和歌山大学研究者総覧のホームページです。

ホーム > 研究関連情報

研究関連情報

image-profile

教育学部 教職大学院

教授

富田 晃彦 (トミタ アキヒコ)

TOMITA Akihiko

【論文】
[1]. 和歌山大学教育学部屋上天文台で得られた天体映像を使った中学生への授業実践 和歌山大学教育学部紀要 巻号:68 (1) pp.30-39 (2018 1月) 詳細
[2]. The Assessment of "Fun and Play" Visiting Activity for Young Children Proceedings of the International Conference CAP2018, Communicating Astronomy with the Public 2018, 24-28 March 2018, Fukuoka, Japan pp.149 (2018 年度) 詳細
[3]. The Star-Sommelier Has Opened a New Way for a Wider Astronomy Communication Proceedings of the International Conference CAP2018, Communicating Astronomy with the Public 2018, 24-28 March 2018, Fukuoka, Japan pp.222-223 (2018 年度) 詳細
[4]. Tanabata Star Festival NASE kaleidoscope of experiences in cultural astronomy: Archeoastronomy and Astronomy in the City, Proceedings of the Second Seminar on NASE Experiences in Cultural Astronomy, Vienna, Austria, 24 August 2018, ed. Rosa M. Ros and Juan A. Belmonte pp.189-191 (2018 年度) 詳細
[5]. Daily life astronomy activity and its contribution to children and educators in science education EPJ Web of Conferences, , The International Symposium on Education in Astronomy and Astrobiology (ISE2A 2017), Utrecht, the Netherlands, July 3-7, 2017, S. Deustua, K. Eastwood and I. Loes Ten Kate (Eds.) 巻号:200 (2018 年度) 詳細
[6]. 物理・地学嫌い克服は教員養成から 学術の動向 巻号:22(1) pp.52-54 (2017 1月) 詳細
[7]. 教員養成での学生教育とサイエンスコミュニケーション 日本サイエンスコミュニケーション協会誌 巻号:7(1) pp.6-9 (2017 年度) 詳細
[8]. Evening Sky Watching for Students: Let's observe the evening sky with the naked eye astroEDU 巻号:N/A pp.N/A (2016 年度) 詳細
[9]. 大学生と中学生における太陽の日周運動に関する理解度と文章記述能力 大阪教育大学紀要 第V部門 教科教育 巻号:65 (2) pp.23-31 (2016 年度) 詳細
[10]. 学童保育での「星企画」:その活動内容 和歌山大学教育学部附属教育実践総合センター紀要 巻号:25 pp.33-41 (2015 年度) 詳細
[11]. Astronomy for Development; Approaches in Asia Publications of the Korean Astronomical Society 巻号:30(2) pp.731-733 (2015 年度) 詳細
[12]. Expert Teachers' Views of Factors Influencing Their Teaching Quality in Early Childhood Science in Japan Electronic Proceedings of the ESERA 2015 Conference, Science education research: Engaging learners for a sustainable future 巻号:N/A pp.2585-25901 (2015 年度) 詳細
[13]. Kiso Supernova Survey (KISS): Survey strategy Publications of the Astronomical Society of Japan 巻号:66(6) pp.article number: 114, 16 pages (2014 年度) 詳細
[14]. Density waves and star formation in grand-design spirals Astronomy and Astrophysics 巻号:560 pp.article number: A59 (2013 12月) 詳細
