和歌山大学研究者総覧のホームページです。

ホーム > 研究関連情報

研究関連情報

image-profile

教育学部 教育学 (教職大学院)

教授

舩越 勝 (フナゴシ マサル)

FUNAGOSHI Masaru

【著書】
[1]. 学びをデザインする子どもたち 東洋館出版 (2016 年度) 詳細
[2]. 教育方法学研究ハンドブック 学文社 (2014 年度) 詳細
[3]. ゆきづまる中学校実践をひろひらく クリエイツかもがわ全187頁     (2005 8月) 詳細
[4]. こころの叫びが届く つくりませんか、こんな学びと学校          解説 子ども研究を基盤にした同僚性の再構築と学校づくり クリエイツかもがわ全164頁     (2004 8月) 詳細
[5]. 子どもが子どもとして生きるー子ども集団の発展と指導ー         解説 居場所集団から「共同グループ」への子ども集団づくりの展開                   クリエイツかもがわ 全186頁 (2003 8月) 詳細
[6]. 共同グループを育てるー今こそ、集団づくりー                 第1章 いま、どのような子ども集団づくりを構想するかー共同グループの視点からー クリエイツかもがわ 全246頁 (2002 8月) 詳細
[7]. あそびなかまの教育力 「子どもとともに豊かなあそびの世界を創り出す学童保育の実践」 ひとなる書房 全239頁 (2001 10月) 詳細
[8]. 学級崩壊 かわる教師かえる教室 第5巻 中学校  第6章 学級崩壊問題の最前線 フォーラム・A(大阪) 全222頁 (分担)195-234頁 (2001 8月) 詳細
[9]. 地域を生かせ!総合的学習の展開 都市部・都市近郊の学校における「総合的な学習」 東洋館出版(東京) (分担) 18~31頁 (2000 7月) 詳細
[10]. 学級崩壊 かわる教師かえる教室 第1巻 保育所・幼稚園 フォーラム・A(大阪)全190頁 (2000 4月) 詳細
[11]. 学級崩壊 かわる教師かえる教室 第2巻 小学校低学年 フォーラム・A(大阪)全213頁 (2000 4月) 詳細
[12]. 学級崩壊 かわる教師かえる教室 第3巻 小学校中学年 フォーラム・A(大阪)全213頁 (2000 4月) 詳細
[13]. 学級崩壊 かわる教師かえる教室 第4巻 小学校高学年 フォーラム・A(大阪)全222頁 (2000 4月) 詳細
[14]. 教師も子どもも楽しい共同でつくる総合学習の理論 フォーラム・A(大阪)全286頁、(分担)227~231頁 (1999 7月) 詳細
[15]. 今人権教育を問う 大月書店(東京)全290頁、(分担)226~255頁 (1999 6月) 詳細
[16]. 共同でつくる総合学習の理論 フォーラム・A(大阪)全266頁、(分担)86~115頁 (1999 6月) 詳細
[17]. 生徒指導の基礎と展開 コレール社(東京)全190頁(分担)51~64頁 (1999 4月) 詳細
[18]. 特別活動の基礎と展開 コレール社(東京)全198頁(分担)121~132頁 (1999 4月) 詳細
[19]. 学びのディスコースー共同創造の授業を求めてー 八千代出版(東京)全257頁(分担)211~232頁 (1998 12月) 詳細
[20]. 日本の生活教育50年ー子どもたちと向き合いつづけてー 学文社(東京)全370頁(分担)224~233頁 (1998 11月) 詳細
[21]. 父母とのすれちがいをどうするか 高文研(東京)全205頁(分担)11~38頁 (1998 6月) 詳細
[22]. 教育学のアイデンティティー -学校批判を超えてー 八千代出版(東京)全242頁(分担)173~201頁 (1997 4月) 詳細
[23]. 新しい授業学への展望 授業研究の方法論、及び戦後教育史年表 渓水社(広島) 全208頁 (分担) 178~192頁 201~204頁 (1994 10月) 詳細
[24]. メッセ-ジ・学級集団づくり5 小学校3年 夢のある少年期を生きる  -少年期の活動的な世界をどう創るか-   明治図書(東京) 全144頁(分担) 127~137頁 (1993 9月) 詳細
[25]. 教育実践の研究 学習指導案の「歴史」と「論田論理」 (一)指導案の戦前史 (二)指導案の戦後史1~3 図書文化(東京)全300頁 (分担) 100~116頁 (1990 6月) 詳細
【論文】
[1]. 現代の子ども支配の構図と集団づくり実践の課題ー「包摂と排除の力学」を越えるー 和歌山大学教育学部紀要 教育科学 巻号:67巻 (2016 年度) 詳細
