis and synthesis of singing with hoarse vocal expressions ICA2010 (2010 8月) 詳細
[54]. Evaluation and optimization of F0‐adaptive spectral envelope estimation based on spectral smoothing with peak emphasis ICA2010 (2010 8月) 詳細
[55]. Successful head-nodding movements in psychotherapeutic process -when and how 4th Conference of the International Society for Gesture Studies (ISGS) (2010 7月) 詳細
[56]. Auditory filter shape from temporal masking curves and notched-noise data Auditory Features Workshop (2010 6月) 詳細
[57]. Auditory speech processing for scale-shift covariance and its evaluation in automatic speech recognition IEEE International Symposium on Circuits and Systems (ISCAS) 2010 (2010 6月) 詳細
[58]. Constraining the derivation of auditory filter shape with temporal masking curves ARO 33th Midwinter meeting (2010 3月) 詳細
[59]. High-quality and light-weight voice transformation enabling extrapolation without perceptual and objective breakdown Proc. IEEE ICASSP 2010, Dallas, Texas, USA (2010 3月) 詳細
[60]. A bottom-up procedure to extract periodicity structure of voiced sounds and its application to represent and restoration of pathological voices 6th International Workshop on. Models and Analysis of Vocal Emissions for Biomedical Applications(MAVEBA 2009) , Firenze, Italy (2009 12月) 詳細
[61]. Size perception in voiced and whispered speech CNBH 12th Anniversary Meeting on "The Role of Perception in Hearing and Speech Research Processing " (2009 9月) 詳細
[62]. Topic-Dependent Language Modeling for VoiceWeb Systems WESPAC X 2009 , Beijing, China (2009 9月) 詳細
[63]. Observation of empirical cumulative distribution of vowel spectral distances and its application to vowel based voice conversion Proc. Interspeech2009, Brighton, UK. pp.pp.2647 - 2650 (2009 9月) 詳細
[64]. Influences of vowel duration on speaker-size estimation and discrimination Proc. Interspeech2009 , Brighton, UK. pp. pp.128 - 131 (2009 9月) 詳細
[65]. Brain regions for auditory size processing of speech sounds Proc. Auditory Cortex 2009, Magdeburg, Germany (2009 8月) 詳細
[66]. Size Perception for acoustically scaled sounds of naturally pronounced and whispered words Proc. 15th International Symposium on Hearing (ISH2009) , Salamanca, Spain (2009 6月) 詳細
[67]. Temporally variable multi-aspect auditory morphing enabling extrapolation without objective and perceptual breakdown Proc. IEEE ICASSP 2009 pp.pp. 3905-3908 (2009 4月) 詳細
[68]. Vowel-based voice conversion and its application to singing-voice manipulation Proc. AES 35th Int. Conf. Audio for Games (2009 3月) 詳細
[69]. Speech-to-text input method for Web system using Javascript Proc. 2008 IEEE Workshop on Spoken Language Technology pp.pp.209-212 (2008 12月) 詳細
[70]. Vowel-based frequency alignment function design and recognition-based time alignment for automatic speech morphing Proc. 2008 IEEE Workshop on Spoken Language Technology pp.pp.25-28 (2008 12月) 詳細
[71]. Spectral Envelope Recovery beyond the Nyquist Limit for High-Quality Manipulation of Speech Sound Proc. Interspeech2008 pp.pp.650-653 (2008 9月) 詳細
[72]. A unified approach for F0 extraction and aperiodicity estimation based on a temporally stable power spectral representation Proc. ISCA Tutorial and Research Workshop (ITRW) on "Speech Analysis and Processing for Knowledge Discovery" (2008 6月) 詳細
[73]. Comparison of the brain regions for consonant processing in Japanese and English subjects J. Acoust. Soc. Am. , 123(5), Pt.2, p.3737, May 2008. (Proc. Acoustic'08) pp.p.3737 (2008 5月) 詳細
[74]. Speaker size discrimination for acoustically scaled versions of whispered words J. Acoust. Soc. Am. , 123(5), Pt.2 (Proc. Acoustics'08) pp.p.3718 (2008 5月) 詳細
[75]. A temporally stable representation of power spectra of periodic signals and its application to F0 and periodicity estimation J. Acoust. Soc. Am. , 123(5), Pt.2 (Proc. Acoustics'08) pp.pp.3074-3075 (2008 5月) 詳細
[76]. TANDEM-STRAIGHT: A temporally stable power spectral representation for periodic signals and applications to interference-free spectrum, F0 and aperiodicity esitmation Proc. IEEE ICASSP 2008 (2008 4月) 詳細
[77]. Vowel-based voice conversion and its objective evaluation Proc. 2008 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing (NCSP'08) pp.pp.275-278 (2008 3月) 詳細
[78]. Speaker size discrimination for acoustically scaled versions of naturally spoken words Abstracts of ARO 31th Midwinter meeting (2008 2月) 詳細
[79]. Continuous time-frequency coordinate mapping with sparse anchoring templates and its application to auditory morphing Proc. 19th International Congress on Acoustics (ICA2007) (2007 9月) 詳細
[80]. Group delay for acoustic event representation and its application for speech aperiodicity analysis Proc. 15th European Signal Processing Conference (EUSIPCO 2007) pp.pp.2219-2223 (2007 9月) 詳細
[81]. Discrimination and recognition of scaled word sounds Proc. Interspeech2007 pp.pp.378-381 (2007 8月) 詳細
[82]. Evaluating naturalness of speech sounds morphed by independently using the interpolation ratios of the time-frequency axes and amplitude J. Acoust. Soc. Am. , 120(5), Pt.2 pp.p.3036 (2006 12月) 詳細
[83]. Temporal characteristics of extraction of size information in speech sounds J. Acoust. Soc. Am., 120(5), Pt.2 pp.p.3129 (2006 12月) 詳細
[84]. Can humans perceive size differeces in the calls of cats, dogs, and cows? Proc. British Society of Audiology (BSA) , Short Papers Meeting on Experimental Studies of Hearing and Deafness, pp. 79-80, pp.pp. 79-80 (2006 9月) 詳細
[85]. Automatic assignment of anchoring points on vowel templates for defining correspondence between time-frequency representations of speeches Proc. Interspeech2006 pp.pp.2514-2517 (2006 9月) 詳細
[86]. Analyzing dialogue data for real-world emotional speech classification Proc. Interspeech2006 pp.pp.1822-1825 (2006 9月) 詳細
[87]. Logarithmic temporal processing applied to accurate empirical transfer function measurements in vocal sound propagation Proc. EUSIPCO 2006 (2006 9月) 詳細
[88]. Speech style conversion based on the statistics of vowel spectrogram and nonlinear frequency mapping Proc. EUSIPCO 2006 (2006 9月) 詳細
[89]. Auditory stream segregation by size and idenfication of size-modulated vowel sequences Proc. 14 th International Symposium on Hearing (ISH2006) pp.pp.220-226 (2006 8月) 詳細
[90]. General framework for flexible speech style manipulation and synthesis Proc. WESPAC IX 2006, (9th Western Pacific Acoustics Conference) pp.pp.254-259 (2006 6月) 詳細
[91]. Human-robot interaction interface using GMM-based noise recognition Proc. WESPAC IX 2006, (9th Western Pacific Acoustics Conference) pp.pp.347-352 (2006 6月) 詳細