[15]. Astronomy Outreach Activity at Nursery School NARIT Conference Series 巻号:1 pp.508-509 (2013 年度) 詳細
[16]. Two-dimensional metallicity distribution of the ionized gas in NGC 628 and NGC 6946 Astronomy and Astrophysics 巻号:545 pp.A43 (2012 年度) 詳細
[17]. 和歌山大学教育学部天文台CCDカメラの性能評価 和歌山大学教育学部紀要 (自然科学) 巻号:62 pp.39-43 (2011 年度) 詳細
[18]. 和歌山大学教育学部屋上天文台 - 望遠鏡および観測装置 和歌山大学教育学部紀要 (自然科学) 巻号:61 pp.17-22 (2010 年度) 詳細
[19]. Project SAZANKA: Multisite and Multifrequency Simultaneous SETI Observations in Japan Communication with Extraterrestrial Intelligence (ISBN: 978-1438437934), ed. Douglas A. Vakoch, State University of New York Press pp.109-124 (2010 年度) 詳細
[20]. 和歌山大学での星空案内人R「星のソムリエR」養成講座の開始 和歌山大学教育学部附属教育実践総合センター紀要, No.19, pp.99-104 (2009 8月) 詳細
[21]. 2005,2006年度観月会とその参加者層 和歌山大学生涯学習教育研究センター年報 No.7, pp.9-13 (2009 3月) 詳細
[22]. サイエンスカフェ「カフェ・サクラソウ」の実践 和歌山大学教育学部紀要 (教育科学), Vol.59, pp.67-79 (2009 2月) 詳細
[23]. ふじと台でのサイエンスカフェの試行 和歌山大学紀州経済史文化史研究所紀要, Vol.29, pp.29-40 (2008 12月) 詳細
[24]. たちばな養護学校での天文の出前授業の試み 和歌山大学教育学部附属教育実践総合センター紀要, No. 18, pp. 107-112 (2008 8月) 詳細
[25]. 中性水素 21 cm 輝線用の小型電波望遠鏡の製作と高校での天の川の観測実習 地学教育, Vol. 60, No. 5, pp. 171-178 (2007 9月) 詳細
[26]. 保育園児による「うちゅうのえ」 和歌山大学教育学部附属教育実践総合センター紀要, No. 17, pp. 81-84 (2007 8月) 詳細
[27]. プラネタリウムにおける日食の全天周生中継 地学教育, Vol. 60, No. 3, pp.99-107 (2007 5月) 詳細
[28]. 皆既日食の生中継を利用したサイエンスカフェの実施とその効果 和歌山大学国際教育研究センター年報, No. 3, pp.59-65 (2007 3月) 詳細
[29]. 出張授業による学習意欲向上効果 ? 中学校 1 年生に対する天文分野の単発的授業での例 ? 和歌山大学教育学部紀要 (自然科学), Vol. 57, pp.29-32 (2007 2月) 詳細
[30]. 金星太陽面通過のインターネット中継とその教材化 地学教育, Vol. 59, No. 6, pp.201-212 (2006 11月) 詳細
[31]. Comparison of the Hα Equivalent Width of H II Regions in a Flocculent and a Grand-Design Galaxy: Pos The Astrophysical Journal, Vol.634, No.2, pp.1043-1055 (2005 12月) 詳細
[32]. インターネット・イベントを利用した自主演習 ~南極皆既日食中継のWeb コンテンツの制作~ 和歌山大学教育学部附属教育実践総合センター紀要, No.14, pp.45-48 (2004 8月) 詳細
[33]. カメラ付き携帯電話を利用した天文教育 和歌山大学教育学部附属教育実践総合センター紀要, No.14, pp.49-54 (2004 8月) 詳細
[34]. プラネタリウムを用いた理科教育の可能性 和歌山大学教育学部附属教育実践総合センター紀要, No.14, pp.55-60 (2004 8月) 詳細
[35]. 郷土の星の伝承者 和歌山大学紀州経済史文化史研究所紀要, Vol.24, pp.17-47 (2004 3月) 詳細
[36]. 和歌山大学と地域公開天文台・科学館の連携の紹介とその評価 天文月報, Vol.97, No.2, pp.88-95 (2004 2月) 詳細
[37]. The Virgo High-Resolution CO Survey: I. CO Atlas Publications of the Astronomical Society of Japan, Vol.55, No.1, pp.17-58 (2003 2月) 詳細
[38]. The Virgo High-Resolution CO-Line Survey ASP Conference Proceedings 巻号:289 pp.129-134 (2003 年度) 詳細