[2]. 公州大学における「平生学習(生涯学習)中心大学」の展開過程と地域連携に関する調査報告 和歌山大学地域連携・生涯学習センター年報  巻号:第15号 (2016 年度) 詳細
[3]. 学習集団における「自治」の再検討―戦後の授業実践史における争点を中心にー 和歌山大学教職大学院紀要  巻号:第1号 (2016 年度) 詳細
[4]. 学童保育の生活づくりと実践の課題ー集団づくりの視点からー 和歌山大学地域連携・生涯学習センター年報  巻号:第14号 (2015 年度) 詳細
[5]. 森教二のライフヒストリー研究(その3)―和歌山県における生活綴り方教師の一典型―  和歌山大学教育学部紀要 教育科学65巻 (2014 年度) 詳細
[6]. 市民社会論と集団づくり研究の今日的課題 和歌山大学教育実践総合センター紀要第14号 93~101頁       (2004 8月) 詳細
[7]. 集団づくりにおける公共性の問題ー「言説の空間」としての公共圏の立ち上げの意味を中心にー 和歌山大学教育実践総合センター紀要第12号 63~74頁       (2002 8月) 詳細
[8]. 「社会制作」の原理と集団づくり研究の今日的課題 和歌山大学教育実践研究指導センター紀要第10号 107~115頁 (2000 8月) 詳細
[9]. いま、子どもたちの「新たな荒れ」の広がりと学級崩壊にどう挑むかー幼児期のもつれを解きほぐし、豊かな少年期の再創造へー 和歌山大学教育実践研究指導センター研究紀要第9号55~64頁 (1999 7月) 詳細
[10]. 子どもたちの「新たな荒れ」と生活指導研究の課題 和歌山大学教育実践研究指導センター研究紀要第8号65~72頁 (1998 7月) 詳細
[11]. 横山徳次郎の科外教授論に関する教育方法史研究 和歌山大学教育実践研究指導センター研究紀要第6号117~129頁 (1996 7月) 詳細
[12]. 澤柳政太郎の訓練論に関する教育方法史研究 奈良教育大学教育研究所紀要第32号31~40頁 (1996 3月) 詳細
[13]. 羽山好作の科外教育論に関する教育方法史研究 奈良教育大学教育実践研究指導センター研究紀要第5号103~116頁 (1996 3月) 詳細
[14]. 奈良県の生活科教育における子どもの変容に関する研究 奈良教育大学教育実践研究指導センター研究紀要第5号159~181頁 (1996 3月) 詳細
[15]. 教育実習事後指導の新しい展開 奈良教育大学教育実践研究指導センター研究紀要別冊1 教育実習事後指導の探究1~9頁 (1996 3月) 詳細
[16]. 多田房之輔の訓練論に関する教育方法史研究 奈良教育大学紀要第44巻第1号(人文・社会科学)275~287頁 (1995 11月) 詳細
[17]. 集団づくりにおける討議指導の構造に関する研究 奈良教育大学教育研究所紀要第31号185~195頁 (1995 3月) 詳細
[18]. 澤正の「学級経営」論に関する教育方法史研究 奈良教育大学教育実践研究指導センタ-研究紀要第4号57~68頁 (1995 3月) 詳細
[19]. 奈良県における「特色ある生活科」実践の研究事例研究 Ⅰ 研究の目的と方法、 Ⅱ-2(1) ~(3) 及びⅢ-1(1) 奈良教育大学教育実践研究指導センタ-研究紀要第4号113~146頁 (1995 3月) 詳細
[20]. 奈良県における生活科教育の実態に関する研究 -全県アンケ-ト調査の分析を中心に- Ⅰ  研究の目的と方法  Ⅱ-4(2) 合科的指導 Ⅱ-5 評価方法 奈良教育大学教育実践研究指導センタ-研究紀要第3号85~115頁 (1994 3月) 詳細
[21]. 子どもの発達課題の分析と生活指導実践の構想 奈良教育大学教育実践研究指導センタ-研究紀要第2号45~54頁 (1993 3月) 詳細
[22]. 「訓練要目」の実践構造 -明治期訓育理論の成立と展開(その3)- 教育学研究紀要第37巻第1部192~197頁中国四国教育学会編 (1992 3月) 詳細
[23]. 現代におけるマカレンコ研究の動向 -1980年代を中心に- Ⅰ ソビエトにおけるマカレンコ研究の動向、及びおわりに 広島大学教育学部紀要 (教育学)第1部第40号131~139頁 (1991 12月) 詳細
[24]. 集団における「情動的潜勢力」の機能と構造 -人格形成過程の方法論的基礎(その5)- 教育学研究紀要第36巻第1部272~277頁中国四国教育学会編 (1991 3月) 詳細
[25]. 集団における「交わり」概念の構造 -城丸章夫を中心に- 生活指導研究第7巻138~152頁日本生活指導学会編 (1990 9月) 詳細
