和歌山大学研究者総覧のホームページです。

ホーム > 研究関連情報

研究関連情報

image-profile

観光学部 観光学科

教授

竹林 明 (タケバヤシ ハジメ)

TAKEBAYASHI Hajime

【著書】
[1]. ナカニシヤ出版 (2016 年度) 詳細
[2]. 現代の観光とブランド 同文館 198 (2013 3月) 詳細
[3]. 現代人的資源管理 中央経済社 291 (2013 年度) 詳細
[4]. 入門 人的資源管理 中央経済社 (2010 4月) 詳細
[5]. 入門 組織行動論 中央経済社 250頁 (2007 4月) 詳細
[6]. 経験から学ぶ経営学入門 有斐閣 299-319、347-366 (2007 年度) 詳細
[7]. 経営学への旅立ち 八千代出版 316 (2001 4月) 詳細
[8]. 柔構造組織パラダイム序説ー新世代の日本的経営ー 文眞堂 (1994 4月) 詳細
【学術誌掲載論文】
[1]. Human Resources for Tourism Developing an Innovative Model for the Advancement and Internationalisation of Tourism Reseach pp.53-62 (2015 年度) 詳細
[2]. Reexamination of the Role of Local Residents for the Improvement of Place Brand Value Developing an Asia Hb for the Advancement and Internationalisation of Tourism Research Aproject 2015 Ⅱ pp.45-50 (2015 年度) 詳細
[3]. 新技術下の人的資源管理制度 現代経営学の課題[経営学論集第67集],千倉書房 (1997 年度) 詳細
【紀要等】
[1]. 地域ブランド形成における住民の役割に関する研究 和歌山地域経済研究機構研究成果No.27 (2016 年度) 詳細
[2]. 竹林 明 観光研究の高度化・国際化推進による次世代モデル創出プロジェクト 所収 pp.87-96 (2014 年度) 詳細
[3]. 住民による訪問者受け入れ意識の影響要因-地域ブランドの視点から-」 『観光学』 巻号:第5号 pp.19-26 (2011 年度) 詳細
[4]. 観光客受け入れに対する和歌山県民の意識調査 成果研究No20 巻号:No20 pp.40-44 (2009 年度) 詳細
[5]. ホスピタリティ研究会報告書 成果研究No20 巻号:No17 pp.2-49 (2009 年度) 詳細
[6]. 観光と人材観光人材-概念と課題の提示- 和歌山大学観光学部設置記念論集 pp.177-193 (2008 年度) 詳細
[7]. 建設業経営の特性と課題 和歌山地域経済研究機構研究成果 巻号:15 pp.85-96 (2007 年度) 詳細
[8]. 「選択」と「選抜」による人材マネジメント 協同組合奨励研究報告書 巻号:33 pp.323-347 (2007 年度) 詳細
[9]. 観光と人材 『平成18年度集客交流経営人材の在り方に関する調査研究事業 「観光学へのいざない」』(集客交流人材の在り方に関する調査研究事業委員会) pp.92-122 (2006 年度) 詳細
[10]. HRMの変化と「誘引」「統合」に有効な制度-情報サービス産業における実態調査から- 経済理論(和歌山大学) 巻号:325 pp.41-55 (2005 年度) 詳細
[11]. 情報技術の進展と教育訓練制度 和歌山地域経済研究機構、研究成果6号 詳細
[12]. 新技術と人事・労務管理制度 西南学院大学商学論集41巻1号 pp.p.65 詳細
[13]. 技術革新が人事労務管理制度に及ぼす影響 西南学院大学商学論集41巻2号 pp.p.69 詳細
[14]. 新技術が企業組織構造に与える影響に関する実態調査報告書 9407号 pp.p.45 詳細
[15]. 日本企業の国際化と賃金制度についての一考察 西南学院大学商学論集39巻1-2号 pp.p.27 詳細
【プロシーディングス、解説記事等】
[1]. 観光人材 観光研究の高度化・国際化推進による次世代型観光モデル創出プロジェクト 報告書 pp.43-48 (2015 年度) 詳細
[2]. 観光研究の高度化・国際化推進による次世代型観光モデル創出プロジェクト 第一回中間報告書 pp.402 (2013 年度) 詳細
 

このページのトップへ