和歌山大学研究者総覧のホームページです。

ホーム > 基本情報

基本情報

image-profile

システム工学部 精密物質学科

准教授

奥野 恒久 (オクノ ツネヒサ)

OKUNO Tsunehisa

【連絡先】
電話番号:
FAX番号:
e-mail: okuno[at]center.wakayama-u.ac.jp
URL: http://www.wakayama-u.ac.jp/~okuno
【専門分野】
有機化学(構造有機化学,有機元素化学,物理有機化学),機能物性化学(電子物性,スピン,結晶),高分子化学(機能性高分子)
【研究紹介】
研究テーマ:
  有機化合物を設計・合成・集合化することにより,分子素子の実現を目指す

内容:
  有機化合物には分子それ自体に無数のバリエーションがあります.またそれらの組み合わせで生体物質のように多様な機能をもたせることが可能です. このような無限の可能性を秘めた有機化合物を理論計算をもとに設計し,実際に合成・集合化していき,分子素子と呼べるような高い機能をもつ集合体の実現を 目指しています.その中でも特に磁気化学を中心に展開しています.磁気記憶材料は身の回りに氾濫していますが,その材料としてより高密度でなおかつ書き換 え自在のものや,電気を流す磁石といったものを目指してその基礎研究を行っています.また同時に,プロトンの動きと連動してON,OFFが切り替わるプロ トンスイッチなるものの開拓にも興味をもっています.その基礎として磁気情報とプロトンが連動するような系を探索しています.これが達成されれば,磁気メ モリーに応用できるのみならず,分子素子の実現も一段と加速されることが期待されます.

研究紹介画像ファイル 新規なナノワイヤの作成機構

キーワード:
  分子間相互作用、電導性磁石、分子素子
【詳細あるいは関連情報のURL】
ホームページ
 
【取得学位】
理学修士 論文 東京大学 有機化学
学術博士 論文 東京大学 有機化学
【所属学会】
基礎有機化学会
アメリカ化学会
日本結晶学会
日本化学会
【略歴(研究経歴)】
分子性磁性体の研究
ジアセチレン誘導体の研究
ラダー型ポリジアセチレン誘導体の研究
アザアヌレンの合成と物性
ハイブリッドπ電子系の開拓
Metal Organic Framework を用いた物性発現
新規な結晶内電荷移動反応の開拓
【主な授業科目】
化学入門 有機化学IA 化学演習 固体化学特論
【セールスポイント】
有機合成の手法を用いて、独創性豊かな新規物質開拓や機能の複合化を行ってきました。また構造解析・物性測定の結果を適切にフィードバックし、機能の向上へと結びつけていきます。対象とする物性は、電気伝導性、磁性、光物性などです。
 

このページのトップへ