[26]. 学校自治における「要求の組織化」の位置  -訓育理論の基本的課題(その3)- 教育方法学研究第15巻49 ~58頁日本教育方法学会編 (1990 3月) 詳細
[27]. 「行動」の構造的把握とモラルの形状 -人格形成過程の方法論的基礎(その4)- 教育学研究紀要第35巻第1部164~169頁中国四国教育学会編 (1990 3月) 詳細
[28]. 「徳育論争」の問題構造 -明治期訓育理論の成立と展開(その2)- 広島大学大学院教育学研究科博士課程論文集第15巻57~60頁 (1989 10月) 詳細
[29]. 生活指導における「認識の指導」と「行動の指導」との関係をめぐって -「要求の組織化」論の検討を中心に- 2(2)「認識」のリアリズムから「行動」のリアリズムへ 生活指導研究第6巻91 ~105頁日本生活指導学会編 (1989 8月) 詳細
[30]. 学校における「自治」の構造 -訓育理論の基本的課題(その2)-  教育方法学研究第14巻21 ~30頁日本教育方法学会編 (1989 3月) 詳細
[31]. 共同活動の組織化における「交流」の位置と役割 -人格形成過程の方法論的基礎(その3)- 教育学研究紀要第34巻第1部217~222頁中国四国教育学会編 (1989 3月) 詳細
[32]. 明治前期「学校管理法」書における「躾方」概念の検討  -明治期訓育理論の成立と展開(その1)- 広島大学大学院教育学研究科博士課程論文集第14巻43~50頁 (1988 10月) 詳細
[33]. 「交流」の発達的意義と組織原則 -人格形成過程の方法論的基礎(その2)- 教育学研究紀要第33巻第1部157~162頁中国四国教育学会編 (1988 3月) 詳細
[34]. 授業展開における教師の指導技術=「タクト」の実証的研究(Ⅴ) -民話教材「吉四六話」の授業を中心として- Ⅴ 指導的評価活動の基本原則 広島大学教育学部学部附属共同研究体制研究紀要第16号1~14頁 (1988 3月) 詳細
[35]. 「総合学習」についての実証的研究(Ⅰ) -歴史的概観と典型実践の分析- Ⅲ-2(2)林間学校における自治的組織 広島大学教育学部学部附属共同研究体制研究紀要第16号15~29頁 (1988 3月) 詳細
[36]. 訓育方法の一般的体系について -訓育理論の基本的課題(その1)- 広島大学教育学部紀要第1部第36号75~86頁 (1987 12月) 詳細
[37]. 「活動」と「意識」の統一把握-人格形成過程の方法論的基礎(その1)- 教育学研究紀要第32巻第1部 127~132頁 中国四国教育学会編 (1987 3月) 詳細
【その他の著作】
[1]. 子どもの荒れを読みひらく公共圏 生活指導571号 明治図書 43~50頁 (2001 11月) 詳細
[2]. 集団づくりの再定義をどう進めるか 生活指導572号 明治図書 58~63頁 (2001 11月) 詳細
[3]. これからの学級担任はどうなっていくのか 生活指導569号 明治図書 43~50頁 (2001 9月) 詳細
[4]. いま、どのような総合学習をどのように創り出すのか 生活指導561号 明治図書 104~109頁 (2001 1月) 詳細
[5]. 生活現実から出発し、「もう一つの世界」を共に探る学び 生活指導555号 明治図書 19~26頁 (2000 8月) 詳細
[6]. 教師の自己変革を妨げるものは何か 生活指導553号 明治図書 61~68頁 (2000 6月) 詳細
[7]. 書評『和光鶴川小学校の総合学習』全三巻 生活教育617号 星林社 90~91頁 (2000 4月) 詳細
[8]. 『ムカつく』子どもと学校づくり 生活指導529号 明治図書(東京) 8 ~15頁 (1998 8月) 詳細
[9]. 教師と子どものすれちがい -その分析と克服の視点- 子どもと教育 324号 あゆみ出版(東京) 16 ~21頁 (1998 4月) 詳細
[10]. ジェンダーと学校-『女らしさ』『男らしさ』からの自由を- 生活指導523号 明治図書(東京) 8~15頁 (1998 2月) 詳細
[11]. 新自由主義とどう向き合うか 生活指導518号 明治図書(東京)10~17頁 (1997 10月) 詳細
[12]. 平和教育と地方自治 平和教育52号12~17頁 (1997 6月) 詳細
[13]. 奈良県の戦後同和教育の実践と運動-安川重行の歩みを通して- 地方教育史研究77~81頁 (1997 5月) 詳細
[14]. 自治と共同の学校をどう創るか-新保守主義の学校改革との対抗軸を探る- 生活指導 505号明治図書(東京)10~17頁 (1996 11月) 詳細
【学会発表】
[1]. 課題研究Dのコメンテータ- (2015 年度) 詳細
 

このページのトップへ