和歌山大学研究者総覧のホームページです。

ホーム > 基本情報

基本情報

image-profile

システム工学部 デザイン情報学科

教授 (評議員)

原田 利宣 (ハラダ トシノブ)

HARADA Toshinobu

【連絡先】
電話番号:
FAX番号:
e-mail:
URL: http://www.wakayama-u.ac.jp/~harada/
【専門分野】
デザイン学(工業デザイン(プロダクトデザイン、ユニバーサルデザイン),デザイン論,デザイン評価分析)
【研究紹介】
研究テーマ:
  魅力のある曲線を創成する方法とその曲線を用いたCADシステム開発

内容:
  曲線はデザインにとって命です.それゆえ,昔から美しい曲線を描けることが,そのデザイナーの優秀さを表す一指標とされてきました.ところで,デ ザイナーは曲線の「何」を制御して,魅力ある曲線を創成しているのでしょうか?私の研究のメインテーマはこの「何」を明らかにすることであり,それを応用 したCAD(造形支援)システムの開発です.いままで,この「何」はあまり研究されてこなかったため,デザインの際に曲線を一本ずつCADシステム上で直 観的に作成するなど極めて非効率でかつ非人間的な方法がいまだ主流です.しかし,私たちは,この「何」を明らかにすることに成功しました.魅力ある曲線と は,山や水の流れの音,さらに木の枝の生え方など,すべての自然界のリズムを制御する「フラクタル性(自己相似性)」を有したものであることが分かったの です.また,現在私たちは,この「フラクタル性」を用いたCADシステムの開発を行っています.また,曲線・面の研究以外にも広くデザイン方法論の研究を 行っています.

研究紹介画像ファイル VRを用いたロボットデザインを例にしたキャラクターデザインの曲線(面)検討風景

キーワード:
  デザイン方法論、デザイン企画・分析、プロダクトデザイン
【詳細あるいは関連情報のURL】
ホームページ
 
【取得学位】
博士(工学) 課程 千葉大学 デザイン科学
【所属学会】
感性工学会
人工知能学会
情報処理学会
日本デザイン学会
【主な授業科目】
デザイン基礎演習 デザイン制作 デザイン基礎概論 デザイン企画概論 感性工学
【セールスポイント】
上記の魅力的な曲線(面)に関する研究以外にも次のような研究を行っています。 1)商品のデザイン開発(例:ダストボックス[sai]【2004年Gマーク受賞】など)。 2)キャラクターデザインとそのアプリケーション開発 (2004年に松田商店(株)の企業キャラクターをデザインし、絵本『くるくる☆クルリンちゃん』を出版)。 3)デザイン方法論の開発(ラフ集合や多変 量解析のソフト開発を行い、販売中)。
 

このページのトップへ