[39]. Properties of Spiral-Peculiar Type of Kiso Ultraviolet-Excess Galaxies Publications of the Astronomical Society of Japan, Vol.54, No.5, pp.661-682 (2002 10月) 詳細
[40]. The UV (GALEX) and FIR (ASTRO-F) All Sky Surveys: the Measure of the Dust Extinction in the Local Un The Proceedings of the IAU 8th Asian-Pacific Regional Meeting, Volume II, ed. S. Ikeuchi, J. Hearnshaw, and T. Hanawa (The Astronomical Society of Japan, Tokyo), pp.65-66 (2002 年度) 詳細
[41]. Star Formation History of Irregular Galaxies through Analysis of Optical Spectra The Proceedings of the IAU 8th Asian-Pacific Regional Meeting, Volume II, ed S. Ikeuchi, J. Hearnshaw, and T. Hanawa (The Astronomical Society of Japan, Tokyo), pp.301-302 (2002 年度) 詳細
[42]. Spectroscopic Observations of the Star Formation Activities in the Central Regions of Early-Type Spi The Astronomical Journal, Vol.121, No.5, pp.2483-2498 (2001 5月) 詳細
[43]. Interstellar-Cloud Formation in the Extended Envelopes of Blue Compact Dwarf Galaxies Publications of the Astronomical Society of Japan, Vol.52, No.5, pp.821-827 (2000 10月) 詳細
[44]. Central Gas Systems of Early-Type Galaxies Traced by Dust Feature: Based on the Hubble Space Telesco The Astronomical Journal, Vol.120, No.1, pp.123-130 (2000 7月) 詳細
[45]. InterStellar-Cloud Formation in the Extended Envelopes of Blue Compact Dwarf Galaxies Mapping the Hidden Universe: The Universe behind the Milky Way - The Universe in HI, ASP Conference Proceedings, Vol. 218, ed. Renee C. Kraan-Korteweg, Patricia A. Henning, and Heinz Andernach (The Astronomical Society of the Pacific), p.305 (2000 年度) 詳細
[46]. Central Kinematics and Rotation Curve of the Sb Galaxy NGC 4527 in CO, Hα, and [N II] Lines Publications of the Astronomical Society of Japan, Vol.51, No.5, pp.737-743 (1999 10月) 詳細
[47]. Central Rotation Curves of Spiral Galaxies The Astrophysical Journal, Vol.523, No.1, pp.136-146 (1999 9月) 詳細
[48]. Optical and CO Radio Observations of Poor Cluster Zwicky 1615.8+3505 Publications of the Astronomical Society of Japan, Vol.51, No.3, pp.285-300 (1999 6月) 詳細
[49]. Photometric Properties of Kiso Ultraviolet-Excess Galaxies in the Lynx-Ursa Major Region The Astrophysical Journal Supplement Series, Vol.121, No.2, pp.445-472 (1999 4月) 詳細
[50]. Vertical Motion of Molecular and Ionized Gas in Nearby Face-on Galaxies New Perspectives on the Interstellar Medium, ASP Conf. Ser. 168, ed A.R. Taylor, T.L. Landecker, and G. Joncas (ASP, San Francisco) pp.283-286 (1999 年度) 詳細
