和歌山大学研究者総覧のホームページです。

ホーム > 基本情報

基本情報

image-profile

経済学部 経済学科

教授

齊藤 久美子 (サイトウ クミコ)

SAITO Kumiko

【性別】
【連絡先】
電話番号:
FAX番号:
e-mail: saito[at]center.wakayama-u.ac.jp
URL:
【専門分野】
会計学(財務会計,国際会計),地域研究(ロシア・スラブ地域)
【研究紹介】
研究テーマ:
  ロシア、旧ソ連諸国の移行期の会計研究

内容:
  旧ソ連諸国が、1991年崩壊後、市場経済化の過程の中で金融インフラ確立のための会計制度構築の研究。1917年ロシア革命後、社会主義会計へ如何に変質したかの研究。サンゴ礁保全と経済効用の研究。

研究紹介画像ファイル 単に用語を羅列しただけでなく、日ロの違いを説明している用語集として、日ロ両国のみならず、旧ソ連諸国の学界、実務界に高く評価された。

キーワード:
  ロシア会計、旧ソ連会計、会計技術移転、サンゴ礁学、ディベート
【希望テーマ】
[1]. ロシアおよび旧ソ連圏の市場経済技術支援 (産学連携、民間を含む他機関等) (技術相談、受託研究、共同研究、その他)
[2]. ロシアおよび旧ソ連圏の会計制度研究 (産学連携、民間を含む他機関等) (技術相談、受託研究、共同研究、その他)
[3]. 社会科学教育におけるディベートの適用 (産学連携、民間を含む他機関等) (技術相談、受託研究、共同研究、その他)
[4]. サンゴ保全と経済効用の研究 (産学連携、民間を含む他機関等) (技術相談、受託研究、共同研究、その他)
【取得学位】
経済学修士 課程 九州大学 経営学・会計学
【所属学会】
比較経済体制学会 国内 (会計監査(平成14年から21年、23年から再選))
北東アジア学会 国内 (理事(平成17年から23年)、監事(23年から))
日本会計研究学会 国内
CIS会計士協会 国外 (名誉会員(平成10年から))
日本会計史学会 国内
日本サンゴ礁学会 国内
【略歴(研究経歴)】
ソ連簿記史、簿記理論の研究
市場経済移行期の会計制度確立の研究
市場経済移行期における会計技術移転の研究
ディベート教育の研究
サンゴ保全と経済効用の研究
【略歴(研究職歴)】
和歌山大学助手
和歌山大学専任講師
和歌山大学助教授(准教授)
和歌山大学教授
【主な授業科目】
会計学原理、財務会計論、国際会計論、簿記、ロシア学。
【セールスポイント】
ロシア基準と国際会計基準の差異を、ロシア語で講義できる唯一の日本人専門家として、長く我が国政府のロシア、旧ソ連への会計技術支援に携わってきた。 また、ディベート教育も行っている。
 

このページのトップへ