和歌山大学研究者総覧のホームページです。

ホーム > 基本情報

基本情報

image-profile

観光学部 観光学科 (国際観光学研究センター)

教授 (観光学部長,国際観光学研究センター長,地域活性化総合センター副センター長)

藤田 武弘 (フジタ タケヒロ)

FUJITA Takehiro

【連絡先】
電話番号:
FAX番号:
e-mail: tfujita[at]center.wakayama-u.ac.jp
URL:
【研究紹介】
研究テーマ:
  都市・農山漁村交流を通じた「食」と「農」との関係性回復と地域再生

内容:
  わが国の食料供給は著しく国際化が進み,自給率が低下するもとで,食の安全・安心の確保や食の「外部化(外食・中食への過度の依存)」の進展により喪われてきた「食(消費)」と「農(生産)」の”顔の見える関係”が見直されつつある。一方で,ほんものの食や癒しを求めて都市から農山漁村へ向かう動きと,農産物直売所や農家レストランへの集客・体験交流を通じて地域の活性化を図ろうとする農山漁村の取り組みが軌を一にしつつある。地産地消への関心や食育推進に向けた取り組みを通じて,「食」と「農」との元来不可分の関係性を回復し,地域活性化を実現するための理論と方法を解明したい。

研究紹介画像ファイル 地域資源の発掘を目的とした地域でのワークショップ風景

キーワード:
  地域資源の発掘・活用,農商工連携,都市と農山村の交流・連携・協働
【希望テーマ】
[1]. 都市と農山漁村との交流・連携の推進 (産学連携、民間を含む他機関等) (共同研究)
[2]. 農工商連携と地域ブランド確立 (産学連携、民間を含む他機関等) (受託研究)
[3]. 地産地消型フードシステムの確立と地域活性化 (大学等の研究機関) (共同研究)
【取得学位】
修士(文学) 課程 立命館大学 農業地理学
博士(農学) 論文 大阪府立大学 農業経済学
【所属学会】
日本農業経済学会 国内 (全国理事(2008-2009))
日本農業市場学会 国内 (全国理事・学会誌編集担当(2002-2010),全国理事・学会賞選考担当(2010-現在))
地域農林経済学会 国内 (近畿支部常任委員(1995-1999),全国理事(2008-2010))
観光学術学会 国内
【略歴(研究職歴)】
大阪府立大学大学院生命環境科学研究科(助手・講師)
大阪経済大学経済学部(非常勤講師「農業経済論」)
中国上海市農業科学院(客員教授)
立命館大学文学部(非常勤講師「農業地理学」)
羽衣国際大学人間生活学部(非常勤講師「スローフード論」)
中国北京農学院経済管理学院(大学院指導教授)
【主な授業科目】
観光と都市農村交流(グリーン・ツーリズム論),地域づくり戦略論
【セールスポイント】
フィールドワークにより常に現場感覚を堅持し,実態経済から乖離した理論研究に陥らないようにすることを肝に銘じています。
 

このページのトップへ