[92]. Dynamic, compressive gammachirp auditory filterbank for perceptual signal processing Proc. IEEE ICASSP 2006 pp.発表予定 (2006 5月) 詳細
[93]. Spectral fluctuation mapping model for Japanese speech style conversion based on statistics in emotional speech database Proc. Oriental COCOSDA 2005 pp.pp.111-116 (2005 12月) 詳細
[94]. Voice and Emotional Expression Transformation based on Statistics of Vowel Parameters in an Emotional Speech Database Proc. Interspeech 2005 pp.pp.1853-1856 (2005 9月) 詳細
[95]. Speech intelligibility derived from time-frequency and source smearing Proc. Interspeech 2005 (2005 9月) 詳細
[96]. Nearly detect-free F0 trajectory extraction for expressive speech modications based on STRAIGHT Proc. Interspeech 2005 pp.pp.537-540 (2005 9月) 詳細
[97]. A test signal robust against background noise in the measurement of acoustic impulse responses: Warped-TSP Proc. The 34th International Congress and Exposition on Noise Control Engineering (Internoise 2005) (2005 8月) 詳細
[98]. Explaining two-tone suppression and forward masking data using a compressive gammachirp auditory filterbank J. Acoust. Soc. Am. pp.117(4), Pt.2, p.2373 (2005 5月) 詳細
[99]. A Study of Talker Localization Based on Subband CSP Analysis in Real Noisy Environments Proc. IEEE International Workshop on Nonlinear Signal and Image Processing 2005 (NISP 05) pp.pp.320-323 (2005 5月) 詳細
[100]. An evaluation of in-car speech enhancement techniques with microphone array steering Proc. 18th International Congress on Acoustics (ICA2004), Kyoto, Japan pp.vol.4, pp.3041-3044 (2004 10月) 詳細
[101]. Intelligibility of degraded speech from smeared STRAIGHT spectrum Int. Conf. Spoken Language Processing (ICSLP 2004, INTERSPEECH 2004) (2004 10月) 詳細
[102]. A comparison of auditory filters with cascade and parallel architectures in models of auditory masking the British Society of Audiology (BSA) , Short Papers Meeting on Experimental Studies of Hearing and Deafness, Univ. Essex, UK (2004 9月) 詳細
[103]. A Design of Audio-Visual Talker Tracking System Based On CSP Analysis and Frame Difference in Real Noisy Environments 2004 IEEE International workshop on multimedia signal processing, Siena, Itary (2004 9月) 詳細
[104]. Effectiveness of wavelet spectral subtraction in noisy speech recognition Seventh International Conference on Signal Processing (ICSP'04) , Beijing, China (2004 8月) 詳細
[105]. Algorithm amalgam: Morphing waveform based methods, sinusoidal models and STRAIGHT Proc. International Conference on Acoust. Signal, and Speech Processing, ICASSP 2004, Montreal, Canada pp.vol. I, pp.13-16 (2004 5月) 詳細
[106]. Speech segregation using an auditory vocoder with event-synchronous enhancements Proc. 18th International Congress on Acoustics , Kyoto, Japan pp.vol.4, pp.3025-3028 (2004 4月) 詳細
[107]. Performance Evaluation of Wavelet Spectral Subtraction in Noisy Speech Enhancement Special Workshop in MAUI (SWIM), Lectures by Masters in Speech Processing Maui , Hawaii (2004 1月) 詳細
[108]. Filling the gap between waveform coding and source filter models: lessons from source modeling based on group delay Special Workshop in MAUI (SWIM), Lectures by Masters in Speech Processing Maui , Hawaii (2004 1月) 詳細
[109]. Underlying principles of a high-quality speech manipulation system STRAIGHT and its application to speech segregation Perspectives on Speech Separation - a Workshop , Montreal, Canada (2003 10月) 詳細
[110]. Analysis of scale information in the auditory system Workshop on "Source Size information in Speech and Music," CNBH, Dept. of Physiology, Univ. of Cambridge (2003 9月) 詳細
[111]. Speech segregation based on fundamental event information using an auditory vocoder Proc. 8th European Conference on Speech Communication and Technology (Eurospeech 2003, (Interspeech 2003)) , Geneva, Switzerland pp.pp.553-556, (2003 9月) 詳細
[112]. Dominance spectrum based V/UV classification and F0 estimation Proc. 8th European Conference on Speech Communication and Technology (Eurospeech 2003, (Interspeech 2003)) , Geneva, Switzerland pp.pp.2313-2316 (2003 9月) 詳細
[113]. Glottal closure instant synchronous sinusoidal model for high quality speech analysis/synthesis Proc. 8th European Conference on Speech Communication and Technology (Eurospeech 2003, (Interspeech 2003)), Geneva, Switzerland pp.pp.2441-2444 (2003 9月) 詳細
[114]. Comparison of the compressive-gammachirp and double-roex auditory filters nternational Symposium on Hearing, Dourdan, France (2003 8月) 詳細
[115]. Speech segregation based on fundamental periodicity using auditory vocoder Speech Dynamics by Ear, Eye, Mouth and Machine, An Interdisciplinary Workshop ATR, Kyoto, Japan (IEICE Technical Report, Vol. 103, No. 155) pp.Vol. 103, No. 155, pp.55-60 (2003 6月) 詳細
[116]. Speech segregation using event synchronous auditory vocoder Proc. International Conference on Acoust. Signal, and Speech Processing, ICASSP 2003 , Hong Kong, China pp.vol. 5, pp.525-528 (2003 4月) 詳細
[117]. An estimation method for fundamental frequency and voiced segment in infant utterance 144th Meeting of Acoust. Soc. Am., J. Acoust. Soc. Am. pp.vol.112 (5), pp. 2322-2323 (2002 12月) 詳細
[118]. Robust fundamental frequency estimation against background noise and spectral distortion Int. Conf. Spoken Language Processing (ICSLP 2002), Denver, Colorado pp.pp.1733-1736 (2002 9月) 詳細
[119]. Evaluation of a speech recognition/generation method based on HMM and STRAIGHT Int. Conf. Spoken Language Processing (ICSLP 2002), Denver, Colorado pp.pp.2545-2548 (2002 9月) 詳細
[120]. Auditory VOCODER: Speech resynthesis from an auditory Mellin representation Proc. International Conference on Acoust. Signal, and Speech Processing, ICASSP 2002 , Orlando, Florida pp.vol. II, pp.1921-1924 (2002 5月) 詳細
[121]. Sound resynthesis from Auditory Mellin Image using STRAIGHT CRAC (Consistent and Reliable Acoustic Cues for sound analysis) workshop (2001 9月) 詳細
[122]. Robust fundamental frequency estimation using instantaneous frequencies of harmonic components 6th International Conference on Spoken Language Processing (ICSLP) 2000, Beijing, China pp.Paper#867 (2000 10月) 詳細
[123]. A physiological motivated gammachirp auditory filterbank the British Society of Audiology, Short Papers Meeting on Experimental Studies of Hearing and Deafness, Keele, UK (2000 9月) 詳細
[124]. Segregating size and shape information of the vocal tract in the auditory system using a stabilized wavelet-Mellin transform Ear Club: Berkeley's Weekly Hearing Sciences Colloquium Series, Univ.of California, Berkeley (2000 9月) 詳細
