和歌山大学研究者総覧のホームページです。

ホーム > 基本情報

基本情報

image-profile

観光学部 観光学科

教授

米山 龍介 (ヨネヤマ リュウスケ)

YONEYAMA Ryusuke

【性別】
【連絡先】
電話番号: 073-457-8560
FAX番号: 073-457-8560
e-mail: yoneyama[at]center.wakayama-u.ac.jp
URL: http://wakayama-u.ac.jp
【専門分野】
地域研究(ヨーロッパ,東アジア)
【研究紹介】
研究テーマ:
  音楽文化の実践・創造

内容:
  ■研究活動 ①「オーボエ演奏」「指揮」 聴衆に感動をもたらすための芸術的な実践研究。 ②「音楽プロデュース」 企画からプロモーション、マネージメントを実践・教育し、空間や環境を考慮した感動的な「場の創造」をすることによるインバウンド増加についての実践研究。 ■ゼミ活動 レッスンで満足できるレベルに達した場合、コンサート出演という形で実践研究をする。また、ミュージシャンのリサーチに始まり、広報活動、進行等を通して発表会を主催し音楽プロデュース力を養う。フィールドワークは様々なホールで行う。 【卒業論文テーマ一覧】 ・月灯り(作品) ・アニメソングからみる日本文化の展望 ・歌い継がれるアメリカ黒人のブルース ・音と音楽 ~聴く風景を楽しむ~ ・音楽が及ぼす集客効果と音楽プロデュース ・ケルトと日本 ・日本伝統音楽による観光客誘致 ・音楽の視点を取り入れたスポーツツーリズム市場分析 ・観光資源としての文化会館 ・ショパンの愛国心から ・和歌山大学前駅の駅メロディーの提案 ・アーティストのブランド力を利用した地域活性化 ・世相と歌詞からみるアイドル ・企業の社歌 ・子どもの歌と音楽教育 ・My memory(作品) ・餡蜜屋乙女談話【あんみつやガールズトーク】(作品)

yoneyama.pdf 左:米山龍介の世界「うるし蔵コンサート」右:米山龍介 オーボエ&ソプラノの世界

キーワード:
  オーボエ演奏、指揮、アンサンブル、音楽プロデュース、歌謡曲、音楽パフォーマンス、ヒーリングミュージック、作編曲
【希望テーマ】
[1]. 医療と音楽との融合 (大学等の研究機関) (受託研究)
[2]. ミュージシャンの発掘・育成 (受託研究)
[3]. 音楽プロデュース (産学連携、民間を含む他機関等)
【取得学位】
芸術学修士 課程 東京芸術大学 音楽
【所属学会】
比較生活文化学会 国内
【主な授業科目】
音楽プロデュース論A、観光とパフォーマンス、観光と音楽、プロジェクト演習、専門演習Ⅰ、専門演習Ⅱ・卒業論文
【セールスポイント】
オーボエ演奏や指揮はもとより、総合的な音楽プロデュースやテーマソング・社歌等の創作においてもオンリーワン事業の共同研究が可能。
 

このページのトップへ