和歌山大学研究者総覧のホームページです。

ホーム > 基本情報

基本情報

image-profile

システム工学部 環境システム学科

准教授

原 祐二 (ハラ ユウジ)

HARA Yuji

【連絡先】
電話番号:
FAX番号:
e-mail:
URL: http://www.wakayama-u.ac.jp/~hara/
【専門分野】
環境農学(含ランドスケープ科学)(バイオマス,生物多様性、 ,生態系サービス,資源循環システム,低炭素社会,LCA,環境調和型農業,ランドスケープデザイン,造園,緑地計画,景観形成・保全,文化的景観,自然環境保全・自然再生,生態系機能,景観生態,都市農地,公園管理・緑地環境管理),地理学(土地利用・景観,環境システム,地域計画,地理情報システム,リモートセンシング,植生・土壌),自然共生システム(生物多様性,生態系サービス,生態系管理・保全,リモートセンシング,景観生態)
【研究紹介】
研究テーマ:
  アジア都市郊外における緑地環境計画

内容:
  沖積平野の水田地帯に拡大してきたアジア都市では、都市農村土地利用混在が特徴的です。そうした混在現象は、従来の欧米発祥の計画論では否定的にとらえられてきたように思います。しかしながら、例えば生物資源循環の観点からは、生活系ゴミの発生源である都市と、それらの堆肥化還元先である農地の近接性が有利に働くことも想定されます。こうした点もふまえ、アジア都市郊外地域を主要な対象とし、景観生態学的手法を用いて持続可能な都市農村混在景観を考究します。具体的には、フィールドにおける自然・社会環境情報の収集と、地理情報システムによる空間解析の両方により、土地自然潜在力を活かし、かつ資源循環効率の高い土地利用計画のあり方を視覚化、シナリオ提示していきます。長期的には、「緑地」「農地」の側からみた都市農村融合論、アジア型田園都市のビジョンを考えていきたいです。

研究紹介画像ファイル 地主の意向により農地区画一筆単位で都市化が進行(バンコクの事例)

キーワード:
  緑地環境計画、都市農村計画、循環型社会
【希望テーマ】
[1]. 私有地と緑
[2]. 資源循環と都市農村計画
[3]. 人工地形改変と景観計画
【取得学位】
博士(農学) 論文 東京大学
【所属学会】
環境情報科学センター
廃棄物資源循環学会
土木学会
農業土木学会
日本都市計画学会
日本造園学会
農村計画学会
日本地理学会
【略歴(研究職歴)】
2005- 2009   東京大学サステイナビリティ学連携研究機構 特任助教
2009- 2013   和歌山大学システム工学部 講師
 

このページのトップへ