[125]. A neurobiological framework for auditory images and the segregation of information about source size and shape Association for Research in Otolaryngology (ARO), Midwinter meeting, Florida, USA (2000 2月) 詳細
[126]. Mellin images of vowel sounds and phonological distinctiveness of multi-formant vowels the British Society of Audiology (BSA), Short Papers Meeting on Experimental Studies of Hearing and Deafness, Univ. Essex, UK (1999 9月) 詳細
[127]. Stabilised wavelet Mellin transform: An auditory strategy for normalising sound-source size ESCA, Eurospeech99 , Budapest, Hungary pp.pp.1899-1902 (1999 9月) 詳細
[128]. Extracting size and shape information of sound source in an optimal auditory processing model Workshop on Computational Auditory Scene Analysis (CASA), International Joint Conference on Artificial Intelligence (IJCAI'99) , Stockholm, Sweden (1999 8月) 詳細
[129]. A gammachirp perspective of cochlear mechanics that can also explain human auditory masking quantitatively Symposium on Recent Developement in Auditory Mechanics, Sendai, Japan (1999 7月) 詳細
[130]. Noise suppression using a time-varying, analysis/synthesis gammachirp filterbank 1999 IEEE International Conference On Acoustics, Speech and Signal Processing (ICASSP99) , Phenix, AZ. USA pp.vol.I ,pp. 97-100 (1999 3月) 詳細
[131]. In audition the optimum time-frequency trading function is Gamma not Gauss Kenneth Craik Club (1998 7月) 詳細
[132]. A time-varying analysis/synthesis auditory filterbank based on an IIR gammachirp filter NATO Advanced Study Institute, Computational Hearing pp.pp. 205-210 (1998 7月) 詳細
[133]. A time-varying analysis/synthesis auditory filterbank using the gammachirp IEEE International Conference On Acoustics, Speech and Signal Processing (ICASSP98) pp.vol. VI ,pp. 3653-3656 (1998 5月) 詳細
[134]. The gammachirp for optimal auditory filtering The Fifth International Conference on Neural Information Processing, ICONIP'98 pp.vol.3, pp. 1322-1326 (1998 年度) 詳細
[135]. A 'Gammachirp' Function as an Optimal Auditory Filter with the Mellin Transform IEEE International Conference On Acoustics, Speech and Signal Processing (ICASSP96) pp.vol. II,pp.981-984 (1996 5月) 詳細
[136]. An asymmetric extension of the gammatone filter function," presented at the British Society of Audiology, Short Papers Meeting on Experimental Studies of Hearing and Deafness (1995 9月) 詳細
[137]. An Optimal Auditory Filter IEEE SP 1995 Workshop on Applications of Signal Processing to Audio and Acoustics (1995 年度) 詳細
[138]. Toshio Irino and Roy D. Patterson, "A theory of asymmetric intensity enhancement around acoustic transients," in Int. Conf. Spoken Lang. Proc. (ICSLP), 4, 1955-1958, Sept. 1994. Int. Conf. Spoken Lang. Proc. (ICSLP) pp.vol. 4, pp.1955-1958 (1994 9月) 詳細
[139]. A comutational theory of auditory event detection," J. Acoust. Soc. Am., 95, 2943, 1994. Meeting of the Acoust. Soc. Amer. pp.J. Acoust. Soc. Am. vol. 95, p.2943 (1994 年度) 詳細
[140]. The effect of the auditory filter response on voicing judgemnets for intervocal stop consonant Short Papers Meeting on Experimental Studies of Hearing and Deafness (1993 年度) 詳細
[141]. Signal reconstruction from modified wavelet transform - An application to auditory signal processing IEEE Int. Conf. Acoust., Speech Signal Processing, pp.vol. I, pp.85 - 88 (1992 5月) 詳細
[142]. Vowel-feature extraction from cochlear vibration using neural networks First annual conference of International Neural Network Society (INNS) (1988 9月) 詳細
[143]. A study on the speaker independent feature extraction of Japanese vowels by neural networks, 115th Meeting of the Acoust. Soc. Amer. (1988 5月) 詳細
[144]. Propagation of boundary accoustic waves along a ZnO layer between two materials IEEE Ultrasonics Symposium (1986 11月) 詳細
[145]. Stoneley waves propagating along an interface between piezoelectric material and isotropic material IEEE Ultrasonics Symposium (1983 11月) 詳細
【著書】
[1]. Perspectives on Auditory Research Springer, New York 667p. (2014 年度) 詳細
[2]. 聴覚モデル コロナ社、東京 p.233 (2011 8月) 詳細
[3]. Neurophysiological Bases of Auditory Perception Springer 644 (2010 4月) 詳細
[4]. Computer Processing of Asian Spoken Languages Consideration Books, Los Angeles, USA 372 (2010 3月) 詳細
[5]. 数理科学辞典(第2版) 丸善 1080p. (2009 12月) 詳細
[6]. 新編感覚知覚心理学ハンドブック Part 2 誠信書房 615 (2007 9月) 詳細
[7]. The Dynamics of Speech Production and Perception, NATO Science Series, Series A: Life Sciences IOS press 369p. (2006 1月) 詳細
[8]. Speech Separation by Human and Machines (その2) Kluwer Academic Publishers, Dordrechet (The Netherlands), ISBN 1-4020-8001-8, eISBN 0-387-22794-6 319p. (2005 1月) 詳細
[9]. Speech Separation by Human and Machines (その1) Kluwer Academic Publishers, Dordrechet (The Netherlands), ISBN 1-4020-8001-8, eISBN 0-387-22794-6 319p. (2005 1月) 詳細
[10]. Auditory signal processing: physiology, psychoacoustics, and models Springer, New York (2005 1月) 詳細
[11]. Physiological and Psychophysical Bases of Auditory Function Shaker Publishing, The Netherlands 513p (2001 10月) 詳細
[12]. Computational Models of Auditory Function, NATO Science Series, Series A: Life Sciences, Vol. 312 pp.49-64, IOS Press, Amsterdam 361p (2001 10月) 詳細
[13]. Recent Developments in Auditory Mechanics World Scientific, Singapole 528p (2000 10月) 詳細
【プロシーディングス、解説記事等】
[1]. 聴覚におけるスケール分析のための末梢系 フィルタバンクのウェーブレット性と非線形性 京都大学数理解析研究所講究録1928 (ISSN1880-2818) pp.27-62 (2014 12月) 詳細
[2]. はじめての聴覚フィルタ 日本音響学会誌,66巻10号 pp.pp. 506-512 (2010 10月) 詳細
[3]. 劣化合成音声を用いた模擬難聴の基礎検討 Telecom Frontier ( テレコム先端技術研究センター刊), 60, pp.pp. 4-13 (2008 8月) 詳細
[4]. Multiscale computing Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 98 (22),, pp.pp.12344-12345 (2001 10月) 詳細
[5]. 私のすすめるこの1冊:「相対性理論」アインシュタイン著、 内山龍雄訳・解説、岩波文庫 日本音響学会誌57巻8号, pp.p. 565-566 (2001 8月) 詳細
[6]. "聴覚フィルタ/蝸牛の周波数分析機能" in 特集"音響学における20世紀の成果と21世紀に残された課題" 日本音響学会誌, 57巻1号, pp.p. 56 (2001 1月) 詳細
[7]. 音源の形状情報と寸法情報を分離する聴覚でのイメージング 日本音響学会誌, 56巻7号, pp.pp. 505-508 (2000 7月) 詳細
【国内会議発表論文】
[1]. 模擬難聴システムの教育・臨床・研究への適用 広島県言語聴覚士会学術集会 (2017 6月) 詳細
[2]. 有声音の寸法知覚における高域強調処理の影響 情報処理学会, 音学シンポジウム2017 pp.Vol.2017-MUS-115, No.44,pp.1-6 (2017 6月) 詳細
[3]. 有声音の寸法知覚に対する聴覚計算モデル 情報処理学会, 音学シンポジウム2017 pp.Vol.2017-MUS-115, No.55,pp.1-6 (2017 6月) 詳細
[4]. 高齢難聴者の文聴取における文節休止の効果 ―模擬難聴システムによる検討― 第18回日本言語聴覚学会 pp.1-5-47 (2017 6月) 詳細
[5]. 模擬難聴システムを用いた言語聴覚士養成課程での 演習と Web アプリ化の検討 電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会 (HIP) ,ヒューマンコミュニケーション基礎研究会 (HCS) 合同研究会 pp.pp. 277-282 (2017 5月) 詳細
[6]. "Hearing impairment simulator using the dynamic compressive gammachirp filterbank and its application 日本音響学会関西支部, 聴覚基礎理論談話会/ (科研A)^2 合同ミーティング (2017 3月) 詳細
[7]. 歩行動作のセンシングデータを入力とした足音合成 インタラクション2017 pp.1-6F-02 (2017 3月) 詳細
