和歌山大学研究者総覧のホームページです。

ホーム > 基本情報

基本情報

image-profile

システム工学部 デザイン情報学科 (学術情報センター)

教授 (学術情報センター長)

入野 俊夫 (イリノ トシオ)

IRINO Toshio

【連絡先】
電話番号:
FAX番号:
e-mail: irino[at]sys.wakayama-u.ac.jp
URL: http://www.wakayama-u.ac.jp/~irino
【専門分野】
知覚情報処理(音声情報処理,音響情報処理),実験心理学(感覚・知覚・感性)
【研究紹介】
研究テーマ:
  聴覚計算理論

内容:
  人間がいかにして音を聞き分けて、環境を理解しているかを研究しています。たとえば、大人が発声した声と子供が発声した同じ言葉は、なぜ同じ言葉 として聞くことができるのでしょうか。あたりまえ? しかし、音声の特徴的な成分は異なっています。だからこそ大人と子供のどちらが発声したかわかります。でも、「同じに聞く」ことができることは、これだけ からは説明できません。そこで、脳の中で、音を発生した物の寸法の情報と形の情報をうまく分離して聞いていると、私たちは新しい仮説を立てています。さら に、数理的に「安定化ウェーブレット-メリン変換」として定式化して、計算機でも模擬できるようにしました。この計算理論は、さまざまなデータを説明して います。またこれは、脊椎動物が、大きい捕獲者から逃げて小さい生物を食べて生き延びるために、生得的に得てきた機能だと考えています。これら一連の研究 は、将来の究極の補聴器開発にきっと役立つものと考えています。

研究紹介画像ファイル 寸法情報と形状情報を分離する脳の働き

キーワード:
  脳科学、聴覚情景分析、補聴器、音声音響インターフェース
【詳細あるいは関連情報のURL】
Media_Design_Irino
  本人のHome Page
【取得学位】
工学博士 課程 東京工業大学 電子デバイス・機器工学
工学修士 課程 東京工業大学 電子デバイス・機器工学
【所属学会】
ISCA (国際音声コミュニケーション学会)
ARO (米国聴覚研究学会)
ASA (米国音響学会)
IEEE
電子情報通信学会
日本音響学会
APSIPA (アジア太平洋信号処理学会)
【主な授業科目】
ディジタル信号処理 情報応用数理 メディアサイエンス基礎 デザイン情報セミナー
【セールスポイント】
聴覚系の計算モデルに関しては、Cambridge大学との共同研究プロジェクト等も含め、世界の最先端を走っています。騒音が満ちあふれている 現在の音環境のために、軽度の難聴になる高齢者が将来かなりの割合で増加すると考えられています。その前に、究極の補聴器を開発することを目指して研究を 進めます。
 

このページのトップへ