和歌山大学研究者総覧のホームページです。

ホーム > 基本情報

基本情報

image-profile

観光学部

講師

永井 隼人 (ナガイ ハヤト)

NAGAI Hayato

【連絡先】
電話番号:
FAX番号:
e-mail: hnagai[at]center.wakayama-u.ac.jp
URL:
【専門分野】
観光学(観光産業,旅行者),商学(マーケティング,消費者行動)
【研究紹介】
研究テーマ:
  ツーリスト・ビヘイビアの理解と研究

内容:
  ツーリスト(旅行者)はなぜ旅行に行くのか、どのように目的地を決めるのか、どのように必要な情報を収集するのか、滞在先での行動や満足度に影響を与えるファクターは何かなど、ツーリストのビヘイビア(行動)に着目し、主にマーケティング・リサーチのアプローチから研究を行っています。 現在取り組んでいる主な研究プロジェクトは、訪日外国人旅行者の自然災害など様々なリスクに対する知識や行動に関する研究、日本人海外旅行者(特にワーキング・ホリデーや教育旅行などの若年層旅行者)の現地での行動に関する研究、また近年日本で注目されているDMOについても、和歌山大学国際観光学研究センター(CTR)のDMO研究ユニットの一員として、主に海外でのDMOの事例と比較しながら、日本でのDMOの発展のあり方、そして地域の発展に対するその役割について研究をしています。

キーワード:
  ツーリスト・ビヘイビア (Tourist Behavior)、ツーリズム・マーケティング (Tourism Marketing)、ツーリズム・リスクマネジメント (Tourism Risk Management)
【取得学位】
Doctor of Philosophy: UQ Business School, The University of Queensland
Master of Business (Advanced): School of Tourism, The University of Queensland
学士(総合政策学): 慶應義塾大学総合政策学部
【所属学会】
Asia Pacific Tourism Association (APTA), Council for Australasian Tourism and Hospitality Education (CAUTHE), Travel and Tourism Research Association (TTRA), 観光学術学会, 日本国際観光学会
【略歴(研究職歴)】
2012- 2013   School of Tourism, The University of Queensland: Tutor
2014- 2015   UQ Business School, The University of Queensland: Tutor
2015- 至現在   慶應義塾大学SFC研究所: 上席所員
2016- 2017   和歌山大学国際観光学研究センター: 講師
2017- 至現在   和歌山大学観光学部: 講師
2018- 2018   慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科: 特任講師 (非常勤)
【主な授業科目】
Tourist Behavior, Event Management, Tourism Research Methods
 

このページのトップへ