[8]. 感情推移観測システム(EMO system)による臨床心理面接評価とマイクロカウンセリングのタグ付けとの関連分析 電子情報通信学会 ヒューマンコミュニケーション基礎(HCS)研究会 pp.pp. 113-118 (2017 3月) 詳細
[9]. ユーザ訂正情報に基づいた音声認識API出力の並び替え法 日本音響学会:春季研究発表会 pp. pp. 113-114 (2017 3月) 詳細
[10]. 非対称レベルノッチ雑音マスキング法による高齢者の聴覚フィルタ形状と圧縮特性の推定 日本音響学会:春季研究発表会 pp.pp.705-706 (2017 3月) 詳細
[11]. 臨床心理面接コーパスと感情推移観測システム(EMO system)を用いた 傾聴学習支援 電子情報通信学会 ヒューマンコミュニケーション基礎(HCS)研究会 pp.pp. 5-10 (2017 1月) 詳細
[12]. 深層学習を用いたゲームコンテンツのための効果音自動生成手法の検討 日本音響学会関西支部, 第19回関西支部若手研究者交流研究発表会 pp.#34 (2016 12月) 詳細
[13]. 難聴者に聞こえやすい音声特徴 ~模擬難聴を用いた発声の振幅変調分析~ 日本音響学会関西支部, 第19回関西支部若手研究者交流研究発表会 pp.#44 (2016 12月) 詳細
[14]. 非対称レベルノッチ雑音マスキング法における測定点削減討 日本音響学会関西支部, 第19回関西支部若手研究者交流研究発表会 pp.#51 (2016 12月) 詳細
[15]. 非対称レベルノッチ雑音マスキング法における測定点削減討 日本音響学会関西支部, 第19回関西支部若手研究者交流研究発表会 pp.#51 (2016 12月) 詳細
[16]. オージオグラムを動かして聞く! ~Web アプリケーションとしての模擬難聴システムを目指して~ 日本音響学会関西支部, 第19回関西支部若手研究者交流研究発表会 pp.#52 (2016 12月) 詳細
[17]. 音声明瞭度予測法 dcGC-sEPSM の諸検討: 評価用雑音の特性と予測精度へ の影響 日本音響学会:秋季研究発表会 pp.pp. 663-666, (2016 9月) 詳細
[18]. ユーザ訂正情報を用いた音声認識APIのカスタマイズ手法 日本音響 学会:秋季研究発表会 pp.pp. 125-126 (2016 9月) 詳細
[19]. 動的圧縮型ガンマチャープフィルタバンクを用いた音声明瞭度予測法:強調音声を対象とした比較検討 音学シンポジウム2016 pp.Vol.2016-MUS-111, No.20,No.60,pp.1-6 (2016 5月) 詳細
[20]. ウェブ試験向け音声入力UI設計における不要語の扱いについて 日本音響学会:春季研究発表会 pp.pp. 81-82 (2016 3月) 詳細
[21]. GetWild:音声生成過程を考慮したグロウル系歌唱の印象付与システム 日本音響学会:春季研究発表会 pp.pp. 249-252 (2016 3月) 詳細
[22]. スペクトル傾斜の異なる音声の寸法知覚と聴覚モデルによる説明 日本音響学会:春季研究発表会 pp. pp. 481-484 (2016 3月) 詳細
[23]. 強調音声のための明瞭度予測法の検証:聴取実験結果との比較, 日本音響学会:春季研究発表会 pp.pp. 823-826 (2016 3月) 詳細
[24]. 非対称レベルノッチ雑音マスキング法を用いた圧縮特性推定と測定点削減の検討 日本音響学会:春季研究発表会 pp.pp. 1459-1462 (2016 3月) 詳細
[25]. 言語聴覚士養成課程における模擬難聴の教育利用に向けた試み 日本音響学会:春季研究発表会 pp.pp. 1471-1472 (2016 3月) 詳細
[26]. 動的圧縮型ガンマチャープフィルタバンクを用いた音声明瞭度予測法の改良 日本音響学会聴覚研究会 (2016 2月) 詳細
[27]. 音声生成過程を考慮したグロウルの印象付与システム~あなた の声にこぶし、効かせます~ 日本音響学会関西支部,第18回関西支部若手研究者交流研究発表会 pp.#36 (2015 12月) 詳細
[28]. 強調音声の明瞭度 -計算機は人の聞こえを予測できる?- 日本音響学会関西支部,第18回関西支部若手研究者交流研究発表会 pp.#42 (2015 12月) 詳細
[29]. 脳波を用いた時間分解能測定 日本音響学会聴覚研究会 pp.Vol.45, No.8, H-2015-119, pp.675--680 (2015 11月) 詳細
[30]. 無声音の高域強調処理が寸法知覚に与える影響に関する検討 日本音響学会聴覚研究会 pp.Vol.45, No.8, H-2015-120, pp.681--686 (2015 11月) 詳細
[31]. 大人・子ども話者識別システムにお ける性能改善の検討 日本音響学会秋季研究発表会 pp.pp.29-30 (2015 9月) 詳細
[32]. RaspberryPiを用いた笑い声検知シ ステムの提案 日本音響学会秋季研究発表会 pp.pp.149-150 (2015 9月) 詳細
[33]. 非対称レベルノッチ雑音マスキング法を用いた1kHzにおける圧縮特性推定 日本音響学会秋季研究発表会 pp.pp.467-468 (2015 9月) 詳細
[34]. 非対称レベルノッチ雑音マスキング法を用いた1kHzにおける圧縮特性推定 日本音響学会秋季研究発表会 pp.pp.467-468 (2015 9月) 詳細
[35]. 動的圧縮型ガンマチャープフィルタバンクを用いた強調音声の明瞭度予 測法の提案 日本音響学会秋季研究発表会 pp.pp. 473-474 (2015 9月) 詳細
[36]. 言語聴覚士養成教育への模擬難聴の導入の試みについて 日本音響学会秋季研究発表会 pp.pp.1229-1230 (2015 9月) 詳細
[37]. 位相差を伴った同一周期の パルス列が加算される場合の音の知覚について 日本音響学会秋季研究発表会 pp.pp.1309-1312 (2015 9月) 詳細
[38]. "声道形状と声帯音源特性の操作に基づくグロウル系 歌唱音声の印象付与法の評価について 情報処理学会, 音学シンポジウム2015 pp.Vol.2015-MUS-107,No.60,pp.1-6 (2015 5月) 詳細
[39]. 音声科学教育用対話的ツールのための エリアシングの無い L-F モデルの実装について 日本音響学会聴覚研究会, 電子情報通信学会/音響学会 電気音響研究会 pp.EA2015-08 (2015 5月) 詳細
[40]. 聴覚末梢の圧縮特性のキャンセル処理による模擬難聴を通した音声の同定 日本音響学会 聴覚研究会 pp.93-98 (2015 3月) 詳細
[41]. 音声の高域強調処理による寸法知覚特性変化と計算理論について 日本音響学会 聴覚研究会 pp.99-104 (2015 3月) 詳細
[42]. 高次対称性に基づく基本周波数推定法のモデル化と filled pauseの分析への応用について 電子情報通信学会/日本音響学会 音声研究会 pp.307-312 (2015 3月) 詳細
[43]. 声道形状と声帯音源特性を用いたグロウル歌唱音声への実時間変換の提案 第106回音楽情報科学・ 第35回エンタテインメントコンピューティング合同研究発表会 (2015 3月) 詳細
[44]. 音声の好感度改善補助ツールの開発を目指した好感度改善方法の検討 第106回音楽情報科学・ 第35回エンタテインメントコンピューティング合同研究発表会 (2015 3月) 詳細
[45]. SEANA: 利用者の動作を強調する音の拡張現実アプリの開発 情報処理学会, インタラクション2015 (2015 3月) 詳細
[46]. 周期信号の群遅延の静的表現と音声の非周期成分への応用について 日本音響学会春季研究発表会 pp.79-80 (2015 3月) 詳細
[47]. スマホを用いた環境音認識アプリに対するDNNの導入 日本音響学会春季研究発表会 pp.79-80 (2015 3月) 詳細
[48]. ウェブアプリケーションにおける音声入力UIの設計と評価について 日本音響学会春季研究発表会 pp.191-192 (2015 3月) 詳細
[49]. 声道断面積関数推定における声帯音源特性の補償について 日本音響学会春季研究発表会 pp.231 -232 (2015 3月) 詳細
[50]. 声道断面積関数推定における声帯音源特性の補償について 日本音響学会春季研究発表会 pp.231 -232 (2015 3月) 詳細
[51]. 声道形状と声帯音源特性を利用したグロウル系歌唱音声への変換について 日本音響学会春季研究発表会 pp.289-290 (2015 3月) 詳細
[52]. 周期信号の短時間Fourier変換に基づく静的表現と音声分析合成系への応 用について 日本音響学会春季研究発表会 pp.313-314 (2015 3月) 詳細
[53]. 声の好感度に対する声道形状および音源情報操作の効果について 日本音響学会春季研究発表会 pp.351-332 (2015 3月) 詳細
[54]. 非対称レベルノッチ雑音マスキング法による4kHzにおける圧縮特性推定 日本音響学会春季研究発表会 pp.505-506 (2015 3月) 詳細
[55]. 無声音の高域強調処理による寸法知覚特性シフト 日本音響学会春季研究発表会 pp.517-518 (2015 3月) 詳細
[56]. 聴覚の圧縮特性のキャンセル処理による模擬難聴 ー語音明瞭度による 検討ー 日本音響学会春季研究発表会 pp.523-524 (2015 3月) 詳細
[57]. 聴覚末梢の圧縮特性のキャンセル処理による模擬難聴を通した音声の同定 日本音響学会 聴覚研究会 pp.93-98 (2015 3月) 詳細
[58]. 声道断面積関数推定におけ る音源情報の利用の効果について 日本音響学会関西支部, 第17回関西若手研究者交流研究発表会 (2014 12月) 詳細
[59]. DNNを用いた スマホ収集環境音の認識について 日本音響学会関西支部, 第17回関西若手研究者交流研究発表会 (2014 12月) 詳細
[60]. 声道形状を利用したグロウル系歌唱音声への変換について 日本音響学会関西支部, 第17回関西若手研究者交流研究発表会 (2014 12月) 詳細
[61]. 音声の発話方法による聴き 取りやすさの違いの検討〜一人芝居の声で比べてみた〜 日本音響学会関西支部, 第17回関西若手研究者交流研究発表会 (2014 12月) 詳細
[62]. 聴覚系の寸法知覚における手がかり情報に関する検討  ー 聴覚心理実験の側面より ー 日本音響学会関西支部, 第17回関西若手研究者交流研究発表会 (2014 12月) 詳細
[63]. グロウル系歌唱から求められる声道断面積関数の特徴について 電子情報通信 学会/音響学会 音声研究会 pp.29-30 (2014 10月) 詳細
[64]. 線形予測分析を用 いた声 道断面積関数推定のための前処理の検討 電子情報通信 学会/音響学会 音声研究会 pp.27-28 (2014 10月) 詳細
[65]. 周期信号の群遅延の静的表現と音声の非周期成分への応用について 日本音響学会秋季研究発表会 pp.273-276 (2014 9月) 詳細
[66]. 線形予測分析を用いた声道断面積関数推定のための前処理について 日本音響学会秋季研究発表会 pp.283-284 (2014 9月) 詳細
[67]. 声道形状と音源情報に注目した音声の好感度改善システムの検討について 日本音響学会秋季研究発表会 pp.373-375 (2014 9月) 詳細
[68]. うっかり者を手助けする環境音認識アプリの開発について 日本音響学会秋季研究発表会 pp.1559-1560 (2014 9月) 詳細
[69]. 聴覚の圧縮特性の逆処理による模擬難聴とその特性 日本音響学会秋季研究発表会 pp.457-458 (2014 9月) 詳細
[70]. 加齢による絶対音感シフトと耳音響反射との関連性について 日本音響学会秋季研究発表会 pp.489-482 (2014 9月) 詳細
[71]. 音声認識を用いた 日本語スピーキングテストとそのユーザインタフェースデザインの検討 教育システム情報学会第39回全国大会 pp.63-64 (2014 9月) 詳細
[72]. ROCKON: スマホを用いた環境音の収集と認識システム 音学シンポジウム2014 pp.pp.181-186 (2014 5月) 詳細
[73]. ささやき声からの寸法知覚の手がかり獲得と保持について 音学シンポジウム2014 pp.pp.237-243 (2014 5月) 詳細
[74]. 歌声にグロウルの味を加える GUI について 音学シンポジウム2014 pp.2014-MUS-103, No.55 (2014 5月) 詳細
[75]. 受験者を焦らせない音声入力ウェブ試験システム目指したデザインの検討 音学シンポジウム2014 pp.SP2014-33, pp.337-342 (2014 5月) 詳細
[76]. 加齢に伴う絶対音感のシフト ー音域の影響ー 日本音響学会聴覚研究会 pp.pp.81-86 (2014 3月) 詳細
[77]. 日本語スピーキングテストS-CATの音声入力インタフェース設計 日本音響学会: 春季研究発表会 pp.pp.141-142 (2014 3月) 詳細
[78]. 日本語スピーキングテストS-CATの音声入力インタフェース設計 日本音響学会: 春季研究発表会 pp.pp.141-142 (2014 3月) 詳細
[79]. 幅広い年齢層の母音データベースを利用した声道長推定法による簡易発声評価システム開発の検討 日本音響学会: 春季研究発表会 pp.pp.303-304 (2014 3月) 詳細
[80]. 幅広い年齢層の母音データベースを利用した声道長推定法による簡易発声評価システム開発の検討 日本音響学会: 春季研究発表会 pp.pp.303-304 (2014 3月) 詳細
[81]. 日本語母音データベースを用いた声道長推定法の校正について 日本音響学会: 春季研究発表会 pp.pp.305-306 (2014 3月) 詳細
[82]. 日本語母音データベースを用いた声道長推定法の校正について 日本音響学会: 春季研究発表会 pp.pp.305-306 (2014 3月) 詳細
[83]. ピーク形状と調波構造に注目したスペクトル包絡の近似精度の改善に関する検討 日本音響学会: 春季研究発表会 pp.pp.311-312 (2014 3月) 詳細
[84]. 外挿が可能な時変多属性任意事例数モーフィングを用いた文章音声好感度の改善について 日本音響学会: 春季研究発表会 pp.pp.429-430 (2014 3月) 詳細
[85]. STRAIGHTスペクトルを用いた線形予測分析の改良の検討 日本音響学会: 春季研究発表会 pp.pp.437-438 (2014 3月) 詳細
