和歌山大学研究者総覧のホームページです。

ホーム > 基本情報

基本情報

image-profile

システム工学部 精密物質学科

准教授

大須賀 秀次 (オオスガ ヒデジ)

OSUGA Hideji

【連絡先】
電話番号:
FAX番号:
e-mail:
URL:
【専門分野】
有機化学(有機合成化学,有機元素化学,芳香族複素環化合物)
【研究紹介】
研究テーマ:
  芳香族複素環化合物からなる有機エレクトロニクス材料やらせん分子の性質および機能を明らかにする

内容:
  炭素、水素以外に硫黄や酸素などヘテロ原子を含む複素環芳香族化合物を中心に、様々な化合物を合成しています。 1)有機エレクトロニクス材料  有機EL素子は、自発光型で薄型・軽量化が可能であることなどから,次世代ディスプレイの発光素子として注目を集めています。芳香族複素環化合物から種 々の発光材料を独自に合成し、その物性について調べ、有機EL素子を作製する研究を行っています。また、関連する材料を有機トランジスタ(有機FET)に 応用し、素子の作製および評価を行っています。 2)らせん分子ヘリセン  芳香環が6個以上オルト位で縮環するとその分子はらせん状にねじれます。この分子はヘリセンと呼ばれ極めて安定な化合物ですが、光学活性ヘリセンの有効 な合成法が知られていないためヘリセン分子を用いた不斉反応や分子認識の研究は未知の領域です。そこで、光学活性なヘリセン分子の効率的な合成方法の確立 とその機能や物性を明らかにする目的で研究を行い、DNAと相互作用する性質を基に、抗ガン剤への応用を検討しています。

研究紹介画像ファイル 試作した有機EL素子の一例

キーワード:
  有機合成化学、不斉合成、複素環化学、芳香族化合物、有機EL、有機FET、有機太陽電池
【希望テーマ】
[1]. 有機EL用発光材料の合成 (産学連携、民間を含む他機関等) (技術相談、受託研究、共同研究、学術指導)
[2]. 有機FET用材料の合成 (産学連携、民間を含む他機関等) (技術相談、受託研究、共同研究、学術指導)
[3]. 芳香族化合物の合成 (産学連携、民間を含む他機関等) (技術相談、受託研究、共同研究、学術指導)
[4]. 有機太陽電池用材料の合成 (産学連携、民間を含む他機関等) (技術相談、受託研究、共同研究、学術指導)
【詳細あるいは関連情報のURL】

 
【取得学位】
博士(理学) 課程 京都大学 有機化学
理学修士 課程 京都大学 有機化学
【所属学会】
有機EL討論会
International Society of Heterocyclic Chemistry
American Chemical Society
近畿化学協会
有機合成化学協会
日本化学会
【主な授業科目】
有機合成化学 ソフトマテリアル概論 有機化学IIA 化学演習 精密物質実験A メジャー体験演習
【セールスポイント】
有機合成化学および有機材料化学の研究を手がけており、特に芳香族複素環化合物の合成に力を入れています。これまでに合成例がなく、合成が困難で挑戦的な合成ターゲットを設定する一方で、役に立つ材料の開発を念頭に置いた研究テーマを設定するようにしています。
 

このページのトップへ