和歌山大学研究者総覧のホームページです。

ホーム > 基本情報

基本情報

image-profile

システム工学部 光メカトロニクス学科

助教

最田 裕介 (サイタ ユウスケ)

SAITA Yusuke

【連絡先】
電話番号:
FAX番号:
e-mail: saita at sys.wakayama-u.ac.jp
URL: http://www.wakayama-u.ac.jp/~saita
【専門分野】
光工学・光量子科学(光情報処理,非線形光学,光計測,光記録,光制御)
【研究紹介】
研究テーマ:
  空間位相変調光波の応用に関する研究

内容:
  光には波の性質があり,光波の位相をうまく制御することによってさまざまなものに応用が可能です.身近な応用例が視力矯正に用いられている眼鏡です.眼が悪い人は裸眼ではピントが物体に合わないため像がボケて見えますが,眼鏡レンズの空間位相変調作用によって網膜上に正しく焦点を結び鮮明な像を見ることができます.このように空間位相変調光波をさまざまな用途に応用する研究をおこなっています.現在は,自動的に視力矯正が可能な眼鏡を実現するため眼球の収差分布計測および位相変調パターンによる眼球への入射波面補正手法に関する研究をおこなっています.また,空間位相変調光波を用いた情報の記録に関する研究にも取り組んでいます.

研究紹介画像ファイル 空間位相変調光波の一つの応用例が左図に示すようなホログラフィックメモリです.これは光波の干渉を利用して情報を記録するもので,次世代の光メモリ技術としてさまざまな研究がおこなわれています.本研究では,記録・再生光波に与える位相変調を制御するための位相変調パターンを光波の伝搬計算によって設計しています.より高密度に記録できる最適な位相変調パターンの設計手法の確立とこれを適用したホログラフィックメモリシステムの構築を目標として研究をおこなっています.

キーワード:
  情報フォトニクス,光記録,光応用計測
【取得学位】
学士 (工学) 課程 和歌山大学 光メカトロニクス
修士 (工学) 課程 和歌山大学 システム工学
博士 (工学) 課程 神戸大学  システム科学
【所属学会】
The Optical Society (OSA)
日本光学会
【略歴(研究経歴)】
ホログラフィックメモリの高性能化に関する研究
Shack-Hartmann波面センサーの高性能化に関する研究
波面変調による機能的イメージング技術に関する研究
【略歴(研究職歴)】
2013- 2016   和歌山大学 システム工学部 助教 (大学院プロジェクト研究専任)
2016-   和歌山大学 システム工学部 助教 (テニュアトラック)
【主な授業科目】
微分・ベクトル解析演習
【セールスポイント】
光学と情報処理の融合分野である情報フォトニクスに関連した研究に取り組んでいます.
 

このページのトップへ