[86]. グロウル系統の歌唱音声にみられるスペクトルの時間変動に注目した分析と再現の検討 日本音響学会: 春季研究発表会 pp.pp.499-500 (2014 3月) 詳細
[87]. 加齢に伴う絶対音感のシフト-気導聴力検査結果との関係- 日本音響学会: 春季研究発表会 pp.pp.549-552 (2014 3月) 詳細
[88]. スマートフォンを用いた環境音の収録と認識方法の検討 日本音響学会: 春季研究発表会 pp.pp.847-848 (2014 3月) 詳細
[89]. クラウドソーシングによる環境音収集に向けたスマホアプリの開発 電子情報通信学会 2014年 総合大会 pp.pp.15-20 (2014 3月) 詳細
[90]. 圧縮特性推定における非対称レベルノッチマスキング法と 時間マスキング曲線法の対比 日本音響学会聴覚研究会 pp.pp.7 - 12 (2014 2月) 詳細
[91]. 非線形振動子による変調と近似時変フィルタに基づくグロウル系統の歌唱への実時間変換の定式化について 情報処理学会, 第102回 音楽情報科学研究会 (2014 2月) 詳細
[92]. 文章音声の好感度評価と属性別モーフィングを用いた要因の検討について 電子情報通信学会/日本音響学会 音声研究会 pp.pp.29-54 (2014 1月) 詳細
[93]. 近似時変フィルターを用いたグロウル系統の歌唱音声合成の検討 第16回関西支部若手研究者交流研究発表会 (2013 12月) 詳細
[94]. オージオグラムから難聴者の聞こえを再現するシステムの開発 第16回関西支部若手研究者交流研究発表会 (2013 12月) 詳細
[95]. 環境音収集アプリのためのUI設計 ~クラウドソーシング型データ集積サービスの提案~ 第16回関西支部若手研究者交流研究発表会 (2013 12月) 詳細
[96]. 留学生向け日本語能力測定システムのためのUI設計 〜HTML5を用いた音声入力インタフェース〜 第16回関西支部若手研究者交流研究発表会 (2013 12月) 詳細
[97]. 聴覚における寸法知覚の練習効果に関する検討 第16回関西支部若手研究者交流研究発表会 (2013 12月) 詳細
[98]. 日本語母音データベースを用いた任意発声の相対的声道長の推定について 日本音響学会聴覚研究会,音楽音響研究会,電気音響研究会 pp.pp.631-638 (2013 11月) 詳細
[99]. 説明対話における韻律情報および頭部運動と感情評価値の関連性分析の試み 電子情報通信学会/音響学会 音声研究会 pp. pp.15-20 (2013 9月) 詳細
[100]. 環境音分類結果に基づく収録アプリのインターフェース設計 日本音響学会:秋季研究発表会 pp.pp.1387-1388 (2013 9月) 詳細
[101]. 対数Swept-Sineで変調した帯域雑音によるMTF測定 日本音響学会:秋季研究発表会 pp.pp.1005-1006 (2013 9月) 詳細
[102]. 波形の高次対称性に基づく基本周波数抽出法における潜在変数ダイナミクスの導入について 日本音響学会:秋季研究発表会 pp.pp.279-282 (2013 9月) 詳細
[103]. 波形の高次対称性に基づく基本周波数抽出法における潜在変数ダイナミクスの導入について 日本音響学会:秋季研究発表会 pp.pp.279-282 (2013 9月) 詳細
[104]. 基本周波数操作による音声の好感度改善に関連する物理的特徴の検討 日本音響学会:秋季研究発表会 pp.pp.335-336 (2013 9月) 詳細
[105]. スペクトル距離に基づく声道長推定における歌い手および基本周波数の影響について 日本音響学会:秋季研究発表会 pp.pp.381-382 (2013 9月) 詳細
[106]. スペクトル距離に基づく声道長推定における歌い手および基本周波数の影響について 日本音響学会:秋季研究発表会 pp.pp.381-382 (2013 9月) 詳細
[107]. SAWS(スケール交替ウェーブレット系列)刺激の支配的ピッチに関する聴覚モデルによる検討-SAIとSTRFとの比較- 日本音響学会:秋季研究発表会 pp.pp.501-504 (2013 9月) 詳細
[108]. SAWS(スケール交替ウェーブレット系列)刺激の支配的ピッチに関する聴覚モデルによる検討-SAIとSTRFとの比較- 日本音響学会:秋季研究発表会 pp.pp.501-504 (2013 9月) 詳細
[109]. 日本語母音データベースを用いた任意発声の相対的声道長の推定について 日本音響学会:秋季研究発表会 pp.pp.435-436 (2013 9月) 詳細
[110]. 日本語母音データベースを用いた任意発声の相対的声道長の推定について 日本音響学会:秋季研究発表会 pp.pp.435-436 (2013 9月) 詳細
[111]. SAWS(スケール交替ウェーブレット系列)刺激の支配的ピッチに関する聴覚モデルによる検討-SAIとSTRFとの比較- 日本音響学会:秋季研究発表会 pp.pp.501-504 (2013 9月) 詳細
[112]. SAWS(スケール交替ウェーブレット系列)刺激の支配的ピッチに関する聴覚モデルによる検討-SAIとSTRFとの比較- 日本音響学会:秋季研究発表会 pp.pp.501-504 (2013 9月) 詳細
[113]. 歌唱音声のスペクトル形状の線形伸縮に影響する要因の検討 日本音響学会聴覚研究会,音楽音響研究会,電気音響研究会 pp.pp.365-370 (2013 7月) 詳細
[114]. モバイル携帯端末を用いた環境音収集とその認識手法の検討 第99回 音楽情報科学研究会, 音学シンポジウム2013 (2013 5月) 詳細
[115]. 声から身体情報を求める 第99回 音楽情報科学研究会, 音学シンポジウム2013 (2013 5月) 詳細
[116]. 声から身体情報を求める 第99回 音楽情報科学研究会, 音学シンポジウム2013 (2013 5月) 詳細
[117]. 環境音認識を応用した情報提供機能を有するモバイルアプリケーションの検討 情報処理学会第75回 全国大会2013 pp.Vol.3,pp.463-464 (2013 3月) 詳細
[118]. ウェブ集合知に基づいた語彙獲得と3-gram確率推定による言語モデル自動生成ツール 日本音響学会春季研究発表会 pp.3-P-3c, pp.197-198 (2013 3月) 詳細
[119]. 高い時間分解能を有するスペクトルおよび基本周波数抽出法に基づくシャウト歌唱の分析について 日本音響学会春季研究発表会 pp.1-Q-3c, pp.389-390 (2013 3月) 詳細
[120]. ノッチ雑音マスキング法の測定点削減のための感度解析の改良 日本音響学会春季研究発表会 pp.2-Q-4, pp.609-610 (2013 3月) 詳細
[121]. ウェブ上の言語情報で拡張した語彙に基づく3-gramモデル自動生成ツール 日本音響学会関西支部,第15回関西支部若手研究者交流研究発表会 (2012 12月) 詳細
[122]. 母音区間だけを用いた声道長推定と身体情報との関連 〜あいうえおでBMIがわかる?〜 日本音響学会関西支部,第15回関西支部若手研究者交流研究発表会 (2012 12月) 詳細
[123]. TANDEM-STRAIGHTを用いた歌唱技法「シャウト」の再現 日本音響学会関西支部,第15回関西支部若手研究者交流研究発表会 (2012 12月) 詳細
[124]. 非対称レベルマスカを導入したノッチ雑音マスキング法の測定点の感度解析による削減 日本音響学会関西支部,第15回関西支部若手研究者交流研究発表会 (2012 12月) 詳細
[125]. 非対称レベルマスカを導入したノッチ雑音マスキング法の測定点の感度解析による削減 日本音響学会関西支部,第15回関西支部若手研究者交流研究発表会 (2012 12月) 詳細
[126]. 携帯型ガイドシステムのための環境音認識を応用したZoneRecognitionの提案 日本音響学会関西支部,第15回関西支部若手研究者交流研究発表会 (2012 12月) 詳細
[127]. コミュニケーションの環を紡ぐ情報処理原理の解明と応用 大阪府立大学・和歌山大学 工学研究シーズ合同発表会 (2012 11月) 詳細
[128]. 非対称レベルマスカを導入したノッチ雑音マスキング法の測定点の削減 日本音響学会聴覚研究会 pp.Vol.42, No.7, H-2012-99, pp.547-552 (2012 10月) 詳細
[129]. Introduction to the dynamic compressive gammachirp filterbank -- How can we implement aging efffect with it? Workshop on "Shift of the absolute pitch in eldery listener" (2012 9月) 詳細
[130]. 言語モデルの簡易構築に向けたGoogleデータからの必要単語抽出方法の検討 日本音響学会秋季研究発表会 pp.3-P-20, pp.173-174 (2012 9月) 詳細
[131]. 周期信号の瞬時周波数および群遅延の安定な表現について 日本音響学会秋季研究発表会 pp.2-2-6, pp.283-286 (2012 9月) 詳細
[132]. 日本語スピーキングテストS-CATにおける並列セグメンテーションを用いた自動採点の検討 日本音響学会秋季研究発表会 pp.3-Q-17, pp.397-398 (2012 9月) 詳細
[133]. 母音区間情報に基づく声道長正規化と身体情報の基礎的検討 日本音響学会秋季研究発表会 pp.3-Q-28, pp.423-424 (2012 9月) 詳細
[134]. スピーカー特性の簡易補正と主観評価実験 日本音響学会秋季研究発表会 pp.2-Q-a9, pp.533-534 (2012 9月) 詳細
[135]. 母音区間情報に基づく声道長正規化と身体情報の基礎的検討 日本音響学会秋季研究発表会 pp.3-Q-28, pp.423-424 (2012 9月) 詳細
[136]. 感度解析を用いたノッチ雑音マスキング法の測定点の削減に関する研究 日本音響学会秋季研究発表会 pp.2-Q-a11, pp.537-538 (2012 9月) 詳細
[137]. 感度解析を用いたノッチ雑音マスキング法の測定点の削減に関する研究 日本音響学会秋季研究発表会 pp.2-Q-a11, pp.537-538 (2012 9月) 詳細
[138]. 携帯型端末で収録した音サインやサイレンなどの環境音認識の検討 日本音響学会秋季研究発表会 pp.1-4-5, pp.1515-1516 (2012 9月) 詳細
[139]. 心理カウンセリング来談者の問題表現時の視点構造 とマイクロスリップ — 問題の所在が遷移した 事例に関する質的検討 日本生態心理学会第4回大会 (2012 7月) 詳細
[140]. 楽器音や動物の鳴声の音色と音声の言語情報を保持したクロス合成VOCODER 情報処理学会, 第95回音楽情報科学研究会, pp.MUS95-3 (2012 6月) 詳細
[141]. 音源およびスペクトル包絡の時間的微細構造の加工と 歌唱音声の印象への影響について 情報処理学会, 第95回音楽情報科学研究会 pp.MUS95-4 (2012 6月) 詳細
[142]. ウェブデータベースを用いた音声認識用言語モデルの簡易適応 情報処理学会第74回全国大会 2012 (2012 3月) 詳細
[143]. 若年話者判別法の音響特徴に対する聴覚フィルタバンクの導入 情報処理学会第74回全国大会 2012 (2012 3月) 詳細
[144]. 聴覚フィルタバンクを導入した音響特徴量による若年者判別手法 日本音響学会:春季研究発表会 pp.3-7-3, pp.87-88 (2012 3月) 詳細
[145]. Googleデータを用いた3-gramモデル構築における品詞情報に基づいた語彙制限 日本音響学会:春季研究発表会 pp.3-P-9, pp.233-234 (2012 3月) 詳細
[146]. Googleデータベースを用いた3-gram拡張法による言語モデル構築の自動化ツール 日本音響学会:春季研究発表会 pp.3-P-10, pp.235-236 (2012 3月) 詳細
[147]. Googleデータベースを用いた3-gram拡張法による言語モデル構築の自動化ツール 日本音響学会:春季研究発表会 pp.2-11-3, pp.339-340 (2012 3月) 詳細
[148]. 障害音声および歌唱音声における音声の周期構造分析について 日本音響学会:春季研究発表会 pp.3-11-1, pp.375-376 (2012 3月) 詳細
[149]. 異なった原理に基づく周期性検出器のアンサンブルによる音源情報の分析について 日本音響学会:春季研究発表会 pp.3-11-4, pp.385-388 (2012 3月) 詳細
[150]. 楽器音や動物の鳴声の音色を保持した音声とのクロス合成VOCODERの検討 日本音響学会:春季研究発表会 pp.3-11-10, pp.401-402 (2012 3月) 詳細
[151]. 日本語発話能力測定ウェブテストシステムを用いて収集した留学生の日本語発話の分析 日本音響学会:春季研究発表会 pp.3-11-19, pp.421-422 (2012 3月) 詳細
[152]. スケール変換したインパルス応答が交替する系列に対するピッチ知覚 日本音響学会:春季研究発表会 pp.3-10-5, pp.583-586 (2012 3月) 詳細
[153]. 模擬難聴のための動的圧縮型ガンマチャープによる圧縮特性の制御 日本音響学会:春季研究発表会 pp.3-Q-6, pp.605-606 (2012 3月) 詳細
[154]. 母音の持続時間が話者寸法の弁別能力に与える影響 日本音響学会:春季研究発表会 pp.3-Q-9, pp.611-614 (2012 3月) 詳細
[155]. 非対称レベルマスカを導入したノッチ雑音マスキング法による圧縮特性推定法の提案 日本音響学会:春季研究発表会 pp.3-Q-25, pp.647-648 (2012 3月) 詳細
[156]. スケーリングした2種のインパルス応答が交替する音系列に対するピッチ知覚- 調整法による心理物理実験- 日本音響学会聴覚研究会 pp.Vol.42, No.1,H-2012-6, pp.29-34 (2012 2月) 詳細
[157]. 聴覚フィルタバンクによる声道長推定と身長との相関および発話様式の影響 日本音響学会聴覚研究会 pp.Vol.42, No.1, H-2012-7, pp.35-40 (2012 2月) 詳細
[158]. 基本波のFMとAM成分に基づく高速な基本周波数推定法について, 日本音響学会聴覚研究会 pp.Vol.41, No.9, pp.679-684 (2011 12月) 詳細
[159]. Googleデータを用いた音声認識用辞書のクイック構築技術 日本音響学会関西支部,第14回関西支部若手研究者交流研究発表会 (2011 12月) 詳細