[51]. Star Formation Activity Depending on Size of Galaxy Star Formation 1999, ed. Taishi Nakamoto (Nobeyama Radio Observatory) pp.50-51 (1999 年度) 詳細
[52]. Photometric Observations of Star Formation Activity in Early-Type Spiral Galaxies The Astronomical Journal, Vol.116, No.5, pp.2166-2176 (1998 11月) 詳細
[53]. Nuclear-to-Disk Rotation Curves of Galaxies in the Hα and [N II] Emission Lines Publications of the Astronomical Society of Japan, Vol.50, No.5, pp.427-463 (1998 10月) 詳細
[54]. Hα Velocity Fields of H II Regions in Nearby Dwarf Irregular Galaxies The Astronomical Journal, Vol.116, No.1, pp.131-145 (1998 7月) 詳細
[55]. Nuclear Rise of Rotation Curves of Galaxies The Central Regions of the Galaxy and Galaxies, IAU Symp. No.184, ed Yoshiaki Sofue (Kluwer, Dordrecht) pp.51-52 (1998 年度) 詳細
[56]. Nuclear Rotation Curves of Galaxies in the CO-Line Emission The Astronomical Journal, Vol.114, No.6, pp.2428-2436 (1997 12月) 詳細
[57]. Characteristics of Kiso Ultraviolet Excess Galaxies The Astronomical Journal, Vol.114, No.5, pp.1758-1770 (1997 11月) 詳細
[58]. Catalog of Galaxies and Galaxy Candidates behind the Milky Way Vol. 3: Galactic Longitude 8 degree t Contributions from the Department of Astronomy Kyoto University No. 570 (1997 年度) 詳細
[59]. A Variation in the Present Star Formation Activity of Spiral Galaxies Journal of the Korean Astronomical Society, Vol.29 supplement, Proc. of the 7th Asian-Pacific Regional Meeting of the IAU, pp.S71-S72 (1996 12月) 詳細
[60]. A Search for Galaxies behind the Milky Way at Aquila and Sagittarius Publications of the Astronomical Society of Japan, Vol.48, No.5, pp.679-690 (1996 10月) 詳細
[61]. Post Starburst Nucleus of NGC 5195 Ground-Based Astronomy in Asia, 3rd East-Asian Meeting on Astronomy, ed. N. Kaifu (NAOJ, Tokyo) pp.268-271 (1996 7月) 詳細
[62]. A Variation in the Present Star Formation Activity of Spiral Galaxies Publications of the Astronomical Society of Japan, Vol.48, No.2, pp.285-303 (1996 4月) 詳細
[63]. Distribution of Blue Galaxies in a Merging Cluster of Galaxies Abell 168 The Astronomical Journal, Vol.111, No.1, pp.42-52 (1996 1月) 詳細
[64]. A Nuclear Ring in the Sa(r!) Galaxy NGC 7742 Barred Galaxies, IAU Coll. No.157, ASP Conf. Ser. 91, ed R. Buta, D.A. Crocker, and B.G. Elmegreen (ASP, San Francisco) pp.83-85 (1996 年度) 詳細
[65]. CO Observations of the High Redshift Radio Galaxy 53W002 The Astronomical Journal, Vol.110, No.4, pp.1564-1572 (1995 10月) 詳細
