和歌山大学研究者総覧のホームページです。

ホーム > 研究関連情報 > 国際会議発表 [2]

国際会議発表 [2]

image-profile

システム工学部 システム工学科 機械電子制御メジャー

准教授

松井 徹 (マツイ トオル)

MATSUI Toru

(他名:Matui Toru)


【会議名 】
The Third International Symposium on Advanced Fluid/Solid Science and Technology in Experimental Mechanics (ISEM 2008) PROGRAM
【 題目 】
Hybrid Shape Measurement of Phase Shift Method and Stereo Method
【 区分 】
国際学会
【 審査の有無 】
【 概要 】
物体の形状計測を位相シフト法とステレオ法を併用したハイブリッド形状計測手法を提案し、測定結果の検討を行なった。位相シフト法における位相接続をステレオ法で補い、ステレオ法で得られる離散的座標値を位相シフト法で連続領域に拡張した。 測定精度は、周波数変調格子を用いた位相シフト法より1割ほど悪かったが、計測に必要な画像数が低減でき不連続な領域としての欠損値が無くなった。
【 著者リスト 】
Toru Matsui, Hiroyuki Tabuchi
【 ページ 】
7 (CD-ROM)
【 発表年月 】
2008 .12