和歌山大学研究者総覧のホームページです。

ホーム > 基本情報

基本情報

image-profile

観光学部 観光学科

教授 (学長補佐)

竹鼻 圭子 (タケハナ ケイコ)

TAKEHANA Keiko

(他名:角田 圭子)

【生年】
1953 年生
【性別】
【連絡先】
電話番号: 073-457-8564
FAX番号: 073-457-8564
e-mail: ktake[at]center.wakayama-u.ac.jp
URL:
【研究紹介】
研究テーマ:
  異文化交流と翻訳

内容:
  <研究活動> ①異文化交流から見た日本文化の研究 ②日本文化の英語翻訳の実践 ③言語学からみた翻訳の研究 <ゼミ活動>「留学生との茶道体験」(ゼミ活動) ・日本茶と海外茶の比較 ・「交流」「体験」 →海外から見た茶道 ・茶道の独自性の再確認   →お茶を守り抜いた日本人の精神 アンケート結果: 和敬清寂というお茶の精神がいい。 日本の茶道はルールやマナーなどがある。 人に優雅なイメージを与える。 茶道をする時、丁寧さと最高のもてなしをしようとする精神に本当に感心した。

研究紹介画像ファイル 「留学生との茶道体験」(ゼミ活動)茶道の点前と、ゼミ生手作りのお菓子。

キーワード:
  異文化交流、日本文化、翻訳学、コミュニケーション
【詳細あるいは関連情報のURL】
国際理解教育センター
  ESD:持続可能な発展のための教育への取り組み
【取得学位】
文学修士 課程 大阪大学大学院文学研究科 英語学
【所属学会】
Linguistic Society of America 国外
日本認知言語学会 国内
日本英語学会 国内
日本英文学会 国内
観光学術学会 国内
【略歴(研究経歴)】
1978- 1980   大阪大学大学院文学研究科博士前期課程(英語学専攻)
1980- 1983   大阪大学大学院文学研究科博士後期課程(英語学専攻)
【略歴(研究職歴)】
1988- 1993   大手前女子大学講師文学部英米文学科
1993- 2002   大手前女子大学助教授文学部英米文学科
2002- 2008   大手前大学教授英語文化学科
【主な授業科目】
Japanese Studies, Fundamentals of Tourism Studies, Japanese Culture, Traveling Cultures and Communication, ことばと文化、日本文化自主演習
【セールスポイント】
専門にしてきた言語学に基づいて、深く異文化交流や翻訳現象をとらえている。 また、長年実践してきた茶道が、文化交流という文脈で、生きている。
 

このページのトップへ