和歌山大学研究者総覧のホームページです。

ホーム > 基本情報

基本情報

image-profile

システム工学部 システム工学科

講師

伊原 彰紀 (イハラ アキノリ)

Ihara Akinori

【連絡先】
電話番号:
FAX番号:
e-mail: ihara [at] sys.wakayama-u.ac.jp
URL: http://www.wakayama-u.ac.jp/~ihara/
【専門分野】
ソフトウェア(ソフトウエア工学, 開発環境,開発管理)
【研究紹介】
研究テーマ:
  ソフトウェアの生態系(ソフトウェアエコシステム)の効果的な循環の実現

内容:
  ソフトウェアの開発・利用・管理を支援する技術について,理論面の研究とともに技術の有効性を確かめる実証実験に力を入れて取り組んでいます. 特に,Webに公開されるソフトウェアを再利用し,ユーザや開発者が目的に応じて改良し,新たなソフトウェアを実装,公開する,ソフトウェアの生態系(ソフトウェアエコシステム)の効果的な循環の実現を目指しています. 昨今,開発したソフトウェアをインターネットを介して広く公開することで,多くの人々がソフトウェアを利用できることはもちろん,誰でもソフトウェアの問題を指摘,さらには改善提案することできるようになり,新たなソフトウェアが加速的に増加しています.このような動向は,ソフトウェア開発への参加間口が拡大し,新たなソフトウェアが私たちの生活を豊かにする一方で,ソフトウェアを保守するためのコストが増大し,ソフトウェアの品質維持・向上を難しくするジレンマを引き起こしています. 我々は,ソフトウェア開発の過程で蓄積される膨大な記録をマイニング(解析)することによって,開発者が暗黙知として共通して持つ高品質なソフトウェアの実装方法,共同開発の方法論を形式知として導き,ソフトウェアを協調開発する実装基盤の確立に向けた研究を進めています.具体的には,ソフトウェアエコシステムにおいて複雑なソフトウェアの可視化,高品質なソフトウェア開発,社会を豊かにするソフトウェアの配布と利用に向けて,再利用ソフトウェアの推薦、ソフトウェア協調開発支援ツール、プログラム添削技術の研究に取り組んでいます.

研究紹介画像ファイル

キーワード:
  ソフトウェア工学、ソフトウェア品質評価、プログラム解析、プロジェクト管理、オープンソース、データマイニング
【取得学位】
博士(工学) 奈良先端科学技術大学院大学
【所属学会】
電子情報通信学会
情報処理学会
ソフトウェア科学会
IEEE
【主な授業科目】
データサイエンス概論
【セールスポイント】
国内・海外の大学との研究連携を多数取り組んできた実績があり,国内のソフトウェア開発企業との共同研究も積極的に進めています.
 

このページのトップへ