[66]. NGC 7217: A Spheroid-Dominated, Early-Type Resonance Ring Spiral Galaxy The Astrophysical Journal, Vol.450, No.2, pp.593-615 and Plate25-30 (1995 9月) 詳細
[67]. Possible Detection of a CO Emission Line from a Quasar at z=2.88 The Astrophysical Journal Letters, Vol.438, No.1, pp.L5-L7 (1995 1月) 詳細
[68]. Radial Velocity Distributions of the Galaxies in the Puppis 'Hidden' Concentration behind the Milky Monthly Notices of the Royal Astronomical Society, Vol.270, No.1, pp.93-105 (1994 11月) 詳細
[69]. Search for CO Emission from the Damped Lyman-Alpha System Toward QSO 1215+333 Publications of the Astronomical Society of Japan, Vol.46, No.4, pp.L163-L166 (1994 8月) 詳細
[70]. The Complex H-Alpha Velocity Field of NGC 1569 Publications of the Astronomical Society of Japan, Vol.46, No.4, pp.335-341 (1994 8月) 詳細
[71]. Four Active Galaxies Newly Detected behind the Milky Way Publications of the Astronomical Society of Japan, Vol.46, No.4, pp.343-347 (1994 8月) 詳細
[72]. A Search for IRAS Galaxies behind the Southern Milky Way The Astrophysical Journal Supplement Series, Vol.89, No.1, pp.57-84 (1993 11月) 詳細
[73]. H-Alpha Velocity Fields of Giant H II Regions in Four Nearby Dwarf Irregular Galaxies Publications of the Astronomical Society of Japan, Vol.45, No.5, pp.693-705 and Plate11 (1993 10月) 詳細
[74]. Connection of Large-Scale Structures of the Galaxy Distribution behind the Southern Milky Way Monthly Notices of the Royal Astronomical Society, Vol.262, No.1, pp.79-84 (1993 5月) 詳細
[75]. CO-to-H2 Conversion Factor in Dwarf Irregular Galaxies Publications of the Astronomical Society of Japan, Vol.45, No.2, pp.L21-L26 (1993 5月) 詳細
【著書】
[1]. 天文宇宙検定公式テキスト 2017-2018年、3級 星空博士 恒星社厚生閣 132 (2017 年度) 詳細
[2]. 天文宇宙検定公式テキスト 2017-2018年、2級 銀河博士 恒星社厚生閣 159 (2017 年度) 詳細
[3]. 天文宇宙検定公式テキスト 2015-2016年、3級 星空博士 恒星社厚生閣 131 (2015 年度) 詳細
[4]. 天文宇宙検定公式テキスト 2015-2016年、2級 銀河博士 恒星社厚生閣 158 (2015 年度) 詳細
[5]. 天文宇宙検定公式テキスト 2013-2014年、3級 星空博士 恒星社厚生閣 127 (2013 年度) 詳細
[6]. 天文宇宙検定公式テキスト 2011-2012年、2級 銀河博士 恒星社厚生閣 151 (2013 年度) 詳細
[7]. 天文宇宙検定公式テキスト 3級 星空博士 恒星社厚生閣 (2011 年度) 詳細
[8]. 天文宇宙検定公式テキスト 2級 銀河博士 恒星社厚生閣 (2011 年度) 詳細
[9]. 和歌山県教育史 第二巻 通史編II 和歌山県教育委員会 (2010 3月) 詳細
[10]. 活きている銀河たち ― 銀河天文学入門 ― 恒星社厚生閣 (2010 年度) 詳細
[11]. 天文マニア養成マニュアル 恒星社厚生閣 (2010 年度) 詳細
[12]. 宇宙旅行ガイド — 140 億光年の旅 — 丸善 (2005 12月) 詳細
[13]. 最新 宇宙学 -研究者たちの夢と戦い- (ポピュラーサイエンスシリーズ 261) 裳華房 (2004 5月) 詳細
【その他の著作】