[160]. 和歌山大学のゆるキャラ『わだにゃん』が登場する子どもにやさしい対話システムの開発 日本音響学会関西支部,第14回関西支部若手研究者交流研究発表会 (2011 12月) 詳細
[161]. 音声の周期構造分析法とその障害音声分析への応用 日本音響学会関西支部,第14回関西支部若手研究者交流研究発表会 (2011 12月) 詳細
[162]. 聴覚フィルタバンクに基づく声道長正規化を用いた音声モーフィングの改良 日本音響学会関西支部,第14回関西支部若手研究者交流研究発表会 (2011 12月) 詳細
[163]. pandaPhone:人と動物を混ぜ合わせた声の iPhoneアプリ 日本音響学会関西支部,第14回関西支部若手研究者交流研究発表会 (2011 12月) 詳細
[164]. 音声分析変換合成系における時変フィルタの実装と 駆動情報の表現について 日本音響学会聴覚研究会 pp.Vol.41, No.7, pp.561-566 (2011 10月) 詳細
[165]. 音声分析変換合成系における時変フィルタの実装と 駆動情報の表現について 日本音響学会聴覚研究会 pp.Vol.41, No.7, pp.561-566 (2011 10月) 詳細
[166]. Experimental results on size perception in voiced and whispered speech WAVE workshop (2011 9月) 詳細
[167]. 対話型音声インタフェースのための大人・子ども判別技術の改良, FIT2011 第10回情報科学技術フォーラム pp.Vol 3. pp.37 - 40 (2011 9月) 詳細
[168]. 聴覚フィルタバンクを用いた若年話者判別の検討 日本音響学会:秋季研究発表会 pp.pp.59-62 (2011 9月) 詳細
[169]. 語彙で認識対象を制御するGoogleデータを用いた3-gramモデル 構築法の検討 日本音響学会:秋季研究発表会 pp.pp.161-162 (2011 9月) 詳細
[170]. 情報量を基準とした3-gram拡張に基づく言語モデルの適応手法 日本音響学会:秋季研究発表会 pp.pp.167-168 (2011 9月) 詳細
[171]. 聴覚フィルタバンクを用いた声道長推定法の比較 日本音響学会:秋季研究発表会 pp.pp.389-390 (2011 9月) 詳細
[172]. 障害音声の分析における基本周波数抽出法の評価について 日本音響学会:秋季研究発表会 pp.pp.423-434 (2011 9月) 詳細
[173]. 言葉の明瞭度と楽器等の特徴を保持したクロス合成の評価について 日本音響学会:秋季研究発表会 pp.p.587-588 (2011 9月) 詳細
[174]. 言葉の明瞭度と楽器等の特徴を保持したクロス合成の評価について 日本音響学会:秋季研究発表会 pp.p.587-588 (2011 9月) 詳細
[175]. 聴覚フィルタバンクを用いた若年話者判別の検討 日本音響学会:秋季研究発表会 pp.pp.59-62 (2011 9月) 詳細
[176]. 聴覚フィルタバンクを用いた若年話者判別の検討 日本音響学会:秋季研究発表会 pp.pp.59-62 (2011 9月) 詳細
[177]. 聴覚フィルタバンクを用いた若年話者判別の検討 日本音響学会:秋季研究発表会 pp.pp.59-62 (2011 9月) 詳細
[178]. 複数の周期成分を持つ音声のための周期構造抽出法と障害音声分析への応用について 電気/応用音響究会, 日本音響学会聴覚研究会 pp.日本音響学会聴覚研究会資料, Vol.41, No.6, pp.457-462 (2011 8月) 詳細
[179]. 言葉の明瞭度と楽器等の音色を保持したクロス合成法の検討 電気/応用音響究会, 日本音響学会聴覚研究会 pp.日本音響学会聴覚研究会資料, Vol.41, No.6, pp.463–468 (2011 8月) 詳細
[180]. 聴覚フィルタバンクを用いた声道長比推定 音声研究会 (2011 7月) 詳細
[181]. 滑舌の良いCross synthesis VOCODER インタラクション2011 (2011 3月) 詳細
[182]. 成分位相の制御により声の肌触りを変える インタラクション2011 (2011 3月) 詳細
[183]. 話者寸法の弁別における母音の持続時間の効果: 雑音駆動母音を用いた検討 日本音響学会:春季研究発表会講演論文集 pp.589-592 (2011 3月) 詳細
[184]. 単語音声の連続性と音節遷移情報を担う脳領域のfMRIによる検討 日本音響学会:春季研究発表会講演論文集 pp.483-486 (2011 3月) 詳細
[185]. 聴覚フィルタバンクに基づく声道長正規化と音声モーフィングへの応用について 日本音響学会:春季研究発表会講演論文集 pp.419-420 (2011 3月) 詳細
[186]. 音声の駆動構造分析における周期性検出器の応答特性の整形と統合について 日本音響学会:春季研究発表会講演論文集 pp.395-396 (2011 3月) 詳細
[187]. ピーク強調を含んだF0適応型スペクトル包絡抽出法による再合成音声の品質評価について 日本音響学会:春季研究発表会講演論文集 pp.327-328 (2011 3月) 詳細
[188]. ウェブを用いたトピック関連N-gramエントリ抽出手法の検討 日本音響学会:春季研究発表会講演論文集 pp.199-200 (2011 3月) 詳細
[189]. 実環境発話を用いた子ども判別アルゴリズムの検討 日本音響学会:春季研究発表会講演論文集 pp.55-56 (2011 3月) 詳細
[190]. Revisiting VTLN based on auditory filterbank WAVE workshop on augmentation of speech communication (2011 3月) 詳細
[191]. 外部知識としてウェブを用いた3-gram 言語モデル拡張手法の検討 情報処理学会第73全国大会講演論文集,vol. 2 pp.75-76 (2011 3月) 詳細
[192]. 話者寸法の弁別における母音の持続時間の効果: 雑音駆動母音を用いた検討 日本音響学会:春季研究発表会講演論文集 pp.589-592 (2011 3月) 詳細
[193]. 対話の流れと頷きパターン変化 HAIシンポジウム2010 (2010 12月) 詳細
[194]. 単語の音節遷移情報の処理を担う脳領域のfMRIによる検討 日本音響学会: 聴覚研究会資料, H-2010-154, Vol. 40, No.10 pp.851-856 (2010 12月) 詳細
[195]. トピック関連単語を用いた N-gram エントリ拡張法の音声認識性能調査 日本音響学会関西支部,第13回関西支部若手研究者交流研究発表会 (2010 12月) 詳細
[196]. 音声の周期構造分析法の設計パラメタの検討および性能評価について 日本音響学会関西支部,第13回関西支部若手研究者交流研究発表会 (2010 12月) 詳細
[197]. 聴覚フィルタバンクを用いたスペクトル距離に基づく 声道長比推定について 日本音響学会関西支部,第13回関西支部若手研究者交流研究発表会 (2010 12月) 詳細
[198]. VTL estimation using dynamic compressive gammachirp filterbank (dcGCFB) WAVE workshop on "Roles of voice periodicity (2010 11月) 詳細
[199]. 周期信号における時間的変動の影響を受けない位相関連情報の表現について 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.110, No.297, 電子情報通信学会 音声研究会, , SP2010ー77 pp.47-52 (2010 11月) 詳細
[200]. 実環境発話を入力とする子ども利用者判別技術の開発 日本ロボット学会第28回学術講演会, RSJ2010AC1H2-1 (2010 9月) 詳細
[201]. 音声の周期構造検出法の設計パラ メタの調整と性能評価指標の検討について 日本音響学会:秋季研究発表会講演論文集 pp.333 - 334 (2010 9月) 詳細
[202]. ウェブ収集発話に基づく子ども向け対話インタフェースの開発 日本音響学会:秋季研究発表会講演論文集 pp.89 - 90 (2010 9月) 詳細
[203]. F0適応型スペクトル包絡推定法のケプストラムを用いた 実装によるピーク形状近似誤差の改善 日本音響学会:秋季研究発表会講演論文集 pp.331 - 331 (2010 9月) 詳細
[204]. 声道長比に基づくスペクトル正規化のための スペクトル距離および周波数帯域の検討 日本音響学会:秋季研究発表会講演論文集 pp.323 - 324 (2010 9月) 詳細
[205]. 講演発話を用いたN-gram補完手法の音声認識性能評価 日本音響学会:秋季研究発表会講演論文集 pp.147 - 148 (2010 9月) 詳細
[206]. 音声ウェブシステムを用いて収集した実環境子供発話に関する調査 FIT2010 第9回情報科学技術フォーラム (2010 9月) 詳細
[207]. ちょっとした一言の音声認識による子ども利用者判別法の検討 FIT2010 第9回情報科学技術フォーラム (2010 9月) 詳細
[208]. 単語重要度を用いたN-gram補完手法が与える音声認識性能の調査 情報処理学会研究報告, 2010-SLP-82-20, 電子情報通信学会 音声研究会, 電子情報通信学会技術研究報告 (2010 7月) 詳細
[209]. 音源構造抽出法の初期推定値のバイアス除去と高速化について 日本音響学会: 聴覚研究会資料, H-2010-87, Vol. 40, No.6 pp.477-482 (2010 7月) 詳細
[210]. スペクトル距離に基づく声道長正規化 のための周波数帯域の選定について 電子情報通信学会 応用音響研究会, EA2010-36, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.110, No.71 pp.83-88 (2010 6月) 詳細
[211]. 擬似音声信号を用いた評価による音源構造抽出法の最適化について 電子情報通信学会 応用音響研究会, EA2010-35, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.110, No.71 pp.77-82 (2010 6月) 詳細
[212]. ウェブ収集発話を対象とした若年者判別の検討 情報処理学会創立50周年記念(第72回)全国大会講演論文集, vol.2 pp.285-286, 5U-7 (2010 3月) 詳細
[213]. fMRI による音声からの音源寸法情報とピッチ情報の処理と その交互作用の脳領域の検討 日本音響学会:春季研究発表会講演論文集 (2010 3月) 詳細
[214]. スペクトルピークを強調した平滑化を含むF0 適応型スペクトル包絡推定法の最適化 日本音響学会:春季研究発表会講演論文集, pp.507-508 (2010 3月) 詳細
[215]. 音声からの複数の周期成分抽出および歌唱音声の周期構造分析への応用 日本音響学会:春季研究発表会講演論文集, pp.505-506 (2010 3月) 詳細
[216]. 尖度に基づく音響的イベントの検出と音声分析変換合成システムへの応用について 日本音響学会:春季研究発表会講演論文集, pp.315-316 (2010 3月) 詳細
[217]. Google DBを用いたトピック特化型N-gramモデル補完の検討 日本音響学会:春季研究発表会講演論文集, pp.177-178 (2010 3月) 詳細
[218]. 高品質分析合成のための有声音の非周期成分の表現と推定について 日本音響学会聴覚研究会資料, H-2010-44, Vol. 40, No. 3, pp.231ー236, 電子情報通信学会 音声研究会, 電子情報通信学会技術研究報告 (2010 3月) 詳細
[219]. 時変モーフィングに基づく歌唱音声の操作と声質および歌い回しの評価について 日本音響学会:春季研究発表会講演論文集, pp.463-464 (2009 12月) 詳細
[220]. 音声による寸法情報とピッチ情報の処理とその交互作用のfMRI による脳領域の検討 日本音響学会関西支部,第12回関西支部若手研究者交流研究発表会, 関西大学 (2009 12月) 詳細
[221]. TANDEM-STRAIGHT スペクトル包絡推定法の改良及び最適化に関する検討 日本音響学会関西支部,第12回関西支部若手研究者交流研究発表会, 関西大学 (2009 12月) 詳細
[222]. 圧縮型ガンマチャープ適合による聴覚フィルタの周波数特性と圧縮特性の推定 日本音響学会関西支部,第12回関西支部若手研究者交流研究発表会, 関西大学 (2009 12月) 詳細
[223]. ウェブ収集発話を対象とした人間と機械の大人・子ども識別能力の比較 日本音響学会関西支部,第12回関西支部若手研究者交流研究発表会, 関西大学 (2009 12月) 詳細
[224]. 部分時変モーフィングに基づく歌唱音声の歌い回しの転写実験と評価 日本音響学会関西支部,第12回関西支部若手研究者交流研究発表会, 関西大学 (2009 12月) 詳細
[225]. 部分時変モーフィングによる母音情報に注目した歌声の転写実験と評価 日本音響学会関西支部,第12回関西支部若手研究者交流研究発表会, 関西大学 (2009 12月) 詳細
[226]. 音声のピッチと寸法情報の処理を担う脳領域のfMRIによる検討 日本音響学会聴覚研究会資料, H-2010-44, Vol. 40, No. 3 pp.pp.231ー236 (2009 11月) 詳細
[227]. スペクトル距離に基づくTANDEM-STRAIGHTスペクトル包絡推定 の最適化に関する検討 日本音響学会聴覚研究会資料, H-2009-81, Vol. 39, No. 6 pp.pp.459 - 464 (2009 10月) 詳細
[228]. 音声からの寸法情報処理の脳内部位のfMRI による検討 日本音響学会:秋季研究発表会講演論文集, pp.571-572 (2009 9月) 詳細
[229]. TANDEM-STRAIGHT に基づく周期構造検出器の 性能評価指標と最適化について 日本音響学会:秋季研究発表会講演論文集, pp.363-364 (2009 9月) 詳細
[230]. 声道形状データを利用したTANDEM-STRAIGHTスペクト ル包絡推定の最適化に関する検討 日本音響学会:秋季研究発表会講演論文集, pp.391-392 (2009 9月) 詳細
