和歌山大学研究者総覧のホームページです。

ホーム > 基本情報

基本情報

教育学部 特別支援教育

教授

山崎 由可里 (ヤマザキ ユカリ)

YAMAZAKI Yukari

(他名:伊藤 由可里)

【連絡先】
電話番号:
FAX番号:
e-mail: yukari25[at]center.wakayama-u.ac.jp
URL:
【研究紹介】
研究テーマ:
  戦前期治療教育思想の研究 感化教育における障害児問題の展開に関する研究 戦間期社会教育史

内容:
  (1)日本における戦前期治療教育思想に関する研究。これは、障害児の発達保障のための医療・教育の連携と各々の独自性確立、および障害児問題の社会的解決に結びつく社会事業(福祉)のあり方の原形態を探究する研究。 (2)障害者社会教育研究。これは、学校以外の施設・団体などが果たす教育的機能の具体的解明によって、本来学校教育が担うべき役割の再検討を目的とする研究。

キーワード:
  教育学 教育福祉論 社会教育 青年期教育 障害者問題史 感化教育史 特別なニーズ教育 進路指導 キャリア教育 
【希望テーマ】
[1]. 障害児・者および特殊児童の教育史 (産学連携、民間を含む他機関等) (学術指導)
[2]. 障害児・者社会教育(生涯学習)に関する研究 (産学連携、民間を含む他機関等) (受託研究)
[3]. 特別支援学校高等部における進路指導・アフターケアに関する研究 (産学連携、民間を含む他機関等) (共同研究)
【取得学位】
博士(教育学) 課程 名古屋大学 教育学
【所属学会】
日本教育学会
日本特殊教育学会
日本社会教育学会
日本社会事業史学会
【略歴(研究職歴)】
1996- 1999   日本学術振興会特別研究員
1999-   和歌山大学教育学部
【主な授業科目】
特別支援教育総論 障害児教育の進歩 障害児指導法 特別支援教育実践研究 障害児教育特別演習 特別支援教育上級演習D 発達支援教育特論Ⅰなど
【セールスポイント】
大学院生の頃より、教育と福祉の谷間におかれた子どもたちの教育問題史研究に取り組んでいます。また、障害のある青年の教育年限延長を権利として保障しようという試み(支援学校高等部卒業後の専攻科等への進学、「専攻科型」自立訓練事業の広がり、青年学級など社会教育における学びなど)や、支援学校寄宿舎における生活教育のあり方などについて研究しています。
 

このページのトップへ