[1]. 宇宙観を伝えよう 理科教室、56(11)、科学教育研究協議会 pp.37-42 (2013 年度) 詳細
[2]. A co-operation with Serbia on Space and Astronomy Education: A report of activities in 2013 Bulletin of Institute for Education on Space, (3) pp.79-84 (2013 年度) 詳細
[3]. 金環日食観測会、和歌山大学学生の活躍 天文教育、24(4)、天文教育普及研究会 pp.18-20 (2012 年度) 詳細
[4]. 宇宙雑誌会でのゼミ指導 和歌山大学教育学部附属教育実践総合センター紀要、(22) pp.139-146 (2012 年度) 詳細
[5]. 和歌山大学での保育環境整備の試み 和歌山大学地域連携・生涯学習センター 紀要・年報、(11) pp.29-32 (2012 年度) 詳細
[6]. 特別支援学校での宇宙のお話 ユニバーサルデザイン天文教育研究会集録(web) pp.4 pages (2012 年度) 詳細
[7]. 金環日食観測会での、学生の活躍 第26回天文教育研究会集録、天文教育普及研究会 pp.149-151 (2012 年度) 詳細
[8]. 保育園・学童保育での天文教育普及のためのネタ集 第26回 天文教育研究会集録、天文教育普及研究会 pp.165-167 (2012 年度) 詳細
[9]. 2つの国際研究会EASE2011, APRIM2011に見える、天文教育とその国際協力における東・東南アジアでの動向 和歌山大学国際教育研究センター年報、(8) pp.106-114 (2011 年度) 詳細
[10]. 女性技術者育成のために、私が考えること 工学教育、59(3)、日本工学教育協会 pp.4-8 (2011 年度) 詳細
[11]. 2009年7月22日の日食での気温変化 学芸、56、和歌山大学教育学部 pp.31-35 (2010 3月) 詳細
[12]. ひかり保育園と Kaumana Keikiland のビデオメッセージ交換 和歌山大学国際教育研究センター年報、(6) pp.35-38 (2010 3月) 詳細
[13]. スター誕生 ~世界天文年2009グランドフィナーレでの実践~ 天文教育、23(1)、天文教育普及研究会 pp.69-71 (2010 年度) 詳細
[14]. 上から降ってくるサイエンスカフェから蜘蛛の巣構造の中のサイエンスカフェへ 天文教育、23(1)、天文教育普及研究会 pp.65-68 (2010 年度) 詳細
[15]. 太陽系外惑星の探査 学芸、55、和歌山大学教育学部 pp.7-11 (2009 3月) 詳細
[16]. 曇天を通して感じた日食 天文教育、21(5)、天文教育普及研究会 pp.33 (2009 年度) 詳細
[17]. 和歌山での特別支援学校・院内学級への出張授業 第23回天文教育研究会集録 pp.116-119 (2009 年度) 詳細
[18]. 大阪府南部と和歌山市の中学校・高等学校の天文分野学習に関する意識調査 学芸、53、和歌山大学教育学部 pp.71-79 (2007 3月) 詳細
[19]. GRB050124: KISO optical limit GRB (Gamma-ray bursts) Coordinates Network, Circular, (4575) pp.1 (2006 1月) 詳細
[20]. 彼方の銀河世界: 銀河(全宇宙鉄道路線ガイド 第 11 回) パリティ、20(3)、丸善 pp.66-73 (2005 3月) 詳細
[21]. インターネットを利用した国際授業協力および学生の自主的な国際交流の推進 ―和歌山大学における最近の取り組みと今後の課題― 経済理論、320、和歌山大学経済学部 pp.1-22 (2004 7月) 詳細
[22]. 地上に残った超新星の痕跡 パリティ、18(3)、丸善 pp.39-42 (2003 3月) 詳細
[23]. 早期型銀河の中心部ガス系 天文月報、95(6)、日本天文学会 pp.278-281 (2002 6月) 詳細
[24]. GRB 020317: KISO optical observations GRB (Gamma-ray burst) Coordinates Network, Circular, (1281) pp.1 (2002 3月) 詳細
[25]. 銀河の一生 天文教育、13(5)、天文教育普及研究会 pp.9-14 (2001 9月) 詳細
[26]. データベースを利用した天文学 和歌山大学システム情報学センター広報、5 pp.27-33 (2001 年度) 詳細
【学会発表】
[1]. 星のソムリエ講座資料英訳 第 13 回 星空案内人(R) (星のソムリエ(R) ) シンポジウム (2019 3月) 詳細
[2]. 高校生の議論を促す天文教育実践 平成30年度日本理科教育学会近畿支部大会 (2018 12月) 詳細
[3]. 地域の子育て支援の場での天文教育実践:子ども・子育てプラザでの実践例 平成30年度日本理科教育学会近畿支部大会 (2018 12月) 詳細
[4]. 3Dプリンターによる立体地図を活用した天文教育実践:福祉施設の施設公開での実践例に焦点を当てて 平成30年度日本理科教育学会近畿支部大会 (2018 12月) 詳細
[5]. 衛星の運動の画像を基にした天文教材開発:木星・土星の衛星の動きの撮影 平成30年度日本理科教育学会近畿支部大会 (2018 12月) 詳細
