和歌山大学研究者総覧のホームページです。

ホーム > 基本情報

基本情報

image-profile

システム工学部 環境システム学科

教授

中島 敦司 (ナカシマ アツシ)

NAKASHIMA Atsushi

【連絡先】
電話番号:
FAX番号:
e-mail:
URL:
【専門分野】
自然共生システム(生物多様性,生態系サービス,生態リスク,生態系影響解析,生態系管理・保全,景観生態,生態系修復,生態工学),生物資源保全学(保全生物,生物多様性保全,生態系保全),森林科学(生態・生物多様性,生理,造林,治山・砂防・緑化,気候変動・炭素収支,景観生態・風致・緑地管理,環境教育・森林教育),環境農学(含ランドスケープ科学)(バイオマス,生物多様性、 ,環境修復,生態系サービス,低炭素社会,地域農学,ランドスケープデザイン,造園,緑地計画,景観形成・保全,文化的景観,自然環境保全・自然再生,生物生息空間,景観生態,公園管理・緑地環境管理,都市公園・防災公園,自然公園,都市緑化植物,観光・グリーンツーリズム・レクリエーション,参加型まちづくり,CSRと緑化),人文地理学(農村地理学,地域環境・災害,地域計画・地域政策)
【研究紹介】
研究テーマ:
  地球温暖化から自然再生から妖怪まで,テーマにこだわらない自然保護研究

内容:
  私たちの研究「チーム」は,森林,砂漠,マングローブ,自然エネルギー,アマモ場,海岸,雑木林,人工林,草地,河川,ため池,農地,樹木,地球 温暖化,自然保護,有機農業・・なんでもかんでもテーマとして「しまい」ます。そのために,全国をチームで飛び回ります。仲間のいる拠点もたくさんありま す。研究だけでなく,NPOなど多くの市民活動にも積極的に参加しています。そのスタイルは,雑食で,縄張りを持たず,泥だらけで,集団で活動し,たくさ んの巣穴をもつ「アナグマ」のようです。このような研究スタイルのせいか,私たちは,研究や市民活動の仲間から「あなぐまチーム」と呼ばれています。

研究紹介画像ファイル

キーワード:
  地球温暖化,森林,植物,生物,近自然学,自然保護・再生,ビオトープ,環境教育,妖怪
【詳細あるいは関連情報のURL】
team ANAGUMA 中島敦司HP
  研究紹介,論文などダウンロード
【取得学位】
博士(学術) 課程 三重大学 植物生理学
【所属学会】
日本科学技術ジャーナリスト会議
環境情報学会
日本生態学会
土木学会
日本森林学会
日本造園学会
日本緑化工学会 (理事(2007〜2011),総務担当理事(2012〜現在))
International Consortium of Landscape and Ecological Engineering Seoul, South Korea (Associate Secretary)
沙漠学会
【略歴(研究経歴)】
反芻家畜の行動と飼料作物の群落生態に関する研究
植物(木本,草本)の生理生態と育成技術に関する研究
里山,水田,河川,ため池などの生態系保全と再生,ビオトープ保全に関する研究
近自然学の総合的な研究(まちづくり,景観保護,資源,エネルギーなど)
環境教育に関する研究
妖怪など民間伝承の中に見る過去の自然環境管理
エコツーリズムによる地域環境管理に関する研究
沿岸地域の植生保全に関する研究
砂漠緑化に関する研究
アマモ場の保全に関する研究
自然エネルギーの利活用に関する研究
マングローブの保全に関する研究
亜熱帯地域における植生保全に関する研究
学校の立地と廃校に関する研究
地域資源としての食,農に関する研究
2014-   地域性種苗を用いた緑化技術の開発
【セールスポイント】
元企業人ならではの行動力がウリです。興味が多様であるため,自然に関することなら,たいていのことに対応できます。市民活動にも積極的で,フットワークはとても軽いです。
 

このページのトップへ