和歌山大学研究者総覧のホームページです。

ホーム > 基本情報

基本情報

image-profile

システム工学部 環境システム学科

助教

谷口 正伸 (タニグチ マサノブ)

TANIGUCHI Masanobu

【連絡先】
電話番号:
FAX番号:
e-mail:
URL: http://www.sys.wakayama-u.ac.jp/~masa
【専門分野】
環境動態解析(環境変動,物質循環,環境計測)
【研究紹介】
研究テーマ:
  大和川における生活排水起源の有機物分解に関する窒素同位体と負荷量による解析

内容:
  河川に流れる水は様々な用途で様々なところから流入し,水の流れを把握するのは難しい.河川の水質を考察する場合,いろいろな有機物,窒素濃度や それに関係する無機イオンの濃度,流量,温度などの関係からの解析ではわからない点が多い.そこで,水の起源を推定するときにはトレーサーとして安定同位 体比が利用される.このため,窒素起源により,同位体比が違うため,窒素の起源が推測できる.また,分解が起こると同位体比が重くなるため,分解反応がど こで起こっているのか特定できる.BOD負荷量にも水温依存性が認められたことから,水温をパラメータにした負荷量算定方法を提案し,窒素起源を工業統 計,人口などのデータから特定した.

研究紹介画像ファイル 大和川での化学反応概略と現地風景(窒素同位体と硝酸,アンモニアの変化から解析)

キーワード:
  水環境,環境同位体,水質工学,自然環境,流れ
【取得学位】
博士(工学) 課程 和歌山大学 水質工学
工学修士 課程 和歌山大学 水質工学
【所属学会】
地下水学会
水環境学会
土木学会
【主な授業科目】
情報処理I 情報処理II 水土環境実験実習 生態環境実験実習 環境水理学
【セールスポイント】
1)大和川の冬における水質悪化の原因は冬の水量低下が原因とされていたが,水温低下による生物活性の低下が原因であることがわかった. 2)大和川にも河川自身が持つ,自然浄化能力が十分にあり,夏には河床に植物が生育することにより光合成が起こることによって,水質は改善される. 3)水や物質の流れの研究.洪水の流れの研究,地下水量の解析,流出解析ソフトの開発を行う.
 

このページのトップへ