[6]. 国際的な天文分野教員研修とその教材の特徴:国際天文学連合によるプログラムNASEに焦点を当てて 平成30年度日本理科教育学会近畿支部大会 (2018 12月) 詳細
[7]. Comparison of Astronomy School Education Curricula between the Philippines and Japan 平成30年度日本理科教育学会近畿支部大会 (2018 12月) 詳細
[8]. Stories of Tomorrow 2018年の活動 日本天文教育普及研究会近畿支部会 (2018 12月) 詳細
[9]. The 3D map astro/geo tour with your fingertips 30th General Assembly of the International Astronomical Union, Focus Meeting 14, IAU's role on global astronomy outreach: the latest challenges and bridging different communities (2018 9月) 詳細
[10]. Stories of Tomorrow:国際連携の小学校 STEAM 教育実践 第7回 小型衛星の科学教育利用を考える会 (2018 9月) 詳細
[11]. Stories of Tomorrow:STEAM 教育の小大連携 第 32 回 天文教育研究会 (2018 8月) 詳細
[12]. Tanabata star festival The second seminar on NASE, Network of Astronomy School Education: Kaleidoscope of experiences in Cultural Astronomy (2018 8月) 詳細
[13]. The assessment of fun and play visiting activity for young children CAP2018, Communicating Astronomy with the Public Conference (2018 3月) 詳細
[14]. Space Scoop for young children / 3D map for visually impaired children Astronomy Education Meeting in Kagoshima (2018 3月) 詳細
[15]. 保育園、幼稚園、学童保育の子どもたち、そして大人たちと「うちゅうのおはなし」 第11回宇宙ユニットシンポジウム「人類は宇宙人になれるか? 宇宙教育を通じた挑戦」 (2018 2月) 詳細
[16]. 天体画像アーカイブデータを活用した天体画像集作成天体画像 平成29年度日本理科教育学会近畿支部大会 (2017 11月) 詳細
[17]. 子育て支援の場での天文教育実践 平成29年度日本理科教育学会近畿支部大会 (2017 11月) 詳細
[18]. ケプラーの第一法則の理解を目指した惑星軌道描画の活動 日本地学教育学会第71回全国大会・平成29年度全国地学教育研究大会 (2017 9月) 詳細
[19]. スペース・スクープ・ジャパンの取り組み 第 31 回 天文教育研究会 (2017 8月) 詳細
[20]. 幼児期の「遊びを通した学び」から低学年児童期の「教科を通した学び」への繋がりを意識した「てんたい遊び」 「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」を就学後の学びにつなぐ: 「思考力の芽生え」・「数量・図形への関心」・「豊かな感性」の視点から (2017 8月) 詳細
[21]. M 51 の HST 測光データによる銀河考古学: offset 法 revisited 日本天文学会 2013 年秋季年会 (2013 9月) 詳細
[22]. 国際天文学連合天文学推進室でのユニバーサルデザイン研究 第2回ユニバーサルデザイン天文教育研究会 (2013 9月) 詳細
[23]. Universe Awareness Activity in Japan East-Asian Science Education International Conference 2013 (2013 7月) 詳細
[24]. 天文研究者として参加したお月見会での幼稚園児・保護者との会話 日本保育学会 第 66 回大会 (2013 年度) 詳細
[25]. 子ども向け天文あそびの評価 日本保育学会 第 67 回大会 (2013 年度) 詳細
[26]. 金環日食観測会での、学生の活躍 第 26 回 天文教育研究会 (2012 年度) 詳細
[27]. 保育園・学童保育での天文教育普及のためのネタ集 第 26 回 天文教育研究会 (2012 年度) 詳細
[28]. Kids Fun Stars and Sky Activity at Nursery School International Astronomical Union 28th General Assembly (2012 年度) 詳細
[29]. 和歌山大学での星空案内人講座 第 7 回 星空案内人(R) (星のソムリエ(R) ) 資格認定制度シンポジウム (2012 年度) 詳細
[30]. 太陽系外惑星トランジット観測の教材化 日本理科教育学会 2011 年度近畿支部大会 (2011 年度) 詳細