[231]. 二話者の発声した音声に基づく声道長比の推定法と 実測された身長比との関係について 日本音響学会:秋季研究発表会講演論文集, pp.365-366 (2009 9月) 詳細
[232]. 音声Web インタフェースを用いて収集した実環境発話の分析 日本音響学会:秋季研究発表会講演論文集, pp.125-126 (2009 9月) 詳細
[233]. Vocoder-based morphing tool demonstrations for flexible voice manipulations Proc. 14th Regional Convention, Aud., Eng., Soc., (2009 7月) 詳細
[234]. 安心ウェブの実現に向けた大人・子ども発話のネット収集実験 情報処理学会研究報告, 2009-SLP-77-19, 電子情報通信学会 音声研究会, 電子情報通信学会技術研究報告 (2009 7月) 詳細
[235]. 音声中の複数の繰返し構造の表現とその基本周波数および 非周期性抽出への応用について 日本音響学会聴覚研究会資料, H-2009-55, Vol. 39, No. 4, pp.307 - 312, 電子情報通信学会 応用音響研究会,電子情報通信学会技術研究報告 (2009 6月) 詳細
[236]. 圧縮型ガンマチャープ聴覚フィルタによるノッチ雑音データと 圧縮特性データへの同時適合 日本音響学会聴覚研究会資料, H-2009-51, Vol. 39, No. 4, pp.283-288, 電子情報通信学会 応用音響研究会,電子情報通信学会技術研究報告 (2009 6月) 詳細
[237]. 視聴覚統合を利用した非言語的手段による音色知覚の評価について 日本音響学会聴覚研究会資料, H-2009-48, Vol. 39, No. 4, pp.265-270, 電子情報通信学会 応用音響研究会,電子情報通信学会技術研究報告 (2009 6月) 詳細
[238]. 再合成音声の品質に対する音声スペクトル包絡推定法の影響について 電子情報通信学会 音声研究会, SP2009-35, 電子情報通信学会技術研究報告 (2009 6月) 詳細
[239]. 声道長の正規化に基づく簡易モーフィング音声の品質改良について 電子情報通信学会 音声研究会, SP2009-34, 電子情報通信学会技術研究報告 (2009 6月) 詳細
[240]. 音響的イベントの持続時間に基づいた非周期成分の時間構造の 制御について 日本音響学会:春季研究発表会講演論文集, pp.439-440 (2009 3月) 詳細
[241]. 声道断面積関数の補間によるモーフィング音声作成について -スペクトル概形の補償法の検討- 日本音響学会:春季研究発表会講演論文集, pp.425-426 (2009 3月) 詳細
[242]. TANDEM-STRAIGHT におけるスペクトル包絡推定精度の改善について 日本音響学会:春季研究発表会講演論文集, pp.381-382 (2009 3月) 詳細
[243]. TANDEM-STRAIGHTを用いたF0推定法の最適化及び性能評価 - F0検出器の設計パラメタに関する検討 - 日本音響学会:春季研究発表会講演論文集, pp.379-380 (2009 3月) 詳細
[244]. カスタマイズ性を重視した小規模N-gram の融合に関する検討 日本音響学会:春季研究発表会講演論文集, pp.245-246 (2009 3月) 詳細
[245]. Google N-gramを用いたN-gram 確率補完の検討 日本音響学会:春季研究発表会講演論文集 (2009 3月) 詳細
[246]. TANDEM-STRAIGHTおよび時変モーフィングのための 研究用インタフェースの開発について 電子情報通信学会 音声研究会, 電子情報通信学会技術研究報告, SP2008-151, pp.51-56 (2009 3月) 詳細
[247]. 視聴覚統合にお ける刺激音の時間-周波数的特徴と視覚刺激の形状特徴の検討 - 人間の知覚特性に基づく音楽の可視化システムに向けて 情報処理学会研究報告, 2009-MUS-79-13 (2009 2月) 詳細
[248]. 実時間操作インタフェースへの応用を目的とした歌唱モーフィング 操作パラメタの時系列への拡張について 情報処理学会研究報告, 2008-MUS-78-16, 情報処理学会, 第78回音楽情報科学研究会 (2008 12月) 詳細
[249]. 寸法変形した順応刺激音による寸法・形状知覚への影響 日本音響学会関西支部, 第11回関西支部若手研究者交流研究発表会 (2008 12月) 詳細
[250]. TANDEM-STRAIGHTに基づく基本周波数抽出法に関する一検討 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.108, No.338, SP2008-105 (NLC2008-50), pp.155-160 (2008 12月) 詳細
[251]. 基本周 波数情報に基づく線形予測と時間軸伸縮を利用した非周期成分の抽出について 電子情報通信学会 音声研究会,電子情報通信学会技術研究報告, Vol.108, No.338, SP2008-93 (NLC2008-38), pp.85-90 (2008 12月) 詳細
[252]. 劣化音声の知覚特性と音声認識器の認識傾向の比較 日本音響学会聴覚研究会資料, H-2008-142, Vol. 38, No. 8, pp.803-808 (2008 12月) 詳細
[253]. 日英母国語話者における子音/音節処理の脳内部位の対比   - CV・VC音節を用いたfMRI実験 - 上智大学オープン・リサーチ・センター「人間情報科学研究プロジェクト」 ヒューマンコミュニケーショングループ 2008年度第4回研究会 (2008 11月) 詳細
[254]. 単独母音間の話者寸法弁別に影響を与え る時間的要因の検討 日本音響学会聴覚研究会資料, H-2008-110, Vol. 38, No. 6, pp.633-637 (2008 10月) 詳細
[255]. 日英母国語話者におけるCVと VC音節の脳領域の比較 日本音響学会聴覚研究会資料, H-2008-104, Vol. 38, No. 6, pp.597-602 (2008 10月) 詳細
[256]. 音声認識Web システムに おける単語辞書構築技術 日本音響学会:秋季研究発表会講演論文集 (2008 9月) 詳細
[257]. 零周波数フィルタ信号に基づく 基本周波数抽出法の評価と応用について 日本音響学会:秋季研究発表会講演論文集 (2008 9月) 詳細
[258]. 母音情報を用いた自動化音声 モーフィングの方式パラメータの評価について 日本音響学会:秋季研究発表会講演論文集 (2008 9月) 詳細
[259]. 2母音の寸法弁別に対する刺激音の時間 特性と基本周波数の影響 日本音響学会:秋季研究発表会講演論文集 (2008 9月) 詳細
[260]. ウェブ上の言語知識を利 用した音声認識用単語辞書の更新手法 FIT2008 第7回情報科学技術フォーラム, pp.189-190 (2008 9月) 詳細
[261]. 零周波数フィルタ信号に基づく基本周波数抽出法 のTANDEM-STRAIGHTへの応用について 情報処理学会研究報告, 2008-MUS-76 (17), pp.97-102 (2008 8月) 詳細
[262]. スケール変形した有声/ 無声単語の寸法弁別と音韻認識に関する検討 電子情報通信学会 応用音響研究会,電子情報通信学会技術研究報告, EA2008-52, pp.35-40 (2008 8月) 詳細
[263]. TANDEM-STRAIGHTによるスペクトル包絡の近似精度の改善について ~ 基本周波数により定まるNyquist周波数以上の空間周波数成分の復元につ いて ~ 電子情報通信学会 音声研究会, 電子情報通信学会技術研究報 告, Vol.108, No.116, SP2008-28, pp.19-24 (2008 6月) 詳細
[264]. STRAIGHTを用いた簡易モーフィングによる印象変化の評価に ついて 情報処理学会 研究報告, 2008-MUS-75(8), 2008-HCI-128(8), pp. 43-48 (2008 5月) 詳細
[265]. 日英母国語話者における音節処理を担う脳内部位の比較 電子情報通信学会 ブレインコミュニケーション時限研究専門委員会, pp.38-43 (2008 5月) 詳細
[266]. 国内発表は全40件。詳細は学生活動ノートに記載。 (2007 4月) 詳細
[267]. 国内発表は全25件有り。詳細は学生活動ノートに記載。 (2006 4月) 詳細
[268]. 国内発表は全29件有り。詳細は学生活動ノートに記載。 (2005 4月) 詳細
【受賞等】
[1]. ASA fellow Acoustical Society of America 国際 2010
[2]. Senior Member IEEE 国際 2004
[3]. 第40回佐藤論文賞受賞 日本音響学会 国内 1999
[4]. 粟屋潔学術奨励賞 日本音響学会 国内 1988
【招待講演、パネリスト、基調講演等】
[1]. Characterizing impairments in compression and filter shape to establish their role in hidden hearing loss ASA-ASJ joint meeting 2016 (2016 12月) 詳細
[2]. Acoustic Scale Processing in the Auditory System 2016 RIMS 共同研究「ウェーブレット解析と信号処理」 (2016 10月) 詳細
[3]. The perceptual ends of the periodicity; but of what periodicity? Internoise 2016 , Hamburg, Germany (2016 8月) 詳細
[4]. 聴覚心理実験に基づいたモデルとその実践応用 日本音響学会 春季研究発表会 (2016 3月) 詳細
[5]. A perceptual continuum for pitch transition with no chromatic change: A challenge for a new model of pitch Japan/Taiwan Auditory Res. Meeting, Acoust. Soc. Japan (2015 10月) 詳細
[6]. The role of STRAIGHT in research on the perception of size in speech and music 日本音響学会 聴覚/音声研究会 (2014 10月) 詳細
[7]. 聴覚末梢系の圧縮特性の心理物理測定と模擬難聴への応用 日本音響学会秋季研究発表会 (2014 9月) 詳細
[8]. The relationship between speaker size perception and the auditory filter, ASA Spring meeting 2014 (2014 5月) 詳細
[9]. 聴覚におけるスケール分析のための末梢系 フィルタバンクのウェーブレット性と非線形性 2013 RIMS 共同研究「ウェーブレット解析とサンプリング理論」 (2013 10月) 詳細
[10]. Perceptual outcomes by rapid alternation of the resonant scaling and its relation to the fundamental frequency The 21st International Congress on Acoustics, ICA2013 (2013 6月) 詳細
[11]. 聴覚における寸法知覚と最適末梢系 音学シンポジウム2013 (2013 5月) 詳細
[12]. 内耳における圧縮特性とフィルタ特性の同時推定手法とその応用 第9回 内耳ひずみ研究会 (2012 7月) 詳細
[13]. 音声からの声道長推定における聴覚的ウェーブレット変換について 平成23年度 数学•数理科学と諸科学•産業との連携研究ワークショプ 「ウェーブレット理論と工学への応用」 (2011 9月) 詳細
[14]. 寸法知覚を中心とした聴覚情景分析  -物理世界と心理世界をつなぐ聴覚- 日本音響学会秋季研究発表会 (2011 9月) 詳細
[15]. 安定な声道長推定のための聴覚フィルタバンクとその理論 日本音響学会秋季研究発表会 (2011 9月) 詳細
[16]. はじめての聴覚フィルタ ー 心理物理実験デモで学ぶ聴覚フィルタ特性 ー 日本音響学会秋季研究発表会 (2010 9月) 詳細
[17]. 聴覚フィルタの測定と定式化について 日本音響学会聴覚研究会 (2009 10月) 詳細
[18]. A computational auditory model with a nonlinear cochlea and acoustic scale normalization 19th International Congress on Acoustics (ICA2007) (2007 9月) 詳細
[19]. The robustness of bio-acoustic communication and the role of normalization 19th International Congress on Acoustics (ICA2007) (2007 9月) 詳細
[20]. Warped-time-stretched pulse: An acoustic test signal robust against ambient noise, 4th Joint Meeting of the ASA and ASJ (2006 12月) 詳細
[21]. 音色に潜む寸法と形状情報 -混沌から紡ぎだす秩序- 日本音響学会秋季研究発表会 (2006 9月) 詳細
[22]. Size Matters: How the auditory system produces its scale invariant representation of the message in a sound Workshop on New Ideas in Hearing (2006 5月) 詳細
[23]. The stabilized, wavelet-Mellin transform for analyzing the size and shape information of vocalized sounds 149th meeting of ASA/CAA (2005 5月) 詳細
[24]. Identification of size-modulated vowels sequences: Effects of modulation periods and speaking rates 149th meeting of ASA/CAA (2005 5月) 詳細
