和歌山大学研究者総覧のホームページです。

ホーム > 基本情報

基本情報

システム工学部 システム工学科 応用物理学メジャー

准教授

山門 英雄 (ヤマカド ヒデオ)

YAMAKADO Hideo

【連絡先】
電話番号:
FAX番号:
e-mail: yamakado[at]sys.wakayama-u.ac.jp
URL: http://www.sys.wakayama-u.ac.jp/mc/group.html
【専門分野】
物理化学(電子状態,化学反応,分子分光,表面・界面,クラスター,理論化学)
【研究紹介】
研究テーマ:
  導電性化合物の構造と物性,分子の電子状態と粒子間相互作用,及び固体表面の研究

内容:
  主要研究課題は以下の4項目です.(1)導電性化合物の構造と物性の研究:有機物等の非導電性物質を原料として,導電性結晶を作成しその構造と物 性の関係を探究.得られた結果は既存物質の性質の理解に役立つのみならず,新たな機能性物質を開発する指針を与えます.(2)分子の電子状態と粒子間相互 作用の研究:希ガスの励起原子が分子に衝突した際に放出される電子のエネルギー分布の衝突エネルギー依存性(2D-PIES)を高効率で測定する手法を開 発し,これを用いて粒子間に働く力を実験的に解析し理論計算との整合性を検討.また従来測定不可能であった領域での新現象の発見を目指して更に高効率の電 子分光器の開発を行っています.(3)固体表面の研究:上記2D-PIESの測定や走査型プローブ顕微鏡(SPM)を用いた実験を行い,固体表面に特有な 現象やSPMについて未解決な問題を解明すること,及び究極的には原子・分子の自由な操作を可能にすることを目指しています.(4)結晶構造予測:任意の原子や分子が、どのような結晶構造をとるかを非経験的に予測する手法の開発を目指しています。

研究紹介画像ファイル 近年開発された「高導電性」・「有機」・「柔軟」・「単結晶」という条件を全て満たす物質の結晶構造

キーワード:
  導電性化合物、粒子間相互作用、固体表面、結晶構造予測
【研究シーズ集】
導電性新素材の開発
【詳細あるいは関連情報のURL】

 
【取得学位】
博士(理学) 課程 総合研究大学院大学 機能・物性・材料
理学修士 課程 東京大学 機能・物性・材料
【所属学会】
分子科学会
応用物理学会
日本物理学会
日本化学会
【略歴(研究職歴)】
東京大学 助手
東北大学 助手
和歌山大学システム工学部助教授
和歌山大学システム工学部准教授
【主な授業科目】
物理化学 分子集団物性論
【セールスポイント】
広い学問分野に関心を持っています。
 

このページのトップへ