[31]. A new astronomy education web site for child-care support people East-Asian Science Education International Conference 2011 (2011 年度) 詳細
[32]. 保育園での天文教育普及活動 (天文あそび) 5年間のまとめ 日本天文学会 2011 年秋季年会 (2011 年度) 詳細
[33]. 保育園での「せいざものがたり」 第 25 回 天文教育研究会 (2011 年度) 詳細
[34]. Astronomy outreach activity at nursery school 11th Asian-Pacific Regional IAU (International Astronomical Union) Meeting (2011 年度) 詳細
[35]. 保育園での「星」の活動のアンケート調査 日本保育学会 第 64 回大会 (2011 年度) 詳細
[36]. 特別支援学校での宇宙のお話 ユニバーサルデザイン天文教育研究会 (2010 年度) 詳細
[37]. 和歌山大学での状況報告 「星のソムリエ」シンポジウム -- いま「星のソムリエ」に求められているもの -- (2010 年度) 詳細
[38]. 上から降ってくるサイエンスカフェから横から熟議するサイエンスカフェへ 天文教育普及研究会2010年度近畿支部集会 (2010 年度) 詳細
[39]. 和歌山大学での星のソムリエ養成報告 2010年度 第 5 回 星空案内人(R) (星のソムリエ(R) ) 資格認定制度シンポジウム (2010 年度) 詳細
[40]. 和歌山・大阪での新しい実践 -釜ヶ崎、商店街、保育園、ホスピス- 日本天文学会 2011 年春季年会 (2010 年度) 詳細
[41]. ひかり保育園「うちゅうのおはなし」2008年度報告 日本保育学会 第 62 回大会 (2009 年度) 詳細
[42]. 和歌山での特別支援学校・院内学級への出張授業 第 23 回 天文教育研究会 (2009 年度) 詳細
[43]. 保育園での宇宙の話 第 53 回 宇宙科学技術連合講演会 (2009 年度) 詳細
[44]. Astronomy Education at Nursery Schools 2009 International Conference of East-Asian Science Education (2009 年度) 詳細
[45]. 和歌山大学教育学部附属小・中学校授業参観で見られた「変化球」の事例 平成21年度日本理科教育学会近畿支部大会 (2009 年度) 詳細
[46]. 保育園でのプラネタリウムの記憶 天文教育普及研究会 2009 年度近畿支部集会 (2009 年度) 詳細
【招待講演、パネリスト、基調講演等】
[1]. 小学校理科天体分野の学習における「思考力の土台」となる乳幼児期の「天体遊び」の体験について 乳幼児期から低学年児童期の「かがく」体験が育む「感性」と思考の芽生え:「もの」・「こと」と関わる遊びと他者との思考の共有 (2019 3月) 詳細
[2]. 天文教育・教員研修の国際連携 第 13 回 星空案内人(R) (星のソムリエ(R) ) シンポジウム (2019 3月) 詳細
[3]. 幼児期から低学年児童期の「天体遊び」:そら・ほし・つきの遊び 乳幼児期から低学年児童期の「かがく」体験がが育む「感性」と「思考の芽生え」 (2018 8月) 詳細
[4]. Revision of the national curriculum standards in Japan: Never-changing and Ever-changing Stories of Tomorrow, Summer School 2018 (2018 7月) 詳細
[5]. かがく遊びの何をどのように見るか(一考察) 幼年期の科学教育シンポジウム:幼児期から児童期の「あそび」と「学び」 (2013 年度) 詳細
[6]. 和歌山大学教育学部での天文教育 天文教育普及研究会 2011年度近畿支部会 (2011 年度) 詳細
[7]. 天文教育フォーラム「法人化・指定管理者制度の前と後」 日本天文学会 2007 年秋季年会 (2007 年度) 詳細
[8]. パネルディスカッション「プラネタリウムとの連携」 2004 年度 日本プラネタリウム協会 プラネタリウム実務者研修会 (2004 年度) 詳細
【新聞掲載、テレビ・ラジオ出演】
[1]. NHK教育「サイエンスZERO」 2009
[2]. 朝日新聞、2006年4月21日(金)夕刊、「科学」面 2006
【科学研究費補助金】
[1]. 基盤研究(C) 国際連携による幼児期の天文教育の研究 代表 ( 2018 - 2021 )
[2]. 基盤研究(C) 保育現場での子ども・保育者を対象とした天文教材開発 代表 ( 2013 - 2016 )
[3]. 基盤研究(C) 天文アウトリーチ実践研究の新しい場所としての保育園・幼稚園 代表 ( 2008 ~2011 (3) )
[4]. 基盤研究(C) みさと天文台と連携した総合的な理科教育 分担 ( 2005 ~2006 (2) )
[5]. 若手研究(B) 矮小不規則銀河の星形成史の研究 代表 ( 2004 ~2006 (3) )
[6]. 基盤研究(C) 日食のインターネット中継を使った新しい天文教材?宇宙の中の地球の再確認? 分担 ( 2004 ~2006 (3) )
[7]. 奨励研究 (A) 矮小不規則銀河の星生成史の研究 代表 ( 2001 ~2002 (2) )
 

このページのトップへ