[25]. Extracting a carrier-independent version of the syllabic message: The principles 149th meeting of ASA/CAA (2005 5月) 詳細
[26]. Analysis of scale information in the auditory system 18th International Congress on Acoustics (ICA2004) (2004 10月) 詳細
[27]. スケール変調音声に対する聴覚的追随性と聴覚的情景 日本音響学会秋季研究発表会 (2004 9月) 詳細
[28]. 聴覚による音源の寸法・形状推定 日本心理学会 聴覚心理学研究会 (2004 7月) 詳細
[29]. 初期聴覚系におけるスケール理論 統計数理研究所特別セミナー (2003 11月) 詳細
[30]. 初期聴覚系におけるスケール理論 日本音響学会春季研究発表会 (2003 3月) 詳細
[31]. An auditory vocoder resynthesis of speech from an auditory Mellin representation European and Japanese Acoustic Societies Symposium, Forum Acusticum Sevilla 2002 (2002 9月) 詳細
[32]. Time-domain auditory processing of the dynamic aspects of speech Dynamics of Speech Production and Perception (2002 6月) 詳細
[33]. 聴覚系を理解し応用するための計算理論 第15回 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ (2002 4月) 詳細
[34]. 聴覚メリン表現からの信号再合成 CIAIR音声信号処理ワークショップ (2002 3月) 詳細
[35]. The wavelet-Mellin transform for auditory processing, Japan-America Frontiers of Science (JAFoS) 2000 (2000 9月) 詳細
[36]. The wavelet-Mellin transform for auditory processing Japan-America Frontiers of Science (JAFoS) 2000 (2000 9月) 詳細
[37]. ガンマチャープ聴覚フィルタバンクによる定常雑音抑圧 ディジタル信号処理研究会・DSP研究会 (1999 12月) 詳細
[38]. ガンマチャープ聴覚フィルタバンクによる定常雑音抑圧 ディジタル信号処理研究会・DSP研究会 (1999 12月) 詳細
[39]. Wavelet変換よる音声信号処理 音声研究会・ディジタル信号処理研究会 (1992 年度) 詳細
[40]. Wavelet変換よる音声信号処理 音声研究会・ディジタル信号処理研究会 (1992 年度) 詳細
【新聞掲載、テレビ・ラジオ出演】
[1]. 日刊工業新聞 2017
【取得特許】
[1]. 周期信号処理方法、周期信号変換方法および周期信号処理装置ならびに周期信号の分析方法 ( 2013 )
[2]. 音声合成方法及びそれらの装置、並びに プログラム及びプログラムを記録した記録媒体 ( 2007 )
[3]. Method and apparatus for fundamental frequency extraction or detection in speech ( 2006 )
[4]. 占有度抽出装置およびその装置を利用した基本周波数抽出装置、それらの方法、それらのプログラム並びにプログラムを記録した記録媒体 ( 2006 )
[5]. Method of extracting sound source information ( 2005 )
[6]. Mellin-transform information extractor for vibration sources ( 2004 )
[7]. 音源情報の抽出方法及び装置 ( 2003 )
[8]. 音声分析合成方式および、この方法を実施する装置、プログラム、プログラムを記録した記録媒体 ( 2002 )
[9]. 信号分析方法および装置 ( 2001 )
[10]. 信号分析方法および信号分析装置 ( 2000 )
[11]. 雑音抑圧方法および雑音抑圧装置 ( 1999 )
【共同研究・プロジェクト等】
[1]. 聴覚特性に基づく明瞭音声の客観指標と音声聴覚支援手法の開発 (2017)
[2]. 複合音ABR (cABR)における時間分解能から見た難聴病態解明と次世代補聴器開発 (2017)
[3]. 対話的可視化に基づく音声コミュニケーション研究支援環境 (2017)
[4]. 聴覚特性に基づく明瞭音声の客観指標と音声聴覚支援手法の開発 (2016)
[5]. 加齢に伴う絶対音感シフトに関する心理物理的実験検討と計算モデルの構築 (2016)
[6]. 聴覚情報の静的表現に基づく高度音声処理基盤の構築 (2016)
[7]. 複合音ABR (cABR)における時間分解能から見た難聴病態解明と次世代補聴器開発 (2016)
[8]. 対話的可視化可聴化に基づく音声コミュニケーション研究支援環境 (2016)
[9]. 複合音ABR (cABR)における時間分解能から見た難聴病態解明と次世代補聴器開発 (2016)
[10]. 聴覚情報の静的表現に基づく高度音声処理基盤の構築 (2016)
[11]. 対話的可視化可聴化に基づく音声コミュニケーション研究支援環境 (2016)
[12]. 聴覚モデルによる音声評価の研究 (2015)
[13]. 臨床心理面接の時系列連続評価と客観定量化手法の開発 (2015)
[14]. 聴覚音声支援のための聴知覚特性の解明と信号処理開発 (2015)
[15]. 聴覚情報の静的表現に基づく高度音声処理基盤の構築 (2015)
[16]. 加齢に伴う絶対音感シフトに関する心理物理的実験検討と計算モデルの構築 (2015)
[17]. 聴覚の情報表現に基づく機能性音声デザイン機構の研究 (2015)
[18]. 感音難聴における時間分解能の測定機器の開発と、 時間分解能エンハンス補聴器の開発 (2015)
[19]. 非言語音認識の研究 (2014)
[20]. 聴覚音声支援のための聴知覚特性の解明と信号処理開発 (2014)
[21]. 感音難聴における時間分解能の測定機器の開発と、 時間分解能エンハンス補聴器の開発 (2014)
[22]. 対面対話進行における探索と調整機構の解明:カウンセリング場面を中心に (2014)
[23]. クライアントが効果を実感できる聴き方の支援:概念再考と傾聴教育プログ開発 (2014)
[24]. 聴覚モデルによる音声評価の研究 (2014)
[25]. 加齢に伴う絶対音感シフトに関する心理物理的実験検討と計算モデルの構築 (2014)
[26]. クライアントが効果を実感できる聴き方の支援:傾聴概念再考と傾聴教育プログラム開発 (2014)
[27]. 非言語音認識の研究 (2013)
[28]. 対面対話進行における探索と調整機構の解明:カウンセリング場面を中心に (2013)
[29]. 感音難聴における時間分解能の測定機器の開発と、 時間分解能エンハンス補聴器の開発 (2013)
[30]. 加齢に伴う絶対音感シフトに関する心理物理的実験検討と計算モデルの構築 (2013)
[31]. 聴覚音声支援のための聴知覚特性の解明と信号処理開発 (2013)
[32]. 臨床心理面接の対話における音声やうなずきの役割やその実践応用への研究 (2012)
[33]. 難聴者の音声の聞こえの研究 (2012)
[34]. 加齢に伴う絶対音感シフトに関する心理物理的実験検討と計算モデルの構築 (2012)
[35]. 非言語音認識の研究 (2012)
[36]. 非言語音認識の研究 (2012)
[37]. 加齢に伴う絶対音感シフトに関する心理物理的実験検討と計算モデルの構築 (2012)
[38]. 非言語音認識の研究 (2011)
[39]. 聴覚における寸法知覚と音脈分凝に関する研究 (2011)
[40]. 臨床心理面接の対話における音声やうなずきの役割やその実践応用への研究 (2011)
[41]. 難聴者の音声の聞こえの研究 (2011)
[42]. 聴覚における寸法知覚と音脈分凝に関する研究 (2010)
[43]. 臨床心理面接の対話における音声やうなずきの役割やその実践応用への研究 (2010)
[44]. マルチモーダルデータからの不変情報の発見とそ の方法論の研究 (2009)
[45]. 聴覚における寸法知覚と音脈分凝に関する研究 (2009)
[46]. 臨床心理面接の対話における音声やうなずきの役割やその実践応用への研究 (2009)
[47]. マルチモーダルデータからの不変情報の発見とそ の方法論の研究 (2008)
[48]. 臨床心理面接の対話における音声やうなずきの役割やその実践応用への研究 (2008)
[49]. マルチモーダルデータからの不変情報の発見とそ の方法論の研究 (2007)
[50]. 臨床心理面接の対話における音声やうなずきの役割やその実践応用への研究 (2007)
[51]. マルチモーダルデータからの不変情報の発見とそ の方法論の研究 (2006)
[52]. マルチモーダルデータからの不変情報の発見とそ の方法論の研究 (2005)
【その他の研究交流】
[1]. 京都大学他 第1回 京都大学ー稲森財団 合同京都賞シンポジウム (2014)
[2]. 京都大学他 CREST symposium on Human-Harmonized Information Technology (2012)
[3]. 和歌山大学 科研費説明会 (2012)
[4]. IEEE ICASSP 2012, Kyoto (2011)
【科学研究費補助金】
[1]. 挑戦的萌芽研究 対話的可視化可聴化に基づく音声コミュニケーション研究支援環境 分担 ( 2016 - 2017 )
[2]. 基盤研究(A) 聴覚特性に基づく明瞭音声の客観指標と音声聴覚支援手法の開発 代表 ( 2016 - 2019 )
[3]. 基盤研究(C) 褒める行為が響くとき:カウンセリング対話への重層的なラベル付けによる解明 分担 ( 2016 - 2018 )
[4]. 基盤研究(C) 複合音ABR(cABR)における時間分解能から見た難聴病態解明と次世代補聴器開発 分担 ( 2016 - 2018 )
[5]. 挑戦的萌芽研究 臨床心理面接の時系列連続評価と客観定量化手法の開発 代表 ( 2015 - 2017 )
[6]. 基盤研究(B) 聴覚情報の静的表現に基づく高度音声処理基盤の構築 分担 ( 2015 - 2017 )
[7]. 基盤研究(C) クライアントが効果を実感できる聴き方の支援:傾聴概念再考と傾聴教育プログラム開発 分担 ( 2014 - 2016 )
[8]. 挑戦的萌芽研究 聴覚の情報表現に基づく機能性音声デザイン機構の研究 分担 ( 2014 - 2015 )
[9]. 基盤研究(B) 聴覚音声支援のための聴知覚特性の解明と信号処理開発 代表 ( 2013 - 2015 )
[10]. 基盤研究(C) 感音難聴における時間分解能の測定機器の開発と、時間分解能エンハンス補聴器の開発 分担 ( 2013 - 2015 )
[11]. 挑戦的萌芽研究 感性にはたらきかけるカウンセリングのためのパラ言語情報と身体動作の計測と解析 代表 ( 2011 ~2013 (3年) )
[12]. 基盤研究(B) 聴覚の情報表現に基づく高度音声分析変換合成方式の研究 分担 ( 2012 - 2014 )
[13]. 基盤研究(C) 対面対話進行における探索と調整機構の解明:カウンセリング場面を中心に 分担 ( 2012 - 2014 )
[14]. 基盤研究(A) 加齢に伴う絶対音感シフトに関する心理物理学的実験検討と計算モデルの構築 分担 ( 2012 - 2016 )
[15]. 基盤研究(C) 臨床心理面接における対話齟齬の理解:音声とうなずきの観点から 分担 ( 2010 ~2012 (3年) )
[16]. 平成21年度 地域イノベーション創出総合支援事業 研究開発推進プログ ラム シーズ発掘試験 次世代補聴器のための聴覚特性精密推定と難聴 模擬システムの開発 代表 ( 2009 ~2009 (1年) )
[17]. 基盤研究(B) 音声・音響信号に備わる寸法恒常性による音脈分凝と音色知覚の時間追従性 分担 ( 2009 ~2011 (3年) )
[18]. 基盤研究(B) 音声知覚の基盤となる聴覚特性と計算理論の研究 代表 ( 2009 ~2012 (4年) )
[19]. 日本学術振興会 ・ 科学研究費補助金・基盤研究(A) 聴覚・音声機能の支援・拡張技術に関する総合的研究 分担 ( 2007 ~2010 (4年) )
[20]. 萌芽研究 帰納的学習機械による空間音源定位に関する研究 分担 ( 2006 ~2008 (3年) )
[21]. 萌芽研究 音声知覚特性の解析に対する音声認識技術の適用 代表 ( 2006 ~2008 (3年) )
[22]. 基盤研究(B) 初期聴覚系における寸法・形状知覚理論の検証と応用に関する研究 代表 ( 2006 ~2008 (3年) )
[23]. 基盤研究(C) 音響的生態を基礎とした音の知覚属性の実験的再検討 分担 ( 2005 ~2007 (3年) )
[24]. 萌芽研究 音を放射しない音響システム構築に関する研究 分担 ( 2005 ~2006 (2年) )
[25]. 萌芽研究 聴覚情報表現の不動点に基づく聴覚的情景分析空間の構築 分担 ( 2003 ~2004 (2年) )
[26]. 基盤研究(B)(2) 聴覚計算理論の構築とそれに基づく音信号処理の研究 代表 ( 2003 ~2005 (3年) )
【公的資金】
[1]. Two exchange visits to collaborate on research into experimental and theoretical approaches to the perception of source size in speech and music, September and December 2006 (2006)
[2]. 劣化音声連続体による模擬難聴の基礎検討 (2005)
[3]. Temporal processing in the auditory system from cochlea to cortex (2004)
[4]. ユーザ負担のない話者・環境適応性を実現する 自然な音声対話処理技術 (2003)
[5]. 聴覚の情景分析に基づく音声・音響処理システム (1997)
 

このページのトップへ